カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年5月30日土曜日

怖いのはコロナでなくピットブルでもなく人でした

event_note5月 30, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
この二日間、偽札容疑でポリスに圧迫死されたアフリカ系アメリカ人男性の件で米国各地のデモが激怒しています。

事の発端は殺されてしまったジョージ・フロイドさんが偽札容疑にかけられてポリスから車を離れるようにと命令されたことから始まりました。

抵抗したようですが、暴れたのかはよく分かりませんが、私でも厳ついポリスに何かされそうになったら抵抗すると思います。

ただそれだけで手錠を掛けられて地面に押さえつけられてしまったのです。


脚で頸椎を抑えたのでそうか、動画で息が出来なく助けてくれと言っているのが聞こえました。

あんな断末魔の叫び声を出してもポリスは足をクビに踏みつけ動きませんでした。

そのうち意識を亡くして動かなくなってしまったのです。

結果的にお亡くなりになりました。

やり過ぎというか、ポリスのプロトコルに対して不振を感じ各地で暴動やデモが起きました。

米国では2014年に白人ポリスに殺されてしまった事件がありましたが、それも容疑にかけられただけでした。

その後も米国ではこういう有色人種を容疑にかけて不当に扱う傾向があり、問題になっていたようですが、人種差別とは別にポリスが結果的に殺してしまうケースはカナダにも良くあります。

だいぶ前に移民した母親に会いに来たポーランド人男性が空港で不振容疑にかけられて抵抗したら、テーザー銃で撃たれてショック死をしたケースがあったのを覚えています。

最近ではノバスコシアでポリスを装ったカナダ人が無差別殺人を起こし、結果的に警察に打たれて死亡したケースがありました。

テーザー銃でカナダに訪問した外国人を殺してしまったポリスがと無差別殺人を起こした殺人容疑者を殺してしまったポリスがその後どうなったか分かりません。

前者は誤って死に至らしたかもしれませんが、後者はポリスのエシックコードとプロトコルに従って殺してもしょうがなかったのかもしれません。

ジョージ・フロイドさんを踏みつけて窒息死させてしまったポリスの組合が強く、保釈金も組合が持って死亡に至らした事件をもみ消してしまうのだろうか!?

有色人種が外出するだけで容疑にかけらることなどあってはならないことです。

どこをどうすれば死に至らすことを知っていながら、あんな残虐なことをするなんてありえないです。

怖いのはコロナでもなくピットブルでもなく人です。

人が病原菌に関わってコロナを生み、人が闘犬の飼育を誤って被害をだし、通りに歩いている人を偏見で容疑者と判断して虐殺してしまう。

本当に人は恐ろしいと思います。


2020年5月28日木曜日

一万人の介護職員を採用するに至るまで

いきなりモントリオールに真夏が来ました。

夕方の気温が34℃だったらしく、ニュースを見ると暑くてフーフー言ってるケベコワが目立ちました。

7月になると雨が多く2週間ぐらいは日本のように蒸し暑くなりますが、気温が高くても湿度が低いので、日の当たらない室内にいてば汗が出ません。

ところで、連日ケベック州はコロナの死者を出しています。

水曜日の時点で89人の死者数ですが、総数4228人中の64%は長期高齢者施設で感染したのです。

この日のICU患者が184人と生死と闘っている状態ですが、長期高齢者施設以外の市民は制限解除と同時に経済活動に戻ります。

必ずしもコロナ前のような生活ではないですが、コロナと共に生活します。

一昨日、2018年度にUSとカナダの国境にあるロクサン・ロードにたくさんのハイチ人がカナダへ難民をもくろんでトルドー首相は受け入れました。

あれから生活保護を受けながら、低賃金労働をして難民として永住権を待っていたようですが、ケベック州政府に高齢者施設に労働者として付けられてハイチ人の一人がコロナ感染で亡くなったのがメディアに流れました。

私自身、何で感染問題になっている長期高齢者施設にハイチ人の難民が働いているんだろうと疑問に思っていました。

その時、嫌な予感がしたんです。

恐らく、ハイチ人はハイチクレーオールを話しますが、フランス語を解するのでケベック州政府が人員不足を埋めるために付焼刃で難民を感染の巣掘へ送ったんだと思います。

ケベック州の高齢者は英語を話せない人が殆どです。

何年か前に長期高齢者施設を出入りしている時、介護職員やその他の仕事をやっている人の様子を見て不審に思ったことがありました。

介護職員の仕事って想像できると思いますが、高齢者の排泄、食事、その他は移動や入浴の介助、入浴に行かない日は体をベッドの上で洗います。

ですが、ベテラン介護職員の仕事を見ていても素手でやっている人、手袋を付けても排泄処理を終わった後にベッドの手すりを何度も触り、そのまま別の部屋へ行く人とか見かけました。

部屋に入るときと出る時に消毒液を手に付けるようですが、見る限り入年に手を洗っている様子は見たことはありませんでした。

バスやメトロで医療従事者用のユニフォームを付けて通勤している介護職員も見かけたりもしたので意外と介護職員の倫理的行動規範が緩いのか、教育内容が薄いのかと思っていました。

ハイチ人難民ですが、どうも多くのハイチ人がパンデミックの間に高齢者施設へ労働の糧として送られたようです。

きちんとした書類はなくても、前に介護職をやっていたと主張しただけで、第一線の現場に付けられ、その他は掃除、配ぜん、洗濯などの仕事をやっていたようです。

これらの亡命申請希望者はケベック州政府に用意されたイーストエンドのコンディションが悪いアパルトマンに大人数で住んでいたのもあって、医療従事者経由でクラスター感染が起こったと思われています。

実際、パンデミックの人手不足の高齢者施設にカナダ軍が補助に入り、状況に関するレポートには人員不足による感染拡大,経験不足の人員による医療用防具の不適切な使い方について指摘してあったことが注目されています。


まあ、生きていくのに必死で死者を出すとは思わなかったのか、一般的に複雑なことを考える国民じゃないハイチ人が人権派団体を通して、ことの理解を得た時に自分らが危険にさらされていることを不当に思い、政府に永住権のプロセスを急がすためにデモを起こしていました。

カナダ軍の補助的援助もトルドー首相自身、そう長く続けるつもりはなくても、ケベック州政府ルゴール首相は9月15日まで延長を依頼し、それまでに1万人の介護職員を埋めることを決断しました。

