カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル ジャスティン・トルドー首相 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ジャスティン・トルドー首相 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年2月8日土曜日

ケベック州法案21の攻撃に公的資金を提供する謎

水曜、木曜と金曜日はケベック価値感テストの主役級のお題目とも言える法案21をめぐる壮絶バトルが EMSBケベック政府の間にありました。

EMSB:イングリッシュ・モントリオール教育委員会 (ケベック州の英語公教育委員会)
ケベック政府: ケベック州政府・フランソワ・ルゴー首相
フランソワ・ルゴー首相は記者団に向かって怒りを露わに出したんです。

何十万の署名運動より、トルドー首相に対して文句はこのオッサンにズバズバ言わせた方が早いかもしれないです。

何が気に入らないのかと言うと、EMSB は裁判所でケベック州の法案21に異議申し立てをするために連邦プログラムから125,000ドルの公的資金を取得すると伝えられたのです。

法案21:世俗主義法、ケベックは世俗的な社会なので中立的な立場いることを実現するために、権威的な職業についている公務員に宗教的なシンボルを身に着けることを禁じる。 
連邦資金:連邦のプログラムに対して連邦財源から提供される公的資金。 
連邦プログラムカナダの法廷挑戦プログラム(CPP)オタワ大学が運営する独立した非営利団体です。人権または国に重要な言語関連の事件を裁判所に持ち込むグループに財政的支援を提供、基金はオタワ大学によって独立して管理


ルゴー首相は尚、連邦はケベコワを侮辱していると言います。

何でかと言うと、ケベコワの大多数によって支持されている宗教的兆候を禁止するこの法律に対する控訴に資金を提供することだからと強調します。

トルドー首相に面等向かって抗議しているのではなく記者団にさらして電波攻撃して、連邦の様子もメディアを通して反応待ちです。

一方、連邦側はこのプログラムは独立して運営されており、委員会はその決定を公表していないため、情報を確認できないと述べ、業務に干渉するつもりはないとの見解です。

さらりとかわして逃げる連邦が笑えます。

ルゴー首相はトルドー首相の手の内側が分かっているんでしょう。

続けて、トルドー首相は独立したプログラムの背後に隠れてはなりません!!!ってメディアに受けて声を荒げました。

画面に向かってジュスタン!ってわめいてました。

ケベック州ではジャスティンじゃなくてジュスタンです。

いきなりカッペくさい響きになりますね。

しっかりとトルドー首相の耳に届くのは当たり前でしょう。

もしかしたら、何くわぬ顔をしてEMSBに資金を提供して思想の違うウザいCAQ(ケベック未来連合)を葬りたいのかもしれません。

誰かれ構わずドシドシ難民を入れて外野に丸投げするジュスタン、出来るなら移民と言う異物は入れたくないルゴー首相、相容れませんね。

どっちかというと、連邦っていい意味でフェアで悪い意味でロボット処理的なところがあるような気がします。

ちょっと前にケベック州にいた優秀なエリート学生がビザのステイタスが切れて連邦からカナダを追い出されたのは最近のことです。

ケベック州の政界や経済界はえこひいきと差別が蔓延して付加価値を見出す人材にチートしてもいいと言うネポティズム感があります。

話がそれました!

ところで、ルゴー首相が抗議する前にEMSB の組織は連邦政府から受け取る予定の資金を放棄すると広報担当者のマイケル・コーエン述べました。

コーエンってユダヤ系の苗字ですね。

これだけルゴー首相が大事に扱ってわめき散らしたので、政治情勢を踏まえると資金を受け取るのは利益にならないとのことで資金提供は諦めたのです。

しかしながら、広報担当者のマイケル・コーエン自身、公的資金を使う使わない以前に既に使っていた事実を知っていたのかどうかは定かです。

2018-2019学年度中に116,000ドル以上の訴訟費用が費やされまして、2019年7月から12月にかけて、法案21に対抗する取り組みにおいて、EMSBによって追加の257,000ドルが増加していたことは木曜日の時点で何も触れていなかったのです。

訴訟ですが、法案21はすでに、イスラム教徒の国民組織、市民の自由団体、ヒジャブを着ている大学生によって法廷で異議を申し立てられています。

広報担当者のマイケル・コーエンは資金提供はなくても法案21に対する異議申し立て裁判はするつもりだと言っていたので、やりくりするのかジュスタン背後指導霊の手助けでもあるかもしれないですね!

