カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル カナダ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル カナダ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年5月30日土曜日

怖いのはコロナでなくピットブルでもなく人でした

event_note5月 30, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
この二日間、偽札容疑でポリスに圧迫死されたアフリカ系アメリカ人男性の件で米国各地のデモが激怒しています。

事の発端は殺されてしまったジョージ・フロイドさんが偽札容疑にかけられてポリスから車を離れるようにと命令されたことから始まりました。

抵抗したようですが、暴れたのかはよく分かりませんが、私でも厳ついポリスに何かされそうになったら抵抗すると思います。

ただそれだけで手錠を掛けられて地面に押さえつけられてしまったのです。


脚で頸椎を抑えたのでそうか、動画で息が出来なく助けてくれと言っているのが聞こえました。

あんな断末魔の叫び声を出してもポリスは足をクビに踏みつけ動きませんでした。

そのうち意識を亡くして動かなくなってしまったのです。

結果的にお亡くなりになりました。

やり過ぎというか、ポリスのプロトコルに対して不振を感じ各地で暴動やデモが起きました。

米国では2014年に白人ポリスに殺されてしまった事件がありましたが、それも容疑にかけられただけでした。

その後も米国ではこういう有色人種を容疑にかけて不当に扱う傾向があり、問題になっていたようですが、人種差別とは別にポリスが結果的に殺してしまうケースはカナダにも良くあります。

だいぶ前に移民した母親に会いに来たポーランド人男性が空港で不振容疑にかけられて抵抗したら、テーザー銃で撃たれてショック死をしたケースがあったのを覚えています。

最近ではノバスコシアでポリスを装ったカナダ人が無差別殺人を起こし、結果的に警察に打たれて死亡したケースがありました。

テーザー銃でカナダに訪問した外国人を殺してしまったポリスがと無差別殺人を起こした殺人容疑者を殺してしまったポリスがその後どうなったか分かりません。

前者は誤って死に至らしたかもしれませんが、後者はポリスのエシックコードとプロトコルに従って殺してもしょうがなかったのかもしれません。

ジョージ・フロイドさんを踏みつけて窒息死させてしまったポリスの組合が強く、保釈金も組合が持って死亡に至らした事件をもみ消してしまうのだろうか!?

有色人種が外出するだけで容疑にかけらることなどあってはならないことです。

どこをどうすれば死に至らすことを知っていながら、あんな残虐なことをするなんてありえないです。

怖いのはコロナでもなくピットブルでもなく人です。

人が病原菌に関わってコロナを生み、人が闘犬の飼育を誤って被害をだし、通りに歩いている人を偏見で容疑者と判断して虐殺してしまう。

本当に人は恐ろしいと思います。


2020年5月28日木曜日

一万人の介護職員を採用するに至るまで

いきなりモントリオールに真夏が来ました。

夕方の気温が34℃だったらしく、ニュースを見ると暑くてフーフー言ってるケベコワが目立ちました。

7月になると雨が多く2週間ぐらいは日本のように蒸し暑くなりますが、気温が高くても湿度が低いので、日の当たらない室内にいてば汗が出ません。

ところで、連日ケベック州はコロナの死者を出しています。

水曜日の時点で89人の死者数ですが、総数4228人中の64%は長期高齢者施設で感染したのです。

この日のICU患者が184人と生死と闘っている状態ですが、長期高齢者施設以外の市民は制限解除と同時に経済活動に戻ります。

必ずしもコロナ前のような生活ではないですが、コロナと共に生活します。

一昨日、2018年度にUSとカナダの国境にあるロクサン・ロードにたくさんのハイチ人がカナダへ難民をもくろんでトルドー首相は受け入れました。

あれから生活保護を受けながら、低賃金労働をして難民として永住権を待っていたようですが、ケベック州政府に高齢者施設に労働者として付けられてハイチ人の一人がコロナ感染で亡くなったのがメディアに流れました。

私自身、何で感染問題になっている長期高齢者施設にハイチ人の難民が働いているんだろうと疑問に思っていました。

その時、嫌な予感がしたんです。

恐らく、ハイチ人はハイチクレーオールを話しますが、フランス語を解するのでケベック州政府が人員不足を埋めるために付焼刃で難民を感染の巣掘へ送ったんだと思います。

ケベック州の高齢者は英語を話せない人が殆どです。

何年か前に長期高齢者施設を出入りしている時、介護職員やその他の仕事をやっている人の様子を見て不審に思ったことがありました。

介護職員の仕事って想像できると思いますが、高齢者の排泄、食事、その他は移動や入浴の介助、入浴に行かない日は体をベッドの上で洗います。

ですが、ベテラン介護職員の仕事を見ていても素手でやっている人、手袋を付けても排泄処理を終わった後にベッドの手すりを何度も触り、そのまま別の部屋へ行く人とか見かけました。

部屋に入るときと出る時に消毒液を手に付けるようですが、見る限り入年に手を洗っている様子は見たことはありませんでした。

バスやメトロで医療従事者用のユニフォームを付けて通勤している介護職員も見かけたりもしたので意外と介護職員の倫理的行動規範が緩いのか、教育内容が薄いのかと思っていました。

ハイチ人難民ですが、どうも多くのハイチ人がパンデミックの間に高齢者施設へ労働の糧として送られたようです。

きちんとした書類はなくても、前に介護職をやっていたと主張しただけで、第一線の現場に付けられ、その他は掃除、配ぜん、洗濯などの仕事をやっていたようです。

これらの亡命申請希望者はケベック州政府に用意されたイーストエンドのコンディションが悪いアパルトマンに大人数で住んでいたのもあって、医療従事者経由でクラスター感染が起こったと思われています。

実際、パンデミックの人手不足の高齢者施設にカナダ軍が補助に入り、状況に関するレポートには人員不足による感染拡大,経験不足の人員による医療用防具の不適切な使い方について指摘してあったことが注目されています。


まあ、生きていくのに必死で死者を出すとは思わなかったのか、一般的に複雑なことを考える国民じゃないハイチ人が人権派団体を通して、ことの理解を得た時に自分らが危険にさらされていることを不当に思い、政府に永住権のプロセスを急がすためにデモを起こしていました。

カナダ軍の補助的援助もトルドー首相自身、そう長く続けるつもりはなくても、ケベック州政府ルゴール首相は9月15日まで延長を依頼し、それまでに1万人の介護職員を埋めることを決断しました。

6月中旬から9月中旬まで、介護職員希望者のケベック市民を集め、集中コースを行い、コースを受けている期間は週に760ドルの手当を付けるそうです。

長期高齢者施設で雇用されるとすぐに、初任給は1時間あたり26ドル、つまり週あたり940ドル、年に49,000ドルになります。

最小時給が13.10ドルですから、3か月の集中コースでインスタント公務員って凄いプログラムだと思います。

STMのバス運転手並みの初任給ですが、税金は相当に持っていかれることは言及していないです。( ´艸`)

フランス語圏なので、飛びつくのはフランス語を解するアフリカ
系とフランス語にシフトするのが難しくないラテンアメリカ系の移民と亡命希望者になるでしょう。

第2波に備えての一万人採用なので需要に対して供給がある場合は仕事難民になる可能性もあります。

ただ、看護アシスタントの時間給が21.57ドルスタートなので、ひょっとしたら介護職員が高くなるというのも教育の長さを比べると変な話です。

まあ、今まで介護職員が安すぎて搾取されまくっていたから仕方ないけど、この辺はどう議論されて行くか注目したいと思います。

2020年5月24日日曜日

ただ祈るばかり香港デモと返還前の香港

モントリオールはケベック州の美術館、図書館、ドライブインが5月29日に再開できようなので、日に日にアクセスできる場所が増えて行きます。

今日は、「国家安全法」に反発に対する香港でデモ隊と警官隊が衝突している様子を見て寒気しました。

去年は逃亡犯条例に反対する民主化デモが拡大して当局と対立していましたね。

中国では22日から全人代(全国人民代表大会)が開幕していたので、あんまりいい予感しなかったのですが、できた代物は国家安全法というより中共保護安全法のようなものです。

