カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年3月4日水曜日

MTLなりすまし警察官の罪

event_note3月 04, 2020 editBy 4pattes forumNo comments

なりすまし警察官 罪

MTL警察官と名乗るのも罪なのに、性的暴行、強制監禁、武器の所持など18件の容疑で2月20日に裁判所に出頭したようです。

SPVM(モントリオール警察庁)によると、2019年の夏に始まり、2月20日までありとあらゆる犯罪をやっていたというわけです。

モハマド・アブドール・コヒーアリー(34歳)、見た目と名前から推測すると、イスラム教徒のインド系でしょうか。

北インド系には見えないですね。

年齢から推測すると、34歳だったら移民して間もないぐらいだと思います。

それか、自国で借金してカナダ・モントリオールにPEQプログラムで留学移民ではなかろうかと推測します。


なんでかというと、事件は主に経済移民、難民、留学移民が居住している自治区(サンローランアハンツィック・カルティエビル)で発生しているからです。

家賃も割安で、へんぴな工業地帯にアクセスが良く、留学移民の学校も近いという私の印象ですが。。。

あくまでも私の推測ですよ。

私の知っている限り、この年代の高学歴、元専門職の南インド系移民は大人しく、厄介なもめごとが嫌い、大体は結婚して工業地帯で一生懸命働いて子育てで休みは教会か政府のプログラムなど行っている人が殆どです。

独身で30歳前後の元看護士南インド系移民の知人男性によると、彼がスキルド移民が出来た時はフランス語のチェックがなくたくさんの高学歴か元専門職のインド系がケベック州へ流入出来たらしいです。

彼自身はフランス語がネックでこの先はフランス語をマスターするか、他州へ移動を考えなければならず絶望的だと言ってました。

また、2018年頃に留学移民した当時28歳の独身南インド系の知人男性によると、学校と卒業後のビザを考えても4年半ぐらいしかならず、カナダまで来た留学資金の借金返済を考えて、車を借金して購入し、Uberドライバーをやっているそうです。

この二人、移民の生活苦の上に年齢的に結婚という同調圧力があり、勝手に現地で自ら勝手に嫁さんを探すことは不可能なので、最終的に親に探してもらうのだが、ある程度は経済生活基盤が立てないと、親の顔が立たないとこぼしていました。

Arrestation d'un présumé agresseur sexuel en série: Le SPVM recherche d'autres victimes potentielles

La police de Montréal est à la recherche de victimes potentielles d'un présumé agresseur sexuel en série qui se serait fait passer pour un policier afin de commettre ses crimes allégués. Mohamad Abdool Koheeallee, 34 ans, a été épinglé récemment par les enquêteurs de la Section des agressions sexuelles de la police de Montréal et a comparu le 20 février dernier.
MTL警察庁 他の犠牲者探す

拘束してお終いで終わらず、まだ捜査官は、一連の性的暴行に関連して他の犠牲者がいると信じる理由があると言います。

あくまでも私の想像ですが、私の同僚ルワンダ女性が覆面をした男が日中に民家に入って手と足を縛られたという事件があり、その後はPTSD(心的外傷後ストレス障害)になっていますが、性的暴行があったことはハッキリ公表していません。

カナダ人女性だったら、メディアに出て顔を出して犯人を見せしめぐらい堂々とやります。

先日、加害者の娘や息子がメディアに堂々と出てインタビューに答えている姿に度肝を抜かれました。

しかし、移民女性の殆どが男性社会から来た信心深い人らで、中には性的暴行された女性は罰せられる人もいるのでは思うのです。

そうだったら、社会的不名誉ですよね。

婚約や結婚している女性だったら尚更です。

被害にあった後は完全に差別されるでしょう。

被害にあっても黙っている人がいるんじゃないかと思います。

私の知人にPEQプログラムで留学移民をしている日本人女性がこの自治区に確か居住していると思います。

学校へのアクセスを考えたら、潜在的にまだいるのではないでしょうか。

従順で素直だけでなく愛想の良い日本女性は狙われやすいと思うので注意喚起したいものです。

容疑者は身長ほぼ180cmで、体重は約75kgぐらい、そして、黒い髪と茶色の目をしているようです。

情報を知っている人は、911で警察に連絡するか、最寄りの警察署に行って苦情を申し立てることを求められます。

心当たりにある人は通報して心のケアを受けましょう。

0 comments:

コメントを投稿

Labels

ケベック州 73 カナダ 63 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 40 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 12 雑感 10 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 マスク 2 ロックダウン 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ緊急給付金 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 事件 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1