カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル セキュリティー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル セキュリティー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年1月29日水曜日

モントリオールのATMハック

日曜日の夜、モントリオールの北部にあるローレンシャン銀行のATMが泥棒に入られて、5万ドル以上盗まれたそうです。

都心ではないからかもしれないが、ATMのあるところは必ず監視カメラが付いているし、捕まる可能性があるのによく行ってわざわざ盗むのかと感心します。

今の時代、リスクのある泥棒行為が非常に古典染みていて、未だにこういうことをするんだと感心してしまいます。

しかしながら、古典的であるかのように見えましたが、そうではありません。

非常に現代的な知能犯だと思います。

エヴァ・テクノロジー社のサイバーセキュリティー兼社長よると、 ハッカーがATMに入るカードを複製するために怪しいATMハック機器を使用した可能性があります。

「ATMの画面にそれを取り付けると、ATM自体は何事もなかったように見えますが、カードを挿入すると、そのATMハック機器によって個人情報が読み取られます」と彼は説明しました。

そのような怪しい機器には隠しカメラが搭載されているため、泥棒は暗証番号を入力した人物を記録できます。
その後、泥棒はカードの個人情報をコピーして、アカウントへのアクセスに使用される暗証番号にアクセスし、後でそれを使用してお金を抜き取るのです。

こんなに簡単にハッキング出来るなんて、おぞましいです。

しかも、体を自ら張って、わざわざ監視カメラのあるATMまで行く行為が理解できません。

かなり、教育が高くて金融システムに精通しているとしが思えません。

私自身、殆どカードで決財するので現金をおろしに行くことがないですが、いろいろな場所でクレジットカードやデビットカードを使用することがあるので、うかつにしていられません。

やっぱり、頻繁にカードの暗証番号を変える以外に対策はないとも言えます。

以前に数百ドル単位で名の知らない人から私のクレジットカードを勝手に使われていたことがあります。

自分でインターネットにアクセスして口座をチェックしていなかったら、空になっていたと思います。

最悪、その当時は私が取引しているケベック州のとある銀行の銀行員が個人情報を外に漏らした事件があって、世は大騒ぎでした。

私がクレジット会社に被害を問い合わせた時、その銀行と取引があるかを訊かれたので、必ずしもその事件と因果関係があるとは思えませんが、更なる詳しい調査が必要だと言われました。

裏に犯罪組織が取引していたら、個人情報がどこに出回るか、それは何処です。

自分の身は自分で守ることが大事で、自分の口座や買い物をした内訳をみるのは大切です。

Thieves steal over $50K in ATM hacks north of Montreal

cbc.ca 2020-01-28 CBC/Radio-Canada Police are investigating after thieves hacked three banking machines in the greater Montreal area, making off with an estimated $55,000. The ATMs - which all belonged to Laurentian Bank - were located in Saint-Jérôme, Saint-Eustache and Terrebonne. According to Terrebonne police, a technician with the bank called the police around 11:55 p.m.

2020年1月20日月曜日

モントリオール空港から市内へ(深夜に到着)

お金をかけたくないのに、何かの事情で深夜にモントリオール空港へ到着することになってしまった人のために参考になればいいなと思います。

私が初めてにモントリオールの空港に来た時が2004年でした。

その時は9月の半ばだったので、米国の台風と重なって、ジョージアで8時間ぐらい飛行機を待たされて、モントリオール空港に着いたのが深夜でした。

手元には手荷物しかなく、スーツケースは到着していません。

モントリオール空港の方で宿泊先に送ってくれるとは言っても、初めて来たところに深夜に市内に入って予約したホテルを探してチェックインする気がありませんでした。

深夜に知らない所へ歩くのは不安です。

今なら、土地カンで夜中でも割と平気ですが、当時は面倒くさいから朝を迎えて荷物を引き取り、エアロバス(当時12$)に乗ってモントリオール空港を出ました。

個人旅行の海外旅行で深夜に着くのは最悪なパターンです。

タクシーで市内に乗り込む人は問題ないけど、そんなにお金をかけたくなかったら、空港と市内を循環するシャトルバスに乗りましょう。

今、エアロバスのようなものが無くなって、市内に行く人は、バス747番(YUL Aéroport Montréal-Trudeau / Centre-Ville)を利用する人が殆どです。

