ケベック州モントリオールの出来事と個人的な生活雑記ログ

ラベル カナダ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル カナダ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年2月17日月曜日

ケベック・ウィンター・カーニバル 2020

event_note2月 17, 2020 editBy 4pattes

2月7日から16日までケベック・シティで行われた「ケベック・ウィンター・カーニバル 2002」の最終日に行ってきました。

ケベック州に14年いて、ケベック・シティには何度も訪ねているのにこのイベントに来たのは初めてです。

モントリオールに比べて雰囲気がぐっと変わるのは夏と違い、観光客の少なさ、移民が見られないせいか、別の国来たように思わされます。

どこからもコッテコッテのケベック・フレンチが飛び交い、一晩歩き回って英語を聞いたのは国民的マスコットのボノムの着ぐるみの中に入った男性からだけでした。

ケベック市民だったら、誰でも知っている国民的マスコットのボノムですが、日本のゆるキャラというより、招き猫に近い存在じゃないですかね?

一緒に撮影するだけで一人20$謝礼は普通で、それを高いと思わないケべコアの気持ちは写真撮影するための長蛇を見れば一目瞭然です。
名:ボノム
名前:カーニバル
誕生年:1954
出身地:ケベック
高さ:7フィート
重量:400ポンドの圧縮雪


駐車場が見つからない問題と、見つかっても駐車代がどこでも倍増するケースがあるので、19時のパレードに合わせて彼氏の実家から会場近くまでローカルバスで行きました。


アクロバット、サーカスアーティスト、音楽グループ、ダンスグループ、音響効果、照明、火工品...等、ユニークなショーなど、地元のアーティストの群衆がボノムカーニバルの周りに集まり、大通りの間のグランデアレーで色、音楽、動きを散歩します。


雪国のイベントにありそうな氷の建物や彫刻のようなオブジェクトなど展示されていて、パレード見た後は気分転換になります。


氷のバーなど野外にありましたが、屋内バーも設置してあります。

小さい丸太小屋などでお土産屋さんなどもあり、地元ファン向けの商品とかありました。



もう一回行きたいかと言われたら、「はい」です。

一日だけじゃなく連日でいろいろなイベントを見てみたいです。

La magie opère à nouveau

Pour une deuxième fois en une semaine, Bonhomme et sa flamboyante suite en ont mis plein les yeux aux carnavaleux réunis en Haute-Ville pour la tenue du second défilé du Carnaval de Québec, samedi soir. Ils étaient des dizaines de milliers à s'être massés aux abords de la Grande Allée pour acclamer les chars allégoriques éclectiques de ce format revampé du traditionnel défilé.

ケベック・ウィンター・カーニバル2020 公式サイト

Carnaval of Quebec | Homepage

Hydro-Quebec Parade route Hydro-Quebec Parade route Sapporo Électro Frette Sapporo Électro Frette The party fires off at Sapporo Electro frette! Dance to the electrifying rhythms of female DJs hailing from all over the world! An exciting atmosphere you won't soon forget awaits you at our meeting place in the middle of rue Jacques-Parizeau!

2020年2月15日土曜日

オオヤマネコの家族が高速道路を横断

event_note2月 15, 2020 editBy 4pattes
ウィニペグの北西にあるグランドラピッズの町の近くをハイドロ・マニトバの従業員が車で高速道路を運転していたら、カナダ・オオヤマネコの家族に出くわしたそうです。

目の前で道路を横断しているところを撮影したのがメディアに上がっていました。

オオヤマネコはカナダでリンクスと言います。

ずらずら森から出て来て、時折車の方を見ながら横切って行きます。

撮影したショーン・カーチマンさん、リアルでオオヤマネコのシーンを見て非常に特別だと語っています。

お気持ちわかります、私もこの人はすごくラッキーな人だなと思います。

Une famille de lynx traverse l'autoroute devant ses yeux

Shaun Kirchmann dit qu'il a trouvé le fait de vivre cette scène en temps réel extraordinaire et très particulier. Je passais le virage et je m'éloignais, quand sur le bord de la route, j'ai vu une silhouette. Et plus je me rapprochais, plus je réalisais : "Oh mon Dieu, c'est un lynx" , raconte-t-il avec émotion.
野生動物に出くわすと大自然の風景とセットになるので、過去のすべてが飛んでいくんです。

2004年と2005年に秋にガスペジーに行って普通に野生動物に出会って度肝を抜かれました。

ボナヴァンテゥール島の動物サンクチュアリでカツオドリに囲まれてどやされ、フェリーから海を見ると、たくさんのアザラシが顔を出し凝視されました。

すいません、あなた方の聖域でしたね~!帰ります!帰ります!って感じでしょうか。

ガスペ岬をサイクリングすると、ヤマアラシに出くわし、右下の海を見るとクジラが水面を出たり入ったりするのが見えて湖ではビーバーが泳いでいました。

私はビーバーの毛皮しか見たことがなかったので、あれが死んで毛皮をはぎ取られて人間が首に巻くんだと稚拙な思考しか回りません。

クジラも生きているものと出会ったことがなく、学校給食では国の中で初めて出会ったというか、口にしました。

モントリオールに来る前は4年ほどモンテレジー地域にいて、川と木々のそばだったので様々な色の渡り鳥が朝から合唱会で日が昇ると共に野生動物と一緒に起きる生活で最高でした。