デモ自体、国家分裂行為とみなされ、逮捕されてしまうわけです。


民主主義の香港は政権転覆など当たり前の希望なのに、それさえ行ってはいけないという法律ですから、これはデモを起こすのは当然のことですね。

1997年の7月1日イギリスから中華人民共和国への返還・譲渡され、香港特別行政区政府が発足しました。

たったの23年で自由を奪われてしまうなんて悲しすぎます。

思えば、私が香港に行ったのは1989年です。

1984年に今は亡き英国マーガレット・サッチャー元首相が中国に香港を返還・譲渡を定めた年であり、それまではイギリス統治下であったわけです。

香港人のパスポートはイギリス人のパスポートではあっても香港と感じで記されていたのを覚えています。

当時、英国人の元彼と東京で暮らしていました。

その彼が、法が整って香港が完全に中国へ返還・譲渡されてしまう前にイギリス統治下の香港を見てみたいとのことで2週間ぐらい滞在しました。

今と比べたら、怪しげな雰囲気を醸し出すスラム街「九龍城砦(きゅうりゅうじょうさい)」などがあって、異国情緒たっぷりでした。

というか、パラレルワールドにはまり込んでしまったようなところでした。


ステイしていた宿泊施設も独特でした。

香港の九龍・尖沙咀地区の弥敦道(ネイザンロード)に面して建つ、知る人知るぞ重慶大厦(チョンキンマンション)です。

宿泊施設だけでなくいろいろなお店が入っている複合ビルで、一言で言うとカオスでした。

予約も入れた記憶がないですが、ポン引き風の謎の東洋人に元彼が声を掛けられて部屋の交渉していたのをおぼえています。

普通のベッドだと足が出てしまうから、間取りが大きくエアコンが付いていてウエスタンサイズのベッドのあるタイプにしてくれと頼んでいました。

危なっかしいリフトで到着するとお店の付いているようなシャッタータイプの鉄格子を開けて普通のドアを開けると言ったような作りでした。

やり手ババアが仁王立ちして待っていたけど、私が日本人で彼が英国人と知ると態度が急変したのが印象的でした。

間取りの広さと内装はウォン・カーウァイ監督の香港映画「恋する惑星(1994年)」とよく似ています。

いかにも香港テイストですが、当時の中国と比べると民主化された雰囲気はありますが、英国の統治下とは程遠く、香港にいる間はよくお腹を壊しました。


今も重慶大厦(チョンキンマンション)とかあるみたいですが、リニューアルされて間取りは細かく細分化されて窮屈そうです。

しかしながら、相変わらずカオスな雑居ビルなのは変わっていません。



古き良き香港が中共の支配下になるのは絶対に許されるべきじゃないです。

加油!

2020年5月22日金曜日

ロックダウン2か月後、経済は可死状態

今日(22日)付けで、最大10人、3世帯まで、屋外(例:庭や公園など)は2メートルの社会的距離という条件付きで会合出来ることになりました。

さっそくBFが知人にアポをとってサン・ジェローム(山脈の方)の知人に会いに行きます。

昨日まではそんなことをしたら、手数料プラスのチケット($1000以上)を食らうのですから、たまったもんじゃありません。

気温20度前後になって日差しもあり、外出しない間にサマータイム突入です。

オンラインショッピングで新しいトラッキングシューズを買いました。

これだけでも気持ち上向きに聞こえますが、とんでもありません。

ケベック州のロックダウン2か月後、経済は可死状態です。

商業エリアもビクビクとコロナ対策しながら営業を始め出したけど、これまで息抜き消費するまでに至りません。

カナダが陸路と空路をオープンする気がないので、私が勤めている会社は大打撃を食らって戻れる見込みは殆どないです。

カナダ緊急対応給付金(16週間分)の後は自動的に普通の失業保険になると思います。

失業保険をもらっても少しは仕事をOKですが、稼ぎ過ぎると収入手取りに応じて失業保険給付金が減るということで、ちらっとどんな仕事があるのかと見ました。

割と緊急を要する分野(医療物資、医療従事者の)募集が多く、就いたらオーバーワークで休みがないのではと想像させるものばかりでした。 (冷汗)

サウスショアにある火葬場も急募で3000人以上の処理とか生々しくえげつない募集欄を見てギョッとしました。

考えることはみんな同じでロックダウンを2ヶ月過ぎると理由づけて外出したくなるのか働くことを考える人がけっこういます。

適当にライトな仕事をして自分がかつて働いていた会社が復活したら戻ろうと思っているのでしょうか。

毎日、メディアの片隅に元〇〇をやっていた人が今は家にいるのに飽きてこんな仕事をしていますとか紹介されています。

ある失業したトランザット航空のパイロットが家にいるのが飽きてUPSのドライバーになっている様子が載っていました。

ケベック州政府が失業者の中で誰か必要不可欠な分野の仕事ができる人がいたら出て来てほしいと呼び掛けていたからと言ってました。



確かに医療物資、食料品売り場、物資の輸送や医療従事者など働いています。

資格やライセンスが必要な仕事に就くことは出来なくても物流関係や食品加工又は売り場は人手が足りないのですが、最小時給プラスボーナスでカナダ緊急対応給付金と同じなので人気がありません。

というか、報酬の意味がないと思うのでしょう。

家にいると不安と恐怖でいっぱいの人らは外に出て仕事をした方が心身を保てるという意味で労働は良いと思います。

私の予感ですが、たとえ陸路と空路が開いても経済回復するのに最低1年はかかると思います。

今後はこういう事態になっても仕事を続けられるような分野の仕事に就くことも考慮するのもありかと考えています。

取り敢えず、カナダ緊急対応給付金や失業保険をもらえるほど過去に一生懸命働いていた自分に感謝し、いつでもすぐに働けるように気を持ち続けようと思います。

2020年5月20日水曜日

外出制限中にメキシコから出稼ぎ労働者

event_note5月 20, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
5月21日、トランプ大統領が国境を開けてと頼んでもカナダ連邦政府・トルドー首相がノーと言い、6月21日まで正式に延長しました。

更にケベック州政府・ルゴール首相は出来れば7月まで国境は開けないでくれと言っています。

空港などの一般人を乗せた国際線などの運休も6月末まで動かないのは3月の時点で分かっていました。

カナダ緊急対応給付金が4か月間(16週)というのがうなづけます。

医療従事者のデモがケベック州政府事務所の前であり、休暇を取り消すことやパートタイムのスタッフにフルタイムで働くことを強いることを含む政府の行動に抗議していました。

医療従事者が大変なのはわかりますが、仕事をほったらかしにしてデモをやるのはいかがなものかとルゴール州政府首相が愚痴ってました。

やっぱり給料を引き上げるやらボーナスを付けるぐらいしか対応がないようです。

医師と教師の給料が肥大化する中、ケベック州の農業が収穫時に人手が足りず困っているようです。

なんと、ケベックシティの近くにあるオルレアン島のベリー生産者がチャーター便を出してメキシコから出稼ぎ労働者を呼び寄せました。

どうもこの生産者がメキシコに人材派遣会社を持っているようで、向こうの生産で登録している人らなのでしょう。

人件費166人分、$ 140,000って安っす

最初、ニュースで国内のケベコワ労働者を募集していた時は月額$1200とか言っていたような気がします。

ざっと計算してカナダドルでメキシコ人労働者は月額$1000以下ってことですかね。


カナダ緊急対応給付金って$2000出るのに、誰がこんな金額で朝5時から行くんでしょうか?

トルドー首相が学生やパートタイマーまで給付金を出すようになったので、誰も興味持ちませんね。

メキシコ人男性が殆どでケベックの女性は喜びますが、オルレアン島に閉じ込められるようなので、女子とダンスもしないで仕事が終わったら帰されるかもしれません。

ケベック女性とメキシコ人男性やキューバ人男性の組み合わせは多いですよ。

大体、ケベコワ女性の定番バカンス先メキシコやキューバで出会ってお持ち帰りする婚が多いんですが、こういう出稼ぎ労働者が休日にケベックシティのクラブで出会うこともあるでしょう。

あはははは!

