カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル トランプ大統領 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル トランプ大統領 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年9月22日火曜日

カナダから毒入り小包を送った主はフランス人だった

この女の身元が少しずつ出て来た。

サウスショアのモダンなコンドミニアムでリシンを盛り込んだ毒入り小包を偽装って、ちぐはぐだなと違和感を覚えたら、やっぱりここに長く住んでいるようではなかった。

車のナンバーがなぜかオンタリオ州なので、ちょっと謎です。

元々はフランス人でケベック州へ移民し、2015年に市民権を得たということから、彼女の力でこの地へ来て数年で物件を購入して車を所有しているということは、それなりに専門的な仕事についていたか、速攻で良い仕事に付けたとしか考えられません。

まだ、53歳ですからね、移民して市民権を得るまでの時期が40代後半と言うことで、仕事をしていたら油が乗っている時期です。

そうじゃなかったら、稼ぐ元夫の遺族年金、或いは離婚して財産分与で暮らしていたのかと想像したくなります。

しかしながら、車に銃を積んで陸路からあの厳しい国境越えしようとしているところで、やっぱり頭がイカレているとしか言いようがないです。

過去に犯罪歴があるとすれば、一年前に米国で6か月のビザをオーバーステイしてテキサス州で逮捕され、刑務所に2か月間いたらしく、その後はカナダへ強制送還されたそうです。

市民権を取る前にそんな行為をしていたら、カナダ人になれなかったはずです。

オーバーステイってよくありがちなことですが、逮捕されて2ヶ月も刑務所って厳しいですね。

今日の午後、ニューヨーク州バッファローの西部地区ニューヨーク裁判所に出廷する予定だそうだが、ホワイトハウスにいるトランプ大統領宛て以外にテキサス州の米国連邦政府機関の偉い人5人にも送ったということで、尋常な刑罰で済まないでしょう。

犯した罪は殺害未遂やテロ行為で告発された場合、テキサス州は死刑がまだ有効なので、どんな宣告されるのか分かりません。

終身刑は大いに有りうると思います。

Twitterのハッシュタグで「キラートランプ」などと複数回、自分の名前でツイートしていたようです。

彼女に娘がいるようですが、フェイスっブックに「疑いの余地なし」と書き込み、母親の狂気ぶりは承知していたというから驚きです。

何かこっちの女性って個人主義が徹底していて、親が世間に目もくれられない犯罪を犯しても子供がメディアに堂々と出て、コメントするところは文化の違いを感じます。

日本人だったら天戸やシャッターを下ろして寝込むのが普通です。

Lettre empoisonnée à Trump: une femme de 53 ans accusée

Une femme de 53 ans de Saint-Hubert, Pascale Ferrier, sera accusée mardi, à Buffalo d'avoir envoyé une lettre empoisonnée à la ricine au président américain, Donald Trump. La nouvelle suit une opération policière survenue lundi avant-midi dans un immeuble à logements de Longueuil.

2020年9月21日月曜日

カナダからトランプ大統領宛に毒入りの小包を送った人

変な事件がまた起きました。

何でトランプ大統領宛に毒入り小包をわざわざカナダから送ったんでしょうかね。

容疑者の女性がバッファローの国境で逮捕されたらしいですが、なんとケベック州サウスショア在住者でした。

ダウンタウンからメトロのイエローラインでサクッと行けるロングイユのモダンなコンドミニアムで暮らしていたようで驚きでした。

貧困層ではないように思えますが、写真を見ると、狂人のように目を見開いていたので、頭は完全に逝っているのかと思わざる負えないです。



容疑者は53歳のロングイユ出身で名前はパスカル・フェリエということでフランコフォンの響きから、ケベコワの女性と思われます。

Lettre empoisonnée à Trump: une femme de 53 ans accusée

Une femme de 53 ans de Saint-Hubert, Pascale Ferrier, sera accusée mardi, à Buffalo d'avoir envoyé une lettre empoisonnée à la ricine au président américain, Donald Trump. D'autres détails suivront...