それまで、渡り鳥が鳴る時計は実家で聞いていたので、本物はエネルギーと迫力が違うということが学べたんです。

野生リスと渡り鳥のテリトリー争い、季節の変わり目にカモメとカラスの入れ替わり、うちの保護猫はかつてスカンクと共存生活していたことなど、いろいろあって驚異でした。

今は物凄く寒いのに野生リスの規則正しい生活に圧倒しています。

オオヤマネコの家族が高速道路を横断した姿を見たショーン・カーチマンさんの特別な感動が実によくわかるんです。

今、また野生の動物に出くわすことに飢えて来ました。

神社に行って自然エネルギーを取り寄せてご利益もらう感覚って言うんでしょうか、野生動物をまじかに見て、動きや唸り声、目と目が合った時の殺気感、たまりません。

2020年2月13日木曜日

クルーズ船で感染した12人のカナダ人の行方

3,500人の乗客が隔離とは、改めてクルーズ船の大きさを感じます。

モントリオールにいる日本人の人口ぐらいでしょうか。

そのうち、218人が新型コロナウイルスのテストで陽性であると判断されて、その中に12人のカナダ人もいることが確認されました。

この12人は日本の医療施設に移されて、少なくとも3人は入院が必要ないるようです。

日本の緊急対応チームと領事館の職員がカナダ人に必要な支援をしているようですから、個人的に私は何とかなると信じています。

このうち、ケベック市民がいたとして、モントリオールの対応病院へ送られても、当人の体力と病院側の事情が悪ければ日本にいた方がよっぽどいいでしょう。

むしろ、ラッキーだと思います。

モントリオールの病院は人手が足りなくて外来を閉鎖することもあるし、ERなどで比較的に若く健常な病人は後回しで12時間ぐらい待たされることもざらにあります。

一人病人が増えれば、また一人診療待ち待機時間が増えることを考えると、頭痛がしてくるカナダ医療事情です。

カナダは、地元の公衆衛生当局と調整するために保健当局を日本に派遣したようなので、対応は至れ尽くせりじゃないでしょうか。

ダイヤモンド・プリンセスのクルーズ側によると、日本は優先順位を付けて段階的に船を離れたい乗客を下船させているようです。

最も医学的に脆弱な病人及び乗客は検査結果が陰性であれば検疫施設に移され、陽性であれば保険施設に移されるそうですが、夫婦が殆どの乗客で、片方が陽性だったら分かれば慣れになるんでしょうかね。

検疫センターには、専用バスルーム付きの個室が用意されていて、乗客は必要な処方箋も入手出来る、そして検疫期間中は日本の弁当が支給されるが、特別食や西洋料理などは用意されないそうです。

日本食が好きなカナダ人だったら大丈夫でしょうが、そうでなかったらクルーズ船に残ってダイヤモンド・プリンセス号の食事を嗜んだ方がいいかもしれません。

そうしたい人は許可されているようですから、陰性のカナダ人はクルーズ船で待機してカナダの臨時飛行機でも待った方が良いとかける人もいるかもしれないと想像します。


Japan confirms 12 Canadians on cruise ship infected with novel coronavirus

The Canadian Press 6 hrs ago OTTAWA - Japanese authorities might soon allow people quarantined aboard the Diamond Princess cruise ship near Tokyo, where 12 Canadians have contracted the novel coronavirus, to disembark and finish out their isolation on land.

豪華客船に閉じ込められたケベコワ

event_note2月 13, 2020 editBy 4pattes
ダイヤモンド・プリンセス号に新型コロナウィルスに感染者が発生してカナダ人も日本の病院に搬送されたのを聞きました。

閉じ込められている中にケベコワがいることで少なくともメディア上大騒ぎしています。

厳寒期のケベック市民は大雪と大気汚染、短い日照時間と戦っているので、東の果てにある豪華客船に乗ったカナダ人など興味がないのが普通でしょう。

しかしながら、メディアからジャポン、ジャポンと繰り返される度に、どんなふうに放送されているのか好奇心がわきました。

ケベック州のモンテレジー地方出身の夫婦マノン・トルデル(男性)とジュリアン・ベルジェロン(女性)が窓のない客室に8日間、閉じ込められて一日のうち、1時間だけデッキに出ることを許されているようです。

こればかりは等級差があるから、客室にバルコニーがない人にはきついことだと思います。

このマダムは「部屋の空気はあまり新鮮ではなく、あまり良くない」とコメントしますが、心理的なストレスで幻臭や息苦しさも伴うでしょうね。

ソレール・トレーシー市のセジェップ(カレッジ)で「健康と安全」の講師をしているマダムは船機内の対策がどの時点で臨機応変に動くのかを見る機会があって、むしろいい気分はしないようです。

まあ、職業あるあるでプロの目でジャッジしてしまうは嬉しくないってことでしょう。

もともとはこの船にいた理由はバカンスですからね。

このマダムによると、3,500人以上の乗客に対して船内スタッフの支持は一貫性がないと言ってます。

ある乗客には手袋を着用しろと言えば、別の人はそうでないと言ったりするらしく、そしてマスクも全部同じ物ではなく、一部は何のメリットもないマスクだったようです。

船の船長からは、1日3~4回ほどインターホンでメッセージが届き、新型コロナウイルスに関した報告に40近くの症例があることが知らされたが、テストした人の数はわからないらく、乗客は2時間ごとに体温をチェックし、37.5度を超えた場合は医療サービスに通知する義務があるそうです。

この夫婦は健康上に問題があり、マダムが去年は肺炎を起こし、ムッシューが過去に結核を患わせた経験があるので、ウィルス感染に懸念を感じるようです。

日本にある大使館に電話を掛けたが、カナダの役人から電話は全くないとのことでストレスを感じているようですが、理不尽な思いをされて大変と思います。

カナダはカナダでまだ中国からカナダ人を返還させるのに精いっぱいで豪華客船に閉じ込められたカナダ人らに対して対策が遅れているのでは想像します。

客船内スタッフから1日に摂取することになっているビタミンのボトルが300個あって、150日いることになるのかとネガティヴになるのもしょうがないかと思われます。

Quebec couple stuck on quarantined cruise decry 'improvised' health and safety measures

Manon Trudel and Julien Bergeron have been stuck inside their windowless room aboard the Diamond Princess cruise ship, docked at a Japanese port amid a COVID-19 quarantine, for the past eight days, without news from Canadian officials on when they may be able to get off.

2020年2月8日土曜日

ケベック州法案21の攻撃に公的資金を提供する謎

水曜、木曜と金曜日はケベック価値感テストの主役級のお題目とも言える法案21をめぐる壮絶バトルが EMSBケベック政府の間にありました。

EMSB:イングリッシュ・モントリオール教育委員会 (ケベック州の英語公教育委員会)
ケベック政府: ケベック州政府・フランソワ・ルゴー首相
フランソワ・ルゴー首相は記者団に向かって怒りを露わに出したんです。

何十万の署名運動より、トルドー首相に対して文句はこのオッサンにズバズバ言わせた方が早いかもしれないです。

何が気に入らないのかと言うと、EMSB は裁判所でケベック州の法案21に異議申し立てをするために連邦プログラムから125,000ドルの公的資金を取得すると伝えられたのです。

法案21:世俗主義法、ケベックは世俗的な社会なので中立的な立場いることを実現するために、権威的な職業についている公務員に宗教的なシンボルを身に着けることを禁じる。 
連邦資金:連邦のプログラムに対して連邦財源から提供される公的資金。 
連邦プログラムカナダの法廷挑戦プログラム(CPP)オタワ大学が運営する独立した非営利団体です。人権または国に重要な言語関連の事件を裁判所に持ち込むグループに財政的支援を提供、基金はオタワ大学によって独立して管理