6月中旬から9月中旬まで、介護職員希望者のケベック市民を集め、集中コースを行い、コースを受けている期間は週に760ドルの手当を付けるそうです。

長期高齢者施設で雇用されるとすぐに、初任給は1時間あたり26ドル、つまり週あたり940ドル、年に49,000ドルになります。

最小時給が13.10ドルですから、3か月の集中コースでインスタント公務員って凄いプログラムだと思います。

STMのバス運転手並みの初任給ですが、税金は相当に持っていかれることは言及していないです。( ´艸`)

フランス語圏なので、飛びつくのはフランス語を解するアフリカ
系とフランス語にシフトするのが難しくないラテンアメリカ系の移民と亡命希望者になるでしょう。

第2波に備えての一万人採用なので需要に対して供給がある場合は仕事難民になる可能性もあります。

ただ、看護アシスタントの時間給が21.57ドルスタートなので、ひょっとしたら介護職員が高くなるというのも教育の長さを比べると変な話です。

まあ、今まで介護職員が安すぎて搾取されまくっていたから仕方ないけど、この辺はどう議論されて行くか注目したいと思います。

2020年5月26日火曜日

MTLの自転車専用道路が拡大される

悪いことが続いた後には、良いことがめぐってくると信じて淡々と日常生活をしています。

個人的な事情じゃなくても流行り疫病や社会情勢に巻き込まれしまうこともあるんだと感慨深くなります。

今年は夏のイベントがないので自分で楽しいことを探しに行かないといけないのです。

脚ぺたが付いているようなところにあんまりいたくないです。

チャリンコ乗って子供みたいにあっちこっち行くと思います。

誰もがそういう風に考えているかもしれません。

モントリオール市は人の心理とかマーケティング予測とかされていたんでしょう。

恣意的にMTLの自転車専用道路が拡大されているのです。

森林公園と安全な自転車専用道路が区画整理されてライドしやすくなっています。

第一段階は6月に始まるようですから楽しみです!




2020年5月25日月曜日

ドルバルから避暑地へ瞬間移動

BFの友人が住んでいるサン・ジェローム行くはずだったけど、先方との連絡が行き違いが起こり、来週に変更になってしまった。

天気が良いから無性に外へ出たくなります。

既に17時過ぎていましたが、日没が遅いので明るいです。

まだまだアクセスできる制限があるのでモントリオール中州の東側に行っても意味がありません。

みんな考えることは一緒で公園や水場は人が多いので社会的距離を取るのが面倒なので、西側(ウエストアイランド)へ出向きました。

ドルバル(も西側)から車で10分ぐらいで行けます。

レイクショア・ロードを走ると左に見えるのが水場で右は歴史的でシックな高級住宅が見え、木々が繁っているので避暑地に来たみたいです。

水場なので風も来るのか涼しいです。



コロナ感染者数も圧倒的に低く、自宅自粛期間中もテラスでビール飲みながら話し、庭の手入れなどをしている人が見えました。

水上ではゴムボートに乗って遊んでいるグループが見えたのですが、この辺に住んでいる人全体、日焼けしている様子を見ると同じ自粛生活でも天地の差ですから最強だと思います。


渡り鳥などの野鳥がいりみだりしていて、かなりのサンクチュアリー化しています。

バードウォッチングが好きな人はおいしいポイントがたくさんあります。

モントリオールに森はたくさんありますが、水辺周辺も野鳥の大合唱会で珍しいものに出会いますよ。

鳥の鳴き声って何か特別な周波数でもあるのでしょうか?

15時半にモソモソ起きて、モヤモヤした頭がスッキリするんです。

3D音というのか、四方八方から鳥の鳴き声が重奏になって聞こえるのは花鳥風月そのものです。

ウエストアイランドのMTL中州の南側もいいけど、北側も森林公園があって自然は十分に満喫できます。

元同僚の話によると、デュー・モンターニュ湖に面した森の岸辺は夏になると、ヌ-ディストビ-チ化していると言っていたので、検証は必要かもしれませんね。( ´艸`)


ビザール島の森に行ったことがありますが、ハチがいるので行く際は黒い恰好をしない方がいいかもしれません。

今年はスズメバチのような外来種などに注意などの呼びかけがニュースであったので、森に行った場合は入り口のインフォメーションセンターで確認はした方がいいです。

平日に行くと、2時間歩いて2,3人くらいしか人に出会わないので、普段みない生き物に出会うとドキっとするでしょう。

ドルバルなど普通の民家の道路を歩いていると、スカンクに出くわしてあとずさりしました。

スカンクの方も遠慮してさっさと逃げましたが、臭いモノを巻き散らかされたら終わりですかね。

BFのアパルトマンから見える松の雑木林がリスのサンクチュアリーでソファに寝っ転がりながらでも右往左往を見られるのは楽しいものです。

先週はキツツキが何度も気を突っついている様子を目撃して、ちょっとした感激でした。

こういう花鳥風月は10年前ぐらいまではモントリオール郊外(モンテレジー地域)に住んでいた時以来だと思います。

ケベック州の夏は短いのすが、コロナ制約の中で楽しむところはいっぱいあります。

2020年5月24日日曜日

ただ祈るばかり香港デモと返還前の香港

モントリオールはケベック州の美術館、図書館、ドライブインが5月29日に再開できようなので、日に日にアクセスできる場所が増えて行きます。

今日は、「国家安全法」に反発に対する香港でデモ隊と警官隊が衝突している様子を見て寒気しました。

去年は逃亡犯条例に反対する民主化デモが拡大して当局と対立していましたね。

中国では22日から全人代(全国人民代表大会)が開幕していたので、あんまりいい予感しなかったのですが、できた代物は国家安全法というより中共保護安全法のようなものです。

