カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル ケベック州 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ケベック州 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年2月25日火曜日

食品衛生管理の罰則はガチで厳しい


外食 お腹壊す


衛生管理の罰則
ケベック州でよくあることですが、レストランでジュースをオーダーしても通りの小売店でジュースを買っても値段が同じか変わらないことです。

違うと言えば、前者は食事をするのでチップを10%~15%払うことですが。

グラスに氷を入れてストローを刺してもらうのでしょうがないですね。

消費者はあまり深く考えないかもしれませんが、レストランに行って製氷機を扱う従業員の衛生管理のなさを何度も目撃してしまうので食欲が失せたのが大きいです。

あれ?あの人、あそこを触って、あれを触って今度は手を洗わないで製氷機のスコップからピッチャーに氷を入れた後にそのまま氷の中にスコップをぶん投げていた!

なんて、つぶやいてしまいます。

食事も油がとにかく合わない、新鮮じゃないのが殆どで、いつもお腹を壊します。

とにかくレストランで使っている産業用オイルが合いません。

レストランって油の業者さんが5日か6日に一度来てタンクごと変えているのを見たことがあります。

できれば油を変えた直後に行きたいものだけど、いつか教えてもらうわけにいかないので、外食はますます遠のいてしまいました。

レストラン自体、どこもそんなに清潔感を管理されていることもありません。

人口も少ないので売り上げがなく疲弊しているオーナーと義務的に物を運んで来るサーバーだったら、ロボットかセルフサービスの方がよっぽどマシです。

出している料理が大雑把で再現可能過ぎ、もしくはクックパッドという料理サイトのレシピを自宅でアレンジした方がクオリティの良いものが出来るのが現状です。

焼いたものを売っているカフェがあるパン屋で熱い飲み物で軽い食事をした方が無難かもしれません。

衛生管理 罰則 罰金

最近、MTL西部にあるレストランが2018年に食品衛生管理の罰則を受けたレストランの記事が見せしめで、またメディアに上がっているのを見て、気の毒だと思いませんでした。

2018年の7月にMTL市の調査官が訪ねたのは初回ではなかった話です。

3か月前には、ネズミのふんや虫の死骸、飛んでいる虫、そして食品に対する規定の温度管理が守られていなく、3900ドルの罰金を課されていた。

その当時の報告書にそのレストランの状態の報告が述べられていて、ネズミのふんが新鮮過ぎて黒光りしていただの、ゴキブリほいほいのようなネバネバしたねずみ取りにハマったネズミが腐っていたそうです。

更に、冷蔵室のボイラーで大量のハエの死骸が落ちていて、冷蔵室の壁に沿って大量のねずみのふんが見つかったことも述べられてました。

5日間の営業停止命令と2200ドルの罰金を課せられました。

MTL市の調査官は2が月後の9月に戻って来ても改善されていなく、調理で使うステンレス台の下にあるケースや食品容器、保管されている調味料と塩袋の傍には相変わらずネズミのふんと虫の死骸があったようです。

そして、今回は2300ドルの罰金を課せられました。

このレストランのオーナーは、5か月の間に合計で8400ドル課されたのです。

ジャーナルにはレストラン名と名指しが諸に出されても、屁のカッパでこんなコメントをしています。

9月以来、全て終わりました。我々、ネズミなど見ません。我々やご近所さんに問題を起こしたのは建設工事ですよ。 ここは川の近くと言わざる言わざる負えないですしね。これですべて解決しましたよ!

何と言う言い訳でしょう!

ネズミ、ふん、虫や虫の死骸は建設工事せいで、レストランが川の側だからと的外れな言い訳を言ってます。

人は時が経てば忘れやすいので、ケベック州農水産食品省(MAPAQ)が市民のジャーナルに記事の再掲載でも投資したのでしょうか。

このレストラン、今も営業していますよ。

2020年2月22日土曜日

モントリオール、 治安の悪い地域

event_note2月 22, 2020 editBy 4pattes
毎週末、モントリオールのどこかで何かしら殺人、発砲、又は交通事故があるので一概にどこが治安の悪い地域とは断定的に言えないです。

何で銃を所持して銃撃が起こるのか良く分かりません。

夕べもウエストアイランドの方(モントリオール中州西側)で発砲がありました。

体感でヤバいなと思う場所がローカルな酒場が鬼門ですよ。

飲んでケンカして殺傷やけん銃で殺害なんて年明けて既にありました。

駅の近辺で殺害があったし、最近は女性が浮浪者に襲われて打撲して、犯人が見つからず監視カメラに写った男をSNSに載せて指名手配をしていた。

いずれも良く知っている場所で生活圏内か通り道、昼夜問わず運が悪ければ犬も当たれば棒に当たるって割合で事件に巻き込まれます。

2019年ケベック州の殺人61件で、今年2020年2月に入った時点で9件目なので、例年に変わりない割合で起こということでしょう。

Quebec Homicide Victim List 2020(出典: Statistics on Canadian Homicides)

殺される可能性があるエリア、つまりモントリオール、治安の悪い地域の地図があるんだけど、見たら参考にならないくらい私の住んでいるところはカバーされています。

交通事故含めてですが、大抵は車を運転する側に落ち度があります。

ケベック州のドライバーは荒いから気をつけましょうね。

今日の明け方も63歳ぐらいの男性がプラトーとダウンタウンの境でタクシーにはねられていました。

明日は我が身って感じです。

地図でうちから見える交差点エリアを見ると、2015年1月1日から2020年1月1日まで7人お亡くなりなった方々がいて、その交差点と反対側の交差点エリアで14人お亡くなりになっています。

いずれも原因は自動車ですが、過去数年間に何度も消防車と救急車が来たのを見たので車は絶対に信用しない方がいいでしょう。



あと、過去数年間、犯罪に焦点を当てたデータをモントリオールの警察が発表してきたので、自分の住んでいるところで何があったか見てみるのも言いでしょう。

赤く染まったペンタゴンを拡大すると薄く地図が見えて、自分の住んでいるエリアが見つかります。
私の所はプラトー・モンロワイヤルですが、割と赤いです。

路駐する車が近辺に多いので、誰かしら被害にあっているはずです。

今のところ、夏は窓を全開にしてカーテンを閉めて出ていくのですが、これだと誰が不法侵入してきてもおかしくないです。

前に真昼間に自転車泥棒を堂々とやっている人を見てビックリしました。

自転車の所持者もタイヤを外して厳重にカギで固定していたにも関わらず、盗人の方は転売する部品が目当てなので、組織的な犯罪だと思います。

スーパーで万引きを堂々とする女性やSAQで酒を盗む若い男性とか、ポリスに暴れながら、四つん這いにさせられてたりして凄い光景でした。

あんまり話したくないんですが、ルワンダ出身の同僚が白昼にアフリカへ里帰りした姉の自宅で子供の面倒を見ていた時、覆面をした男性が入って来て縄で手と足を縛られ、
襲われて、その後は職場に復帰していません。