ルゴー首相は尚、連邦はケベコワを侮辱していると言います。

何でかと言うと、ケベコワの大多数によって支持されている宗教的兆候を禁止するこの法律に対する控訴に資金を提供することだからと強調します。

トルドー首相に面等向かって抗議しているのではなく記者団にさらして電波攻撃して、連邦の様子もメディアを通して反応待ちです。

一方、連邦側はこのプログラムは独立して運営されており、委員会はその決定を公表していないため、情報を確認できないと述べ、業務に干渉するつもりはないとの見解です。

さらりとかわして逃げる連邦が笑えます。

ルゴー首相はトルドー首相の手の内側が分かっているんでしょう。

続けて、トルドー首相は独立したプログラムの背後に隠れてはなりません!!!ってメディアに受けて声を荒げました。

画面に向かってジュスタン!ってわめいてました。

ケベック州ではジャスティンじゃなくてジュスタンです。

いきなりカッペくさい響きになりますね。

しっかりとトルドー首相の耳に届くのは当たり前でしょう。

もしかしたら、何くわぬ顔をしてEMSBに資金を提供して思想の違うウザいCAQ(ケベック未来連合)を葬りたいのかもしれません。

誰かれ構わずドシドシ難民を入れて外野に丸投げするジュスタン、出来るなら移民と言う異物は入れたくないルゴー首相、相容れませんね。

どっちかというと、連邦っていい意味でフェアで悪い意味でロボット処理的なところがあるような気がします。

ちょっと前にケベック州にいた優秀なエリート学生がビザのステイタスが切れて連邦からカナダを追い出されたのは最近のことです。

ケベック州の政界や経済界はえこひいきと差別が蔓延して付加価値を見出す人材にチートしてもいいと言うネポティズム感があります。

話がそれました!

ところで、ルゴー首相が抗議する前にEMSB の組織は連邦政府から受け取る予定の資金を放棄すると広報担当者のマイケル・コーエン述べました。

コーエンってユダヤ系の苗字ですね。

これだけルゴー首相が大事に扱ってわめき散らしたので、政治情勢を踏まえると資金を受け取るのは利益にならないとのことで資金提供は諦めたのです。

しかしながら、広報担当者のマイケル・コーエン自身、公的資金を使う使わない以前に既に使っていた事実を知っていたのかどうかは定かです。

2018-2019学年度中に116,000ドル以上の訴訟費用が費やされまして、2019年7月から12月にかけて、法案21に対抗する取り組みにおいて、EMSBによって追加の257,000ドルが増加していたことは木曜日の時点で何も触れていなかったのです。

訴訟ですが、法案21はすでに、イスラム教徒の国民組織、市民の自由団体、ヒジャブを着ている大学生によって法廷で異議を申し立てられています。

広報担当者のマイケル・コーエンは資金提供はなくても法案21に対する異議申し立て裁判はするつもりだと言っていたので、やりくりするのかジュスタン背後指導霊の手助けでもあるかもしれないですね!

ルゴー首相は更にトルドー首相にクギを刺すかのようなコメントを発信します。

連邦資金が「ケベコワの大多数の意志」を表す正当に可決された法律と戦うことは「容認できない」と述べ、更に法案21に対する訴訟は「他の訴訟とは異なる」と述べました。

最後のとどめに「財政的に少数派のグループを保護し、支援することに同意します」と、ルゴーは記者団に語りました。

これからEMSB の組織大して根も葉も出ないように根絶しようと試みると思います。

弾圧ですかね、言い過ぎかもしれません。

これからケベック州に移民しようとする人に対して、このケベック州の価値感と言語圧力に対して、ルゴー政権下では徹底的に施行されると覚悟してください。
確かに英語圏に囲まれた州なので歴史上、外国語や宗教に脅かされる気持ちは分かりますけどね。

これだけ多国籍だらけで構成されていると、中立に判断する軸が必要になるのが理解できます。

特に権威的な職業についている人は宗教的なシンボルを身に着けていると良くないという考え方はよく議論されたと思います。


2020年2月3日月曜日

電話キャリアの音声通話はもう要らない

モントリオールで知り合いが増えて、テキストなどは頻繁にしますが、電話キャリアの音声通話は殆どしません。
履歴を見ると、殆どゼロ使用でお金を水に流しているような感じです。 

なぜなら、自宅にいる時はどこにでもあるインターネットがあるからです。
パソコンで動画を見たり、音楽を聴いたりする時はVoIPによる音声通が出来るはワイヤレスのヘッドフォンをつけています。

家にいる時ってスマホでテキスト打つのが面倒くさいので、パソコンのキーボードで打つのが殆どです。

家事や別の作業を止めて、わざわざヘッドフォンを外して電話キャリアの音声通話を使うとは思えません。

外出先もモントリオールはカフェやフードコート、図書館など、Wi-Hiがはびこっているんですよ。

私の場合、知り合いの殆どが電話キャリアの方に連絡が届かないことを知っているので、VoIPの方にテキストを送って来るのが殆どなんです。

例えば、VoIPと言っても、誰でも知っているLINE、これってこっちで知り合った日本人とコミュニケーションを取るのに一番いいですね。

何らかの理由で日本に帰国してカナダの電話キャリアの番号なんて無くなっちゃうから意味ないじゃないですか?

日本の官公庁や企業やネットやスマホを使わないお年寄りの方(親族関係)などは楽天モバイルの SMARTalk を使います。

日本国外から電話をかけても市内通話料金だし、同じアプリを使っている人とはラインと同じで無料ですから。

日本の電話番号が持てるし、月額使用料もなく、必要な時にクレジットカードで決財って悪くないじゃないですか。

頻繁にテキストのやり取りするのに TextNowを使い、電話キャリアと同様な扱いにはFongo を使います。

TextNow はインストール不要でWebサイトでログインしてどの機種の人ともメールのやり取りを無料です

スマホに TextNowのアプリもインストールしていますが、殆どデスクトップ上で使用しています。

カナダ居住者に限るのですが、Fongo に登録すると、カナダの市内電話番号がもらえて、電話の送受信、転送、留守電など無制限で無料です。

ただ、Wi-hi のあるところじゃないと使えない点がありますが、最近は VoLTE (LET上 )で音声の送受信ができるようになって、Simカードを入れると、2GBだと、月額 19.95 ドル、5GBだと、月額 34.95 ドルで 使えるようになりました。

テキストのオプションが独特で、Fongo同士だと無料ですが、Fongo以外ですと有料になります。

無料と言っても安いですよ。

無制限のカナダのテキストメッセージ(SMS)
2.79ドル– 1か月
5.49ドル– 3か月
9.99ドル– 6か月
無制限のグローバルテキストメッセージ(SMS)
3.99ドル– 1か月
8.49ドル – 3か月
14.99ドル– 6か月

