カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年5月22日金曜日

ロックダウン2か月後、経済は可死状態

今日(22日)付けで、最大10人、3世帯まで、屋外(例:庭や公園など)は2メートルの社会的距離という条件付きで会合出来ることになりました。

さっそくBFが知人にアポをとってサン・ジェローム(山脈の方)の知人に会いに行きます。

昨日まではそんなことをしたら、手数料プラスのチケット($1000以上)を食らうのですから、たまったもんじゃありません。

気温20度前後になって日差しもあり、外出しない間にサマータイム突入です。

オンラインショッピングで新しいトラッキングシューズを買いました。

これだけでも気持ち上向きに聞こえますが、とんでもありません。

ケベック州のロックダウン2か月後、経済は可死状態です。

商業エリアもビクビクとコロナ対策しながら営業を始め出したけど、これまで息抜き消費するまでに至りません。

カナダが陸路と空路をオープンする気がないので、私が勤めている会社は大打撃を食らって戻れる見込みは殆どないです。

カナダ緊急対応給付金(16週間分)の後は自動的に普通の失業保険になると思います。

失業保険をもらっても少しは仕事をOKですが、稼ぎ過ぎると収入手取りに応じて失業保険給付金が減るということで、ちらっとどんな仕事があるのかと見ました。

割と緊急を要する分野(医療物資、医療従事者の)募集が多く、就いたらオーバーワークで休みがないのではと想像させるものばかりでした。 (冷汗)

サウスショアにある火葬場も急募で3000人以上の処理とか生々しくえげつない募集欄を見てギョッとしました。

考えることはみんな同じでロックダウンを2ヶ月過ぎると理由づけて外出したくなるのか働くことを考える人がけっこういます。

適当にライトな仕事をして自分がかつて働いていた会社が復活したら戻ろうと思っているのでしょうか。

毎日、メディアの片隅に元〇〇をやっていた人が今は家にいるのに飽きてこんな仕事をしていますとか紹介されています。

ある失業したトランザット航空のパイロットが家にいるのが飽きてUPSのドライバーになっている様子が載っていました。

ケベック州政府が失業者の中で誰か必要不可欠な分野の仕事ができる人がいたら出て来てほしいと呼び掛けていたからと言ってました。



確かに医療物資、食料品売り場、物資の輸送や医療従事者など働いています。

資格やライセンスが必要な仕事に就くことは出来なくても物流関係や食品加工又は売り場は人手が足りないのですが、最小時給プラスボーナスでカナダ緊急対応給付金と同じなので人気がありません。

というか、報酬の意味がないと思うのでしょう。

家にいると不安と恐怖でいっぱいの人らは外に出て仕事をした方が心身を保てるという意味で労働は良いと思います。

私の予感ですが、たとえ陸路と空路が開いても経済回復するのに最低1年はかかると思います。

今後はこういう事態になっても仕事を続けられるような分野の仕事に就くことも考慮するのもありかと考えています。

取り敢えず、カナダ緊急対応給付金や失業保険をもらえるほど過去に一生懸命働いていた自分に感謝し、いつでもすぐに働けるように気を持ち続けようと思います。

0 comments:

コメントを投稿

Labels

ケベック州 79 カナダ 72 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 45 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 13 10 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 マスク 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 カナダ緊急給付金 3 ケベック・シティ 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 雇用保険 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アカディアン 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クリック募金 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 コロナ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 ポスト安倍 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ローレンシャン 1 ワクチン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 傍観者効果 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安倍首相 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 森林 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 紅葉 1 経済対策 1 給付金 1 罰金刑 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1