2020年5月9日土曜日

アジア系を標的にする増悪を向けるゼノフォビアが存在する

event_note5月 09, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
ここ最近、ネット上でアジア系コミュニティーを標的にしたヘイトクライム(憎悪犯罪)を見かけます。

バンクーバーではこの手の犯罪が11件確認されているそうですが、監視カメラがあっても犯人がすぐに見つからないんですねぇ。

若いアジア女性が白人の男から殴られて地面に倒れ込んでいる映像を見ました。

何で子供服が入りそうなぐらい小柄に前置きなく襲い掛かるのか理解不可能です。

幸い、これだけで済んで良かったと思います。

パンデミックが終わって渡加を考えている人もいるでしょうが、これを見たらなんと思うでしょうか。



殴った白人の男性ですが、ガタイのいいカナダ人女性だったら馬乗りになってボコボコにされるぐらいの若くてひょろひょろしているへなちょこです。

対象が自分より小柄な女性に暴力をふるって鬱憤を払っているなんて情けない男です。

もう一つ映像を見ましたが、92歳の中国系高齢者がゼノフォビア(ある特定の外国人嫌い)から地面に投げ込まれて倒れてしまいました。

ちょっと認知症が入っていたとは言え、健常な高齢者でも転倒させるのは卑劣な行為です。


確かにコロナは中国の武漢から来たウイルスでパンデミックを起こしました。

しかしながら、面識のない中国人に中国人だからいう理由でヘイトクライムする必要がありません。

私も特定のタイプは嫌いですが、わざわざ面識のない人がそのタイプだからという理由で攻撃することはないです。

普通だったら、目を合わせないとか距離を取るとかしますね。

自宅自粛で頭がもうろうとしていますが、そのくらいの判断はまだ出来ます。

ケベック州はどうかというと、人種的憎悪は始まっています。

一般的な白人女性を例にあげると、たった週に1回だけ買い物に出るだけですが、ケベック女性の当たりが前よりきつく感じます。

アジア女性は言い返さないと思っているんでしょう。

大体、20代から30代前半の女性は前頭前野の締まりが悪いのか、先のことを考えないでモノを言う人が多いです。

子供を産んで45歳過ぎると人の気持ちが分かるようになるのかいい女性に変わっていきます。

意地の悪い人はそのままだけど、大多数のケベック女性は年を取れば年を取るほど良くなっていくのが不思議です。

まあ、今後何か不適切なことを言われたら、私は中国人じゃないことをまず言います。

これから日本の小さい国旗バッジとかカバンに付けておくとかしますよ。

仮に中国系の友人といたら、彼女は中共じゃないと言ってスルーすると思います。

暴力など攻撃されたら、ポリス呼んでメディアにメールして裁判して懲らしめるしかないでしょう。

2020年5月4日月曜日

WHOによるカナダの免疫証書が出て来た

event_note5月 04, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
毎日静かに自粛生活しているのですが、朝9時に寝て午後15時に起きる生活が規則正しく続いていました。

日中に起きてもお店がどこも閉まっているし、天気が良いと外に行きたくてソワソワするので、日中を半減するために変な時間に寝ています。

先週は公園へ出向いたケベコワ市民が社会的距離を守れなかったり、2人以上のグループで一緒にいた人などは罰金を課されていたそうです。

この後は公園の周りで路駐禁止令が出ました。

しかしながら、ケベック州政府は経済のV字回復するために焦っている様子を見せていますが、ケベコワ市民の方はそれほどでもなさそうです。

非常にユルくて無防備なのは元コロナ陽性者で免疫抗体を得たのでしょうか?

ケベック州のなかでモントリオールの住人がカナダで一番テストを受けているので、感染者数も毎日800人、900人、1000人と出て来る時があります。

感染者数はそれほど気にならないですが、やっぱりICUの数とか死者数などを年代別にみると、やっぱり60代以下はあまり重症化にならない方が多いので経済活動を始めた方がいいじゃないかと個人的には思っています。

世界的に経済活動が始まるのが今月末辺りで、ケベック州では普通に仕事が出来るのが目安で25日です。

私の場合、自分の勤めているところが米国で封鎖している州の殆どの会社と取引をしているので、カナダと米国の陸路(国境)、又は空路(空港)が空かないと始まりません。

カナダ国内にいるなら、どこへ行っても軽い尋問程度(コロナに感染したか否か、国外に出ていたか)で済むけど、国外に出ていくときは厳しさが増すのかと不安になります。

ニューヨークシティなど抗体検査などは感染者を封じ込めるために新たな感染者がどこで、どのように発生しているか、知る必要があるとして病院から新たな患者から収集する考えを示していて、ケベック州もその話が浮上したけど、ぽしゃっています。

トランプ大統領によると、米国では今年中にワクチンが用意できるようなことも言っていたので、コロナ2派・3派と収束するまで2,3年はかかると思うので、ワクチンも各国で差が出るだろうから、免疫証書など記録されたものを自分で持っていてもいいかもしれない。

私が言っている免疫証書とは義務で持つものではなく、あくまでもワクチンの記録であって、その辺で受けた抗体テストの免疫証書ではありません。

カナダから国外に出て行くときに予防接種を打つこともあり、効力も切れることもあるので記録が必要ということです。

けっこう両腕にバカバカと打っているので旅行用クリニックで免疫証書を作っていただいたのを思いだして、探したら出てきました。

カナダ政府のロゴとWHOのロゴが付いていたので、カナダ在住者だったらアフリカや南米に行く人などは同じものを持っているのではと思います。

モントリオールは犬猫などワクチンを打っていないとシッターさんに預けられないんですが、人間もパンデミックを起こすような流行り疫病のワクチンを打っていないとアクセスできないことになったら嫌ですね。


2020年4月30日木曜日

トルドー首相、2言語公用制の敬意に欠きフランス語話者の逆鱗に触れる

トルドー首相が英語の表示しかない消毒剤の輸入を許可する決定を下してフランス語話者の逆鱗に触れてしまったようです。

ケベック州で60代ぐらいまでは英語を曲りなりに話せる人がけっこういますが、それ以上の世代はフランス語しか話せない人がけっこういます。

トランプ大統領が漂白剤を飲んだらと冗談を言った先にメディアのプロパガンダで彼の発言を切り取られて、米国市民の中で漂白剤を誤って使用してしまう例があるように、英語が読めないフランス語話者が消毒剤を誤って使用してしまうのは大変危険です。

ニューブランズウィック州出身のアカディアンでありフランス語話者の上院議員ルネ・コルミエから、思いっきり批判されました。

カナダの2言語主義というアイデンティティーだけでなく、消費者の安全性を懸念して、フランス語話者への敬意に欠けているとのことです。

トルドー首相はフランス語話者からお灸を据えられるのはあんまり好きじゃないと思います。



ジュスタン(ジャトルドー(トリュドー)首相は安倍晋三や麻生太郎のように平民とは関わりない所で育ったボンボンです。

彼はフランス系カナダ人名を持つけど、オンタリオ州のオタワ出身で、フレンチイマ-ジョン教育の影響で彼のフランス語は英語訛りがあります。

歴史上、彼のお父さん、今は亡きピエール・E・トリュドーの方がインパクトがあり、風貌はジュスタンと比べると思考能力と気迫が違います。

恐らく、彼は母親似かもしれないです。調べるほど私もそんなに興味がないので話はお父さんに戻します。

ピエール・E・トリュドーと言えば、モントリオールの国際空港の名前です。

何でトルドーじゃなく、トリュドーにしるのかというと、彼はモントリオール出身のフランス系カナダ人だからです。

ここで彼はケベコワですと言えない理由にマルクス主義を好み、米国で共産主義とキリスト教に関して論文を書き、ケベックの独立に反対してカナダを一つの国にまとめ上げた男だからです。

多文化国家カナダの原型を作ったのがジュスタンのお父さんであり、公用語を英仏二か国語にして、カナダのアイデンティティーを明確にして貢献したのです。

お父さんに比べてジュスタンの方はプライバシーを守るために乳母に任せて乳母日傘に育ち、平民と隔離されて育ったのか、英文学、教育学や地理学などと、文系ロンダリングを経て現在に至ります。(パッとしない経歴すっ飛ばし過ぎてすいません!)