ルゴー首相は更にトルドー首相にクギを刺すかのようなコメントを発信します。

連邦資金が「ケベコワの大多数の意志」を表す正当に可決された法律と戦うことは「容認できない」と述べ、更に法案21に対する訴訟は「他の訴訟とは異なる」と述べました。

最後のとどめに「財政的に少数派のグループを保護し、支援することに同意します」と、ルゴーは記者団に語りました。

これからEMSB の組織大して根も葉も出ないように根絶しようと試みると思います。

弾圧ですかね、言い過ぎかもしれません。

これからケベック州に移民しようとする人に対して、このケベック州の価値感と言語圧力に対して、ルゴー政権下では徹底的に施行されると覚悟してください。
確かに英語圏に囲まれた州なので歴史上、外国語や宗教に脅かされる気持ちは分かりますけどね。

これだけ多国籍だらけで構成されていると、中立に判断する軸が必要になるのが理解できます。

特に権威的な職業についている人は宗教的なシンボルを身に着けていると良くないという考え方はよく議論されたと思います。


2020年1月30日木曜日

ジャスティン・トルドー首相にメール

そう言えば、カナダ納税者連合からメールが来ました。

 納税者がサセックス公爵と公爵夫人、つまり英国ロイヤルファミリー主要メンバーを離脱たヘンリー王子とメーガン紀のことです。

法案を支払うことを強制されないように要求する首相への請願署名者が最初に80,000署名が集まったそうです。

しかし、メディアを除いて世界中から署名の申し立てがあり、現在もまだ署名運動を続けているそうです。

実際、現在100,000近くの署名を取得しつつあります。

この請願を広く共有することにより、私たちが10万人に達するのをメールで送信したり、ソーシャルメディアで共有したりして手伝ってもらえないかということです。

No Taxpayers' Money for Meghan and Harry

To Prime Minister Justin Trudeau: Canadians wish the Duke and Duchess of Sussex, Harry and Meghan, all the best as they seek financial independence. That goal is important because Canadian taxpayers shouldn't have to cover the couple's bills. We, the undersigned, call on the prime minister to ensure taxpayers' money isn't used to support Harry and Meghan.


もう一つ、変なことがあるそうで、ジャスティン・トルドー首相は、納税者が困難な立場かどうか、まだ未だに言っていないそうです。
と言うことで、納税者が払うべきだとは思わない人がどれだけいるかを彼に思い出させる時が来たのかもしれないということです。

Justin.Trudeau@parl.gc.ca 

にメールを送信し、メーガン紀とヘンリー王子の納税者補助金にノーと言うように言ってくださいとお頼みメールを頂きました。

は~い、私で良かったら喜んで!