デモ自体、国家分裂行為とみなされ、逮捕されてしまうわけです。


民主主義の香港は政権転覆など当たり前の希望なのに、それさえ行ってはいけないという法律ですから、これはデモを起こすのは当然のことですね。

1997年の7月1日イギリスから中華人民共和国への返還・譲渡され、香港特別行政区政府が発足しました。

たったの23年で自由を奪われてしまうなんて悲しすぎます。

思えば、私が香港に行ったのは1989年です。

1984年に今は亡き英国マーガレット・サッチャー元首相が中国に香港を返還・譲渡を定めた年であり、それまではイギリス統治下であったわけです。

香港人のパスポートはイギリス人のパスポートではあっても香港と感じで記されていたのを覚えています。

当時、英国人の元彼と東京で暮らしていました。

その彼が、法が整って香港が完全に中国へ返還・譲渡されてしまう前にイギリス統治下の香港を見てみたいとのことで2週間ぐらい滞在しました。

今と比べたら、怪しげな雰囲気を醸し出すスラム街「九龍城砦(きゅうりゅうじょうさい)」などがあって、異国情緒たっぷりでした。

というか、パラレルワールドにはまり込んでしまったようなところでした。


ステイしていた宿泊施設も独特でした。

香港の九龍・尖沙咀地区の弥敦道(ネイザンロード)に面して建つ、知る人知るぞ重慶大厦(チョンキンマンション)です。

宿泊施設だけでなくいろいろなお店が入っている複合ビルで、一言で言うとカオスでした。

予約も入れた記憶がないですが、ポン引き風の謎の東洋人に元彼が声を掛けられて部屋の交渉していたのをおぼえています。

普通のベッドだと足が出てしまうから、間取りが大きくエアコンが付いていてウエスタンサイズのベッドのあるタイプにしてくれと頼んでいました。

危なっかしいリフトで到着するとお店の付いているようなシャッタータイプの鉄格子を開けて普通のドアを開けると言ったような作りでした。

やり手ババアが仁王立ちして待っていたけど、私が日本人で彼が英国人と知ると態度が急変したのが印象的でした。

間取りの広さと内装はウォン・カーウァイ監督の香港映画「恋する惑星(1994年)」とよく似ています。

いかにも香港テイストですが、当時の中国と比べると民主化された雰囲気はありますが、英国の統治下とは程遠く、香港にいる間はよくお腹を壊しました。


今も重慶大厦(チョンキンマンション)とかあるみたいですが、リニューアルされて間取りは細かく細分化されて窮屈そうです。

しかしながら、相変わらずカオスな雑居ビルなのは変わっていません。



古き良き香港が中共の支配下になるのは絶対に許されるべきじゃないです。

加油!

2020年5月22日金曜日

ロックダウン2か月後、経済は可死状態

今日(22日)付けで、最大10人、3世帯まで、屋外(例:庭や公園など)は2メートルの社会的距離という条件付きで会合出来ることになりました。

さっそくBFが知人にアポをとってサン・ジェローム(山脈の方)の知人に会いに行きます。

昨日まではそんなことをしたら、手数料プラスのチケット($1000以上)を食らうのですから、たまったもんじゃありません。

気温20度前後になって日差しもあり、外出しない間にサマータイム突入です。

オンラインショッピングで新しいトラッキングシューズを買いました。

これだけでも気持ち上向きに聞こえますが、とんでもありません。

ケベック州のロックダウン2か月後、経済は可死状態です。

商業エリアもビクビクとコロナ対策しながら営業を始め出したけど、これまで息抜き消費するまでに至りません。

カナダが陸路と空路をオープンする気がないので、私が勤めている会社は大打撃を食らって戻れる見込みは殆どないです。

カナダ緊急対応給付金(16週間分)の後は自動的に普通の失業保険になると思います。

失業保険をもらっても少しは仕事をOKですが、稼ぎ過ぎると収入手取りに応じて失業保険給付金が減るということで、ちらっとどんな仕事があるのかと見ました。

割と緊急を要する分野(医療物資、医療従事者の)募集が多く、就いたらオーバーワークで休みがないのではと想像させるものばかりでした。 (冷汗)

サウスショアにある火葬場も急募で3000人以上の処理とか生々しくえげつない募集欄を見てギョッとしました。

考えることはみんな同じでロックダウンを2ヶ月過ぎると理由づけて外出したくなるのか働くことを考える人がけっこういます。

適当にライトな仕事をして自分がかつて働いていた会社が復活したら戻ろうと思っているのでしょうか。

毎日、メディアの片隅に元〇〇をやっていた人が今は家にいるのに飽きてこんな仕事をしていますとか紹介されています。

ある失業したトランザット航空のパイロットが家にいるのが飽きてUPSのドライバーになっている様子が載っていました。

ケベック州政府が失業者の中で誰か必要不可欠な分野の仕事ができる人がいたら出て来てほしいと呼び掛けていたからと言ってました。



確かに医療物資、食料品売り場、物資の輸送や医療従事者など働いています。

資格やライセンスが必要な仕事に就くことは出来なくても物流関係や食品加工又は売り場は人手が足りないのですが、最小時給プラスボーナスでカナダ緊急対応給付金と同じなので人気がありません。

というか、報酬の意味がないと思うのでしょう。

家にいると不安と恐怖でいっぱいの人らは外に出て仕事をした方が心身を保てるという意味で労働は良いと思います。

私の予感ですが、たとえ陸路と空路が開いても経済回復するのに最低1年はかかると思います。

今後はこういう事態になっても仕事を続けられるような分野の仕事に就くことも考慮するのもありかと考えています。

取り敢えず、カナダ緊急対応給付金や失業保険をもらえるほど過去に一生懸命働いていた自分に感謝し、いつでもすぐに働けるように気を持ち続けようと思います。

2020年5月20日水曜日

外出制限中にメキシコから出稼ぎ労働者

event_note5月 20, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
5月21日、トランプ大統領が国境を開けてと頼んでもカナダ連邦政府・トルドー首相がノーと言い、6月21日まで正式に延長しました。

更にケベック州政府・ルゴール首相は出来れば7月まで国境は開けないでくれと言っています。

空港などの一般人を乗せた国際線などの運休も6月末まで動かないのは3月の時点で分かっていました。

カナダ緊急対応給付金が4か月間(16週)というのがうなづけます。

医療従事者のデモがケベック州政府事務所の前であり、休暇を取り消すことやパートタイムのスタッフにフルタイムで働くことを強いることを含む政府の行動に抗議していました。

医療従事者が大変なのはわかりますが、仕事をほったらかしにしてデモをやるのはいかがなものかとルゴール州政府首相が愚痴ってました。

やっぱり給料を引き上げるやらボーナスを付けるぐらいしか対応がないようです。

医師と教師の給料が肥大化する中、ケベック州の農業が収穫時に人手が足りず困っているようです。

なんと、ケベックシティの近くにあるオルレアン島のベリー生産者がチャーター便を出してメキシコから出稼ぎ労働者を呼び寄せました。

どうもこの生産者がメキシコに人材派遣会社を持っているようで、向こうの生産で登録している人らなのでしょう。

人件費166人分、$ 140,000って安っす

最初、ニュースで国内のケベコワ労働者を募集していた時は月額$1200とか言っていたような気がします。

ざっと計算してカナダドルでメキシコ人労働者は月額$1000以下ってことですかね。


カナダ緊急対応給付金って$2000出るのに、誰がこんな金額で朝5時から行くんでしょうか?