お父さんの思想と反して、今は亡きケベック州首相の第23代ルネ・レヴェック(ケベック党:ケベック州の分離独立を目指している)が1977年にフランス語憲章を定めました。

フランス語憲章(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language)は、1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語のみとする法律である。引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランス語話者かフランス系カナダ人としてケベック州で生まれたら、それほど混乱することはないですが、私のような移民だと実生活、特に仕事の場面でどっちの言語も求められるので混乱します。

フランス語話者が職場でフランス語だけしか話せなくても文句が言えない法律が存在しますが、これは恐らく私がケベック市民(永住権から市民権を取る)でなければ適用されないのかと思うところがあり、妙ちきりんな話になりそうです。

下手すると、日常生活で関わりたくないタイプを上げるなら、アラブ系の次に分離独立の思想を持ったケベコワかもしれません。

ケベック州には Analphabétisme (アナルファベティズム)という言葉があり、非識字=文盲という意味です。

15年前に通っていた政府の仏語学校でハッキリと「あなたたちはケベック州で文盲ですよ!」と言われてびっくりしました。

カナダに長ったらしい永住権申請用紙を英語で読んで、記入してカナダに移民したら、ケベック州でいきなり文盲扱い、フランス語をある程度は習得するまで小さくなっていなくてはならないのです。

そんなことに時間やエネルギーを費やすのは無駄だとケベック州にいる英語話者として生きて、このフランス語憲章と対立して一生を過ごす生き方あるし、他州へ引っ越しする人もいます。

でも、このコロナのパンデミックで多くの高齢者を亡くして、これから先は英語を解するケベコワ市民がいるとフランス語憲章が名ばかりになって行くかもしれません。

私の生きている限りではないと思います。

2020年4月29日水曜日

ようやくケベック州の経済活動が5月の末までに再開する

出典: CBC News
ケベック州・ルゴール首相によると、介護施設の外での死者数が少ないことは、いくつかの制限を緩和して経済活動を再開させることが出来るそうです。

週明けから色々と言い訳を聞かされたけど、結局は経済のV字回復をしたいのがズバリ本音でしょう。

シャットダウンが長引くと、中小企業の多いケベック州のオーナーが自殺する恐れもあるし、離婚や親が子供に虐待を始める恐れがあるとかケベック州保険相が言ってました。

実際、最近ケベックの母親が娘二人をナイフで刺した事件があったのですが、11歳のお嬢さんはお亡くなりになって、5歳のお嬢さんはなんとか生き残りました。


家庭内でも一人住まいでも支払いで四苦八苦する人が多いと想像します。

月に5000ドル以上もらっている人とか生活水準とか保てるんでしょうか?

カナダ緊急対応給付金 (CERB) など、レイオフになった従業員に月2000ドルが4ヶ月間振り込まれるなどの対応を取った連邦ですが、実際はオンラインでの手続きはトラブルが多く、未だに受け取っていないカナダ人が多いです。

私は3月の23日に手続きをして、4月8日に2000ドル、20日に1000ドル振り込まれて、まだまだ仕事に戻らないので4月18日まで仕事をしなかった分のレポートをして、次は5月2日までの分をレポートします。

一方、彼氏の方が4月8日に2000ドル振り込まれた後、4月18日まで仕事をしなかった分のレポートをオンライン上でさせてもらえません。

電話を何度もかけても切られてしまうパターンが多く、ここから先に進めない状態です。

同じような現象が物凄い数のカナダ人に起こっています。

まだ、最初の2000ドルをもらった人はましな方です。

私より先に給付金の申請して、一回目の給付金が振り込まれない人もたくさんいて、一日中電話をかけているとのコメントをネット上で見かけました。

振り込みのされ方も多めに来たり、分割されて来たりと意味不明なことをされて戸惑っているカナダ人がいて、本来シンプルなはずの申請が複雑になっています。

仕方なく、彼にはサービスカナダにリクエストサービスという間口を使って、逆に連絡をしてもらう手続き(フランコフォン用)を勧めました。

このようなトラブルに関してジャーナリストがメディアに取り上げてましたが、カナダ連邦政府は沈黙をしています。

何か内部の大きなミスがあったのでしょうか。

トルドー首相がせめて安心させるようなコメントを残してもいいと思います。

2020年4月27日月曜日

原因不明の火事と学校問題

昨日の夜、夕飯の準備をしている時に窓の外を見ると500メートル先にユラユラと炎が上がっていた。

正面に建物があって裏の通り超えた向こう側なので確かめに行くと煙を吸うリスクがあるので、速報を調べたら私立の学校でした。

食事を終えて様子を見に行きました。

130人の消防士が消化作業に取り組んでいましたが、安易に消えるものではありません。

ケベック州で一番美しい私立学校と言われ、スクールバスは見かけず、親御さんが高級な車で送り迎えする様子をよく見かけ、いわゆる金持ちの子弟子女が通う学校です。

アジア系(殆ど中国系)の子弟子女も通っていたと思います。

建物自体、1896年に設立されて、最初は北米で最初のゴルフクラブでしたが、学校用に改築されたのが2015年でした。

火事の原因が不明で損害額が100万ドル以上に見込まれるそうですが、補償されるのに調査時間もかかるので、親御さんらはコロナで閉鎖、そして火事とショックが大きいと思います。


地元ケベコワ市民はこの火事を冷やかす人がけっこういます。

誰かさんらが学校に戻りたくないんじゃない?

今、ケベック州政府が感染リスクがあまりない子供ら(疾患のある子供ら以外)を保育所や学校に戻そうという話になっています。

ケベック州政府の本音って経済活動を開始するの足手まといになるのが子供を持つ家庭なんでしょう。

このくらいの年齢の子供らが家にいると、父兄が仕事に戻れません。

最近、ルゴール首相が集団免疫など持ち出して総スカン食らっていましたが、5月19日に子供らを戻したいと述べていました。

父兄からは子供をモルモットにするなとか、まだ早すぎるとか、抵抗を見せてます。

中高、カレッジと大学生はモントリオールの交通機関を利用することがあるので、9月まで閉校です。

ティーンエイジャーを含む大学生ぐらいの年代は夏にサマージョブをします。

必要不可欠な仕事に就く可能性があるのでケベック州政府にとっても都合がいいし、無理強いして開校しても6月になったら夏休みなります。

この間、不思議なのがケベック州の教師と言うのは組合の条件で仕事をしていなくても給料が100%保証されることです。

我々一般職と違い、レイオフされず、家にいても100%の給料を保証されます。

ケベック州の組合が強すぎます。


2020年4月22日水曜日

今さら手作りマスクと公共の場で着用義務になりそうって

ケベック州の国民保健局長アルーダ博士が今さら手作りマスクの着用をお勧めします。

以前はマスク着用に積極的な様子を見せなかった理由に、州民がマスクを無敵と思い、手洗いや社会的距離を取らなくなるのを懸念していたと述べました。

しかし、州民からはこれは建前で、本当は彼がマスクを推奨したら、医療従事者の分がなくなるのを恐れて白いウソをついていたと批判されます。

どうにもこうにも州のコロナ対策に咳は腕の甲を被せるなんて適格ではないと誰でも公認であっただろうと思っていた私だが、実際はそれが常識的な感覚に捉えられていました。

それでも、パンダミックが始まってから、交通機関で手で押さえず咳をする人を私は目撃していたので、本来は医療従事者以外のマスク着用は批判的な目で見られるのを恐れながら市販の使い捨て用マスクを着けていました。


カナダの感染率はケベック州が半数近く占めていて、死者も同様に半数近く占めています。

4月21日の時点:ケベック州における新型コロナウイルスの状況

陽性者数 20126人、死者数 1041人、入院者数 1224人のうち集中治療者が201人

ケベック州政府が米国にちなんで少しずつ経済活動に戻りたい様子を見せる度に批判を食らい四苦八苦している様子が見て取れます。

国民保健局長アルーダ博士が交通機関のような狭い所で社会的距離を取るのは不可能だから、マスク着用を勧めると述べ、Tシャツからどうやって作るか取説ビデオを上げるなどの姿勢を見せていました。

4月20日の時点で、カナダ国内の飛行機の中でマスク着用は義務付けですが、もしかしたら、交通機関、9月から始まるであろう学校や保育所などの3密のような場所でも義務付けになる協議をするかもしれないとほのめかしています。


今、東アジア人が常にマスクをして収束している様子を見習っている州民がけっこういます。

まだまだ、アジア系に対する偏見がありますが、ここへ来て中国の不透明感がグローバルに浮かび上がっているので、自分はあくまでも日本人であると意識をもって日々を過ごしていきたいと思います。

2020年4月18日土曜日

空の旅はマスク着用義務付けでなく治安対策も

カナダ連邦政府の指示に従って、マスクの着用は空港と機内での強制措置になるそうです。

言い方を変えると、他の人を保護するためにカナダの空の旅は医療用じゃないマスク着用義務付けられるということです。

別にマスクじゃないといけないわけじゃないですんが、医療用以外と強調していました。

アべノマスクなんか模範的なマスクですが、別に覆面カバーと言い切れるバンダナとかスカーフでもいいんです。

要はクシャミや咳をする人が手や腕で押えないから、前後と横並びの人はソーシャルディスタンスどころか飛沫のシャワーを浴びます。

ニューヨークシティからマスク着用の動きが出て、トランプ大統領が「俺は付けないけど~」って始まり、カナダ連邦政府の間で話題になって義務付けまで時間が掛かりませんでした。