しばらく施設に入って療養生活をしていましたが、トラウマで働けなくなり生活保護を受けています。

ジェノサイド経験者で難民としてケベック州へ来たけど、まさか民家に不法侵入した覆面男に暴力を振られるとは思わなかったのではとお気の毒です。

以上、治安の悪い地域とは一概に特定はできませんが、ローカルな酒場になるべくいないこと、駅の周辺に長くいないことです。

目につくと絡まられるます。

大抵は金銭目的で近づいて来るので、断ったり無視するのは当然ですが、下手に刺激して何かを言わないように心掛けるのが一番でしょう。

いつも同じ場所にいる浮浪者には顔を覚えられないように注意するのも大事です。

2年前、いつものように駅前で近づいた浮浪者を見ない振りしたら、「お前は俺のことをか知っているはずだ!」って私の衣服をつかんではっきり言われたので怖かったです。

メトロのセキュリティーがカメラで監視していたのですっ飛んで来たから良かったもの、暴行されたかもしれません。

だいぶ前にモントリオールの治安に触れたログがあったけど、夏季から秋にかけての雑感です。

2020年2月20日木曜日

先住民と支持者による鉄道封鎖で食べ物が消える

event_note2月 20, 2020 editBy 4pattes
昨日、冷蔵庫が空っぽだったから、近所のファルマプリ(小規模なチェーン・スーパー)へ買い出しに行ったら、商品棚がスカスカ状態の所があったのを覚えています。

平日はあんまり買い物に行かないんで、こんなもんかと深堀りしませんでした。

ところが、まさかの先住民とウェットスウェットエム族の支持者による鉄道封鎖の影響でモノがなくなっているのかとメディアを見たら思いつきました。

ジャスティン・トルドー首相が外遊に出ている後半ぐらいから、この先住民と支持者による鉄道封鎖が始まっていました。

畜産業はプロパンガスがなく鶏が寒くて死んでしまうだの、経済的ダメージをメディアに述べていたのを横流しに見ていました。

この人たち、先住民とウェットスウェットエム族は何が気に入らないのかと言うと、自分たちが主権であって、領土に新パイプラインを建設するとはけしからんとカナダ全土を走る鉄道線を封鎖して抗議デモ活動しています。

ジャスティン・トルドー首相は警察を介入して強制終了させる気もないですね。

一人占いでもして、どうしようかって迷っているんでしょうか?

ケベック市民は職を失う人、食べる物資もなくなり、イライラしながら、どうなるのか様子を見ていますが、やっぱり我慢が出来なくなったのでしょう。

ケベコワは10分も黙っていたらストレスが溜まりますからね。( ´艸`)

サウスショアのサンランベール駅近くの鉄道の遮断に腹を立てた市民がやって来て、デモ隊に向かって通路を通過するように頼みました。

本来、これは市民がやることではないですが、政府が動かないと自分たちが動かないと生活が成り立たないという実際的な問題です。

カナディアンナショナル(CN)が南部鉄道線の封鎖を終了する裁判所命令を取得しました。

ケベック首相のフランソワ・ルゴーは、木曜日の早い時期に、バリケードは差し止め命令が出されたときにサウスショアの市警察によって解体されると述べていた。

ですが、抗議者は差止命令をまだ受けていないと述べた。

一体、どうなっているんでしょうかね。

平和的解決どころか、こういう典型的なコミュニケーション不足が発生しています。

モントリオールとケベックシティ間、ビア・レイル鉄道の再開は金曜日の終りまで延期されたと発表がありました。

モントリオールとオタワ間のサービスは、土曜日に再開する予定で、ウィンザーとケベックシティの完全な回廊のサービスは、現在日曜日に再開される予定です。

このおかげで、水曜日にビア・レイルの従業員1000人は一時的に解雇になったようです。

お気の毒ですが、呪いにならないようにお願いします。

オカ・クライシスを忘れてはいけません!


犬の電気首輪とチョークチェーンは禁止ですよ!

私、知らなかったですが、2020年1月1日からモントリオールでは電気首輪チョークチェーン(スパイクの有無にかかわらず)は禁止になったんです。

電気首輪って無駄吠え防止ってことは前から知っていたんですが、獣医師が絶句するほど酷いものだと思わなかったんですね。

この変の認識が甘かったのか、知り合いに電気首輪を付けている人がいたので一言余計なお世話でも言ってやればよかったと思います。

しかし、言うまでもなく獣医師に持って行って安楽死させていました。

こういうメンタリティーなので、犬の首に電流を流してショックを与えるくらい屁のカッパだったのでしょう。

出典:paranium.com
これって人間が首に付けて実験するアホがいますが、毎日くりかえし首に電流のショックが来たら、相当のストレスですよね。

犬も人間も一緒でメンタルに打撃が来ます。

条例が出来て良かったと思います。

チョークチェーンも同じで、見た目はかっこよく見えても、犬の皮膚に与える摩擦を考えたら尋常じゃないですね。

引っ張れば引っ張るほど皮膚に食い込むだけでなく、呼吸が苦しくなるわけですから、恐ろしくなります。

 電気首輪とチョークチェーンの二つは、スイス、デンマーク、スウェーデンを含むいくつかの国で既に禁止されています。

犬って興味がある方向へ四方八方クンクンニオイを嗅ぎますね。

あれって習性だから、飼ったら思う存分させたいけど、実際のところどうなんでしょう。

飼い主さんだって、時間がない時に散歩に出ていつまでも外にいられないこともあるでしょう。

ついついむき身に引っ張っていたりして帰りを促してしまうかもしれません。

でも、そんなときはハーネスかホルターだったら、上半身ごと抱きかかえるのと一緒だから、ストレスはだいぶ軽減されると思います。

モントリオールSPCAは、体重20 kg以上の犬にはフロントクリップハーネスを使用することを強くお勧めしています。

どうしても、引っ張る力が低下するためだそうです。

このタイプのハーネスを使用すると、一緒に歩いているときに犬の動きをよりよくコントロールできるからだそうです。

猫を外に出す人もハーネスを付けていますが、あれはマストアイテムだと思います。


2020年2月19日水曜日

MTLのシェア電動スクーターのセルフサービス終了

2020年、モントリオールのシェア電動スクーターのセルフサービスは終了になりました。

あればあるで、それなりにニーズはあったと思います。

ヘルメットを着ける必要がなく、手軽に乗れて どこでも自由に停泊が出来るのが売りだったと思いますが、このタイプのセルフさービスは上手くいかなかったということです。

やっぱりとんでもない場所に置いてあることが目についたのは確かで、人が通る場所に重なって倒れていることもあって、いつかは市で議論されるだろうとは思っていました。




公共の物を大事に扱ったり、大人だから規則を守るのは暗黙の了解だろうなんて上手くいかないですね。

少しお金が掛かっても Bixi Montreal のようにキオスクステーションというプラットフォームがないといけなかったのではと誰もが思ったでしょう。

若い連中の中には飛んでもない所に置いて写真を撮り、SNSで笑いを取ろうとしていたから、本来の乗り物として楽しむべきものが、別の意味で楽しまれていたこともあり、準備不足が仇になったようです。

シェア電動スクーターはなくなっても Bixi の電子自転車とは別にシェア電動自転車は残っています。

Montreal Electric Bike and Scooter Rentals | JUMP

ちょっコストは高めでヘルメットと被るとなると、シェア電動スクーターの方が良かったような気がします。

このシェア電動自転車も市の運営ではないのでオペレーション側の管理がしっかりしていればなくなることはないと思います。

ただ、Jumpが電動スクーターを参入するのかどうかは?です。

個人で買ってしまった方が早そうな気がしますが、1年足らずで消えるって残念です。

Fini les trottinettes électriques à Montréal

Il n'y aura pas de trottinettes électriques en libre-service à Montréal en 2020, a annoncé mercredi matin le responsable de la mobilité au comité exécutif de la Ville, Éric Alan Caldwell. Un premier bilan a révélé que 80 % des trottinettes n'étaient pas garées aux endroits prévus.

