カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年3月20日金曜日

新型コロナウイルス検疫体制の中、ホームレスの行き場がない

今はケベック州及び、カナダ全体が自主隔離が必要です。

出来れば感染したくないし、知らずにして感染に気づかず症状が出始めたら後のお祭りなんて迷惑もかけたくないです。

ですが、通勤を余儀なくされる私はリスクを背負いながらメトロやバスなどの交通機関を使用しざる負えません。

いざ、外に出向くと危険因子やリスクを見つけることにドキッとします。

それは普通の人がいなくなった分、ホームレスの存在が目立つのです。

紙コップをじゃらじゃら鳴らして突っ立っているぐらいだったら気にしなかったのですが、顔を覗き込んできたり、近づいて来ることが増えました。

バスの前側から乗れなくなった分、バス運賃は無料になったものの、ホームレスがバスに乗り込んで移動します。

きっと、ダウンタウン周辺だとお店やレストランなど店を閉めているので、ゴミをあされないのでしょうか、飢えているのかもしれません。

新型コロナウイルス検疫体制の中、シェルターのような施設に送られてとしても、メンタル面で問題があったら出て来てしまう人もいるでしょう。

健康そうな人は殆どいなく、咳をしていたり、アルコールで顔が真っ赤になっていたり、悪臭を放つので衛生状態が酷く悪そうです。

普段は大きなバスターミナルの中は温かく人がけっこういます。

ケベック州の冬は寒いので、ぐるりとガラス張りのバスターミナルでバスを待つようなところは大変ありがたいのですが、そうでもないこともあります。

こういうところは深夜に行くと、ちょっと風変わりな人がベンチで寝ているのをよく見かけます。

決まった場所が縄張りになっていて、それを知らない夜の乗客が座ろうなら怒鳴り散らすんです。

監視カメラが入っているので、それほど長く寝てもいられないだろうと思います。


今日は仕事に行く前に先住民風のグループがメトロ構内で紙コップを持って必死にお金を求めていたのを見たら、女性が一人まじっていてダウンタウンでよく見かけるホームレスでした。

顔がでかく、モンゴロイド系の顔立ちなので記憶に残りました。

モントリオールに少なくとも3年はいるはずです。

いつも酔っ払って男性何人かと一緒になって騒いでします。

今日はなぜかダウンタウンを離れてドルバルのバスターミナルで寝ていました。

周りにいつもいる男性らは家族関係かどうかは分かりませんが、床の上に雑魚寝しています。

手前にいる男性はベンチに座っています。

よく考えたら、検疫体制でダウンタウンのどこか温かい場所を住処にしていたところを追い出されて温かい場所を探してもとめていたのでしょうか。


今、バス代は払わなくても済むから、誰かが入れ知恵して、24時間しのげる温かい場所を求めて、ここへ来たのだと察します。

考えたら、ここにはトイレがないので、この人たちは用を足すのは外に出なければなりません。

ホームレスの人でもトイレに行くと温かい水道があるので手を洗うこともありますので、今の検疫体制で追い出されてしまったら、その機会を失うことにもなります。

食べ物もないので衰弱して、免疫は落ちていくでしょう。

人がどこを歩いているのかも分からない雑菌だらけの床の上に寝れば、感染にかかりやすいくなります。

普通の人が同じ公共の場を利用するのかと思うと、検疫体制期間の意味がなくなりますね。

こうやってあぶり出される問題に対処しているように見えないし、トルドー首相が発表したカナダ市民へのサポートが行き届くのかと疑問に思いました。

0 comments:

コメントを投稿

Labels

ケベック州 72 カナダ 62 モントリオール 55 新型コロナウイルス 40 モントリオール. ケベック州 39 移民生活 17 日本 12 雑感 10 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 マスク 2 ロックダウン 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ緊急給付金 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1