ケベック州政府や有識者らなんか前向きじゃないんです。

カナダで一番感染者と死者を出しているのに、州のガイドラインで腕で押さえて咳をするなんてマインドコントロールされているからでしょう。

私は個人的にコロナが収束するまで、どこへ行っても着用義務付けしてもらいたいくらいです。



今年いっぱいはどこにいてもマスクを付けようと思っていました。

トランプ大統領の様子を見ると、中国武漢研究所ウイルス流出疑惑に関して米情報機関が徹底的に調査している様子です。


ラボで何らかの出来事が起こったかのようなニュアンスを臭わしているのでアジア系に対する厳しさが増して来るのではと懸念しています。

個人的にこれから自分の持ち物や帽子に日本国旗のバッジやワッペンでもつけようかと考えています。

よく海外旅行をしているとカナダ人は米国人に見られたくないのか、カナダ国旗のワッペンをバックパックに付けているのを見かけます。

最初から付いているバックパックを買う人もいますが、外に出ると自分のIDと異なる国籍と勘違いしてトラブルに巻き込まれるのは嫌ですからね。

個人で治安対策します。


各国でパンデミックでてんやわんやしていて、この話題(中国武漢研究所ウイルス流出疑惑)にはあまり振られていないですが、仏大統領マクロンも違和感を感じているようです。


そのうち真実が暴かれて小説のような展開になったら、世界情勢がガラリと変わりそうです。

偏見や差別から身を守ってトラブルに合わないようにしたいものです。

カナダにいるのに自分の生活が米国およびトランプ大統領に振り回されるのは運命です。

2020年4月13日月曜日

外出自粛4週目、価値観の変化に気づく


疎開のメリット

こんな曇り空を喜んでいるのは私だけだろうか。

疎開先ドルバルの窓から撮ったのですが、曇り空だと外に出る理由がなくなるだけで助かるのです。

天気が良いとドルバルからモントリオール中州の西側にある森へのアクセスが可能ですが、それすらコロナで行けなくなりました。

天候問わず木々の上をたくさんのリスらが上り下り、枝の上を右往左往する姿を見かけます。

生存力の強さを感じますが、リスらが人間が見ているのを気がつくと一斉に窓の下まで人為的な食べ物を求めて接近してきます。

ちょっと郊外に行くだけで花鳥風月や風光明媚に出会う確率が高くなります。

飲食店や歓楽街、交通機関、イベントや政府のサービスへのアクセスを考えて、ずっとプラトーに住んでいたのですが、疫病災害で役に立たないことに気づきました。

ニュースでプラトー住民からソーシャルディスタンスを保つのが難しいという街頭インタビューを見たり、そうかと言えば、3密を見つけたらポリスにメールで報告するようなホットラインがあってたまったもんじゃないです。


必要不可欠なモノに投資


猫二匹と必要不可欠な物を持ってきて、自分のアパルトマンに残っているモノは別になくても影響がないということです。

今まで無作為に消費していたのがよくわかります。

猫二匹と猫グッズ以外は最初にカナダへ来た時とお同じ量の荷物なんです。

非必要なものは断捨離して、必要不可欠なモノにお金をかけたいと思います。

ただ、残っているモノすべての中に生活インフラがあります。

家賃の契約が今年いっぱいあって、インターネット料やハイドロ・ケベックなどの電気代などは空でも払う義務があります。

レイオフになって補償はしてもらっても、私のような移民は無収入生存を考えていた方が安心材料になります。

緊急事態中に日本にいる家族に何かあったら、どこの国からも補償を受けられないリスクどころか、成田に着いたら自費で14日間は検疫しなければなりません。


新しい形態のビジネス


自宅自粛中に買い物に行っても買えない食材に出会いました。

それは小麦粉です。

カフェが閉まっているので、家でパンやお菓子を作る人が増えたのです。

カフェって癒されますからね。

ブレッドマシーンがなくても、ケベック州はどこの家庭でも大きなオーブンが付いているのでスキルがあれば問題がありません。

物置からパスタマシーンを取り出して作る人もいるでしょう。

うどんを作ろうとは思いませんでしたが、マフィンやチーズケーキは頻繁に作るようになりました。

お菓子作りに卵は必須なので、庭があればニワトリに卵を産ませようとまで考えて、無意識にひよこは一匹いくらで買えるのだろうかなど検索していました。

日の当たるスペースで野菜の水耕栽培などは出来ないだろうかなど、時間をかけて検索している自分を客観的に見て人って変わるもんだとつくづく感じます。

こっちでハーブなどは鉢植えから買って台所の出窓にポンと置いて必要な時にむし取るのは常なので難しいことではないです。

物々交換が可能なら自分が生産したものを差し出すことが出来るので、ライフハックやスキルはこれから不可欠だなと思いました。

これから在宅ワークを知られた人向けのサービスも増えるでしょうから、集合住宅に暮らしている人らは衛生管理許可証だけ揃えて仕出し弁当サービスやモバイルカフェサービスなんて出来るのではないかと思っています。

法整備さえ揃えば、学校がなくてお子さんの世話を強いられる主婦の方々とか特別な教育や資本もいらないですぐに出来るサービスです。

米国などアフリカ系アメリカ人がコロナで命を落とした要因の一つが外に出なければならない仕事についている人が多かったようです。

ケベック州の高齢者施設であまり移民の高齢者を見かけないのは経済的な理由もあるでしょうが、高齢者は家族と死ぬまで一緒に暮らすのが当たり前だからということでしょうか。

私の疎開先ドルバルで、ある高齢者施設内で感染がはびこり、シャットダウンしてから一か月内で31人の高齢者がお亡くなりました。

家庭に隔離施設と呼吸器設置の設備投資させるサービスなんかも出て来るかもしれません。

2020年4月10日金曜日

賃貸管理会社と管理人さんのトラブルに巻き込まれた

新型コロナウイルスのパンデミックがどれ程ケベコワ市民に影響を与えたかということを物語る個人的に起こったことを話します。

ケベック州がシャットダウンに入る前、賃貸管理会社から一枚の書類が届きました。

感染防止策として3つのオプションで家賃の支払いをしてほしいとのことです。

1.銀行振り込み
2.銀行自動振り落とし又はE-transfer
3.賃貸管理会社にてデビットカードで決財

普段は住み込みの管理人Cさんにパーソナルチェック(銀行小切手)を直接渡すのですが、それをやらず賃貸管理会社の担当者とメールや電話を通してやるということです。

3月25日(4月1日はケベック州では管理人さんが家賃を集めます)
どれもそれほど難しくないですが, 移動をしなくて済むのは2ですが, 個人的に銀行自動振り落としより, 多少は手数料が取られていいからE-transferにしてもらおうとメールで連絡してみました。

同日
担当者S嬢から一方的に銀行振り込みをリクエストされ, Specimen check (スぺシメン・チェック: 別名 Void check /無効小切手と言い, 小切手の前面に「VOID」と書かれた小切手か書類) を添付してほしいとのことで送りました。

銀行にある自分の口座を開くとスぺシメン・チェックなどがPDFになっているのでダウンロードが出来るので、これもメールに添付すれば簡単なことです。

E-transferが希望でしたが、パンデミック後に通常通りパーソナルチェック(銀行小切手)で決財をするという条件を付け加えました。

その後、返事がなかったので賃貸管理会社の担当者S嬢が自動引き落としの手続きをしたものと思っていました。

3月29日
管理人さんCにしばらくは郊外に疎開しているので、ドアノブに何か要件を残さないようにというメッセージと銀行引き落としの手続きは管理会社S嬢が忘れない限り自動引き落としになるから、パーソナルチェックはあなたの所に持ってこないとの旨をテキストしました。

同日
管理人さんCさんから, 完璧です, ありがとうございましたと返事が来たので後は何も考えず疎開先で引きこもり生活をしていました。

ところが、

4月3日
住み込みの管理人さんCから, テキストメッセージが来ていました。
銀行引き落としがされていなかったから、E-transferですぐに支払いしろと言っているのです。

同日
自分の口座には引き落としに十分なお金も入っているし, 実際に会社, サービス・カナダ, ケベック州政府, ハイドロ・ケベックもスぺシメン・チェックを通して決財が出来ているし, 唐突にE-transferで遅れと言われても相手の情報抜きに何も出来ませんよと返事しました。