Une décision niaiseuse

Montréal vient donc de bannir le plus commode, le moins dangereux et le moins encombrant des microvéhicules intra-urbains : la trottinette électrique . Une décision aussi mal avisée qu'étonnante de la part d'une administration que l'on pouvait croire immunisée contre les " paniques sociales " entourant l'innovation en mobilité.

メープルシロップ流れ、農家が焦る

先週、気温がー30℃近く落ちたと思ったら、今度は四方八方から激しいこの吹雪でした。

 吹雪きの時は気温が0℃前後なので温かいのですが、窓を開けると顔に粉を投げられたような勢いで入って来るので厄介です。

 そして、今日も気温が高めの-3℃、大粒の雪がコンコンと降り注いでいるモントリオールです。

まだまだ、天候の高低が激しく、2月のモンレアル・アン・ルミエールのイベントが終わると、もう冬も終わるなと思うのは私だけでしょうか。



3月に入ると気温は0℃を上回り、曇り空よりも日差しを見ることも増え、砂糖小屋の話題が出てきます。

今年はどこの砂糖小屋にあるレストランに行こうかなど、ケベコワの伝統行事ですが、私は最近ご無沙汰です。

今年はどこか選んで行こうかと考えています。

消費者側って何気にのん気ですが、業者側は準備で大変だと思います。

書き入れ時ですからね。

最近、気温が一挙に上がってメープルの木も反応してしまったのだろうか、シロップがチロチロ流れていることもあるようです。

メープルシロップ製造に建設に200,000ドル投資したモンテレジーのある農家が大パニックを起こしていました。

2か月前から、ベルとハイドロケベックに配電ネットワークに接続する作業の予約を入れたにも関わらず、なかなか始まらなかったのです。

ケベック州によくあることです。

企業内コミュニケーションの欠如や怠慢でしょうかね。

メープルシロップも生き物であり、シロップが流れ出すのも生理現象で人間がコントロールできません。

24時間ぶっ通しで電気を使って、発電機をディーゼルトラクターに接続するのですから、焦っているのが分かります。

手遅れだったら損失は相当なものでしょう。

相当、この農家もヤキモキしていたのでしょうか、文句の言いようがない時はメディアにチクって企業に泥を塗ってやろうとしたのかもしれません。

あるメディアが会社に裏取りの電話を入れると速攻で作業が始まって、ベルとハイドロケベックの連携プレーで、さっさと作業が完了したそうです。

何度も電話を入れた農家の男性が放置プレーされてお気の毒ですね。

まあ、何はともあれ、稼ぎまくってください。

2020年2月18日火曜日

セレブ弁護士が犬の安楽死を中断

event_note2月 18, 2020 editBy 4pattes
危険性のある犬がよく人を噛んだりしてケガをさせたニュースをよく聞きます。

私は通りで大型犬やピットビルタイプのような怖い面の犬に出くわすと除けて通るようになりました。

出来れば、口輪を付けて散歩に出てほしいなといつも思います。

今、モントリオール市は、犬が誰も噛まなかったとしても危険性があると判断されたら、安楽死を命じられます。


そこに待ったをかけるモントリオールのセレブ弁護士アン・フランス・ゴールドウォーターは、先週の金曜日2月14日、ある犬の安楽死を中断させました。




なぜかと言うと、安楽死を望むモントリオール市の決定は不合理であると考えらえているからだそうです。

何が不合理かというと、一度も噛んだことがない犬が安楽死を命じられる件です。

この件ですが、モントリオール郊外にお住いのカロラン・パリゼさんが7月に飼っている3歳半のマラミュートとボクサーとの雑種(交配犬)に対する市からの苦情を受け取った時、全ての出来事が始まったと説明しています。


苦情を引き起こした出来事の詳細は明らかにされていないが、犬の飼い主であるパリゼさんは隣人を疑いました。



この3歳半の犬は既に隣人の庭先で吠えていたからです。


数日後、査定担当官が2人家に来て、11月に飼い主の雑種犬は危険性を評価されなければなりませんでした。

その評価ですが、最初に犬が査定者の手を察知して唸り声を上げ始め、それから獣医師が犬の口輪を元に戻そうとすると、吠えて唸り声を上げ、獣医師に向かって跳ね上がったそうです。

結果は10点中8点のリスクがあるという評価でした。

飼い主のパリゼさんはこの評価に続いて、獣医会議で熱心さが足りないとみなされ、査定担当官から10点中8点の危険リスクがあると結論付けられてしまいました。

その後、市は安楽死を命じました。

パリゼさんはさんはこの要求は不合理だと述べました。

彼女はまた、危険な犬に関する地方自治体条例に反していますが、これは動物福祉安全法と矛盾していると主張しています。

裁判所がこの件を審理するまで、アン・フランス・ゴールドウォーターの事務所ミー・デイビッド・チュンは、公衆の安全を確保するために犬の飼い主に条件が課されていると説明しました。

そして、「噛んでいない犬がいる」ということ、市は誰も噛まなかったとしても安楽死を命じます。

安楽死の命令は、他の狂暴犬のようにこのパリゼさんの犬が生物に噛みついた可能性のみ由来するものなので、安楽死を望むという市の決定は不合理であると考えられています。

したがって、弁護士事務所側はこの決定に挑戦するとメディアに言いました。

弁護士アン・フランス・ゴールドウォーターは、モントリオールの街に動物管理手順をすぐに見直すよう呼びかけます。
テレビを観るケベック市民なら誰でも知っているこの女性は カナダの家族法の訴訟裁判での弁護で知られているカナダの弁護士です。

テレビ番組L'Arbitre Vを含むメディアへの出演でも知られています。

日本版の関西テレビ番組「快傑えみちゃんねる」で放送されているトークバラエティ番組で、上沼恵美子のような存在でしょうか。

大阪出身の友人と彼女の話題が出ると、上沼恵美子には絶対に口で勝てないと言っていました。( ´艸`)

同じく、ケベコワにこの女性弁護士の名前を出すと、口では絶対に勝てないと言ってました。( ´艸`)

付け加えて、彼女は犬が好きだそうです。

2020年2月17日月曜日

ケベック・ウィンター・カーニバル 2020

event_note2月 17, 2020 editBy 4pattes

2月7日から16日までケベック・シティで行われた「ケベック・ウィンター・カーニバル 2002」の最終日に行ってきました。

ケベック州に14年いて、ケベック・シティには何度も訪ねているのにこのイベントに来たのは初めてです。

モントリオールに比べて雰囲気がぐっと変わるのは夏と違い、観光客の少なさ、移民が見られないせいか、別の国来たように思わされます。

どこからもコッテコッテのケベック・フレンチが飛び交い、一晩歩き回って英語を聞いたのは国民的マスコットのボノムの着ぐるみの中に入った男性からだけでした。

ケベック市民だったら、誰でも知っている国民的マスコットのボノムですが、日本のゆるキャラというより、招き猫に近い存在じゃないですかね?