私は カナダの大手電話キャリアあるTelusのプリペイ電話は毎月自動引き落としで10ドル+税金と Fongoを組み合わせて使ってました。

機種は無料だからと2年契約で毎月60ドルや70ドルとか払いたくないですね。

それだったら、自宅のインターネットをアップグレードして早いのを選びます。

Fongoは転送も出来るし、一時受信を常時留守電にしておけば、伝言がMP3ファイルになってメールを通してスマホに来ます。

ケベック政府やハイドロ・ケベックからは殆どフランス語でメッセージが入るので、フランス語に慣れない頃は繰り返して何度も聞いたり、ケべコワにMP3ファイルを転送して何を言っているのか訊くことも出来ました。

でも、VoIPよりカナダ電話キャリア派の人もいますよね。インド、南米、アフリカ、アラブ諸国の人らって電話の音声通話とかメチャクチャ好きですからね。

なんだか面倒くさそうという方もいらっしゃると思います。

まあ、そんな方は無理してVoIP電話を使わなくてもいいと思います。

でもですね、これから5G、6Gとかネット環境が整って来たら、それに伴ったアプリが出回て、カナダ大手電話キャリアの不要な高額プランが無駄だと思うこともあると思ったのでお伝えしました。

私自身、使わない電話キャリアの音声通話はいらないです。

2020年2月1日土曜日

自動引き落としが上手くいかない場合の対処

この二日間、猫の保険会社からロボットメールが冷たい悲報メールをくれます。

ありがたいんだけど、役に立っていないので、私が取った対処はカスタマーサービス係と電話でコミュニケーションを取ることでした。

電話連絡は古典的ですが、やり取りはカスタマーサービス側に肉声が自動録音されています。

放置しているわけでなく、積極的に問い合わせしている限り、勝手にブラックリスト扱いにされることはないでしょう。

さて、26日に財布を落としてから、カード再発行手続きをして弊害が出るばかりです。

それが、→( AIで銀行も無人化、でもまだまだ )の結果になってしまったので、新たにオンライン上で銀行自動引き落とし手続きをしました。

まだ、再発行したクレジットカード待ちなので、猫の保険代は銀行の自動引き落としの手続きしかありません。

セキュリティー上、クレジット番号自体変えると、こういう弊害が来ます。


人為的なミスなのか、システム上の誤差なのかよくわかりません。

猫の保険は銀行と同じグループ会社の保険会社によると、銀行への自動引き落とし手続きは2,3営業日はかかるかもしれないと言っていました。

それが弊害を起こしてこともあるので、わかり次第カスタマー係が私に連絡を入れてくれるのことです。

とりあえず、一難去った気分ですが、古典的な銀行小切手の用語とオンラインで銀行自動支払い手続きする際の用語はフォーム上で別の言語のような変化するので、戸惑いました。

取り合えず、私のミスでも構わないが、ユーザーの視点てフォームと小切手の用語誤差を改善してもらいたいので、スクリーン上で画像をキャプチャーして、どのように複雑なのかを提案メールしました。

いろいろなテクノロジーを施しても便利どころか弊害が生じるのでは本末転倒です。





2020年1月30日木曜日

ジャスティン・トルドー首相にメール

そう言えば、カナダ納税者連合からメールが来ました。

 納税者がサセックス公爵と公爵夫人、つまり英国ロイヤルファミリー主要メンバーを離脱たヘンリー王子とメーガン紀のことです。

法案を支払うことを強制されないように要求する首相への請願署名者が最初に80,000署名が集まったそうです。

しかし、メディアを除いて世界中から署名の申し立てがあり、現在もまだ署名運動を続けているそうです。

実際、現在100,000近くの署名を取得しつつあります。

この請願を広く共有することにより、私たちが10万人に達するのをメールで送信したり、ソーシャルメディアで共有したりして手伝ってもらえないかということです。

No Taxpayers' Money for Meghan and Harry

To Prime Minister Justin Trudeau: Canadians wish the Duke and Duchess of Sussex, Harry and Meghan, all the best as they seek financial independence. That goal is important because Canadian taxpayers shouldn't have to cover the couple's bills. We, the undersigned, call on the prime minister to ensure taxpayers' money isn't used to support Harry and Meghan.


もう一つ、変なことがあるそうで、ジャスティン・トルドー首相は、納税者が困難な立場かどうか、まだ未だに言っていないそうです。
と言うことで、納税者が払うべきだとは思わない人がどれだけいるかを彼に思い出させる時が来たのかもしれないということです。

Justin.Trudeau@parl.gc.ca 

にメールを送信し、メーガン紀とヘンリー王子の納税者補助金にノーと言うように言ってくださいとお頼みメールを頂きました。

は~い、私で良かったら喜んで!

ほいほいさっさ、ほいさっさと書いて送りました。

ジャスティン・トルドー首相と言えば、若い時にあの顔を黒く塗りたくって有色人種になりきって人の人生を馬鹿にして屈辱的だと批判されて、謝罪に追われました。

なんとなく、卍の刺繍が入った上着を着て、チャールズ皇太子に怒られたヘンリー王子と共通点があります。

バックランドも良家だし、話も合いそうです。

もしかしたら、サセックス侯爵こと、ヘンリー王子と公爵夫人のメーガン紀の護衛に税金を投入するかもしれません。

今は、この二人の話題は少し鎮静して、世界は新型コロナウイルスなどで占めているからホッとしているでしょうね。

ジャスティン・トルドー首相は英国ロイヤルファミリーからの連絡待ち状態で、その後は一波乱ありそうな気がします。

とにかく、ジャスティン・トルドー首相はこの二人に護衛費の借金でもしてもらうように頼みました。

本音はサセックス侯爵こと、ヘンリー王子と公爵夫人のメーガン紀はお金が湯水があるれるようにあるので、自腹を切っていただきたいです。


2020年1月29日水曜日

モントリオールのATMハック

日曜日の夜、モントリオールの北部にあるローレンシャン銀行のATMが泥棒に入られて、5万ドル以上盗まれたそうです。

都心ではないからかもしれないが、ATMのあるところは必ず監視カメラが付いているし、捕まる可能性があるのによく行ってわざわざ盗むのかと感心します。

今の時代、リスクのある泥棒行為が非常に古典染みていて、未だにこういうことをするんだと感心してしまいます。

しかしながら、古典的であるかのように見えましたが、そうではありません。

非常に現代的な知能犯だと思います。

エヴァ・テクノロジー社のサイバーセキュリティー兼社長よると、 ハッカーがATMに入るカードを複製するために怪しいATMハック機器を使用した可能性があります。

「ATMの画面にそれを取り付けると、ATM自体は何事もなかったように見えますが、カードを挿入すると、そのATMハック機器によって個人情報が読み取られます」と彼は説明しました。