同日
管理人さんCから, 「それって一体何?」って訊かれたので、E-transferに関して説明する羽目になりました。

こういうことって管理会社と管理人のコミュニケーションの欠如から起こるのでしょうが、管理人さんCさんが私に求めていることの仕組みがいまいちわかっていないようでした。

賃貸管理会社の担当者S嬢はユダヤ系アングロ・ケベック市民でメールは英語になるのですが、管理人さんCさんが生粋のケベコワですが、頑張って英語でテキストメッセージで送って来て私が英語で返しても混乱してしまい、最後にフランス語でテキストしてやっとわかるというのが続き、非常に厄介です。

借主が移民が増えて、彼女がそれに対応しようと必死なので私もじっと耐えてます。

恐らく、彼女はフランス語が話せない賃貸管理会社の担当者S嬢とコミュニケーションがかみ合ってないかもしれません。

同日
賃貸管理会社の担当者S嬢にもう一度スぺシメン・チェックの書類を添付して以下のコメントしました。

賃貸管理会社担当S嬢様
私の管理人が、私の家賃が銀行で引き落としされなかったようで、すぐに家賃をE-transferで送ってほしいと言っています。
あなたのエラー度忘れしませんでしたか?
このご時世なので、銀行に何日かかるか確認しましたか?
官公庁は同じスぺシメン・チェックで何も問題がありません。
トランザクションも確認しましたが、口座から差し引かれるのに十分な資金があります。
E-transferする前に確認したいと思います。
ボイドチェックのファイルをもう一度追加しました。
あなたが慎重に確認して私へ連絡ください。

それ以来、返事がなかったし、2度もスぺシメン・チェックを送ったのでいい加減分かっただろうと思いました。

ところが、

4月9日
管理人さんCから荒い口調でテキストメッセージが入ってきました。

相当、管理会社から圧力をかけられたのでしょう。

お願いだから、E-transferで家賃を払ってくれと言うことです。

即座にお断りしました。

賃貸管理会社の担当者S嬢から何の返事もないし、E-transferで払った後に銀行引き落としも有りうるから2重支払いを保護させて頂きますと返事しました。

付け加えて賃貸管理会社の担当者S嬢に電話すると言いました。

4月10日
今朝、いやお昼に起きてメールを開けると、賃貸管理会社の担当者S嬢から「遅れてすいません、手続き完了しました!」と素っ頓狂な返事がありました。

なんでこんな簡単なことが上手く行かなく管理人Cさんが私に疑念を持つのだろうかと考えたんですが、やっぱり新型コロナウイルスのシャットダウンでレイオフされた借主が家賃の支払いを渋っているせいでしょうか?

ケベック州では2人に1人(46%)の所有者、つまり大家さん及び賃貸管理会社が4月に未払いの家賃を報告しています。

4月6日までにケベック州の借主185,000世帯が家賃の支払いに遅れています。

ケベック市民は貯金しないのか貯金が出来ないのか分かりませんが、不測の事態を予測して生きていないようです。

私は不安症で日本の家族に何かあったら直ぐに正規運賃で里帰りする準備資金を用意しているし、嫌な職場に長くいるのは好きじゃないので、6か月分ぐらいの生活資金を別口に用意しています。

そんなパーソナルなことは誰もしらないし、家賃の支払いが遅れても想定内でしょう。

しかしながら、賃貸管理会社のS嬢がメールチェックを忘れたと言い訳が出来ないと思います。

いずれにしても仕事が出来ない人にあたったと思って忘れることにします。

COVID-19: un propriétaire sur deux fait état de loyers impayés en avril

MONTRÉAL | Environ 46 % des propriétaires de logements soutiennent qu'en date du 6 avril, ils n'avaient pas tous leurs loyers, indique un sondage publié vendredi.

2020年4月8日水曜日

オンラインでもカナダ緊急対応給付金の申請はトラブルが多い

カナダ緊急対応給付金(CERB)が4月6日に始まったのですが、一度にみんなが殺到されてもサービスカナダが対応できないので、誕生付きごとに振り分けられているようです。

細かい説明など各州のテレビでやっていたようですが、ジェネレーションX世代(54歳以下)以下はブーマー世代(55歳以上)のようにテレビに張り付いているわけじゃないので、ちょっと待たないでオンライン申請に飛びついてブロックされた人がけっこういるようです。

彼氏に誕生付きごとの申請をほのめかしたけど、彼は待たないで4月6日にサクサクとスマホではじめ、最終支払い日の質問に最終支払われた給料日を入力したらブロックされて連絡を要求されました。

本人によると、3月20日にレイオフされても3月26日に雇用先から給料が振り込まれたからだそうです。

サービスカナダに電話をしてもつながらず、つながっても勝手に切られてしまいます。

憶測ですが、3つの可能性があるとしたら、

1.SIN(社会保険番号)を入力すると、誕生付き以外ははじかれる。
2.最終支払い日は、勤め先からサービスカナダに提出されたROE(雇用記録)に記された 最終支払い期間/終了日と一致していないといけない。
3.AIロボットと人為サービスの処理が困難で自動的にブロックされる。

取り敢えず、同じような人がいると思うのでツイッターで確認すると、そのような人がたくさんいます。

その手のトラブルに対処しているCRAの職員が対応しているので、同じような方がいたら参照にすると良いでしょう。



オンラインから, CRAマイアカウントまたはService Canada My Service Canada MSCA) アカウントを使用して, カナダ緊急対応給付金 (CERB) に申し込むこともできるようです。

理由:迅速かつ簡単な方法で支払いをするため、カナダ緊急対応給付金 (CERB) サービスカナダとCanada Revenue Agency(CRA)によって共同で提供されるようです。

要は普通にEIベネフィットに申請しても請求は自動的にカナダ緊急対応給付金を通じて処理されます。詳細:http://ow.ly/OfOo30qvIrd

私のような移民はビザの申請や延長、或いは永住権申請などでサービスカナダの対応にジリジリ待たされるという行為を過去に強いられてきたので、このぐらいのトラブルは想定内だと思う人が多いと思います。

しかしながら、来週でも再来週でも遅れて申請しようがROE(雇用履歴)は変わらないのでちゃんとカナダ緊急対応給付金はもらえるので大丈夫です。

サービスカナダは3密なので駆け込むのはやめましょう!

2020年4月5日日曜日

ケベック州の閉鎖は5月4日まで延長

イースターホリデー
ケベック州政府が3月に発表した必要不可欠ではないビジネスの3週間の閉鎖は、当初4月13日までと予定されていました。

私もイースターホリデー開けから仕事だと会社のHRからメールが来ていたので、本当だったら今日か明日にドルバルからモントリオールの自宅へ帰る予定でした。

しかしながら、ルゴール首相によると、新型コロナウイルスとの戦いにおいて重要な段階に入っているので、ケベック州内の必要不可欠ではないビジネスの閉鎖は5月4日まで延長したと述べました。

先週の土曜日(3月20日)は感染者数が2498人、死亡者数が22人に対して、一週間後の4月5日(土曜日)付で感染者数が7944人、死亡者数が94人なので、ここはカーブを平たんにして重症化以上を仕留めなければならないのが分かります。


COVID-19: 7944 cas, le Québec sur pause jusqu'au 4 mai

Devant la propagation de la COVID-19, le gouvernement Legault a prolongé la fermeture des entreprises et commerces non essentiels pour une période de trois semaines supplémentaires.

昨日、久々に外出しました。

外出と言っても近くのマイナーな公園ですが、セント・フローレンス川の側なので天気が良いし、普段から人があんまりいない所です。

社会的距離を気にする必要もないと思いましたが、けっこう人がいました。

みんな考えることは同じなんだと思います。

午後の気温が12℃で暖かく、久々の外出で5感が研ぎ澄まされているような気もします。

脚にジ~と来る太陽、鳥のさえずり、春の香りを運んで来る風、大地からのバイブレーションなど、今までに感じたことがないものです。

大きな公園や駐車場が閉鎖され、スーパーなど一人でしか入れなくなり、日ごとに規則が厳しくなり、前後右左に人がいないか気になります。

ポリスも違反を見つけたら直ぐに罰金1000ドルを突き付けることが出来る権限を持つわけで思ったより窮屈です。

罰金を超えて、昨日は悲しいこともありました。

ウォルマートに夫婦で来て、中には二人連れで入れないと警備に言われつつ、その夫婦は腹を立てながら、外に出て言いがかりを続けていましが、結局は退散して車に乗って警備員をぶつけて立ち去りました。

最悪にも警備員さんは頭を地面に叩きつけられ、血だらけになり病院に運ばれ危篤状態です。

もちろん、殺人未遂で逮捕されましたが、普通ではありえないことを衝動的にするわけで、安易に人を信用するのが怖くなりました。

被害者さんは、まだ35歳で5人の小さなお子さんがいるそうです。

こういうご時世に外に出ることは、このように欲求不満を爆発させるような輩に出会うこともあるので、家にいることの大事さも分かりました。


COVID-19: un client "enragé" fonce en voiture sur un agent de sécurité d'un Walmart de Sherbrooke

SHERBROOKE | Un client d'un Walmart de Sherbrooke mécontent des règles de distanciation sociale imposées dans le commerce a tenté de tuer un agent de sécurité en lui fonçant dessus avec sa voiture, avant de prendre la fuite.