一緒に撮影するだけで一人20$謝礼は普通で、それを高いと思わないケべコアの気持ちは写真撮影するための長蛇を見れば一目瞭然です。
名:ボノム
名前:カーニバル
誕生年:1954
出身地:ケベック
高さ:7フィート
重量:400ポンドの圧縮雪


駐車場が見つからない問題と、見つかっても駐車代がどこでも倍増するケースがあるので、19時のパレードに合わせて彼氏の実家から会場近くまでローカルバスで行きました。


アクロバット、サーカスアーティスト、音楽グループ、ダンスグループ、音響効果、照明、火工品...等、ユニークなショーなど、地元のアーティストの群衆がボノムカーニバルの周りに集まり、大通りの間のグランデアレーで色、音楽、動きを散歩します。


雪国のイベントにありそうな氷の建物や彫刻のようなオブジェクトなど展示されていて、パレード見た後は気分転換になります。


氷のバーなど野外にありましたが、屋内バーも設置してあります。

小さい丸太小屋などでお土産屋さんなどもあり、地元ファン向けの商品とかありました。



もう一回行きたいかと言われたら、「はい」です。

一日だけじゃなく連日でいろいろなイベントを見てみたいです。

La magie opère à nouveau

Pour une deuxième fois en une semaine, Bonhomme et sa flamboyante suite en ont mis plein les yeux aux carnavaleux réunis en Haute-Ville pour la tenue du second défilé du Carnaval de Québec, samedi soir. Ils étaient des dizaines de milliers à s'être massés aux abords de la Grande Allée pour acclamer les chars allégoriques éclectiques de ce format revampé du traditionnel défilé.

ケベック・ウィンター・カーニバル2020 公式サイト

Carnaval of Quebec | Homepage

Hydro-Quebec Parade route Hydro-Quebec Parade route Sapporo Électro Frette Sapporo Électro Frette The party fires off at Sapporo Electro frette! Dance to the electrifying rhythms of female DJs hailing from all over the world! An exciting atmosphere you won't soon forget awaits you at our meeting place in the middle of rue Jacques-Parizeau!

2020年2月14日金曜日

フランス語憲章とは言葉の暴力は含まないはず

モントリオールの交通機関はSTMと言いますが、ケベック・シティではRTCと言います。

車に所有しない人はケベック・シティにはメトロ路線がない分、バスの路線に頼ることが多くなります。

2004年と2005年に訪ねた際、東京の交通機関を舐めまわすように利用していた私でもこのバス路線に慣れるまで3日掛かりました。

当時、フランス語に慣れていない私がバスの運転手に与えたストレスは相当なものでしょう。

私もぶっきらぼうで嫌な感じのバスの運転手にイライラしましたが、英語の苦手な運転手だったので、文句も言いたくなりましたが自制したのを覚えています。

世の中には、ムカっと来たら速攻で切れる人らがけっこういます。

2019年に10月11日にケベック・シティのバスがデュベルジェ・レ・サウルス地区のアルジェ通り近くのペール・ルリエーブル大通りを走行中、バスの運転手が若い20代ぐらいの女性から罵られながら、ファーストフードで叩きつけられました。

ことの発端はバスの運転手が前方から降りないで後方から降りてと指示したのに対して、この若い女性が腹を立てたのです。

この女性は更に後方のドアを開けようとしたが、一回目に上手くいかなかったのでしょうか、罵りながら腹を立てて足でドアのガラスをぶち抜いて割れて空いたガラスのドアからさっさと降りていきました。

それから指名手配して、特定されてから呼び出されています。

その様子は下から閲覧できます。


暴力は論外で極まりなく許せない行為ですが、言葉の暴力も相当なものです。

バスのドライバーは後方から降りてくれと言っただけなのに、即ムカついて言葉の暴力、即ち汚い言葉(Tabarnac / タバルナック)そして、(Câliss / カリス) と連発して運転手を罵りました。

この二つの言葉は英語にあたるとすればF●●Kにあたる強いものです。

ケベック・シティとモントリオールでは、これら(まだ他にある)のフランス語よる言葉の暴力は法律違反です。

なので、大多数の人がその言語を話す場所で言葉の暴力は行ってはいけない行為なので気を付ける必要があります。

例えば、モントリオールで車を操作する人が他者に向かって言葉の暴力を発するのは違法です。

だからといって、別の言語で汚い言葉を使って言葉の暴力をしても違法なので裏を取られた場合、どうなるか定かです。

使い方も自分に向けて言うなら別ですが、他者に対しては厳禁ですから、誰かがそのようなことを言い出したら、よく傾聴して見極める必要もあるでしょう。

フランス語憲章の目的がフランス語の質を良くするためなので、言葉の暴力でフランス語自体を汚すのは違法扱いになりかねないので気を付けなければなりません。

言葉の暴力はフランス語憲章に含まれませんので、もし仮に汚い言葉で罵られたら、フランス語で説明しろと頼んでください。

デジタルレコーディングは忘れずに!



2020年2月13日木曜日

フランス語しか話せないケベコワを差別するなと騒ぐPQ

パルティ・ケベック(PQ)のリーダー、パスカル・ベルべが変なことを言っていました。

雇用主がケベックの従業員に英語を話すスキルを求めるのは失礼だと言います。

フランス語だけで働いているケベコワは差別されているから、そうされないようにしないといけないと記者団に話しました。

フランス語憲章は今、雇用主が仕事に不可欠でない限りフランス語ではない別の言語の使用を要求することを禁止だそうですが、そんなの調べようがないです。

それでなくても雇用主は労働力不足に直面していて、フランス語が話せない移民がいなくなったらビジネスができません。

大体、今時ケベック州のどの職場にも移民がいるし、フランス語だけしか話せない人って足でまといです。

1つの部署内にフランス語しか話さないケベコワとフランス語が話せない移民や外国人と仕事が成り立たないので、バイリンガルかそれ以上の人を投入するのだが、人材不足で繁忙期にそんな采配をやっていられないのが現状です。

実際、そういう環境にいて自分の仕事は手付かずケベコワとケベック州に来て間もない移民の間を行ったり来たりしたことがあって、これは悪夢です。

移民は自分がフランス語が話さないという自覚が出来ていているが、ケベコワの前で英語だけでコミュニケーションを取られて分からないといイライラして怒り出す人がいます。

なぜなら、フランス語憲章とは、フランス語しか話さないケベコワがフランス語を話さない人に「フランス語で話してください?」と言うことは出来ても、フランス語を話さない人がフランス語しか話さないケベコワに「他の言語を話してください!」とは言えないからです。

実際、職場内でシーソーのように英仏スイッチしているのが現状で、パルティ・ケベックが言っていることは現実的ではないです。

英語話者や英語で高等教育を受けた移民はよっぽどフランス語が不可欠なポジションでない限り、無駄な努力にエネルギーを注ぎません。

移民はケベック州に来たら、プログラムを利用するだけ利用して他州へ逃げます。

フランソワ・ルゴー首相は、この提案を検討するとは言いつつも、彼もかつては企業家で多国籍な従業員のいた現場を見ていたはずだから、極端な決断をしないように願いたいものです。

いつまでもフランス語憲章に固執して言語ポリスにシバキあげら続ければ、ケベック州の経済は後退間違いないでしょう。

フランス語憲章は象徴でいいと思います。

それか、モントリオールだけ特別経済区域にしてスーパー・バイリンガル・シティーにすれば、物事がスムーズになり、バイリンガルのケベック市民に雇用創出の幅が出てやる気が出るでしょう。

優秀なアングロフォンの企業と従業員が世界中から来て、たくさん税金を納めてくれるのにと思います。

5G、6Gと物事がスピーディーに処理する中、いちいちフランス語を翻訳して市場に持ち出すのはナンセンスだと思います。

Parti Québécois wants to toughen up law governing language in the workplace

Parti Québécois (PQ) interim leader Pascal Bérubé says too many employers are asking prospective employees to know English in order to be hired. At the National Assembly on Wednesday, Bérubé asked the government to open up Bill 101 and amend it in order to "fix this hole."

