カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年1月19日日曜日

割と好きなケベック州のラッパーとシンガー7選

event_note1月 19, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
吹雪いています。

市の除雪車の音が全然しません。

多分、明け方に除雪車が一斉に動き出すと思います。

今日は音楽聞いたり、動画を観たりして過ごしました。

日照時間が少なくて、気持ちがすれっすれの状態でも、音楽を聴いているだけでも気分が変わってきます。

今日は割と好きなケベック州のラッパーやシンガー7人選んでみました。

Marie-Mai - Je décolle (vidéoclip officiel)  

マリー・メ-は、1984年生まれのケベック州ヴぇレンヌ市出身のポップ、ロック、ジャズシンガーです。

彼女は当初、ケベック州のリアリティショー・スターアカデミー(ファイナリスト)出身です。 



まだ出始めの頃はケベック州のイヴェント野外会場で歌っていたのを2回ぐらい観たことがありますが、歌唱力があり、35歳のケべコワ女性とは思えない自己管理のしっかりした美貌を維持しています。 

もちろん、音楽的によく計算された曲を作り上げていて、特にこの曲は知らず知らずに私の耳に残ります。


Charlotte Cardin - Dirty Dirty (Official Video)


シャルロット・カルディン(Charlotte Cardin)は、1994年生まれ、ケベック州モントリオール出身のポップ、エレクトロ、ジャズのシンガー兼ソングライターです。



外見はメトロですれ違いそうな若い女性ですが、若干25歳とは思えない落ち着いた色気ある英語で歌う音程は彼女のギフトではないでしょうか。

M'aimerais-tu pareil - 2Frères (Clip officiel)
 

ドゥーフレール(2Frères)は、ケベック州シャパイ出身のカナダのフォークグループです。エリック兄弟とソニー・カウエット兄弟で構成されています。

2Frèresってdeux frères(フランス語で二人の兄弟)という意味でそのまんまですね。

彼らは、2015年にリリースされた115,000枚以上を売り上げたファーストアルバムNous autres(ヌーゾートル / 私たち他)で有名になりました。



M'aimerais-tu pareil (メムレテゥパレイ / 私も同じですか)よく頻繁にラジオで聴くので、誰だろうと他の人に訊きまくっていた頃を思い出します。


 Hubert Lenoir - Recommencer (Vidéoclip officiel)


ユベール・ルノワール(Hubert Lenoir)は、 1994年生まれのまだ若干25歳、ケベック州ケベック・シティ出身のグラムロックシンガーです。




グラムロックと言えば、70年代初頭のデヴィット・ボウイなど、他上げたらきりがないですが、ユベール・ルノワールはその影響もあって、中性的で妖しく魅惑的な雰囲気を醸し出しています。


Sou da LOUD (feat. Gilklan) - Videoclipe Oficial

Loud(ラウド)は、ケベック州ケベック出身のカナダ人ラッパーで、シモン・クリーシュ・トルドー(Simon Cliche Trudeau)はソロの名前です。

以前はLoud Lary Ajust (ラウド・ラリー・アジュスト)というバンドに所属していて、シャルロット・カルディンとフィーチャリングした曲がよくラジオに流れていましたが、今のサウンドの方が効き心地がいいです。

FouKi - Playa // Vidéoclip officiel

FouKi(フーキ)は、ケベック州モントリオール出身のラッパーです。

彼の名前はレオ・フジェール(LéoFougères)21歳ぐらい、ノートルダム病院で生まれてプラトー・エスト育ちということで、ご近所でウロウロしていた子供だったのですね!

彼のスタイルはケベックのヒップホップ、レゲエ、トラップの間を行き来します。

PlayaのPV映像が常夏でため息つきます。

Koriass // Enfant de l'asphalte // Vidéoclip

コリアス(Koriass)はケベック州モントリオール出身のヒップホップとラップのシンガーです。

1984年生まれでで名前はエマニュエル・デュボワ (Emmanuel Dubois) です。

彼の音楽性というより、モントリオールのケベック仏語は聞きやすいせいか歌っているアスファルトの子供 (Enfant de l'asphalte)リリックが心に打つことがしばしあります。

割とファン層に教育者がけっこういて、学校で彼のリリックを教材に使うそうです。

下は彼のインタビューでブラジルの宗派のために彼を捨てた父親の話を語っています。

また、ブラジルに8人の兄弟がいることを発見して、どのように彼の兄弟姉妹と連絡を取ったかを伝えます。
↓↓↓(仏語)

0 comments:

コメントを投稿

Labels

ケベック州 81 カナダ 74 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 46 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 13 10 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 トランプ大統領 6 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 パンデミック 4 マスク 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 カナダ緊急給付金 3 ケベック・シティ 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 雇用保険 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 詐欺 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アカディアン 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クリック募金 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 コロナ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 ポスト安倍 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リシン 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ローレンシャン 1 ワクチン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 傍観者効果 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安倍首相 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 森林 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 紅葉 1 経済対策 1 給付金 1 罰金刑 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1