トルドー首相が学生やパートタイマーまで給付金を出すようになったので、誰も興味持ちませんね。

メキシコ人男性が殆どでケベックの女性は喜びますが、オルレアン島に閉じ込められるようなので、女子とダンスもしないで仕事が終わったら帰されるかもしれません。

ケベック女性とメキシコ人男性やキューバ人男性の組み合わせは多いですよ。

大体、ケベコワ女性の定番バカンス先メキシコやキューバで出会ってお持ち帰りする婚が多いんですが、こういう出稼ぎ労働者が休日にケベックシティのクラブで出会うこともあるでしょう。

あはははは!

2020年5月18日月曜日

日本についてのコメントが多様性に富み過ぎた

今日はSNSやメディアの記事に日本の記事についてケベコワがコメントをプチ炎上している様子を見ていました。

「日本が不況に陥った」という見出しなのになぜか、DQNのケベコワがいきなり「それは当たり前, 同時に日本も中国のようなやり方をして, 大気汚染するのを止めなければならないわ。」とコメントしました。

日本は地球を汚染している!?

確かにYES、中国に日本の工場がありますが、全部が全部、日本のモノではなく、カナダの工場、その他別の国々の工場もあるのでNOです。

これに対して、あるケベコワ女性が「日本は中国に匹敵するものではありません... 2つの国は、まったく異なる人々、非常に異なる習慣...」とコメントしてます。

中国が出てくると、あるケベコワが「中国からの中国人または日本からの中国人、もろに中国人のまんま!

続いて別のケベコワが「ウイルスが問題で大気汚染のトピじゃないぜ!」とコメントします。

すると、冒頭のDQNケベコワが「全部ウイルスが中国から来ていると思ってんの?」と反論しています。

またまた別のDNQケベコワが登場して、「いやいや、それは黄色いナチスだ!」とコメントします。

すると、別のまとも系ケベコワが、「荒れてきた、お幸せに!」と捨て台詞なコメントをします。

少し賢いケベコワが、「確かに歴史的に日本は中国と関わり合いがあり、地理的に近いことは確かですが、中国は共産国なので違い過ぎます。」とコメントします。

さらに知的なケベコワが、「この地域で唯一の民主主義であり、非常に良い国である日本は中国と混ざれば良いと思います。」とコメントします。

更にバラバラ意見と反論にコメントなど永遠に続くので割愛させて頂きます。

とまあ、それぞれが日本をあまりよく知らないけど、言いたいことを言っている様子は世界どのSNSやメディアでも見られます。

中国のインパクトが大きすぎて、ちょっと押され気味、日本が台湾のように中国の一部とみなされているは驚きました。






2020年5月16日土曜日

真実はひとつ、やがて明らかになるでしょう

ちょっと前までスティーブ・バノン氏のインタビューを見ていた後に昨日の言論テレビに出演した安倍首相を思い出して吹いてしまいました。

スティーブ・バノン氏、一言でいうなら、元トランプ大統領の側近で極右としられ、強面ですが、女性と話す時は優しい一面を見せます。

今はメディアにバンバン出て保守派の言論人として、あちこち声をあげています。

武漢P4研究所の科学者が亡命した件に関して何か知っている様子ですが、インタビューでは言及しませんでした。

彼の言論を聞いているとトランプ政権が何をしようかと思っていることを代弁するような感じで答えている様子を見ると、本気で中共をゴミ箱に葬るつもりでいます。



スティーブ・バノン氏は中共が怖がっているのは自国民だと言い切ってました。

現地で調査してウイルスのDNAの配列を確かめないと人工ウイルスかどうか分からないと言っていましたが、やがてわかるでしょうと意味深というか確信めいた含み笑いをしていました。

ヒエェ、トランプ大統領とどこか似ています。

一方、安倍首相ですが、言論テレビで相変わらず話下手な感じではありますが、WHOに検証を提唱する方針でいるので、日本の立場は主張していくつもりではいるそうです。

一応、たくさん払っているんから、それぐらいはさせてもらわないといけません。

気迫がイマイチな安倍首相ですが、どっちみちWHOも中共も逃げられないと思います。

真実はひとつ、やがて明らかになるでしょう。

2020年5月15日金曜日

いよいよ2次補正決断はダイナミックな財政出動を

自宅自粛のため完璧な昼夜逆転の生活になりました。

5月25日までは早めに起きても意味がないです。

陸路の国境と空港のオープンになるのが6月21日まで延長になりました。

自粛生活3か月目に入ると思います。

14日付でコロナ死者131人、ICU191人ですよ。

州政府はマスクを非医療用マスク(布マスク)を義務付けたいところだけど、予算は付いても生産が間に合わないとか理由付けしています。

最初は医療用マスクを市民に買われるを恐れて、咳は肘で押さえろという衛生指導でしたが、今じゃマスクを何とかつけさせようと躍起になっているのです。

ダメだ、こりゃ!



気になる日本の経済政策、財政政策


ところで、今日は時差を逆手に取り、ケベック州の早朝に【言論テレビ/櫻LIVE】第395回 - 安倍晋三・内閣総理大臣 × 櫻井よしこ(21時放送)を見ていました。

安倍首相が生でライブに出て胸の内を話すなんて、こういう状況でいいことです。

櫻井よしこさんは穏やかな口調でやんわりと言いたいことをオブラートに包みながらズバッと質問をぶつけたり、意見を言ったりと頼もしく、安倍首相の方はぎこちなく彼女の意図を組みながら答えていた様子です。

どちらかと言うと、安倍首相の口から経済対策などの企てを聞きたいところでしたが、もしリフレ派の有識者らと対面で話す機会を見れたらと願います。

一方、緊縮財政派か只のマス「ゴミ」のおバカな質問のおかげで、麻生副総理兼財務大臣が追加のコロナ支援策実行で2次補正予算案に国債を刷るというような言動をちらつかせていたので、どのくらいの規模なのか決断が気になります。

ショボいクーポン券とか言わないでほしいですよね。


藤井聡先生によると、政府の周りにいる経済専門家4人が増税派でコロナ税を提言しているようですが、ちょっとこれではお先が真っ暗になりそうです。

一揆でも起こして覆さないとダメでしょうか?