2020年2月10日月曜日

向こう見ずな遊びも程々に

週末にかけてどっと雪が降ったから、今週末はウィンターアクティヴィティを楽しむケベコワがたくさんいました。

今週、私はそういうところへ出ていったわけじゃないですよ。

プラトー内、しかも普通の自転車道路上に向こう見ずなクロスカントーをやっている人やっている人がいます。


小さい子供用のソリというか、雪山用のスノーボートって言うんですか、親の自転車に括り付けて通り過ぎていったので、びっくりしました。

これ只のプラスティック製だと思うのですが、あんまり安定したものじゃありません。

子供が安定性を欠いて、ひっくり返って頭の打ちどころが悪かったら大変です。

他にも2人ぐらいのマダムが同じようにびっくりして何か言いたそうでした。

まあ、こういう向こう見ずな遊びを楽しむ人が多いんですよ。

最近、ある女性が向こう見ずな遊びをしている動画がメディアにあげられ賑わいました。


Video catches bus surfer sliding through icy Montreal street

MONTREAL -- A post to social media went viral Saturday showing a person lying on her back on the street being dragged by a Montreal bus in the middle of the day after a major snowstorm.
まだ、若い女性だと思いますが、バスの後方のへりにつかまって氷の上をズルズルとスライディングして楽しんでいます。

彼女は動画の取れ高を狙ったんでしょうね。

路面も市の除雪員が平らに整えていることは確かですが、背高い車から落ちた硬い石のようなスノーイーグルにあたったら、けっこう背中とか切る恐れがあると思うんです。

彼女は他にもいろいろなことしているようで、これは持っている素養と言うか、向こう見ずな遊びを好む遺伝子を持っているのかもしれません。

もしかしたら、スタントマンかもしれないですが、あれも滅多に仕事がないでしょうから、暇なときはこういう向こう見ずな遊びをして動画の取れ高でも撮っているのかと思いました。

誰か撮っている相手がいるわけですが、モントリオール市政府は容赦なく罰金を取ります。

1000ドルから3000ドル、もしくはそれ以上じゃないですか。

つい最近でしたが、大雪が降る前は殆ど雪がなく気温お穏やかな時にラック・サン・ジャン湖でフランス人の観光客5人がスノーモービルをやっていました。

ガイドには湖面の危ういところは避けるように言われてるのに、あれってスピードが出るとコントロール不能になるんでしょうか。

注意なんかどこの風だったと思いますが、氷の湖に全員落ちてしまいました。

ケベック州のガイドさんが帰って来ない連中を心配して探しに行ったら、やっぱり魔が差したんでしょうか、落ちてしまい病院へ輸送されましたがお亡くなりになりました。

一人だけ見つかって九死に一生を得たみたいですが、他の連中は見つからず捜査が難航し、確か2人は帰らぬ人となって見つかり、あとの二人はまだ見つかってないようです。

ケベック州はスノーモービルをやる場所がけっこう整っていて、観光アトラクションの目玉です。

スノーモービル連盟よると、年間30億カナダドルを生み出し、それ同時に14000人以上の雇用を創出するので、至れ尽くせりの場所でフランスのみならず各国からスピード狂を楽しむ輩が多いのです。

興味がある人はガイドラインをよく守って遊べば冬場のバカンスを取る人には最高の思い出になると思います。

興味ある人は下記のサイトをご覧になるといいです。

Fédération des clubs de motoneigistes du Québec

FCMQ - Quebec Federation of Snowmobile Clubs - Home :: Fédération des clubs de motoneigistes du Québec We use cookies to personalize content and ads, to provide social media features and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners.
羽目を外すのはけっこうですが、何事にも向こうずみな遊びも程々にして冬場のアクティヴィティーを楽しんでいただきたいですね。

2020年2月8日土曜日

ケベック州法案21の攻撃に公的資金を提供する謎

水曜、木曜と金曜日はケベック価値感テストの主役級のお題目とも言える法案21をめぐる壮絶バトルが EMSBケベック政府の間にありました。

EMSB:イングリッシュ・モントリオール教育委員会 (ケベック州の英語公教育委員会)
ケベック政府: ケベック州政府・フランソワ・ルゴー首相
フランソワ・ルゴー首相は記者団に向かって怒りを露わに出したんです。

何十万の署名運動より、トルドー首相に対して文句はこのオッサンにズバズバ言わせた方が早いかもしれないです。

何が気に入らないのかと言うと、EMSB は裁判所でケベック州の法案21に異議申し立てをするために連邦プログラムから125,000ドルの公的資金を取得すると伝えられたのです。

法案21:世俗主義法、ケベックは世俗的な社会なので中立的な立場いることを実現するために、権威的な職業についている公務員に宗教的なシンボルを身に着けることを禁じる。 
連邦資金:連邦のプログラムに対して連邦財源から提供される公的資金。 
連邦プログラムカナダの法廷挑戦プログラム(CPP)オタワ大学が運営する独立した非営利団体です。人権または国に重要な言語関連の事件を裁判所に持ち込むグループに財政的支援を提供、基金はオタワ大学によって独立して管理


ルゴー首相は尚、連邦はケベコワを侮辱していると言います。

何でかと言うと、ケベコワの大多数によって支持されている宗教的兆候を禁止するこの法律に対する控訴に資金を提供することだからと強調します。

トルドー首相に面等向かって抗議しているのではなく記者団にさらして電波攻撃して、連邦の様子もメディアを通して反応待ちです。

一方、連邦側はこのプログラムは独立して運営されており、委員会はその決定を公表していないため、情報を確認できないと述べ、業務に干渉するつもりはないとの見解です。

さらりとかわして逃げる連邦が笑えます。

ルゴー首相はトルドー首相の手の内側が分かっているんでしょう。

続けて、トルドー首相は独立したプログラムの背後に隠れてはなりません!!!ってメディアに受けて声を荒げました。

画面に向かってジュスタン!ってわめいてました。

ケベック州ではジャスティンじゃなくてジュスタンです。

いきなりカッペくさい響きになりますね。

しっかりとトルドー首相の耳に届くのは当たり前でしょう。

もしかしたら、何くわぬ顔をしてEMSBに資金を提供して思想の違うウザいCAQ(ケベック未来連合)を葬りたいのかもしれません。

誰かれ構わずドシドシ難民を入れて外野に丸投げするジュスタン、出来るなら移民と言う異物は入れたくないルゴー首相、相容れませんね。

どっちかというと、連邦っていい意味でフェアで悪い意味でロボット処理的なところがあるような気がします。

ちょっと前にケベック州にいた優秀なエリート学生がビザのステイタスが切れて連邦からカナダを追い出されたのは最近のことです。

ケベック州の政界や経済界はえこひいきと差別が蔓延して付加価値を見出す人材にチートしてもいいと言うネポティズム感があります。

話がそれました!

ところで、ルゴー首相が抗議する前にEMSB の組織は連邦政府から受け取る予定の資金を放棄すると広報担当者のマイケル・コーエン述べました。

コーエンってユダヤ系の苗字ですね。

これだけルゴー首相が大事に扱ってわめき散らしたので、政治情勢を踏まえると資金を受け取るのは利益にならないとのことで資金提供は諦めたのです。

しかしながら、広報担当者のマイケル・コーエン自身、公的資金を使う使わない以前に既に使っていた事実を知っていたのかどうかは定かです。

2018-2019学年度中に116,000ドル以上の訴訟費用が費やされまして、2019年7月から12月にかけて、法案21に対抗する取り組みにおいて、EMSBによって追加の257,000ドルが増加していたことは木曜日の時点で何も触れていなかったのです。

訴訟ですが、法案21はすでに、イスラム教徒の国民組織、市民の自由団体、ヒジャブを着ている大学生によって法廷で異議を申し立てられています。

広報担当者のマイケル・コーエンは資金提供はなくても法案21に対する異議申し立て裁判はするつもりだと言っていたので、やりくりするのかジュスタン背後指導霊の手助けでもあるかもしれないですね!