24時間循環しているので、モントリオール空港で何か食べてバスを一台見逃しても大丈夫です。

今の時点(2020年1月)で10$(1日パス/メトロ・バス乗り放題)ですから、2004年と比べると安いと思います。

子供は5歳まで無料です。

購入した時間から24時間以内だったら有効です。

空港にいる時点で、10ドル札って用意していた方がいいと思います。

トラベラーズチェックはバス747番では使えないので、あらかじめ現金に両替しておいた方がいいでしょう。

モントリオール空港内の国際線到着エリアには4台の自動販売機があります。

現金、VISAまたはMasterCardクレジットカード、デビットカードで支払いができます。

2、3日、モントリオールに滞在するなら、メトロと市内バスを無制限に乗ることを考えたら以下のオプションがよろしいのかと思います。

 自動販売機で販売されている乗継運賃:

1日パス(最初の使用から24時間)の他、

3日間パス(連続した日-最初の使用から3日目の午後11時59分まで)

無制限の週末パス(金曜日の午後4時から月曜日の午前5時まで)

このほか、ウィークリーパス(月曜日から日曜日)や月単位のパス(月の1日から最終日まで)などありますが、ここでは3日ぐらいの滞在で移動する人を対象にしたいので割愛させていただきます。

まあ、とにかく747で市内へ行く人は出口を出て右へ300か400メートルぐらいひたすら真っすぐ歩くと747の停留所があります。

誰かしら、旅行者風の人らが列になって並んでいるのでわかります。

バスに乗ったら、まず最初にスーツケース類は専用の荷物入れないと運転手に何か言われるので気を付けましょう。

出典: @STM

バスに乗ったら、一番最初に着くのがメトロ駅リオネル・グロー(Lionel-Groulx)です。

終電前だったら、ここで降りてメトロに乗ると時間が短縮できますが、深夜の場合は降りない方がいいでしょう。

終点まで, どこかの宿泊先に予約を入れている人は別として, 夜が明けるまでどこかに待機したい人は, 終点のべリ・ウカム駅 (Berri/Ste-Catherine) まで乗りましょう。

なぜかと言うと, 終点まで降りて数百メートル先を真っすぐに歩くと, モントリオール・バス・セントラル・ステーション (Station Centrale d'autobus) があります。

ケベック・シティーやガスぺジー方面、或いはUS方面に行く長距離バスのターミナルですから、24hオープンです。

深夜はフードコートは閉まっていますが、クレジットカードが使える自販機はあるし、キレイなトイレもあり、早いWi-Hiが無料で使えるので、夜が明けるまで次の予定でも立てることが出来ます。

そこから、長距離バスのチケットを買って、そのままケベック・シティーに出向いていいし、リモスキー経由でガスペジーの方にストレートに行けば、バスの中でシートを倒して爆睡できます。

オルレアン・バスの乗りごこちがいいので寝れます。

ここからグレイハウンドバスでニューヨーク・シティーへ行ったことがあります。

ちなみに余談ですが、オルレアン・バスの一番前に座るとWi-Hiは使えなくなりますので、前列以外の場所を選んだ方がいいです。

何か運転手さんの無線に影響が出るようなことを言っていましが、どうでしょうか。

ネットを使って騒音を出す旅行者がうるさいのかもしれません。

まあ、遠出をする予定なく、モントリオール中州内に滞在する人は一日パスが深夜まで有効ですので、午前中に宿泊先を探すなりして過ごせばいいです。

まだ、それでも予算がギリギリで10$も払いたくない人もいるだろうから、他のオプションもあります。

それはローカルの深夜バス356がモントリオール空港から市内を通り抜けます。

3.50$ですから、お得です。

ツーリストが使うことは稀ですが、夏季の混雑が嫌な人は奥の手(深夜バス356)でこれを使うしかないでしょう。

大体、一人か二人ぐらいでバスを貸し切り状態になるので、スーツケースを持ち込んでも文句は言われないと思います。

週末など、ダウンタウンに入るとプラトーに戻る陽気なケべコワのグループが乗り込んで来ることもありますが、私の経験上、混雑を経験したことがありません。

ウエストアイランド (モントリオール空港の西側) から出発してグリーンラインの メトロ駅フロントナック (Station metro Frontenac) まで走行しています。

あらかじめ、自分が降りるところが決まっている人は企てて途中下車するといいでしょう。

このバスでモントリオール・バス・セントラル・ステーションに行けないこともないです。









シェルブルック通り/サン・ドニ通りで停車してモントリオール・バス・セントラル・ステーションまで結構な下り坂なのでフリーパワーで行けます。

↓ 地図のリンク


バスの停留所は下記を見るといいでしょう。
深夜のバス運転手さんにあらかじめ言っておくのもいいかもしれません。

終点のべリ・ウム駅 (Berri/Ste-Catherine) 付近に24h営業のMacやTim があるので、Wi-Hi  などで旅行計画をしながら夜がけるのを待つのもいいでしょう。

