カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年7月13日月曜日

ノーラとロミーの父親見つからず迷宮入り

event_note7月 13, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
アンバーアラートで大騒ぎの続きです。

森林一色の行動で事故が起きた後、忽然と消えた父親とその娘ら二人、残念なことに茂みの中でノーラちゃんとロミーちゃんは帰らぬ姿として発見されました。

目撃者の話によると、事故車の中を覗いたカップルがアイスクリームが半分溶けて落ちていた様子を見ると、一時間前にコンビニで親子三人が車に乗っていた事と思われています。

アイスクリームが完全に溶けていない状態って、消えてから時間が経っていない様子が生々しいです。

しかしながら、車に乗る前は娘ら二人がお気に入りのアイスクリームを買ってあげていた事実があることから父親の愛情はあるのではと思わせます。

この父親、家庭内で児童虐待歴もなく、地元ではボーイスカウトの進行役をしていたなど、ごく普通に外向性を持ち平和で平凡な様子を動画をメディアで見ました。



Une vidéo montrant Martin Carpentier refait surface

Martin Carpentier, en fuite depuis quatre jours et toujours recherché dimanche par les policiers de la Sûreté du Québec (SQ), était animateur scout.

自分の子供を殺すって衝動的に殺してしまうことはあっても計画的に殺すとなれば、それ相当の理由がないと実行できないと思います。

衝動的に殺してしまったら、自首か自害を想像させますが、そうでなかったら自害が逃走以外に何があるでしょうか。

前者でも後者でも森で行き倒れになるのが予想されるので、捜索をずっと続けられているわけだけど、見つかりません。

第三者に巻き込まれて子供は殺され、父親はその第三者と何らかの因果関係で連れ去られたなら納得いきそうな話ですが、それも相当な理由がない限りあり得ない話です。

森の精霊がいたら、頼みたいところですが。。。

娘らの母親が崩壊して泣き崩れていた様子を見ると、見るに堪えないです。

それまで何の変哲もない平凡な暮らしをしていたのに父親であるBF(ケベック州で事実婚の間に子供がいることは普通にある)が車で娘らを連れ出したら帰らぬ姿になってしまったわけです。

メディアで母親と父親の中で何が起こっているのかは何も言わない様子だと、これは保護で我々が知る権利がないものですが、事実関係を知らないので彼に何が起こったか何も知る余地がありません。

私個人としては母親が泣き崩れる姿などをメディアでさらすよりも事件の真相を分析する様子をメディアで取り上げてもらった方がより関心を持つのですが。。。

見つかったとしても動機や事実を知るのに時間が掛かり、我々が忘れたことに小さく報道されるのがケベック州のやり方です。

日本のようにメディアで容疑者のバックグラウンドなどの分析はしません。

もうちょっと父親が娘らと消える前の事情などを知れたらと思うのですが、繰り返し繰り返し捜査の様子ばかりでした。


Actualité

Soyez informé de l'actualité et des nouvelles de dernières heures grâce au Journal de Québec. Faits divers et judiciaires, politique et nouvelles mondiales.

0 comments:

コメントを投稿

Labels

ケベック州 76 カナダ 67 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 41 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 12 雑感 10 9 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 マスク 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 カナダ緊急給付金 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 雇用保険 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1