ルゴー首相は更にトルドー首相にクギを刺すかのようなコメントを発信します。

連邦資金が「ケベコワの大多数の意志」を表す正当に可決された法律と戦うことは「容認できない」と述べ、更に法案21に対する訴訟は「他の訴訟とは異なる」と述べました。

最後のとどめに「財政的に少数派のグループを保護し、支援することに同意します」と、ルゴーは記者団に語りました。

これからEMSB の組織大して根も葉も出ないように根絶しようと試みると思います。

弾圧ですかね、言い過ぎかもしれません。

これからケベック州に移民しようとする人に対して、このケベック州の価値感と言語圧力に対して、ルゴー政権下では徹底的に施行されると覚悟してください。
確かに英語圏に囲まれた州なので歴史上、外国語や宗教に脅かされる気持ちは分かりますけどね。

これだけ多国籍だらけで構成されていると、中立に判断する軸が必要になるのが理解できます。

特に権威的な職業についている人は宗教的なシンボルを身に着けていると良くないという考え方はよく議論されたと思います。


2020年2月7日金曜日

ある元4Dエンジニア男の早期退職後の暮らし

event_note2月 07, 2020 editBy 4pattes
昨日からずっと雪が降っています。

一晩中、除雪車が何台も行ったり来たりしてました。

昔はうるさくてイライラしましたが、最近はあのリズミカルなゴー・バックを繰り返す音で眠くなるんですから、不思議ですね。

ケベック州の教育機関、全2000校が閉校で、みんな喜んでいると思います。

除雪車と言えば、早期退職した元4Dエンジニア男を思い出しました。

以前、3年ほど通っていたクラブ・バドの仲間ですが、彼の道楽でやっている写真スタジオの整理整頓を数週間、彼のアシスト女性がフランスへ里帰りしている間に頼まれました。

新品のコンドミニアムに結構な設備投資をして、しかも道楽でモデル女性を雇い、アート系の写真制作をしているのです。

非常に天井の高い新品のコンドミニアムは現金一括払いで買ったとのことです。

月に10日間ほど、海外に出て軍用機の写真を別の軍用機に乗り撮っているらしく、この趣味も相当なコストがかかるはずです。

工事現場用のトラックを何台が所有していて、夏に工事現場へ、冬は除雪車現場へとレンタルしているそうです。

いつ仕事をしているのかと聞くと、もう退職したと言い、仕事をしなくても収入減の柱が何本かあるので、敢えてする必要もないと言い、私はキョトンとしてしまいました。

退職前は何をやっていたのかと訊くと、アメリカのアップル社で4Dエンジニアをやっていたと言い、フレームに入っているスティーヴン・ジョブスの直筆入りリファレンスを指しました。

そう言えば、彼はもうお亡くなりになってこの世にいません。

彼の横をいつもウロウロしていたと言っていました。

50代に入る前に早期退職したそうです。

それにしても、この元4Dエンジニア男自体、自己主張するタイプじゃなく気が弱そうに見えたので、あの変わり者のジョブスとよく仕事ができたなと感心します。

アップル株を持っているし、お金の心配はないのに何で嫁さんをもらわないのかと厚かましくも訊いてみると、Aセクシャルで恋愛感情そのものがないそうです。

ああ、なんか納得しました。

スタジオに来るのは殆どぜ~んぶ女性で撮影の殆どが裸体中心です。

被写体がただのオブジェクトのような感覚で接しているから不思議に思いました。

女性の私でも引くほどのポーズをとるのに元4Dエンジニア男は何にも感じないんですから、彼の性的志向に納得します。

こうやって朝から晩まで趣味道楽で生きている人をみると、早期退職後の暮らしも悪くないなと思いました。

人を雇っても趣味・道楽をする発想はなかったです。

2020年2月6日木曜日

デジャルダン銀行のカスタマーサービスが意味不明

商業クレジットカードやデジャルダン銀行のデビットカードなどが入った財布を失くしたのが先週の1月27日、再発行手続きして、ようやく新しいカードが揃ったところまでは完璧でした。

心配材料だった、デジャルダングループの猫保険のクレジットカード引き落とし日が28日だったのです。

全クレジットカードが停止するため、慌ててデジャルダン銀行小切手のパーソナル番号を参照に、デジャルダン銀行アカウントから支払いできるよう設定したのは27日のことです。

自動引き落としが上手くいかない場合の対処

この二日間、猫の保険会社からロボットメールが冷たい悲報メールをくれます。 ありがたいんだけど、役に立っていないので、私が取った対処は カスタマーサービス係と電話でコミュニケーションを取る ことでした。 電話連絡は古典的ですが、やり取りはカスタマーサービス側に肉声が自動録音されています。 放置しているわけでなく、積極的に問い合わせしている限り、勝手にブラックリスト扱いにされることはないでしょう。

1月 27日、テンポラリーのデジャルダンデビットカードを発行してもらう。

1月31日、正式と思われるデジャルダン新デビットカードが到着。

2月2日、買い物をしたお店の子機からデジャルダン新デビットカードのアクティベーションを試みるが出来なかった。原因不明。

2月5日、朝にデジャルダン銀行の新クレジットカードと商業系新クレジットカードが到着。

メールを見ると、同じデジャルダン銀行グループの猫保険会社から、デジャルダン銀行の口座振り落としがされていないとの連絡でした。

私が念入りにミスなく入力して手続きしたかを詳細に説明したメールを送って2,3日経ってからこのざまです。

コールセンターって毎回カスタマーサービス係が違うので、一から説明するのが面倒くさいです。

デジャルダン銀行口座の引き落とし手続きに相次ぐトラブルに疲れたので、支払い手続きを商業クレジットカードでやることを決めました。

商業クレジットカードは何も問題なくアクティベーション(AI)これは上手くいきました。

デジャルダン銀行新デビットカードのアクティベーションがダメなら、デジャルダン銀行の新クレジットカードはどうかというと、アクティベーション(AI)できませんでした。

デジャルダン銀行のカスタマーサービスへ行き人的手続きでアクティベーションがやっと出来たので、ついでに小切手が不足したので、その場でオーダーして自宅に送ってくれと頼みました。

買い物したらFongoから留守電が入り、小切手は違う支店で買えないから、銀行口座を開いた支店で買ってくれとのことです!?

その留守電を聴いた途端、大笑いしてしまいました。

実は小切手ってオンラインの口座からボタンを一つ押せば郵送してくれるのです。

カスタマーサービスなら、その辺は熟知しているはずですが、変だなと違和感を感じました。

私が知っていて、カスタマーサービス係の彼が知らないのは変な話です。

去年、顧客データが流れて、世間が大騒ぎしましたが、セキュリティーの強化、AIの投資、大掛かりな人員整理と削減の爪あとでしょうか?

