カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年2月29日土曜日

健康リスクを考えて座りっぱなしとオサラバ

event_note2月 29, 2020 editBy 4pattes forumNo comments

座りっぱなし NG


自分のリラックスしている時の姿勢を一度は監視カメラで見てみたいです。

恐らく、脊椎をピシッと伸ばしている時なんて、ほんの2,3分じゃないでしょうか。

せっかく類人猿から今日までピンと背筋を伸ばして生きて来たのに座りっぱなしで類人猿に戻りますね。

アメリカ予防医学ジャーナルによると、運動していても、座りっぱなしの時間が長い人は早死にのリスクが高いそうです。

その根拠に多様にあり過ぎて、今すぐオサラバしないと心から誓います。


座りっぱなし 健康リスク 原因

■臓器を弱める

●心臓病の発生率が高まる:原因
筋肉の脂肪燃焼が少なくなり、血流が遅くなり、脂肪酸が蓄積するため。

●脾臓が過剰生産的になる:原因
インスリンは膵臓によって産生され、このホルモンはエネルギーのためにグルコースを細胞に運ぶのに役立ちますが、不活性の場合、体はインスリンの放出に適切に反応しなくなる。

●糖尿病になるリスク:原因
血糖値が上がり、インスリンに対する体の反応が変わる。

●結腸、肺、子宮内膜がんのリスクが高まる:原因
すわりっぱなしの因子リスクの一つ

●高齢の女性は乳がんのリスクが高まる:原因
すわりっぱなしの因子リスクの一つ


■頭上部のトラブル

●原因:動きが少ない

脳内の機能も含め、体内のすべてが遅くなる。

新鮮な血液と酸素が脳に送り込まれなくなる。

化学物質の放出と生産性が低下する。

首の痛みや体の姿勢不良につながる。

■腰痛

■腰椎椎間板ヘルニアのリスクも高まる:原因
脊椎への圧力が増加

■筋肉変性 (全体のバランスがとりにくくなる):原因
筋肉の減少によって片方が小さくなったりする。

■脚が弱くなる:原因
腹筋が緩み始まり、股関節屈筋が短くなる。

■怪我や骨折のリスクが高まる:原因
バランスと安定性が低下する

■肥満
●原因:たった状態の時は座った時よりも30%カロリーを使うのを失う。
座ることによって、肥満につながる可能性がある。

座りっぱなし 必要なこと

ケリー・マクゴニガル博士によると、座ると背骨が前かがみに歪みやすいので、そうならないためには背中の筋肉の形を保つ必要があるそうです。

何もしないと、椎骨間の柔らかいディスク部分が乱れ、重要な栄養素が不足し、脊椎を支えるコラーゲンが腱の周囲で硬化して、背中の柔軟性を失い硬化を引き起こすようです。

敢えて、スポーツクラブへ入会してガンガンと筋トレをする必要はなく、マメに歩いたり、職場だったら座業の人は30分ごとにイスの上でも立ってもストレッチをしたり、小さなものを上げ下げで脊椎にちょっと刺激を与えるだけでも体の劣化を軽減させます。

座りっぱなし おすすめ エクササイズ

私は座りっぱなしだとお腹を圧迫するので気持ち悪くなります。

腰もなんか煮詰まって変な感じで、これが蓄積したらギックリ腰でもなるのではと、部屋にはバランスボールを置いています。

下記のログに取り入れているバランスボールで体に酸素を取り込み、脊柱起立筋(背骨の脇に沿っている縦の筋肉)をねじると後でスッキリするんです。

バランスボールの上で下半身を固定して上半身をねじる動きは短時間で血流を上げるので非常に都合が良いというのが私の感想です。

下にやり方は下にありますので、興味があったら試してください。

0 comments:

コメントを投稿

Labels

ケベック州 72 カナダ 62 モントリオール 55 新型コロナウイルス 40 モントリオール. ケベック州 39 移民生活 17 日本 12 雑感 10 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 マスク 2 ロックダウン 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ緊急給付金 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1