2020年5月13日水曜日

大人になってからのツベルクリン反応とBCGワクチン

偶然とも言えないBCGワクチン接種国のコロナ死亡者数が少ないと言われて、日本国民はBCGワクチンを打っているから被害が少ないなど話題になっていました。

BCGワクチンと言っても、生まれてすぐに打って、小学校でツベルクリン検査して陰性が出たら、列に並んでハンコ型のBCGワクチンを打たれた記憶があります。

でも、それで免疫を得ても10~15年くらいの効果しかないと言われ、何でこの話題が出たんだろうと気になりました。


遺伝子組み換えBCGワクチン


最近ではそれが本当なのかどうか、ドイツ・スペイン・オランダ・オーストラリアで新型コロナウイルスのBCGワクチン効果を検証する臨床試験が始まっています。



ドイツで行われる臨床試験は遺伝子組み換えのBCGワクチンを使われるようなので、我々日本人が子供の時に打った生ワクチンではないようです。

BCGワクチンは結核症のためだけじゃなくガンの治療に使われていることもあるので、大人用が存在するということなんでしょう。


BCG説 日本で死者が少ないのはナゼ?


ただ、やっぱり日本人が受けたBCGワクチン接種がどのように作用して効果があるのかのメカニズムを知る必要があるのが気になって動画を見ていたのですが、あるお医者さんの説明が分かりやすかったです。以下



説明を引用(以下)

BCG-弱毒性結核菌ワクチン
リンパ節の細胞の中で冬眠して生き続ける。

ナチュラルキラー細胞とマクロファージを活性化している。
結核菌が肺に吸入された時に腕の付け根の脇の下でメモリーにされていて、それが発動するようです。

結果的に重症結核にならなくて済むようです。


BCGワクチンとツベルクリン検査と反応

コロナ死亡率とBCGワクチン接種政策の関連グラフで見ると臨床試験が行われるほど関連性を見せるのはと誰もが思いたくなるのが不思議ではないようです。






上記の動画で面白かったのが、子供の頃に打ってもらったBCGワクチン打った人が大人になってツベルクリン検査の免疫反応が増強されるブースター効果が起こるということです。

というのが、だいぶ前に私は医療機関に出入りするので予防接種を受けたのですが、ツベルクリン検査で陽性になりました。

40代の後半でしたから、子供の頃にBCGワクチン接種をしてから軽く15年以上は立っているのですが、25mmとばっちり陽性反応が出て、マギル大学の胸部研究所で胸部レントゲンを撮る羽目になりました。

動画の医師は60代で一回のツベルクリン検査で20mmと出て、思い起こすと医療現場で結核患者から曝露しているはずだと言っていました。

もしかしたら、私もBCGワクチン接種した後に誰かから曝露された可能性があるかもしれません。

いずれにしても、マギル大学の医者にレントゲン結果と健康状態の問診があり、特に異常はなく結核を発症しているわけではないとのことです。

これが60歳を超えたあたりにツベルクリン検査を行って陰性になったならば、免疫が落ちたということが確認できるかもしれないので、7年前にツベルクリン検査をして良かったかと思っています。


ツベルクリン反応とBCG 公益財団法人 宮城県結核予防会

複十字健診センター 看護科  kan@jata-miyagi.org 健康相談所 興生館 看護科 kokan@jata-miyagi.org 結核菌感染の有無を知る一つの検査法です。 ただし、結核菌に感染したか、類似の非結核性抗酸菌に感染したか、BCG接種の影響であるかの区別は、ツベルクリン反応だけでは判断できません。 ツベルクリンのなかみは? ...

2020年5月11日月曜日

MTLに自転車ブームが来るでしょう

モントリオールエリア外の小学校とデイケアは、月曜日(11日)に再開されますが、モントリオールでの学校、保育所、ビジネスの再開は5月25日まで延期されました。

日曜日(10日)の時点でケベック州では、37,721人のコロナ感染が確認されており、死亡数は昨日の数値と比べて142人の死亡増加で計2,928人がお亡くなりになりました。

入院患者数(1,831人)と集中治療患者数(199人)は、いずれも昨日よりわずかに減少したけど3桁で学校や経済活動はちょっと無理があります。

アメリカの農業食品大手カーギルが所有するケベック州の食肉加工工場の労働者の間で、クラスター発生があり、64人の労働者が感染したようです。

今の時点でピークを過ぎて当然なのに死亡者が日に日に増える理由に高齢者施設内の感染爆発が一向に良くならなく、官僚内で罪のなすり合いなどをやっている始末です。

となると、自分が仕事に戻れる時期も6月にずれ込むことになるかもしれません。

ケベック州政府もこれから2週間はどうなるか読めないそうです。

4月は気温が一桁で多少は寒かったので出かけなくても良かったけど、もう5月に入ったのでBixiの電気自転車に乗ってあちこち気分転換をしたいところです。

去年、1年間分の会員パスを買いました。

いつ、アクティヴェーションできるのか、今か今かと待っています。

しかしながら、モントリオール市の方は医療従事者と必要不可欠な人らが優先で一般の人らは控えてくれと言うことで遠慮しています。

考えていることは見な同じで、みんな美しい自転車専用道路を滑走したいのですが、自転車のインフレが起こっているようです。

わざわざ3密のメトロやバスに乗ってコロナウイルスを曝露されたいと思わなく、自転車通勤や通学を考えているのです。

ヘルメットを買いに行く人が多いのかトイレットペーパーの品切れが続いているようです。

別にマイ電気自転車を買ってもいいのですが、気軽に停車をすればあっという間に盗まれてしまうので躊躇します。

人の物を壊したり盗んだりする人がまだまだたくさんいます。


自転車と言えば、去年はヴィンテージの幽霊をモンロワイヤルの山の中で見ました。

夜は街灯がないので、BFと横づけにして自転車の灯で下っていたところ、クラッシックな装いをした男性と古いタイプの自転車で逆方向を音も立てないでスイスイ登って行くんです。