そのような怪しい機器には隠しカメラが搭載されているため、泥棒は暗証番号を入力した人物を記録できます。
その後、泥棒はカードの個人情報をコピーして、アカウントへのアクセスに使用される暗証番号にアクセスし、後でそれを使用してお金を抜き取るのです。

こんなに簡単にハッキング出来るなんて、おぞましいです。

しかも、体を自ら張って、わざわざ監視カメラのあるATMまで行く行為が理解できません。

かなり、教育が高くて金融システムに精通しているとしが思えません。

私自身、殆どカードで決財するので現金をおろしに行くことがないですが、いろいろな場所でクレジットカードやデビットカードを使用することがあるので、うかつにしていられません。

やっぱり、頻繁にカードの暗証番号を変える以外に対策はないとも言えます。

以前に数百ドル単位で名の知らない人から私のクレジットカードを勝手に使われていたことがあります。

自分でインターネットにアクセスして口座をチェックしていなかったら、空になっていたと思います。

最悪、その当時は私が取引しているケベック州のとある銀行の銀行員が個人情報を外に漏らした事件があって、世は大騒ぎでした。

私がクレジット会社に被害を問い合わせた時、その銀行と取引があるかを訊かれたので、必ずしもその事件と因果関係があるとは思えませんが、更なる詳しい調査が必要だと言われました。

裏に犯罪組織が取引していたら、個人情報がどこに出回るか、それは何処です。

自分の身は自分で守ることが大事で、自分の口座や買い物をした内訳をみるのは大切です。

Thieves steal over $50K in ATM hacks north of Montreal

cbc.ca 2020-01-28 CBC/Radio-Canada Police are investigating after thieves hacked three banking machines in the greater Montreal area, making off with an estimated $55,000. The ATMs - which all belonged to Laurentian Bank - were located in Saint-Jérôme, Saint-Eustache and Terrebonne. According to Terrebonne police, a technician with the bank called the police around 11:55 p.m.

2020年1月28日火曜日

カナダから国外追放された若いモントリオールのプログラマー

event_note1月 28, 2020 editBy 4pattes
朝から泣きっ面の顔をしたアフリカ系女性がテレビの取材でブツブツ言っていて気になりました。

一体何があったというのかと言うと、若いカメルーン出身のモントリオールのプログラマーは、カナダから国外追放がされたみたいです。

国外追放と言えば、カナダの永住権や市民権を持っていれば、そういうことには至らないはずです。

だったら、若い女性だったら留学生か働いている一時滞在者と言うわけです。

この若いプログラマーローズ・エヴァさんは23歳です。

モントリオールでは私立のITカレッジで高度なプログラミングを勉強していました。

モントリオールに来る前は西アフリカにあるカメルーンのヤウンデ大学で金融の修士号を取得しているそうで、典型的なアフリカエリートです。

実はこのヤウンデ大学出身の知人がいて、パリパリに冴えていたのを思い出します。

確か、彼は歴史の修士号を英語版と仏語版で取り、今は付き合いがないので何をしているかは定かではないですが、間違いなく博士課程にいると思います。

話はローズ・エヴァさんに戻りますが、彼女は自頭がいいのか、やっぱりITカレッジで高速モードで3か月早めにプログラム終了しました。

フランス語はネイティヴなので、確固たる仕事の申し出を様々な企業から受けていました。

在学中はフルタイムで勉強していた上に洋服屋でパートタイムの仕事をしていたようです。

確か、ケベック州では学生の場合、20時間まで仕事が出来るはずですが、勉強だけでも大変なはずですが、彼女は両立が出来ていました。

事件が起きたのはこの後で、彼女の学生ビザが3月で切れる際、永住権審査をしに陸からラコールの税関に行きました。

一連の質問の後、オフィサーから、いつ学校を卒業したのか、そしてその後は何か仕事をしたのかと尋ねられて、ローズ・エヴァさんは正直に答えたそうです。

ラコールって移民決定してから、ランディングと言って、一回は車でカナダ国外に出てカナダ側の税関に入って永住権がもらえるのです。

しかしながら、その辺の爪が甘かったのでしょう。

ホントに最後の最後のゴールの時点でカナダ税関のスタッフにトラップされたと言ってもいいでしょう。

私だったら、ここまで来て1分後に永住権が取れるなら黙って聞いていない振りをしようと思いますが、なかなか融通が利きません。

確かにあそこで愛想もなく一連の質問を浴びて、おとりのニオイをお感じさせる質問もしてきます。

私の場合も同じように仕事をしたのか否かの質問をされたような気がします。

カナダ移民局によると、彼女が卒業日に仕事を辞めず、ビザを変更(永住権申請)をしたのが悪かったようです。

ローズ・エヴァさんは9月でITカレッジのプログラムが終了した時点でパートタイムの仕事を辞めて移民申請しなければならないところ、そのまま働き続けていたのです。

彼女自身、その辺は分からなかったようです。

彼女は本当はこの日を境に製品をオンラインで販売したい銀行や企業向けのソフトウェアプログラミングの分野で、ケベックで仕事をすることが目的でした。

労働不足でスキルが高い人材を何とかして移民させようとしたケベック側の応援団も名士ばかりです。



リヴィエール・デュ・ノールのブロックメンバー、レアル・エロイ・フィルティンはカナダの移民大臣が1週間前にローズ・エヴァさんの担当したことを確認したと述べました。



ケベック州の移民・フランス語化・統合相も、連邦政府に介入しました。





ケベック商工会議所連盟移民プログラムのディレクターも、彼の好意で具体的な行動をとりました。



つまり、「これは意味がありません。 私たちは彼女を必要としている。 ケベック州の労働不足に応じて法規制を適用する必要があります。」とここまで述べたのです。



それでも裁判所は先週の木曜日に立ち退き通知を検証し、ローズ・エヴァさんはカナダから立ち去ることになったのです。


移民法も頻繁に変わるので、仲介者を通さないで個人で留学したら、自分で常に把握していなければならないです。

学業や仕事に忙しくてそれどころじゃないのかもしれません。

直ぐに国外申請して1年後には移民になれるようなので、良かったです。

これだけ、ケベック州の支配層が応援するのも珍しいケースでした。



2020年1月24日金曜日

ケベック州でのフランス語事情

ケベック州で一番大事なことがフランス語です。

宗教と言っても過言じゃないです。

ケベック州のどの業界でも人手不足で、どんなに他の州にいる英語圏、又は多国籍の移民の中に超優秀な人がいても、フランス語が話せないと仕事に付けません。

遡ること、1976年、パルティ・ケベコワが初当選しました。

翌年、党はフランス語憲章を導入した。

法案101の目的は、フランス語をケベック州の一般的に使用される言語にすることでした。

これにより、より多くのフランコフォンが州内の管理職を引き受けられるようにすることが期待されていました。

簡単に言うと、フランス語の言語壁というか結界で、フランコフォンが支配層にアクセスしやすくするためです。

私が2006年に来てから、英語話者の行く学校が目に見えるように減っています。

移民に対してフランス語のレベルを中級の上を要求しています。

でも、市民は実際に仕事で英語を要求されますから、ケベック州の教育システムの英語教育は閉鎖的ではありますが、四方八方英語圏の州に囲まれ、米国と隣接しているせいか、地政学的にも英語に慣れている人は多いです。

