カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年7月31日金曜日

21世紀の雇用保険

政府のスキャンダル騒ぎはすごかった。

いざとなったらカナダ市民もギャーギャー大騒ぎして、Twitterの閲覧が追い付かないほど炎上していたので、しばらくメディア絶ちしたほどです。

スキャンダルはスキャンダル、終息は横に置いて政府もカナダ市民も先を考えなければなりません。

もちろん、私も渦中にいてカナダの緊急給付金(CERB)6ヶ月の後はどうしようかと考えていました。

やっと、カナダ連邦政府からの給付金後の計画が発表されました。

給付金の受給者は雇用保険(EI)プログラムに移行するそうです。

受給対象者にならない人にも雇用保険(EI)のようなプログラムも用意され、スキルアップのトレーニングも出来るし、手当をもらいながら仕事もできるらしいのです。

21世紀の雇用保険システムで仕事を探している全てのカナダ市民をカバーするつもりだと真摯に言い切っていました。

Vers la fin de la PCU et une transition vers l'assurance-emploi

OTTAWA | Le gouvernement fédéral s'apprête à mettre fin à la Prestation canadienne d'urgence (PCU), mais promet d'assurer une transition efficace vers l'assurance-emploi et sans interruption de paiements. * À lire aussi: WE Charity a choisi d'aller de l'avant avant l'approbation officielle, dit Justin Trudeau "L'assurance-emploi devrait couvrir tous les Canadiens qui cherchent du travail.

今まで、カナダの緊急給付金(CERB)をもらっている人は1000ドル以上働くと受給資格を失うので仕事に戻らない人や計算して1000ドル以上働かないようになる傾向がありました。

これは中小企業も早々に回復したくても人手不足で埒が明かないのです。

カナダの緊急給付金(CERB)など、最低賃金と同額なのでクソみたいな労働をするなら家にいる方がいいようなプログラムでした。

従来のカナダの雇用保険(EI)プログラムと言えば、あれやこれやと条件が付き、給付を受けたら就職活動をレポートしなければなりません。

2014年ぐらいに雇用保険(EI)プログラムを申請した時の嫌な思い出があります。

その申請以前にウエイティングリストにされていたコースがあるカレッジから空きの連絡あり、数か月間は夜は学生をして昼間は仕事を探す旨をサービスカナダに連絡すると電話が来ました。

それは認められないとのことです。

その時点でポーンと放り投げられてしまったんです。

それまで一杯働いて雇用保険を払って来たんですが、仕事に就くためにスキルのブーストを政府の認定校でやろうとしてもダメだと言われたのです。

2018年ぐらいから、それは緩和されたそうですが当時は奨学金と学生ローンの申請をするしかなかったのです。

こういうのに我慢の出来ない強かな移民は銀行の残高を知り合いに移して生活保護を申請し、特別教育プログラムを申請する猛者などが増えたのか、今はサービスカナダに許可届を出し、認定校リストからコースプログラムを選ぶようになったようです。

日本人はケベック州でスーパーマイノリティーですが、先住民ほどではなく経済的なメリットはなくケベコワほどの主権がないので中途半端なものです。

まあ、いずれにしても今回はストレスなく雇用保険を受け、スモールビジネスをしながらコロナの集束と経済回復するまではスキルのブースティングしようと思っています。

今まで一杯働いて税金を払い、雇用保険を払ってきた割には報われないなと思っていたけど、思わぬパンデミックで進路変更をせざる負えない状況になり、政府のプログラムを思う存分利用することになったので救われました。

0 comments:

コメントを投稿

Labels

ケベック州 76 カナダ 68 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 42 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 12 雑感 10 9 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 マスク 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 カナダ緊急給付金 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 雇用保険 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1