カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年6月5日金曜日

黙っていると搾取されるだけか蔑ろにされるだけ

米国とモントリオールの抗議デモで気がつかなかったのですが、モントリオールで留学生のPEQ移民改革に対して抗議デモがあったようです。

ケベック州の職業訓練校で1800h終えて、CSQ –ケベックセレクション証明書を取るために提出するフランス語B2レベルという公的なテスト結果の条件をクリアすると永住権申請ができると、ある日本人留学生から聞いたことがあります。

3年か4年ぐらい前まで、インテンシブコースでがつがつフランス語を学んでB2レベルを取得し、ギリギリ面接をせずに済んだとある日本人が言っていたのを記憶します。

その後、面接があるから厳しくなったようです。

ダウンタウンのカフェで相席した中国人女性の話によると、面接対策のフランス語コースを取って、何とかB2テストをクリアしたものの、CSQの面接で全く何を聞かれているかも分からなく、どう話したらいいのか分からなく総スカンだったそうです。

学校で試験対策しても、とんでもない方向から質問が来るのはフランス語で思考しながら話せるかどうか試されるんでしょう。



移民だと授業料はタダですが、留学生だと日本円でレートによるけど、250万円近く払うそうですが、数年前のようにトコロ天のように永住権申請ができるわけでもないのです。

私の記憶では職業訓練校を卒業すると、3年間のビザが出るそうですが、その間にフランス語の勉強をするなり働いたりして永住権申請の準備をするとのことで、基本的には3年間は制限や条件がなくカナダにいられるわけです。

単身の他に、夫婦、カップル又は子連れと様々ですが、夫婦やカップルなどの配偶者にワーキングビザが出ていたのは私も知っていました。

それが、移民改革以降のPEQの候補者は、申請する前に1年間ケベックで働いていた職歴が必要であり、その配偶者はフランス語をある程度習得している必要があるようです。

いまいち混乱してしまいそうな条件で水際でふるい落としをやっているのでしょうか。

普通に考えてケベック州で仕事を探すのにワーキングビザが必要だし、配偶者がフランス語をある程度は解すって、ありえないことはないですが限定されます。

要は内需だけで精一杯だからと言っているのと一緒です。

実際にスキルド移民で入って来たアラブ系、インド系やアフリカ系は工場や倉庫で働いているのが殆どです。

こういう留学を斡旋している企業はこれで食べているので、候補者に今の政権は強引で独裁的で与野党や民意を聞かない所があるから、しばらくこのプログラム見送って様子を見た方がいいとは言いません。

ここ数年、ルゴール州政府はケベック価値観テストとなるものを永住権申請者に要求するしていました。

昨日は経済刺激対策をするために法案61で強引に議会をすっ飛ばして、プロジェクトを勧めようと急ぐ様子を見て、ケベコワでも混乱しています。

一概にルゴール首相の決断だけじゃなく財務省の圧力で法を駆使して独裁的なやり方でプロジェクトにかかるのは民主主義のケベック州で不満がたまっているようです。

この州政府・官僚とインフラ系列会社が不透明過ぎて不安をもたらしているのがSNS上でよく見ます。

米国を追い出されたハイチ人が国境のロクサン・ロード経由で難民申請候補者としてモントリオールに生活保護をもらいながら住んでいました。

工場や倉庫業務以外の分野では医療分野あり、コロナで長期高齢者施設のフロントラインに丸投げされていました。

酷いものでちゃんとした職歴や学歴の書類もないのにケベック州政府からフロントライン出されて働かされていたわけです。

ケベック州市民を守りたかったのでしょうか?

少ない州のペイチェックでは生活費が足りないと想像します。

ハイチ人はお洒落で見栄っ張りですから、もっとお金が欲しいと想像します。

足元を見て仕事を振れば飛びつくでしょう。

あれだけ高齢者施設で人が亡くなる(コロナ死の70%)のは素人を何ヵ所もの施設を移動させたからだと私はBFに言い続けていました。

去年、公共のバスやメトロで着替えもせずにユニフォームのまま移動する人らとすれ違って、ハイチ人の同僚が彼女らに最低と罵っていたのを思い出します。

最終的に同じようなことをカナダ軍が分析してリポートをしていました。

そう言えば、ケアギバー(PAB)の人材不足でルゴール州政府は10000人の3ヶ月集中コースを募集しましたが、このコースを終えると1時間あたり26ドル、年間49,000ドルの最低賃金を約束されるので、募集以上の応募がありました。

3ヶ月コースの間も21ドルが出るとか、みんなこの3か月間だけ在籍してその後は退散するだろうと言っています。

まあ、難民申請候補のハイチ人スタッフはフランス語を解すので、このコースを受けられる可能性があり、その後に永住権申請ができると保証されたので報われるのではと思います。

ケベック州政府が連邦政府に申し出ているようですが、どうなるでしょうか。

抗議デモで早急に永住権取得しろとのことですが、主張が通るのはアフリカ系移民が注目されている今がベストです。

その他、子供のいる低所得のケベコワ市民などが考慮されるのではと思います。

何しろ、高齢者相手なのでフランコフォンが優先になるでしょうから。

まあ、とにかくハイチ人は被害に合いながら権利を勝ち取っている事実は米国でもカナダでも同じです。

大枚をはたいてカナダに来るよりもロクサン・ロードから国境に入って来て、体張って仕事して、体罰や疫病に感染したら、被害者だと主張して人権を勝ち取っていくのは手堅いですが、悪くないと思います。

本当に黙っていると搾取されて蔑ろにされるだけですから、政府の動きに関心を持つことは留学を決断する前に必要不可欠だと思います。

0 comments:

コメントを投稿

Labels

ケベック州 72 カナダ 62 モントリオール 55 新型コロナウイルス 40 モントリオール. ケベック州 39 移民生活 17 日本 12 雑感 10 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 マスク 2 ロックダウン 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ緊急給付金 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1