家でテレビをつければ子供のころから英語の番組をまぐれで見ています。

その辺にゴロゴロと転がっている商品は全部バイリンガルでサブリミナル的に英語を無意識に読んでいます。

英語圏の文化はフランコフォンの若い層を惹きつけますから、英語の歌でも2,3歌えば文法構造や単語等は日本語対ロマンス諸語ほど違いがないので、覚えるのも早いです。

それがケベック州に大変不都合なことで、ランゲージポリスというのが存在します。

フランス語のケベック委員会(OQLF)と言う1961年に州で設立された公的組織です。

ここはカナダであり、ケベック州は憲法および連邦レベルで正式にバイリンガルですが、地方の機関で使用できるのはフランス語のみです。

本当に厄介な州だといつも思っている私ですが、仕方がないです。

日本はケベック州のように法令によって公用語を規定していなくても、歴史が長く文化が非常に強いので、どんな人でもある程度は字が読めてスマホに自分の意志を入力できるレベルになります。

紀元前660年に神武天皇が即位してから建国2679年です。

英国王室・エリザベス二世は42代目で、今の在位中の天皇が126代目です。

ケベック州が設立されたのは1608年で、日本は江戸時代前半だったので、そんなに経っていません。

たったの412年、日本の1/5ですから、言語的に熟成されるのは、まだまだです。

日本をコンクリートと例えたら、ケベック州は冷蔵庫の中で固まっていないゼリーに例えてもいいぐらい、他の言語や文化、伝統に壊滅されやすい場所にあるので、フランス語憲章は都合がいい結界だと思います。

市民の間では、特にモントリオール中心地で周りの会話を聞いていると、殆ど英語とフランス語を行ったり来たりスイッチしています。

それだけ、バッググランドが違う層が厚いということです。

ある話題を話すのに英語、またある話題を話すのにフランス語が都合よく話す光景をよく見ます。

ケべコワ・フランコフォン支配層の職場ではフランス語一本でやりますが、移民に対しては必要に応じて英語に切り替えることもあります。

私はとある部署で英語が話せないお局様と仕事をしていましたが、ときどき英語話者が現場入りすると、パニックを起こし上層部はその英語話者を他部署に異動させてしまいました。

どうして、そんなことになるのかと不思議に思いましたが、ある人がケベック州では英語ができないからと、その人を他の部署に異動させたり、解雇することができないそうです。

ということは、ケベック州ではフランス語だけが話せれば正しいのです。

さて、ケベックのフランス語ですが、本当に聞きずらい人に出会います。

モントリオール内いる義務教育を終えたケべコワのフランス語はそれほど聞きずらくはないですが、以前住んでいた郊外のモンテレジー地区や、ガスペジー、ケベックシティー郊外など微妙に聞きずらさのレベルが上がってきます。

南フランス出身の知り合いが数人いますが、南フランスもそれなりにアクセントがあると言われていますが、それでも私にはクリアに聞こえて、いつも昨日と比べて何でヒアリングがこんなに伸びたのかと感心するぐらいです。

こっちでITの営業をやっているフランス人と英国人はケベックのフランス語に切り替えて仕事をしています。

ケベックのフランス語が17,8世紀にパリで話されていた古いフランス語がそのまま入植されて今に至ったと言われていますが、それってなんか違うでしょうと否定している自分がいます。

ケベックシティーは、フランスの探検家サミュエル・シャンプランが1608年にニューフランスの最初の入植地として設立したとき、イロコイの村でした。

多くのフランコフォンとネイティヴ・インディアンと交流があり婚姻関係などもあったので、言語もそういう関係から、もとの音声からだいぶかけ離れてきたのでは想像しています。

しかしながら、分かりにくいフランス語はケべコワだけでなく、ケベック州にはハイチ・クレールを話す人もいるし、モーリシャス・クレールを話す人もいて太刀打ちできない時もあります。

意外とアフリカ人のフランス語は国によっては聞きづらい時も稀ですが、大体は声質の太さで聞きやすいと感じます。

ケベック州にいるアフリカ系は初等・中等教育・大学教育などフランス語で受けていたので、現地語やスワヒリ語を話していてもフランス語はフランスよりで植民地の影響もあるのだと思わされます。

ケベック州で生まれた中国系やベトナム系はモントリオールのケべコワフレンチを話すのでバックグランドが分かりやすいです。

総称して私はアジアティークと呼んでいますが、顔はアジア人でも思考回路はケベック州で教育を受けているのでケべコアです。

アジア系は、男女共に感じがいい人が多いと思います。

私はケベック州のどこに行ってもよく道を訊かれるのはケベック州のアジア系のせいでしょうね。

いずれにしても、入植当時から現在まで、ずっとフランス語を守り抜いてきたわけで、私もこの州の公用語は守っていこうというより、尊重しようと思ってフランス語をずっと使って行こうと思っています。



2020年1月22日水曜日

ヘンリー王子の未来

ヘンリー王子がセキュリティーに囲まれてカナダにやって来ました。

一貫して、このヘンリー王子夫妻の治安維持にカナダの税金を払うのは反対です。

しっかり署名もしました。

ヘンリー王子は資産があるし、メーガン紀は、ショービジネスのパートタイムでもすれば食べるのに困ることないです。

カナダの首相ジャスティン・トルドーがエリザベス女王と、どんなふうにそのことについて取り決めるのか注目したいです。

彼は苦労してますね。

アメリカ人の女優と結婚して子供まで作って、人種差別やパパラッチから必死で彼女を守っています。

英国ロイヤルファミリーの暮らしに無理があったメーガン妃のために何もかも捨てたというより諦めた、いや、そういう選択しかなかったとは言ってました。

メーガン紀がロイヤルファミリーの一員として結婚生活をしている時、既に水面下でサセックスロイヤル商標の準備をしていたとか話題になっていました。

それが本当だったら、エリザベス女王が期待を裏切られて哀れだと思ましたが、いやいや、海千山千の女王もあっさりとバイバイ、しかも公務はやらなくていいですとのことでしたから、さすがです。