サービス全体が意味不明です。

2020年2月3日月曜日

電話キャリアの音声通話はもう要らない

モントリオールで知り合いが増えて、テキストなどは頻繁にしますが、電話キャリアの音声通話は殆どしません。
履歴を見ると、殆どゼロ使用でお金を水に流しているような感じです。 

なぜなら、自宅にいる時はどこにでもあるインターネットがあるからです。
パソコンで動画を見たり、音楽を聴いたりする時はVoIPによる音声通が出来るはワイヤレスのヘッドフォンをつけています。

家にいる時ってスマホでテキスト打つのが面倒くさいので、パソコンのキーボードで打つのが殆どです。

家事や別の作業を止めて、わざわざヘッドフォンを外して電話キャリアの音声通話を使うとは思えません。

外出先もモントリオールはカフェやフードコート、図書館など、Wi-Hiがはびこっているんですよ。

私の場合、知り合いの殆どが電話キャリアの方に連絡が届かないことを知っているので、VoIPの方にテキストを送って来るのが殆どなんです。

例えば、VoIPと言っても、誰でも知っているLINE、これってこっちで知り合った日本人とコミュニケーションを取るのに一番いいですね。

何らかの理由で日本に帰国してカナダの電話キャリアの番号なんて無くなっちゃうから意味ないじゃないですか?

日本の官公庁や企業やネットやスマホを使わないお年寄りの方(親族関係)などは楽天モバイルの SMARTalk を使います。

日本国外から電話をかけても市内通話料金だし、同じアプリを使っている人とはラインと同じで無料ですから。

日本の電話番号が持てるし、月額使用料もなく、必要な時にクレジットカードで決財って悪くないじゃないですか。

頻繁にテキストのやり取りするのに TextNowを使い、電話キャリアと同様な扱いにはFongo を使います。

TextNow はインストール不要でWebサイトでログインしてどの機種の人ともメールのやり取りを無料です

スマホに TextNowのアプリもインストールしていますが、殆どデスクトップ上で使用しています。

カナダ居住者に限るのですが、Fongo に登録すると、カナダの市内電話番号がもらえて、電話の送受信、転送、留守電など無制限で無料です。

ただ、Wi-hi のあるところじゃないと使えない点がありますが、最近は VoLTE (LET上 )で音声の送受信ができるようになって、Simカードを入れると、2GBだと、月額 19.95 ドル、5GBだと、月額 34.95 ドルで 使えるようになりました。

テキストのオプションが独特で、Fongo同士だと無料ですが、Fongo以外ですと有料になります。

無料と言っても安いですよ。

無制限のカナダのテキストメッセージ(SMS)
2.79ドル– 1か月
5.49ドル– 3か月
9.99ドル– 6か月
無制限のグローバルテキストメッセージ(SMS)
3.99ドル– 1か月
8.49ドル – 3か月
14.99ドル– 6か月

私は カナダの大手電話キャリアあるTelusのプリペイ電話は毎月自動引き落としで10ドル+税金と Fongoを組み合わせて使ってました。

機種は無料だからと2年契約で毎月60ドルや70ドルとか払いたくないですね。

それだったら、自宅のインターネットをアップグレードして早いのを選びます。

Fongoは転送も出来るし、一時受信を常時留守電にしておけば、伝言がMP3ファイルになってメールを通してスマホに来ます。

ケベック政府やハイドロ・ケベックからは殆どフランス語でメッセージが入るので、フランス語に慣れない頃は繰り返して何度も聞いたり、ケべコワにMP3ファイルを転送して何を言っているのか訊くことも出来ました。

でも、VoIPよりカナダ電話キャリア派の人もいますよね。インド、南米、アフリカ、アラブ諸国の人らって電話の音声通話とかメチャクチャ好きですからね。

なんだか面倒くさそうという方もいらっしゃると思います。

まあ、そんな方は無理してVoIP電話を使わなくてもいいと思います。

でもですね、これから5G、6Gとかネット環境が整って来たら、それに伴ったアプリが出回て、カナダ大手電話キャリアの不要な高額プランが無駄だと思うこともあると思ったのでお伝えしました。

私自身、使わない電話キャリアの音声通話はいらないです。

2020年2月1日土曜日

自動引き落としが上手くいかない場合の対処

この二日間、猫の保険会社からロボットメールが冷たい悲報メールをくれます。

ありがたいんだけど、役に立っていないので、私が取った対処はカスタマーサービス係と電話でコミュニケーションを取ることでした。

電話連絡は古典的ですが、やり取りはカスタマーサービス側に肉声が自動録音されています。

放置しているわけでなく、積極的に問い合わせしている限り、勝手にブラックリスト扱いにされることはないでしょう。

さて、26日に財布を落としてから、カード再発行手続きをして弊害が出るばかりです。

それが、→( AIで銀行も無人化、でもまだまだ )の結果になってしまったので、新たにオンライン上で銀行自動引き落とし手続きをしました。

まだ、再発行したクレジットカード待ちなので、猫の保険代は銀行の自動引き落としの手続きしかありません。

セキュリティー上、クレジット番号自体変えると、こういう弊害が来ます。


人為的なミスなのか、システム上の誤差なのかよくわかりません。

猫の保険は銀行と同じグループ会社の保険会社によると、銀行への自動引き落とし手続きは2,3営業日はかかるかもしれないと言っていました。

それが弊害を起こしてこともあるので、わかり次第カスタマー係が私に連絡を入れてくれるのことです。

とりあえず、一難去った気分ですが、古典的な銀行小切手の用語とオンラインで銀行自動支払い手続きする際の用語はフォーム上で別の言語のような変化するので、戸惑いました。

取り合えず、私のミスでも構わないが、ユーザーの視点てフォームと小切手の用語誤差を改善してもらいたいので、スクリーン上で画像をキャプチャーして、どのように複雑なのかを提案メールしました。

いろいろなテクノロジーを施しても便利どころか弊害が生じるのでは本末転倒です。





2020年1月31日金曜日

AIで銀行も無人化、でもまだまだ

さっき、AIロボットから、猫二匹のうち、一匹だけの保険代が自動引き落としされなかったってメールが来ました。

やれやれと思いペット保険会社のサイトを見ると、財布を落としたその日に決財方法をクレジットから銀行に変えたら、なぜか上手く落ちていなかったのです。

しかも、インターネットは一匹だけじゃなくて二匹でした。

どっちかはっきりしないのに決財しろとは何事かといいつつ、小切手の情報用語とネットのペイメソッドフォームに入力する用語が旧から新に代わって複雑化したためにミスをしたのです。

私の取引先銀行と同じグループ会社の保険会社だから、こんな緊急を要する支払いなら、銀行のオンラインから送れると思っても、システムの更新が追い付いていなく、火災ローンだのメディカルローンの項目はあっても、ペットの項目はありませんでした。

AIロボットの方は銀行に来て小切手で支払てもOKなど、トンチンカンなことを言っていました。

しかも、このAIロボットが、今日中に支払わないと保険は無効になるとか啖呵切っているし、まったく相手にしたくないガラクタに見えてきた。

AIロボットチャットのクライアントサービスも途中で中断して電話を掛けたことがあります。

AIロボットって確かに賢いけど、からかうと面白いです。

下のリンク先のロボットをいじめることもしばしあります。

ちょろっとフランス語を入れると慌ててフランス語で対応するけど、英語に逃げるところが人間っぽくてかわいいです。

日本語を混ぜてもいいかもしれません。

妙に私の取引先の銀行ATMとサービスセンターを探すのに最近は苦労するなと思ったら、無人化がはじまっていました。



Plus de 260 guichets et 86 centres de services éliminés l'an dernier

Desjardins poursuit sa cure d'amaigrissement. Depuis 2015, la coopérative a amputé de 21,5 % son parc de guichets et fermé 22 % de ses centres de services. Uniquement en 2019, 268 appareils et 86 comptoirs ont disparu, soit l'une des plus importantes restructurations en 10 ans.