あんな真っ暗、漆喰の黒のような山道をライトもつけないでと思いながら、後であれは生きている人じゃなかったんだ~って気がついたのです。

この件について以前ブログに書きました。

今年も機会があれば夜道に山へサイクリングするかもしれせん。

まあ、自粛解除を気長に待ちます。

2020年5月9日土曜日

アジア系を標的にする増悪を向けるゼノフォビアが存在する

event_note5月 09, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
ここ最近、ネット上でアジア系コミュニティーを標的にしたヘイトクライム(憎悪犯罪)を見かけます。

バンクーバーではこの手の犯罪が11件確認されているそうですが、監視カメラがあっても犯人がすぐに見つからないんですねぇ。

若いアジア女性が白人の男から殴られて地面に倒れ込んでいる映像を見ました。

何で子供服が入りそうなぐらい小柄に前置きなく襲い掛かるのか理解不可能です。

幸い、これだけで済んで良かったと思います。

パンデミックが終わって渡加を考えている人もいるでしょうが、これを見たらなんと思うでしょうか。



殴った白人の男性ですが、ガタイのいいカナダ人女性だったら馬乗りになってボコボコにされるぐらいの若くてひょろひょろしているへなちょこです。

対象が自分より小柄な女性に暴力をふるって鬱憤を払っているなんて情けない男です。

もう一つ映像を見ましたが、92歳の中国系高齢者がゼノフォビア(ある特定の外国人嫌い)から地面に投げ込まれて倒れてしまいました。

ちょっと認知症が入っていたとは言え、健常な高齢者でも転倒させるのは卑劣な行為です。


確かにコロナは中国の武漢から来たウイルスでパンデミックを起こしました。

しかしながら、面識のない中国人に中国人だからいう理由でヘイトクライムする必要がありません。

私も特定のタイプは嫌いですが、わざわざ面識のない人がそのタイプだからという理由で攻撃することはないです。

普通だったら、目を合わせないとか距離を取るとかしますね。

自宅自粛で頭がもうろうとしていますが、そのくらいの判断はまだ出来ます。

ケベック州はどうかというと、人種的憎悪は始まっています。

一般的な白人女性を例にあげると、たった週に1回だけ買い物に出るだけですが、ケベック女性の当たりが前よりきつく感じます。

アジア女性は言い返さないと思っているんでしょう。

大体、20代から30代前半の女性は前頭前野の締まりが悪いのか、先のことを考えないでモノを言う人が多いです。

子供を産んで45歳過ぎると人の気持ちが分かるようになるのかいい女性に変わっていきます。

意地の悪い人はそのままだけど、大多数のケベック女性は年を取れば年を取るほど良くなっていくのが不思議です。

まあ、今後何か不適切なことを言われたら、私は中国人じゃないことをまず言います。

これから日本の小さい国旗バッジとかカバンに付けておくとかしますよ。

仮に中国系の友人といたら、彼女は中共じゃないと言ってスルーすると思います。

暴力など攻撃されたら、ポリス呼んでメディアにメールして裁判して懲らしめるしかないでしょう。

2020年5月8日金曜日

今、日本国民が経済危機を乗り越えるために出来ること

event_note5月 08, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
5月7日(木)午後15時の時点でケベック州の陽性者数が35238人、昨日より911人増加、死者数が2631人で121人増加しました。

入院者総数が1836人、昨日より4人減りましたが、ICU224人で11人増加しました。

このおかげで、モントリオール圏内のビジネス、小学校や保育所などの再開時期は25日に延期になってしまいました。

重症患者と死亡者の殆どが高齢者施設のドミノ感染で一向に良くなるどころか、むしろ死亡者数が100人前後が普通になっています。

これに比べて感染者数が100人前後の日本はカナダと人口対比、そしてケベック州だけで比べても少なく大変素晴らしいと思います。

とまあ、一見は日本政府の管理下で上手く行っているように見えますが、緊急事態宣言が延長された中、パチンコ店が再営業されてパチンコファンが列、しかもソーシャルディスタンスを守っている様子はあっぱれで、民度に頼って自粛を要請しても限界があるということです。


日本には非常事態に強制力を使える法律がないので、パチンコファンは自己中ですが合法ということです。

ケベック州だと公園に人が多すぎるいう理由で2人以上(一緒に住んでいない)の会合は警察官の裁量で即に罰金1000ドル以上のチケットを食らいます。

最近はモントリオール市長から公園の周りに路駐が出来ないようになりました。

自転車専用道路も美しい所は人が多く走行することになり、感染者が増えるのを恐れて閉鎖するとの発表がありました。

テストで陽性が出た感染者や14日間の自己検疫を破る人は逮捕されます。

山梨へバスで帰った若い陽性の女性が非難を浴びましたが、今の法律では強制力がありません。

私はどちらかと言うと、ふわっとした締まりのない自粛要請、現実的に仕事が出来なくなってしまった人が経済的に貧している人の支援が足りない点が不思議でなりません。



10万円の現金支給って仕事が出来ない間に連続で施されるわけじゃないので、仕事が出来ない人をサポートルする政府の経済支援及び経済対策が遅くて動きが以上にショボいではありませんか!

中小企業向けに支援はあっても遅くてお店をたたんで閉めるしかないんですよ。

チョイスはこれだけにしかないようにさせないことが大事です。

安倍政権がダメだで終わりだけじゃなく、なぜ財政出動出来ない理由から関心を持って豊かになれるチャンスを逃さないことです。

民主主義だから声を(ギャーギャー)上げていくのは大切ですよ。

声を上げるって罵ったりヘイトスピーチすることじゃないです。

米国とか有名人のSNSは何度も閉鎖を繰り返されるほど炎上しますね。

私は自粛して昼も夜もなくなるぐらい睡眠システムを破壊しましたが、日本国民でもカナダの移民でもあるので、変な思想や緊縮財政よりの政策を持っている政治家、閣僚、有名人、文化人やジャーナリストがいたら、SNS(FacebookやTwitter)を探して書き込みしてぶちまけてきます。