ヘンリー王子はここで改めてファミリーとの縁をプツっと切られて淋しく感じたのかもしれないです。

英国のお土産屋でヘンリー王子夫妻のグッズが暴落したとか言ってましたが、この夫妻にとってどこ吹く風って感じでしょう。

私が思うにはこの二人ってそんなに長く続くとは思えないです。

メーガン紀は若いときから家族が離縁しているので、彼女が一人がカナダにいようと、それほど心細くはないと思います。

異母姉妹とは仲が悪いし、父親をまったく相手にしないようです。

ヘンリー王子が家族と離反してもメーガン紀は共感性がないように見えます。

しかしながら、ヘンリー王子はどうでしょうか。

ロイヤルファミリーと縁が切れてサッパリってことはないと思います。

あの方々独特の伝統や文化と言語があって、それを懐かしむ時にヘンリー王子はホームシックになるでしょう。

何かの用事でヘンリー王子が英国のバッキンガム宮殿に出入りするようになれば、メーガン紀がヒステリーでも起こして彼を困らせるのでは想像します。

メディアはこれからどうやって稼ぐのかと、そういうところばかり関心を寄せていますが、私は彼のメンタルの方がどこまで持つかが、要かなと思っています。

いや、そこまでへなちょこじゃないでしょう。

メーガン紀から切り離してヘンリー王子の市場価値ってまだまだ十分にあります。

普通の人になるんだったら、俳優になるとかってよくないですか?

王族・貴族の役柄って誰とも被らないんじゃないかと思います。

元ミリタリーもやっていたし、パリピーだった時もあるじゃないですか。

日本に来たら、更にもっと付加価値が上がると思います。

植毛系の企業がバックアップして、彼の頭の上を赤毛がびっしりついたら話題を呼びそうです。

英語教材なんかでも英国風アクセントで活躍できそうです。

ファッションモデルでも行けそうじゃないですか。

Youtuberになって英国文化と伝統のプレゼンターとしても活躍できると思います。

仮に結婚して独身になっても英国ロイヤルファミリーには戻らないかもしれません。

それはそれ、他人事です。

2020年1月15日水曜日

ヘンリー王子とメーガン紀のカナダ定住と警備問題

ヘンリー王子とメーガン紀が英国主要メンバーから引退することで、英国が大騒ぎしている状態をメディアで眺めていました。

最初はあんまり関心がなかったんです。

言い方が悪いですが、次男の嫁といことでヘンリー王子がどんな嫁を貰おうと大した問題じゃないと思っていました。

メーガン紀はかつてハリウッドでB級女優でしたが、米国へ出て英国ロイヤルファミリーに堂入りして知名度が更にアップしたぐらいの認識です。

まあ、彼女が嫁入りして何が問題だったのかというと、明らかなのはメディアの彼女に対する人種的偏見と家族の黒歴史に対する扱いが酷かったことだったと思います。

アフリカ系とヨーロッパ系の米国人のミックスが英国ロイヤルファミリーに入ったことが持ち上げられたわけです。

アフリカ系とヨーロッパ系の米国人でもアメリカ中流階級出身の女優というバックグランドを持っているだけでも異例です。

英国バッキンガム宮殿内でメーガン紀がドラマクィーン状態であるような噂が外に出て、グローバルニュースになっているのも事実です。

英国ロイヤルファミリーは一貫して言い訳を言わず、淡々としている中、時折ヘンリー王子はメーガン紀を守るためにメディアに対して彼の意思を言わざる負えませんでした。

彼の亡き母、ダイアナ紀のような悲劇にならないように、メーガン紀がメディアの商品にならないように必死に守っています。

ヘンリー自身、かつて若い青年だった頃、卍(ナチ党)のワッペンが付いたジャケット着ていたら、チャールズ皇太子にこっぴどく怒られて、シンドラーのリストでも観て勉強しなさいと怒られた時代があったのを思い出すと、成長したと思います。

しかしながら、本当に公的資金から自立したいというのが本音でしょうか?

私には英国ロイヤルファミリーの公務が堅苦しく、その我慢料としてもらう公的資金をもらうのが煩わしいだけだったのではと思うのですが、そうじゃないですか?

ダイアナ妃の生母(英国貴族の令嬢)がかつてインタビューで、バッキンガム宮殿での仕来りや伝統などの様式が違い、言語などは同じ言葉を話しているようには思えないから上手くいくとは思えなかったと言っていたと思い出します。

メーガン紀がいろいろと執事に要望を出したとしても、受け入れがたく拒絶されたことは多々あったと想像します。

ヘンリー王子も移住を試みるのも不思議ではないです。

さて、カナダの西側にある別荘で暮らすそうですが、警備はカナダの公的資金、つまり税金を使うことになります。

このカナダで暮らすことを知る前はスキャンダラスな英国ロイヤルファミリーの問題だけで、個人的に人災をもたらすわけじゃなかったのですが、カナダ国民の税金で警備費を払うとなると、ちょっと無関心ではいられません。

これさえなければ、有人レジの横にある派手な見出しのゴシップマガジンでスキップ読みすればいい問題だったんです。

連邦政府は、カナダが安全保障の費用を負担するかどうかをまだ確認していないみたいですが、ケベック州の首相は書面で「カナダに定住した王室の一員のために、ケベック州の納税者のお金が費やされるのに疑いの余地はありません」ということで、反対です。

ケベック自由党(PLQ)は同じよう反対していることを明らかにしました。

出典: www.journaldemontreal.com

けっこう無関心です。

まずは落ち着いて、一般市民を犠牲にしなければお好きにどうぞ言うだけです。


2020年1月14日火曜日

ケベック州も地震がある

event_note1月 14, 2020 editBy 4pattes
今日、日本の関東地方、茨城県南部で推定マグニチュード5.0(津波の心配なし)の地震があったそうですね。

タイムリーにケベック州も推定マグニチュード4.0地震(この時点!?)がありました。

モンテレジーのいくつかの地域で発生したそうですが、今朝テレビで地元の人に取材してる様子を見ると、明け方5時過ぎだったので寝ている人が殆どで気がついていないようでした。