ほいほいさっさ、ほいさっさと書いて送りました。

ジャスティン・トルドー首相と言えば、若い時にあの顔を黒く塗りたくって有色人種になりきって人の人生を馬鹿にして屈辱的だと批判されて、謝罪に追われました。

なんとなく、卍の刺繍が入った上着を着て、チャールズ皇太子に怒られたヘンリー王子と共通点があります。

バックランドも良家だし、話も合いそうです。

もしかしたら、サセックス侯爵こと、ヘンリー王子と公爵夫人のメーガン紀の護衛に税金を投入するかもしれません。

今は、この二人の話題は少し鎮静して、世界は新型コロナウイルスなどで占めているからホッとしているでしょうね。

ジャスティン・トルドー首相は英国ロイヤルファミリーからの連絡待ち状態で、その後は一波乱ありそうな気がします。

とにかく、ジャスティン・トルドー首相はこの二人に護衛費の借金でもしてもらうように頼みました。

本音はサセックス侯爵こと、ヘンリー王子と公爵夫人のメーガン紀はお金が湯水があるれるようにあるので、自腹を切っていただきたいです。


2020年1月22日水曜日

ヘンリー王子の未来

ヘンリー王子がセキュリティーに囲まれてカナダにやって来ました。

一貫して、このヘンリー王子夫妻の治安維持にカナダの税金を払うのは反対です。

しっかり署名もしました。

ヘンリー王子は資産があるし、メーガン紀は、ショービジネスのパートタイムでもすれば食べるのに困ることないです。

カナダの首相ジャスティン・トルドーがエリザベス女王と、どんなふうにそのことについて取り決めるのか注目したいです。

彼は苦労してますね。

アメリカ人の女優と結婚して子供まで作って、人種差別やパパラッチから必死で彼女を守っています。

英国ロイヤルファミリーの暮らしに無理があったメーガン妃のために何もかも捨てたというより諦めた、いや、そういう選択しかなかったとは言ってました。

メーガン紀がロイヤルファミリーの一員として結婚生活をしている時、既に水面下でサセックスロイヤル商標の準備をしていたとか話題になっていました。

それが本当だったら、エリザベス女王が期待を裏切られて哀れだと思ましたが、いやいや、海千山千の女王もあっさりとバイバイ、しかも公務はやらなくていいですとのことでしたから、さすがです。

ヘンリー王子はここで改めてファミリーとの縁をプツっと切られて淋しく感じたのかもしれないです。

英国のお土産屋でヘンリー王子夫妻のグッズが暴落したとか言ってましたが、この夫妻にとってどこ吹く風って感じでしょう。

私が思うにはこの二人ってそんなに長く続くとは思えないです。

メーガン紀は若いときから家族が離縁しているので、彼女が一人がカナダにいようと、それほど心細くはないと思います。

異母姉妹とは仲が悪いし、父親をまったく相手にしないようです。

ヘンリー王子が家族と離反してもメーガン紀は共感性がないように見えます。

しかしながら、ヘンリー王子はどうでしょうか。

ロイヤルファミリーと縁が切れてサッパリってことはないと思います。

あの方々独特の伝統や文化と言語があって、それを懐かしむ時にヘンリー王子はホームシックになるでしょう。

何かの用事でヘンリー王子が英国のバッキンガム宮殿に出入りするようになれば、メーガン紀がヒステリーでも起こして彼を困らせるのでは想像します。

メディアはこれからどうやって稼ぐのかと、そういうところばかり関心を寄せていますが、私は彼のメンタルの方がどこまで持つかが、要かなと思っています。

いや、そこまでへなちょこじゃないでしょう。

メーガン紀から切り離してヘンリー王子の市場価値ってまだまだ十分にあります。

普通の人になるんだったら、俳優になるとかってよくないですか?

王族・貴族の役柄って誰とも被らないんじゃないかと思います。

元ミリタリーもやっていたし、パリピーだった時もあるじゃないですか。

日本に来たら、更にもっと付加価値が上がると思います。

植毛系の企業がバックアップして、彼の頭の上を赤毛がびっしりついたら話題を呼びそうです。

英語教材なんかでも英国風アクセントで活躍できそうです。

ファッションモデルでも行けそうじゃないですか。

Youtuberになって英国文化と伝統のプレゼンターとしても活躍できると思います。

仮に結婚して独身になっても英国ロイヤルファミリーには戻らないかもしれません。

それはそれ、他人事です。

Labels

ケベック州 76 カナダ 68 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 42 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 12 雑感 10 9 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 マスク 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 カナダ緊急給付金 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 雇用保険 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1