2020年4月4日土曜日

必要不可欠な仕事をしている低所得者への補償金

コロナ危機のために今月の20日にレイオフになって2週間が過ぎました。

カナダ連邦政府が労働者へ月額2,000ドルの援助を提供することを早々に発表したので、23日は既にインターネットで申し込んでいます。

SINナンバー(社会保険番号)があって銀行振り込みすると、そこに送ってくれますが、コロナ危機でなくても官公庁の野暮用はネットで申し込んで、決財する時はクレジットカードを使うのが普通です。

カナダ連邦政府によると、4か月間(最大16週間)は月額2,000ドル、その後にまだレイオフが続くようだったら、普通の失業保険(過去にさかのぼって14週から45週に働いた所得の55%)に切り替わります。

最初、2,3週間で戻れるだろうと思って、4か月間なんて設定は大袈裟だと思っていましたが、今となっては妥当な予測だと思いました。


4月2日 ケベック州 COVID-19 今日の状況

ケベック州カナダ
感染者数610112356
死亡者数61195

典: CBC. CA
移民してから14年が過ぎて15年目に入りましたが、この土地では引きこもってプロセスをじっと耐えて待つという経験をいくつかしていたので、私はへっちゃらですが、彼氏の方が相当堪えているようです。

今、二人以上で散歩すると、ポリスに対する悪態次第で1000ドル以上の罰金を食らいます。

人のいない所へ行こうと思っても、各人の電話番号を政府に握られているので、誰がどこにいるかトラッキングで追跡されるんで共産国にいるみたいです。

そんな中でも、このコロナ危機で特定の不可欠な仕事をしている労働者、特に低所得者には良いニュースがありました。


必要不可欠な低所得労働者へ毎月400$

ケベック州政府はこのコロナ危機の間に働いている必要不可欠なサービス要員に月額400ドルを提供するようです。

バスや地下鉄などを使い、新型コロナウイルスの感染リスクを背負って仕事に行きます。

正直言って、疾患を抱えている人やシルバーエイジに突入している人は命がけですね。

恐らく、みんながMTLに住んでいるわけでないので車で仕事に行く人もいるでしょうが、私だったら仕事を辞めてしまうかもしれません。

60万人の労働者がいるそうですが、どんな職業かというと、以下です。:

食料品店、コンビニエンスストアの店員、警備員、料理人、パン屋、配達人、家政婦など

ルゴー首相を率いるケベック州政府は医療関係者を「守護天使」と呼び、時間給などを爆上げを議論していましたが、総収入が週あたり550ドル未満の労働者へ対する補償も忘れていませんでした。

これって普通の感覚を持っていたら当たり前のことなんです。

ケベック州の最小時給が今は12.50ドルですから、フルタイムって1日7.5Hだと93.75ドルで週に468.75ドルしか稼げません。

5月から最小時給が13.10ドルになる予定ではいますが、それでも491.25 、しかもここから課税されると大して残りませんね。

なので、レイオフされてしまった方及び、海外から帰って来て14日間自己監禁を強いられている人、或いは子供や高齢者の看病で仕事が出来なくなった人の方が月額2,000ドルだから、週500ドルの援助だから、もっともらうことになるので不公平です。

そういう矛盾を是正したケベック州政府は感謝の意を表して低所得者を応援しました。

しかしながら、申請は5月19日から、5月27日から直接預金(銀行振り込み)で支払われます。

日本人の留学生が最小時給で年収を5,000ドル以上28,600ドル以下稼ぐ人は稀だと思いますが、ワーキングホリデービザでフルタイムワーカーだったら、サービス要員についている可能性もあるので、補償の対象になります。

どんな仕事でも年に5000ドル以上働いていれば、こういう事態の時に報われるので仕事を続けていて良かったと思います。

2020年4月3日金曜日

N95マスクが密輸されて高値で売られた

4月1日、安倍首相のガーゼの【マスク2枚】は強烈でしたね。

給食マスクを付けながら、エイプリルフールの寒いジョークかなと思ったけど、そうじゃなかった。

サージカルマスクもあんまり似合わないでしょう。

気になったのが、洗えば使いまわしが出来るのはいいんだけど、安倍首相が付けたり外したりすると、マスクの内側を手で汚染するから意味がないんですよ。

でも、N・Yやロサンゼルスの市長さんらは医療従事者のためにN95のようなサージカルマスクを確保したいから、市民にマフラーでもバンダナでも感染防止に巻いておいてと呼びかけたので、まんざら新品ガーゼのマスク給付は悪くないかもしれないです。



どうしても咳したらウイルスを含んだ唾液や痰とか物理的な迷惑は与えないですね。

鼻水もしたたり落ちる場合もあるから、ガーゼのマスクだったら吸収するのでいいでしょう。

出典: Le Journal de Montréal
今、N95が不足で世界中がてんやわんやしています。

トルドー首相が16トンのマスクを含めた備蓄防護品を中国がコロナの終息に近いのに送ってしまったので、オンタリオ州とケベック州が不足してしまった話は割と最近の話です。

外交上の流れで物々交換のようなものっぽかったのですが、それからマスク市場が騒々しくなってきました。

直ぐに中国へN95の生産をオーダーしたみたいですが、それも不思議なアクションで変な話だと思います。

また、FBI警察が闇市場でニューヨーカー・バルフ・フェルドハイムが192,000個のN95マスクを700%も高めに販売されていたのを仕留めて逮捕したらしいですが、そのうちの数千個はオンタリオまたはケベックから来たと考えられているそうです。

かなりの量の押収されたマスクが最初に3月25日にカナダからトラックでニューヨーク州に到着したらしいですが、この時世に姑息なビジネスをしようとする人がいるわけです。

国境当局は、N.YへのN95マスクの発送元がどこにあるかを明らかにしていないし、逮捕された犯人は、3月にニュージャージー州の2人の医療専門家に3000枚のマスクと2800枚の防護服を密輸で販売することをテキストメッセージで交渉したようです。

FBIによると、その医療専門家らは12,000ドルを支払ったらしいですが、通常の700%もする値段だったようです。

この大量のマスクはカナダに戻ることがなく、米国のN95マスク不足の医療施設へ送られるそうですが、国境当局が発送元を明かさないし医療関係者と取引しています。

しかも高値を付けて支払うなんて怪しいです。

最終的に米国が使っているわけで、発送側が誰かが分かってしまうとヤバそうなのかしら?

またトルドー首相ではないと思います。🙉

今はコロナのパンデミックです~ともみ消しされそうなニュースです。

2020年4月1日水曜日

経済的な心配ってあって外出自粛など、なってはならないもの

出典:AFP時事
ケベック州政府によると、外出自粛は今月の13日までということで、その日付けに近づいたら、仕事開始になるはずですが先がまだ見えません。

トランプ大統領の発言を聞くと、4月末日まで米国民は外出自粛を強いられるなので、国境封鎖が続くとカナダもドミノで経済的活動は完全に戻らないと予測します。

残念なことに集中治療を必要とする重症化の感染者が後を絶たないので、マンパワーと設備の確保でいっぱい、いっぱいでしょう。

感染者数死亡者
米国1744673440
カナダ8591101
ケベック州416231
(4月1日の時点)

本来なら、エイプリルフールのネタでも出て来るのだろうけど、米国もカナダも1日は家賃の支払い日で、月末辺りから管理人さんが新型コロナウイルスのために管理会社のペイメソッドを変える方針を打ち出したためにナーバスになっていました。