モントリオール中州は殆ど関係ないレベルでしょう。

 私も今いるプラトーでマグニチュード4.0に近い地震を経験したのはたった1度だけでその時は大型トラックがアパルトマンの横を通り過ぎただけだと思ってました

いくら都会でも日本と比べると道路の路面がデコボコしているところがあってそこにエアポケットみたいにタイヤが落ちると建物に衝撃のようなインパクトがあって地震はモントリオールにないものと考えて暮らしていたら認識できません

あれから2年かけて道路の工事で整備されたのでこの問題はなくなりました

しかしながら危機意識が低いのもよくないと思ってます

地震トラックのカナダケベック州近郊の最近の地震Recent Earthquakes Near Quebec Canada なんか見ると ケッベク州にはマグニチュード3.0以下の地震はけっこう頻繁にあることが見て取れます転載Earthquake Track

Earthquakes Canadaによると午前5時38分の地震は自動検出によるとSalaberry-de-Valleyfieldサラベリー・ド・バレーフィールド地域で行われたことを指定していますEarthquakes Canada Earthquakes Canada)

ケッベク州でマグニチュード4.0はかなり大きい方じゃないかと思います。

一応Earthquakes Canadaが何か揺れを感じたり、異様な音を感じたら、市民に書き込みレポートを強制ではないですが要請はしています。以下:

Earthquakes Canada/Séismes Canada

うちのワンコが、ニャンコが右往左往して落ち着かないとかは獣医師つれていった方がいいですが、大量に爬虫類が発生したとか、季節に合わない地中の生物が地上に顔を出したとかは良いかもしれないです。

滅多にマグニチュード4.0以上の地震がないとは言いつつも、1732年9月16日午前11:00にマグニチュード5.8の地震がモントリオールで起こっていました。

300軒の家屋が破壊して、地震後の二次災害は火災によって185棟の建物が被害にありました。出典:Séisme du 16 septembre 1732 à Montréal

 自然災害をなめてはいけないと思います。


2019年12月24日火曜日

15週間の補償では不十分!

仕事を辞めた後に始めた肩の関節周囲炎の治療で劇的に良くなりました。

というより、良くなるように努力しました。

ケベック州の健康保険(日本的に言えば国民保険に近いもの)と会社のグループ保険(日本的に家ば厚生年金保険)で医者に診断してもらって、レントゲンを撮り、3本の注射(コイドロイチン)を打ちました。

1月にまた3本の注射(コイドロイチン)を打って、医師から再診に来てくださいという指示がありました。

これまでは無料です。

処方された薬代は薬局に行き、グループ保険のカードを見せなければならないのですが、100$以上から50%の補償なので、100$になるまで自腹ということになります。

初診日の際に医師に理学療法をすることになりますが、、、と私の顔をチラっと見た時点で、会社のグループ保険(日本的に言えば厚生年金に近いもの)があるので問題なですと言って治療が始まりました。


そうでなければ、別のオプションがあったのだろうか?

とりあえず、理学療法士には初診日に会社のグループ保険は今月一杯ということですのでよろしくと言っておきました。

毎週1回通って、彼の指示通りに自分でも可動域を広げるようなエクササイズを自宅でやっているうちに95%ぐらい、利き腕ぐらいの可動域になりました。

さて、会社のグループ保険は統合及び代替医療など750$まで100%補償します。

あくまでも働いていた会社が加入していたグループ保険のことで、他所とは多少は違うかもしれないです。

まあ、一回75$する理学療法を最大で10回受けられることです。

仮に医師がキネシオロジーを勧めても、マッサージを勧めても、関係ありません。

しっかり領収書を払って払い戻しの申請をオンラインで行います。

4営業日で登録した銀行の口座に払い戻しされるということです。

まあ、幸い回復してきたので、治療を継続する必要もないと確信しています。

恐らく、注射と再診はキャンセルするかもしれません。

関節周囲炎の回復が一向に見えなかった場合、私は会社を辞めてしまったので理学療法は受けられないことになります。

更なる治療が必要だったら、自分でプライベート保険に入るか、新しい会社のグループ保険に入るか、親族又は配偶者に追加してもらうなどの選択をします。

私の場合、肩の痛みは仕事に支障がないと自信があるので、経済活動をしてケベック州の健康保険で補償されていない部分を保険に加入すればいいのです。

仮に肩の痛みが酷く、仕事にならない状態で仕事を続けたくてもできない場合は会社のグループ保険から収入の70%ぐらい、復活するまで補償されます。

これも、努めている会社次第であって、このベネフィットがない場合はカナダのEIベネフィット(雇用保険)を申請する必要があります。

しかしながら、この補償期間に問題があります。

15週間しか補償されないという決まりになっています。

実際には仕事で油が乗っている間にガンなど大病を起こして、仕方なく会社を辞めて収入がなくなり生活保護を受ける羽目になった人がけっこういます。

そういう扱いを受けた人らのある女性が、


子供が病院にいる母親は35週間の休暇(補償)を取ることができて、病気になってしまった人らはたった15週間の補償しか受けられないと指摘しています。
病気なってしまった人らは、それだけでは不十分で、ガンの治療には最低1年かかると言っています。
雇用保険では、失業に対して最大45週間、介護者に対して35週間が許可されているのに病気やケガで仕事ができなくなった人は15週間だけです。 
出典:montreal.ctvnews.ca

そして、その方が過去に10年間で約70万人の署名を集めてルールを変更しようとしています。

トルドー政府は、最後のキャンペーン(15 weeks)中にこの15週間の補償を26時間に増やすことを約束しましたが、どう変わるのか注目したいと思います。

カナダの雇用保険にこんなバグがあるとは思いませんでした。

生活保護で受けるガンの治療って限界があると想像します。

ちなみに迷わず自分の身にも起こりうる問題ですから署名しました。

Home - 15semaines



Labels

ケベック州 35 モントリオール 33 カナダ 17 移民生活 17 雑感 13 日本人 9 移民、ケベック州 9 日本 7 モントリオール交通機関 6 移民 6 お得情報 5 フランス語 5 差別 5 5 Bixi モントリオール 4 カスタマーサービス 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 新型コロナウイルス 4 遺伝子検査 4 DNA 3 アトラクション 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 治安 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 野生動物 3 金融システム 3 5G 2 アカディア人 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 シェア電動スクーター 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 地震、ケベック州 2 気候 2 無人化 2 犯罪 2 祖先 2 観光 2 電気自転車 2 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 エクササイズ 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 スモッグ 1 セーフティネット 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 バランスボール 1 フィギュアスケート 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 事故 1 五十肩 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 幽霊 1 早期退職 1 昭和 1 桃田健斗 1 空港 1 腰痛 1 自動車 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 騒音問題 1 鼻パッド 1