メール、電話、その他いろいろなツールで声に出すことが出来ます。

やっぱり支持者を無にすることはありません。

カナダ市民ではないで選挙権はないですが、税金を払っています。

日本人国籍を持っているなら私が日本国籍を持っている限り選挙権があるので声を出すことが出来ます。

日本の遅くてショボい経済対策と財政出動出来ない理由が分かりやすい動画があります。

チャンネル登録名:ワラしがみのせやろがいさんが、日本ロックミュージシャンの世良公則さんと日本社会工学者の藤井聡さんとコラボ動画で「遅くてショボい」日本の新型コロナ経済対策について話し合っています。


動画は間違った経済理論をメディアから洗脳されていることの説明だけでも聞くと視界が開けてくると思います。

意外にも世良公則さんが経済対策に関心があり、理解が深いのでびっくりしました。

後半は藤井聡さんがまとめて行ったのが以下を引用させて頂きます。


消費税を凍結すること 

100兆円の国債を刷って100兆円を用意をして 
潰れそうな会社を全部救うこと 
困っている方々10万円ずっと給付し続けること

これをすれば倒産する会社はもうすごく減る 

失業する方もすごく減る 

経済はずっと回っていくことができる 

コロナが終わった後に同じような生活ができるんですが、 
これをやらなかったら、ボロボロになって
とんでもない貧しい国になってからアフターコロナを迎えることになるので 

今が正念場だと思います。

2020年5月6日水曜日

大阪独自の解除基準は分かりやすい

event_note5月 06, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
出典: 産経WEST
今月23日来たら、自宅の自粛生活がまるまる2か月になります。

毎日、午後にテレビとネットで陽性者、入院数、ICU重傷者数、死者などは必ずチェックしてケベック州政府の会見を見ます。

保険大臣がグラフなどを用いて増加比率などを根掘り葉掘り説明したりするのを見ているうちに数値を求めるようになるものです。

大阪府知事が休業要請などを段階的に解除するための独自の基準を決めたそうですが、この大阪モデルの指標が分かりやすいですね。

国が出口戦略を示してくれないから見切り発車をしたようですが、緊急事態宣言が31日まで延長されて愕然としている中、これを目安にして意識しながら暮らす方が気が重くならなくて済みます。

ケベック州もこれを用いれば、市民の反発や顔色を伺いながら解除日程を変える必要がないと思います。



しかしながら、西村担当相って何をやっているの、この男?

吉村知事の鼻をへし折ろうとでもするようなコメントを言っていました。

以下、産経新聞 引用:
西村氏は休業要請などは新型インフルエンザ等特別措置法に基づく知事の権限であることを踏まえ、「休業要請し、解除するのだから説明責任を果たすのは当然だ」と強調。さらに「知事の権限や裁量を増やしてほしいと主張しながら『休業要請を解除する基準を国が示してくれない』というのは大きな矛盾だ」と不快感を示した。
 その上で「国が考えているのは緊急事態宣言の対象区域の解除の基準をどう考えていくのかだ。しっかりと数値や基準を示していきたい」と理解を求めた。

 っで、数値や基準はまだ?

まだかい西村?

日本国民の生活保障はしたの?

上から目線でモノを言うな、この腰抜け野郎!






2020年5月5日火曜日

コウモリ女が出て来て結末を迎えるのかな?

ケベック州の商業施設が5月11日に再開されるはずだったのに18日に延長されることになりました。

しばらくは世界の動きを眺めているしかありません。

中国がウイルス危険性隠蔽した件で米・トランプ大統領が懲罰を課す意向を示すというニュースが流れて来てドキドキします。

武漢研究所起源説の信ぴょう性が日に日に明らかになっていく様子が分かるので、映画でも見ているような気分になります。

【漫画動画】新型コロナウィルス拡大で、中国が胸をなでおろす!?


ポンペオ国務長官はメディアでハッキリと中共ウイルスは武漢の実験室から来たものだと述べました。

また、米国土安全保障省の報告書によると、中国共産党はこの疫病を隠蔽すると同時に、医療品を大量に備蓄していたことが明らかになりました。






ある中国人が、新型ウイルスで封鎖続く中国・武漢 50日間の記録を撮った動画を見ました。

昨年の12月中旬には病院にコロナらしきの症状を持った人らがけっこう病院にいたようなので、1月22日の封鎖が始まるまで中共は何をやっていたのだろうか。

この疑問は中国人の間でもあったようです。

本当なのかウソなのか、武漢研究所で「コウモリ女」と呼ばれている主任研究員の石正麗(ジェンリー・シー)氏が機密書類を持ち出して既にフランスに亡命したらしいが、それが本当ならすべてが明らかになります。



コロナ対策でWHOが中国寄り!? 国連工作は昔から得意だったからね



新型コロナウィルスは中国の武漢研究所から漏れた!? 4つの理由



何か胸騒ぎがして、このウイルスって本当に自然発生なのかというのが最初に思ったことですが、ここまで大事になるとは思ってもいませんでした。

しかしながら、トランプ大統領に対する評価は賛否両論ですが、ここまで中国を追い詰めた首相や大統領っていましたっけ?

みんなはれ物に触るような扱いをした腰抜けばかりです。

選挙戦を控えているとは言え、果敢に体当たりする姿勢は評価します。

2020年5月4日月曜日

WHOによるカナダの免疫証書が出て来た

event_note5月 04, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
毎日静かに自粛生活しているのですが、朝9時に寝て午後15時に起きる生活が規則正しく続いていました。

日中に起きてもお店がどこも閉まっているし、天気が良いと外に行きたくてソワソワするので、日中を半減するために変な時間に寝ています。

先週は公園へ出向いたケベコワ市民が社会的距離を守れなかったり、2人以上のグループで一緒にいた人などは罰金を課されていたそうです。

この後は公園の周りで路駐禁止令が出ました。

しかしながら、ケベック州政府は経済のV字回復するために焦っている様子を見せていますが、ケベコワ市民の方はそれほどでもなさそうです。

非常にユルくて無防備なのは元コロナ陽性者で免疫抗体を得たのでしょうか?