不足に弱い人は寝込んでしまう可能性があるのでお勧めしません。

女性の方は土地カンなかったらスーツケースを持ってローカルバスの移動は避けましょう。

とりあえず、上記のやり方は監視カメラがあって、キュリティガードマンの傘下で慎重に行動しているのが私のモットーなので、出来たら深夜の移動は一人以上ですることをお勧めします。

かなり物騒なMTL でも触れましたが、マイナーな繁華街や通り、又はセキュリティーの監視がない所で被害にあっている人がいる人がいます。

だっら、空港内の24hフードコートとかに朝までいるのがいいと思います。

以上、深夜に到着して10$以上タクシーや宿泊料を使いたくない人のために私の奥の手でした。


2020年1月11日土曜日

偽看護師とスカスカなセキュリティー管理

昨年の春にケベック州の田舎、(セント・ローレンス側からサグネ川をサン・ジャン瑚に向かう中間点)のとある町で偽看護師ナタリー・ベランガーが20年間病院に働いていたというのが話題になってたんだけど、あれからどうなっていたか私はすっかり忘れていました。
昨日からメディアでよく見るようになって、来月は裁定のために法廷に出頭する予定だそうです。

この50歳のナタリーベランガーという女性だが、写真を見ると、なんの曇りもない爽やかな顔をしていて、とても偽文書の作成や個人情報の盗難など9件の罪に問われているとは見えないです。

どうしてそんなことが出来るのかというと、裁判所の文書によれば、この地域で働いている別の認定看護師のライセンス番号を使用したようです。

ラジオ・カナダが裏を取ったようですが、グッド・ジョブです!

そこで働いているということは履歴書に偽りの学歴、即ち偽のCEGEP卒業証書、偽の看護免許証、ケベック州看護師協会に会費を支払ったということで、仕事を得る際にバックグランドチェックをクリアしているってことです。

あっぱれ!

もちろん、無犯罪証明証も必要だし、予防注射の更新記録も必要だから、全部なりすまして他人のライセンス番号を使用していたということで、個人的にこの女性ってかなりのサイコパスだと思います。

しかも、手術室で作業をしていたというわけで、何もトレーニングをしてこなかったらできる芸当でもないでしょう。

サグネ・ラック・サンジャンセンターの地域保健当局がこの偽看護師ナタリーベランガーがトレーニングプログラムに登録をする際に登録手続きをするスタッフか誰かが彼女の生年月日が一致しないのに気づき、不正疑惑が発覚したということです。

Quebec woman accused of pretending to be a nurse for 20 years charged with fraud, identity theft | CBC News

A woman who worked as a nurse at the hospital Jonquière, Que., for 20 years, despite allegedly having no training in nursing, has been charged with fraud, among other crimes. Nathalie Bélanger, 50, is facing nine charges, including forgery and identity theft.
大体、どこでどうやって他人のIDを手に入れたのかが不可思議で、その辺のところをメディアが裏を取ってくれたらありがたいと思うのに、それは来月まで待たないと何もわからないということです。

どのようなバックグランドを持っているのか興味がわきます。

1,2年足らず偽看護師が働いていた話は他にケベック州内であったけど、20年という歳月は映画や小説になってもおかしくないです。

フランス系の名前なのでケベックで生まれたケベック市民なのか、他所のフランス語圏から来たのか分かりません。

カナダにいると誰でも IDカードを持たされ、番号で処理されるので誰かが簡単にスキミングするのは簡単だと思います。

一回、変なことがありました。

期間限定で仕事をしていたところの雇用主から連絡があって、ケベック州政府から私のSIN番号が雇用主が出した私の名前と一致しないから、本人と連絡を取って生年月日の確認を取ってほしいと連絡があったそうだ。

確かにこっちは履歴書の際に生年月日を入れないから、政府側も特定が難しいんだろうと思うから、有無言わずに教えてあげました。

それから、連絡がそのような不可思議な話題の連絡が来ないので、単なるシステムの不遇合いか、雇用主のミスなのか分からないが、私もこれ以上関わりたくなかったので連絡も取っていないです。