不必要に支払いに関して根掘り葉掘りと確認の連絡が来て変でした。

北米ではまだまだパーソナルチェックで家賃を支払いしている人が多く、私もその一人でした。

こんな慣習が日本にないので、こういうクラッシクな支払い方法がけっこう好きです。

数年前に銀行振り落としを管理会社から勧められましたが、パーソナルチェックを数年分の束を持っていたので、使わせてもらっていたのです。

口座の出入りが頻繁にある人はちゃんと引き落としされるかどうか心配になるので、パーソナルチェックを使用している人がけっこう多いです。

まあ、管理会社は管理人さんにパーソナルチェックの回収を感染対策として社会的距離を取るために住人には銀行振り落としの手続きをリクエストしました。

まあ、パンデミックの間だけは仕方ないと思い、私は条件付けをして自分のバンク情報を教えました。

しかしながら、建前上は管理人さんが回収することにはなっていますが、実際はパーソナルチェックを封筒に入れて、テープでペタっとドアに貼るので、実際には顔を見あって話すことはありません。

そんなことは管理会社も承知であるはずです。

恐らくカナダで大規模なレイオフがあったため、家賃の支払いを拒む住人が出て来るのを予測して、強制的に銀行振り落としさせようとしているのかなと思っています。

4ヶ月はレイオフされた失業者に4ヶ月間は2000ドルを出すことが決まりましたが、まだ処理されていなく、4月の1日は支払われていないので、困っている人はたくさんいると想像します。

私自身、パンデミックでなくても収入と支出のフェードイン・フェードアウトのようなギリギリの生活が好きでないので、そういう生活はしないように数か月分は仕事をしなくても家賃が払えるようにはしています。

ところが、世の中には支出や消費がメインになってしまう人も多く、レイオフをされてから仕事を失って経済的な危機に陥る人らがたくさんいます。

生活保護もケベック州ではポップに手続きして、親と同居であろうが取得して平然と暮らしている人がけっこういるのです。

生活保護を受ける場合、ちょっとでも貯蓄があると取得できないらしいです。

日本の場合、そこに至るまで社会的スティグマがあって、ちょっと後ろめたい気分になるのではと想像します。
社会的スティグマとは、一般と異なるとされる事から差別や偏見の対象として使われる属性、及びにそれに伴う負のイメージの事を指す。社会的スティグマは特定の文化、人種、ジェンダー、知能、健康、障害、社会階級、また生活様式などと関連する事が多い。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やっぱりお金の問題は精神に及ぼすので、ケベック州の新型コロナウイルスの感染対策やカナダ連邦政府の対応が早かったので、私自身も経済的不安を軽減できたので良かったと思います。

むしろ、どちらかというと、これから先はカナダの経済状況がどのようになるのか不安です。

トランプ大統領率いる、米国連邦政府も最近、2.2兆ドルの援助パッケージを発表しましたが、アメリカ人全員に約束された1,200ドルの小切手は4月の後半まで到着しないので、家賃の支払いで苦労する人がいるそうです。

大家さんや不動産会社も家賃抜きでは商売にならないだろうから、大変だけど家賃は収入の3分の1くらいは誰でも払っているでしょうが、それでも割合的に大きい金額なので足りない人はいるでしょう。

経済的な心配あって外出自粛などは、なってはならないものです。


2020年3月31日火曜日

外出自粛中に起こる精神面の身体的な変化と対処

3月20日にレイオフ、21日からずっと外出自粛中ですが、気持ちはそれほど落ちていないので自分でもびっくりしています。

どちらかというと、12月の上旬に辞職して後に関節周囲炎の治療と就職活動をしていた3か月の方が肩の痛みで気落ちしました。

仕事に見つかるまで貯えが持つだろうかの方がちょっと不安だったのか、不必要な外出や消費は避けていました。

どうしても消極的になります。



引きこもると何が起こるか

引きこもった生活で何が起こったかというと、昼と夜の逆転生活です。

私の場合、痛みで落ち込んだり、不安があると寝つきが悪くなるので眠くなるまで寝ない生活が続きました。

本来なら、定期的に運動をしている私でしたが関節周囲炎の治療中で、理学療法士から勧められた運動も限られたことしかできず、その限られた運動でもうめき声を出しながらやったものです。

新型コロナウイルスのパンデミックが理由でレイオフになろうと、自ら辞職して失業中であろうと、自宅にいることが多くなります。

レイオフになってから1週間以上引きこもると、エネルギーを持てあますのか運動不足を感じるようになりました。

仕事で意外と精神と体力を使うので、自然と眠れるのですが、自宅に引きこもると寝る時間が日に日にズレて来るのが分かるんです。

ソファでもイスでも座っていることが増えて腰痛を起こしやすくなります。

座っていることで一定の筋肉に負担をかけていることですね。

体幹部分と脊柱起立筋群が詰まりを感じているので、伸ばしたくなります。



身体的活動 おすすめ

とにかく感染リスクを避けるために外に出れないという不便な生活を逆手にとって身体的活動を増やすしかないです。

関節周囲炎の治療と就職活動をしていた失業中の時は座業をすることが多く、腰痛があったので頻繁にバランスボールを使った運動をしていました。

過去にブログに書いたこともあるのですが、腰回りもスッキリして寝落ちしやすいのです。

あいにく私の住んでいるプラトー・モンロワイヤルは新型コロナウイルスの感染が多く、ドルバルに疎開中でバランスボールがないので自重筋トレをすることにします。

普段より時間が余るので、自炊ばかりしていますが、今まで加工食品を利用して調理を手短にしていた自分がよくわかります。

スーパーに買い出しに行っても冷凍の野菜コーナーは空っぽだったので、普通に野菜を買って冷凍野菜をコツコツと手作りしていました。

外に買い物って感染リスクが高まるから新鮮な野菜を買うのを諦めた人は冷凍食品を爆買されてしまったのだろうと思います。

ふと思ったのですが、比較的に大きな冷凍庫ですが、冷凍庫の方に空きスペースがないんです。

パンパンでかろうじて蓋が閉まるという状況で、余裕があるうちに冷凍庫は買っておいた方がよさそうだと思いました。

昨日、大好きなレアチーズケーキも売れきれていて、作るしかないので250gのクリームチーズを3箱買いました。

カフェにも行けないから、マフィンの材料も買ったんですよ。

難しくありませんが、ものぐさなので作る行為から離れていましたが、今はコツコツ台所に立つことも増えて、いい運動になります。

普段あんまり念入りにしない部分の掃除とか、家具の配置移動なんか脳の前頭前野を刺激して良いと思います。

家具を移動すると、ほこりがたまっているので必然的に掃除しますね。

ソファに座ってテレビで同じことの繰り返しをするニュースを見ているとボヤ~としてくるのは良くないので、離れて家事をやったり運動をしたりする方が気持ちが落ちにくいです。


コミュニケーション

たとえ、新型コロナウイルスのパンデミックが一生は続かないだろうと思っても、経済的な落ち込みが先行き不安をもたらして精神が不安になることもあります。

そういう時は意識的に話し相手を見つけてコミュニケーションを取るのが良いでしょう。

ただの失業中と違って世界中が被害者なので、連帯意識が持てます。

電話をかけるなり、インターネットを通してパソコンやスマホで連絡をしても暇な人が多いのであゆみよってもいいんじゃないですか。

ハッキリ言って冬の就職活動は電話のプリ面接が多く、気軽に出かけたり、友人と電話でコミュニケーションを取ったりテキストするのも気兼ねしました。

社交や消費活動も減って気持ちが小さくなり、世界から取り残された気分になる一歩手前までになることもあったのですが、夜は彼氏や友人とのテキスト往来で帳消しになりました。

別の次元

どんな時でも傍らにいて平然としているペットは最強の癒しです。

犬や猫、その他のペットって世界が今どうなっているのかなんて考えていません。

いつも通りに愛情を要求して好き勝手気ままな態度でいるうちの猫らに新型コロナウイルスのパンデミックなんか関係ないので、一緒にいると普段の平常な自分に戻っています。

犬は散歩に出るので、外に人がいない状況を読めるかもしれないですが、家猫はキャット・ロジックで別の次元で生きています。

ニュースとかあんまり見ないでダラ~と空を見て昼寝してもいいじゃないですか。

Ça va bien aller!

It's going to be fine!

大丈夫だよ!

Labels

ケベック州 71 モントリオール 55 カナダ 52 新型コロナウイルス 38 モントリオール. ケベック州 20 移民生活 16 日本 12 雑感 10 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 移民 6 フランス語 5 差別 5 治安 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 パンデミック 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 2 犯罪 2 祖先 2 米国 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スピリチュアル 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 フィギュアスケート 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 事故 1 五十肩 1 交通機関 1 人種差別 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1