サービスセンター(ケベック州及びオンタリオ州)

2019年:872
2018年:958
2017年:1010
2016年:1067
2015年:1122

ATM(ケベック州及びオンタリオ州)

2019年:1689
2018年:1957
2017年:2049
2016年:2097
2015年:2152

確かにインターネットがあれば、野暮用は簡単に片付くし、全てスマホかカードで決財するのが主流のケベック州で現金を使う機会がないです。

最後にお金を引き落とした日は覚えていません。

若い時の薄くても札束の、あの感触が懐かしい。


2020年1月30日木曜日

財布を無くして戻って来たが...

月曜日の午後にダウンタウンのお店で決財しようとしたら、財布がないことに気がついた。

しょうがないから、お店を出て自宅に戻りました。

よく考えてみてら、どうも日曜日の夜に近所のガソリンスタンド兼デパナー(ケベック州のコンビニ)でコーヒーを買って以来、クレジットカードは使っていませんでした。

財布の中には銀行口座のデビットカード1枚、クレジットカード3枚と他はポイントカード等が入っていました。

私の記憶では最後に使ったのがデパナーで、カードを使った時に財布を置きっぱなしにしたと推測しました。

まずは、ドキドキしながら、既に誰かに使われてしまったかを調べました。

トランザクションを見ると、何も使われていないようでホッとしました。

#2〇〇〇7 U〇〇〇〇〇〇R 19:18 $2. 75 保留中

通常だったら、クレジットカード会社や銀行に連絡して使用停止するのが常識でしたが、私にはデパナーのMGRが保管しているのではと不思議にも確信していました。

この辺が自分でもよくわからないのですが、異常なほど集中力が出ると記憶が鮮やかなので、根拠のない自身があって困ります。

直ぐにでも使用停止したいくらいだったけど、月曜日の夕方近くにデパナーに出向いて、日曜日に財布を落とした件で預かっているかどうかを訊きました。

アフリカ系の男性スタッフが日曜日は出勤しなかったからわからないと言って、それ以上の対応をしようとしませんでした。

それでは私も引き下がるわけにいかないので、MGRはどこにいるかと訊くと、自宅にいてここにいはいないと気が利かない返事をするばかりです。

更に突っ込んで、彼に連絡が取れるかどうか訊いてくれるかと頼むと、それはちょっと無理だから、明日の午後に来てくれとの一点張りです。

それじゃ、メールぐらい出せないのと訊くと、聞こえない振りをしてバックヤードに消えました。

大体、MGRがいないとサービス精神ゼロが標準ですから、私もあきれて一回は自宅に戻っていい加減カード会社と銀行に使用停止しようかと思いました。

それでも、様々な手続きのことを考えると、デパナーのMGRに確認してみたくて、彼氏に電話させました。

ケべコワはすぐにクレームやコメントを出すので非常に厄介なのを知っていますから、彼氏にMGRの最速連絡方法をゲットさせるしかないと思いました。

快く受け入れて電話をかけてみた結果、かたくなに明日の午後に直接MGRに会いに来いとのことでした。

残念だけど、この時点でカード関連の使用停止手続きをさっさとやりました。

クレジットカード会社に電話をかけながらトランザクションを見ると、あのデパナーで使ったコーヒー代が消えているんです!

気持ち悪いですから、この点をクライアントサービスに言ってカード番号も変えることになりました。

それから、迫りくる自動引き落としと戦いです。

猫の保険代がクレジットカードから、あと30分で引かれるところ、銀行のチェックを引っ張りだして、銀行へ引き落としの手続きです。

くたくたになったのと、融通の利かないスタッフを思い出して、そのガソリンスタンド兼デパナーはフランチャイズでダウンタウンに本社を持つのを思い出して、メールを出しました。

グーグルに誰かがクレームを入れると、本社にいる経営者が直接対応するような厳しい所だったのをネット上で見たからです。

MGRはアラブ系で家族経営で、フランチャイズの会社もアラブ系です。

もしかしたら、経営者は油田でも持っているかもしれません。

スタッフからMGRに連絡できなかったので、クライアントサービスに連絡を入れてもらうにはこれしかなく、トランザクションも消えていたので、失くした財布と関係したら、犯罪に巻き込まれるのも嫌だったので、コメントしました。

決して、このお店のスタッフを疑っているわけじゃありません。

私の財布がお店に存在するのかどうか聞いただけです。

次の日の火曜日、MGRから保管しているから取りに来てほしいとメールがありました。

私自身、アラブ系男性と話すのが億劫なので、ちょっと嫌な予感がしていましたが、案の定、私のカンが当たりました。

さっそく取りに行くと、いきなりブツブツと文句を言いだしました。





財布をちゃんと預かったのに本社に電話をしてトランザクションをキャンセルしたと言うな!俺たちのせいじゃないだろ!あれはなぁ、保留の後に一回消えるものなんだよ!」と変なことを言い、人差し指を向けて言うのです。

私は「そんなことは言っていませんよ。財布を見つけてお店にあるかどうかと、トランザクションが消えたので、どうなっているのか聞いただけです。私は消費者ですからね。あなたのせいにして何の意味があるですか?私にケンカを売らないで早く財布を返してください!あなたが私に関わるのはそれだけです!」言いました。

すると、MGRは「ほら、中を見ろ!」と言い、私は中を確認すると、また彼が「ちゃんとあるだろ!俺たちは何もしていない!」と変なことを言い出しました。

私もうんざり来て「ちょっと、何でそういうモノの言い方をするんですか?何でそんな攻撃的な態度をとるんですか?私にケンカを売っているんですかね?トラブルを起こしたいんですか?

すると、MGRが「じゃ、何だったらいいんだよ!俺は何もしてないだろ!

私はこの時点で、この男の問題はビジネスが上手くいっていなくて、取引先や本社と上手くいっていないのでは推測しました。

フランス語も英語も彼の息子のように流暢じゃないので、中年期に移民したと思います。

生まれも育ちもカナダ圏外でしたら、男尊女卑で、民主主義的価値観などは薄い傾向にあります。

ワンマンでお客を家畜以下の扱いに出ることもしばしばあります。

この私が意味のない因縁をつけられて、スケープゴートになるわけありません。

私は最後に「私は財布だけ取りに来たんだから、それを渡すだけでいいんです。トランザクションのうんちくは本社と議論してください!あなたの言い方はクライアントサービスではありません!」と言って去りました。

その後、本社に彼の悪態ぶりをガッツリ報告しました。

Labels

ケベック州 43 モントリオール 38 カナダ 19 移民生活 15 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 日本 7 モントリオール交通機関 6 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カスタマーサービス 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 新型コロナウイルス 4 治安 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 5G 3 DNA 3 アトラクション 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 金融システム 3 アカディア人 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 気候 2 無人化 2 犯罪 2 祖先 2 観光 2 電気自転車 2 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 エクササイズ 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ダンゴムシ 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 バランスボール 1 フィギュアスケート 1 ベル・エポック 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 事故 1 五十肩 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 安楽死 1 密売 1 密漁 1 幽霊 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 砂糖小屋 1 空港 1 腰痛 1 自動車 1 運動療法 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1