あと、私が使用しているケベック州のある銀行から個人情報が大漏れして、非難囂々になったんだけど、ちょうどタイムリーに私のクレジット番号が誰かにどこかでスキミングされて、毎日200ドル、300ドルって使われているのをオンラインでトランザクションを見ている時に発見したことがあります。

即座に止めてもらってカード番号を変えてもらったのでセーフでした。

クレジット会社から私の使っている銀行を聞いて焦っていました。

ID番号で管理するのはもう時代遅れだと思います。

番号がついたカードを持っていても失くしたらアウトだし、どこかに記入すれば処分しない限り残って誰かが盗んでいく可能性があります。

こんなスカスカなセキュリティー管理だったら、偽プロフェッショナルな人が生き残っても当たり前でしょう。


2019年12月27日金曜日

かなり物騒なMTL

今年はモントリオールでそれほど殺人事件があんまり聞かないなと思っていたら、年末にドタバタと殺傷事件や銃撃事件などがありました。

2019年の23番目の殺人を記録して、その数は2018年より少ないそうだ。

割と自分の知っている場所や通り道が多いので、冷っとします。

カナダの国勢調査都市圏別の殺人被害者(statcan.gc.ca)の数と割合を見ると、モントリオールは第2位です!


私自身、夜の一人歩きというより、夜中の一人歩きが多い方だと思います。

もちろん、厳寒の冬季より夏季の方が多いですが、あまりお勧めしません。

以下、日頃から心がけていることを記しておきます。

一人歩きと言っても、できるだけ長い時間は路上で歩かないようにしています。

ちょっと変な人がダウンタウンから離れたところに結構いますから、絡まれたり襲われたりしたら、体が大きい人が多いので危険です。

良く話しかけて来る人らがいますが、直観的に嫌だなと思ったら、言葉が通じない振りをするのが一番です。

空港など、バスの747に乗っている旅行者がオドオドしながら、停車する場所やメトロに関して良く聞かれるのですが、そういう時は淡々と親切にするだけです。

中にはホテルや友達に電話したいからスマホを貸してくれという図々しい旅行者もいるので、そういう時はお断りします。

その電話を掛けた相手が犯罪の組織だったりしたら巻き込まれます。

大体、夜中はバス道で乗り換えをしなようなルートを選んだり、乗り換えをしなくてはならない時は待ち時間をあらかじめ調べておきます。

バスは自分に合ったアプリをスマホにインストールしてサクサク使いこなすように日頃からバス道を眺めています。

メトロがなくなってから普通バスと夜間バスの繋ぎをスムーズに移動する姿を見ていた知り合いに土地カンがあると感心されますが、気を抜くとターミナルやバス・ストップで絡まれるリスクがあるので、抜け目なく迷いなく歩くのが一番です。

今年の夏季は夜中の移動手段に Bixi (カナダのケベック州モントリオールにサービスを提供する公共の自転車共有システム)を利用しました。

Bixiには2つの種類があって普通自転車と電子自転車ですが、私は後者の電子自転車を使って26キロ近く夜間に走行したことがあります。

電子自転車は飛ばせば結構なスピードで走行できますが、人里離れたところで信号停止している時やキオスクステーションで待機(45分以内に充電待機しなければならない)している間に絡まれるリスクもあります。

その時はヘルメットを外さないで、そのままがいいでしょう。

バス内で襲われる危険性もありますが、監視カメラが設置されていてポリスとの連結が早いので、最悪ナイフで刺された後に対処されるのが若干早いと思います。

出来たら車に乗るのが一番ですが、たくさんの路線バスが止まるバス停から100メートルの所に住んでいるので、今はあんまり必要性がありません。

バスとタクシーだけが通れる優先道路に乗りたいので、電気自動車は興味があるのですが、コストパフォーマンスなど考えるなら、電動バイク(EVスクーター)なんか、電子自転車以上、リスクを軽減できるかもしれません。

いずれにしろ、統計を見ると、思ったよりモントリオールはかなり物騒です。

夜間は気を引き締めて移動することが一番です。

Labels

ケベック州 81 カナダ 74 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 46 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 13 10 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 トランプ大統領 6 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 パンデミック 4 マスク 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 カナダ緊急給付金 3 ケベック・シティ 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 雇用保険 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 詐欺 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アカディアン 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クリック募金 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 コロナ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 ポスト安倍 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リシン 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ローレンシャン 1 ワクチン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 傍観者効果 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安倍首相 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 森林 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 紅葉 1 経済対策 1 給付金 1 罰金刑 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1