カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年1月23日木曜日

Bixi モントリオール 2020, 費用が少し上がった

Bixi モントリオール2020年のレンタル費用がちょっと値上がりしたようです。

よく使っている人には悲報かもしれません。

昨年のサマータイムは電子自転車 (E-Bixi) をよく利用しました。

Bixi モントリオールのシーズン終了間際で1年間契約のプロモーションが84$なので、迷わず申し込んだんです。

プラトー・モンロワイヤルに済んでいるので、キオスクステーション(Bixi モントリオール専用の自転車置き場)がどこにもあるのから、バスを待っているならば、Bixi モントリオールを使った方が小回りが利いて早い時もあります。

さっそく、どんなふうに値上がりしているのでしょうか?

◆ One way ◆

ちょいお試し、観光でビューポート辺りを走行するのにお勧め。
2.99$(2019年 )→ 2.95$(2020年) (片道30分以内)

STM(モントリオール大都市圏交通局)Opus普通カードなどの月間又は年間定期購入者など。
2.50$(2019年 )→2.99$(2020年)(片道30分以内)

STM(モントリオール大都市圏交通局)Opus学生・シニア
2.00$(2019年 )→2.50$(2020年)(片道30分以内)

day 

1日アクセス:丸一日乗りっぱなしではなく、片道30分以内で他のキオスクに停車する。
費用が変わらず、5.25$(片道30分以内)(2020年)

days 

3日アクセス:3日間、片道30分以内で他のキオスクに停車する。
費用が変わらず、15.00$(片道30分以内)(2020年)

さらに、25ドルの10の片道オプションは提供されなくなります。

電子自転車 (E-Bixi) ですが、2019年は通常のレンタル料に1$加算すれば乗れたのですが、通常のBixi 自転車よりも電子自転車 (E-Bixi) は運用と保守コストが高いため、2012年1.50$に引き上げられるそうです。(涙)

BIXI révise certains tarifs à la hausse pour 2020
出典: journaldemontreal.com


以上、30分以内のルールと費用ですが、30分を過ぎてしまった場合、45分以内は2019年の時点で追加料金が1.80$で、45分を過ぎると、毎15分で3$追加料金が加算されます。

そして、100$のセキュリティーデポジットを支払いする件について下方の方をお読みください。

今年はメディアでは追加料金の詳細は乗っていなかったので、4月半ばにBixi モントリオールのシーズンが始まったら、Bixi モントリオールの公式WEBサイト(bixi.com)で確認すると良いでしょう。

この他、Bixi モントリオールの会員になると更に様々なオプションが増えて、一回の片道時間が15分増えて45分になります。

これはやっぱり個人の都合だったり、会社や団体で買ったりしてみるなど様々です。

実際、少し慣れて来て8kmぐらいを電子自転車  (E-Bixi) などを使って走行した場合、45分は必要ですので、私はBixi モントリオールの会員になりました。

バーコード付きのキーナンバープレートのようなものをメトロ駅で Bixi モントリオールの会員になるので下さいともらってきます。

WEBサイト及びダウンロードしたモバイル用 Bixi モントリオールのアプリケーションを開いて、自分のデータを入力して、キーナンバーも入力してアクティヴェ-トします。

Bixi モントリオールの会員になった方がサイトやアプリで、キオスクステーションがどこにあるか一望でき、自転車専用道路も確認が出来ます。

更にキオスクステーションに何台の自転車がチェックインとチェックアウトされているのかが分かるので、計画が立てやすく時間の無駄になりません。

Bixi モントリオールの会員でない場合は一番ネックになるのが、 キオスクステーションの支払機でVISA、MasterCard、またはAmexクレジットカードを使用して、システムへのアクセスコードを取得します。

要は支払いマシーンで決財して、番号が付いているアクセスコードを各自転車の停留所にあるボタンに番号を入れるということです。

自転車1台あたり、100$のセキュリティーデポジットを支払いするのが面倒くさいんです。

特に日本から短期間、モントリオールに滞在される方はこの100$のセキュリティーデポジットが戻ってくる前にほかの地へ移動してしまうのが殆どです。

もちろん、モントリオール市が運営しているので猫ババされることはなく、ちゃんと戻って来ます。

億劫がらないで試し乗りしてみるといいです。

2019年にありとあらゆるコースにチャレンジしてみましたが、殆どは夜間か深夜に走行していたので、参考にはならないと思いますが、時間があったら今後は取り上げてみたいと思います。


Labels

ケベック州 79 カナダ 72 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 45 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 13 10 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 マスク 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 カナダ緊急給付金 3 ケベック・シティ 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 雇用保険 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アカディアン 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クリック募金 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 コロナ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 ポスト安倍 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ローレンシャン 1 ワクチン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 傍観者効果 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安倍首相 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 森林 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 紅葉 1 経済対策 1 給付金 1 罰金刑 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1