ケベック州のなかでモントリオールの住人がカナダで一番テストを受けているので、感染者数も毎日800人、900人、1000人と出て来る時があります。

感染者数はそれほど気にならないですが、やっぱりICUの数とか死者数などを年代別にみると、やっぱり60代以下はあまり重症化にならない方が多いので経済活動を始めた方がいいじゃないかと個人的には思っています。

世界的に経済活動が始まるのが今月末辺りで、ケベック州では普通に仕事が出来るのが目安で25日です。

私の場合、自分の勤めているところが米国で封鎖している州の殆どの会社と取引をしているので、カナダと米国の陸路(国境)、又は空路(空港)が空かないと始まりません。

カナダ国内にいるなら、どこへ行っても軽い尋問程度(コロナに感染したか否か、国外に出ていたか)で済むけど、国外に出ていくときは厳しさが増すのかと不安になります。

ニューヨークシティなど抗体検査などは感染者を封じ込めるために新たな感染者がどこで、どのように発生しているか、知る必要があるとして病院から新たな患者から収集する考えを示していて、ケベック州もその話が浮上したけど、ぽしゃっています。

トランプ大統領によると、米国では今年中にワクチンが用意できるようなことも言っていたので、コロナ2派・3派と収束するまで2,3年はかかると思うので、ワクチンも各国で差が出るだろうから、免疫証書など記録されたものを自分で持っていてもいいかもしれない。

私が言っている免疫証書とは義務で持つものではなく、あくまでもワクチンの記録であって、その辺で受けた抗体テストの免疫証書ではありません。

カナダから国外に出て行くときに予防接種を打つこともあり、効力も切れることもあるので記録が必要ということです。

けっこう両腕にバカバカと打っているので旅行用クリニックで免疫証書を作っていただいたのを思いだして、探したら出てきました。

カナダ政府のロゴとWHOのロゴが付いていたので、カナダ在住者だったらアフリカや南米に行く人などは同じものを持っているのではと思います。

モントリオールは犬猫などワクチンを打っていないとシッターさんに預けられないんですが、人間もパンデミックを起こすような流行り疫病のワクチンを打っていないとアクセスできないことになったら嫌ですね。


2020年5月2日土曜日

管理人さんがおバカで面倒くさい

先月の家賃支払いで賃貸管理会社のS嬢が引き落としの手続きを忘れたせいで、住み込みの管理人Cさんから何度も連絡が来て「早く払ってくれ!」と懇願されてから、一か月も経たないうちに、また連絡が来ました。

今度も引き落としますが大丈夫かしらということです。

「問題ないですよ、どうぞ」と手短に返事して、我ながら今度は問題ないだろうと胸をなでおろしていました。

S嬢から謝罪されたので水に流したので、ロックダウンの間はほぼ忘れていました。

ちょっとおバカな管理人Cさんも支払いメソッドに関して理解するのに大変苦労してたようなので多めに見てあげました。


ところが、トラブルがまた発生しました。

いきなりテキストが来て、真っ黒な画像を付けて、どうやら私のアパルトマンに付いている火災感知器の電池が切れかかっていて、ピー、ピー近所迷惑だと言っているのです。

それは流石にまずいと思い、「それは迷惑ですね。心配しないで下さい。今すぐにそこへ行きますが、ドルヴァルにいるから車で行っても25分ぐらい掛かります。ちょっと辛抱してくださいね~!」とテキストして行きました。

車があんまり走っていないのでスイスイ行けますが、感染数で張り合っている場所に向かうのはいい気分ではありません。

テストを行っているせいか一日で+1110人の陽性感染者って多いです。

合計で28648人で死者が2022人、一日で+163人もお亡くなりになるなんて多すぎます。

殆どが高齢者施設内で感染されて集中治療に入ってすぐに死亡してしまうんですから、いかにして基礎疾患のある高齢者が脆弱なのかがよくわかりました。

まあ、とにかく火災感知器の電池を変えて管理人Cさんにテキストして、クレームの対処は終わりました。

ロックダウンの解除が徐々に始まるのですが、仕事に戻るのは25日ぐらいになりそうなのだし当分はプラトーにいないそうもないので、さっさとドルバルに戻りました。

ところが、グーグー寝ている時に管理人のCさんからテキストが来て、

「旅行から帰って来たんだから、アパルトマンから出ちゃダメよ!

下で洗濯(コインランドリーがある)しちゃダメ!

なんか必要なことがあるなら、誰かにドアに持ってきてもらって、一歩も出ちゃダメ!

お願いだから、指示を順守してちょーだい!」

なんて、また文句言っているのですが、間違って他所の居住者かと思いきや私に向けてのテキストでした。

私がドルヴァルから車でそちらへ向かうと言ったのか、エアポートから向かうと思ったのでしょうか?

見た目、管理人Cさんにとって、かなりのマイノリティーである私ですから、偉くカン違いされています。

仮に私が厚顔無恥の外国人だとしても、こんな雑な英語で自己隔離しろと言われるのは本当に失礼な話です。

これ以前にパンデミック中はプラトーにいないことを3回もテキストで言っているのに管理人Cさんは忘れています。

Cさんは2,3年ぐらい前に亡くなった管理人Mさんの後継者ですが、ケベコワだけど英語を習得したいために頑張ってテキストしてきます。

最初は私も英語で応えていたんですが、私が送り返したテキストが分からないからとドアまで来てノックされて部屋の中を見られるのです。

これが嫌で徹底的にフランス語で返事しています。

すぐに感情的になるし、ケべコアなので何か気に入らないと簡単に訴訟を起こすので、その際に私の言い分が英語だと翻訳やコミッショナーにサインをもらいに行ったリが億劫なのです。

さて、こんな侮辱な扱いされて嫌味でも言ってやろうか思いましたが、やめました。

確かに海外旅行から帰ってきて自己隔離14日間しないと逮捕はされないけど、罰金は食らいます。

でも、ちゃんと事実を書かないと、管理人Cさんはちょっとアレが足りないのでポリスでも呼ぶと思います。

「私のテキストを誤って読んでいますよ。

私、ドルヴァルのBFの所にいます。

エアポートからアパルトマンへ来ると言いましたか?」

管理人Cさんから少し時間が経ってから返事が来ました。

言い訳がまた面白いです。

「あなたがドルヴァルにいると言って、誰かの家にいるなんて詳細じゃなかったから混乱しちゃったのに違いないわ!

今日はいい天気です。良い一日を!」

コントじゃあるし、最後は何気に私のせいにしてお天気ヨロシか!

昨年、デブでおバカのケべコア上司から逃げるように会社を去ってストレスフリーだったのに、今度は管理人のCさんが面倒くさいのです。

まあ、引っ越しも考えているので上手く立ち回りたいと思っています。

Labels

ケベック州 76 カナダ 68 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 42 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 12 雑感 10 9 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 マスク 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 カナダ緊急給付金 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 雇用保険 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1