この毒入りですが、リシンと言われ、植物の中でも激しい毒で摂取、吸入、又は注射すると致命的となる可能性があるので、モダンなコンドーで毒入り小包を作成したなら、取り扱う方も相当の知識がいります。

送った後に米国へ行こうとしていた様子から何らかの組織と結びついていたのだろうか。

カナダにメディアの影響でトランプ大統領に敵対するカナダ人がいるにはいるけど、ある程度の知性があったら、毒入り小包などが大統領に届く可能性は低いのは分かるはずだし、このご時世で国境越えすれば足止めと逮捕は確実になるのは本人が分かるはずです。

黒幕がいたらどこの組織なのか露わに出ても不思議ではないはずです。

2020年4月19日日曜日

中国由来のウイルス VS トランプ大統領

武漢研究所疑惑に関して調査しようにも中国側が拒否して、またまたトランプ大統領が批判していました。

いやぁ、トランプ大統領って凄い人だと思います。

中国の初動対応の情報隠蔽の可能性、WHOテドロス事務局長の中国寄りなど米国の国益にならないことだらけで、お金を差し出す理由がないんですね。

先を見ないアクションに冷ややかな米国・カナダ市民トランプ大統領の批判はするけど、何もしないで横にいるアジア系市民に偏見を持ったり差別をするんだったら、私はトランプ大統領が徹底的に真実の追求するのは正しいと思います。


米国の政府当局が2018年に武漢にある中国科学院・武漢研究所でコウモリのコロナウイルス研究をやっている際、安全対策が不十分で懸念を示すと公文書を送った過去歴と複数の情報源があって調査しているようです。

中国の初動対応の情報隠蔽の理由がコウモリのコロナウイルス研究の最中にミスによって収拾がつかなくなってしまったのか、意図的にやったのかによると推測されているようです。


二つには大きな違いがありますが、前者でも後者でも歴史的に大スキャンダルですね。

複数の情報源というのが気になりますが、誰かが曝露したのでしょうか?

仮に真実が出て来ても中国当局は一切認めないのが常です。


カナダのトルドー首相など、カナダの感染者が増えて来て医療防護品が必要な時に敢えて収束に向かっている中国へ16トンほど送る行為がわざとらしく、もしかして中国寄りなのかと想像させます。

安倍首相はへなちょこではあるが、この手の話題は記者団に投げかけられてもスルーして上手く災いを避けました。

本当は日本が米国の尻拭いをして余計にWHOに寄付したくないと思ってくれれば幸いです。

2020年4月9日木曜日

トランプ大統領は容赦なくテドロス氏を揺さぶる

event_note4月 09, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
毎日、家にいます。

トルドー首相も終息するのに1年はかかるということを言っていたので、ケベック州の夏のイベントは全部キャンセルになりました。

今、関心あるのがトランプ大統領の反WHO攻撃と中国寄りなWHOテドロス事務局長の発言です。

中国・武漢由来の新型コロナウイルスは世界中を恐慌に変えてしましました。

唐突にこのウイルス自体が自然由来に思えなくなっています。




日本人には考えられないけど、相手の痛い所を容赦なく攻撃するトランプ大統領を見ていると、彼はもう新型コロナウイルスが人為的に作られたことを確信しているんじゃないですかね?

攻撃がちょっと早すぎたけど、抑えきれない気持ちが分かります。

一応はスピーチの際に専門のスピーチライターが書いたメモを参考に話す時もある彼ですが、そうでない時の彼はガチで自分の言葉で言っています。

それに比べて。。。。

カナダのトルドー首相なんか、カナダ全体が医療防護品など必要な時に中国へ16トンも送ってしまって、違和感を感じました。

いかにも中国の顔を立てたって感じで、スピーチした後は自分の家に引っ込んでしまいます。

一旦はトランプに3Mから医療用マスクの出荷を止められそうになって国内は大騒ぎなったのです。

ケベック州ルゴール首相も遠回しに一極集中に頼るのは良くないから、必要不可欠な物は州内で賄う方針を打ち立てたのはあからさまに言わない彼のお人柄というか、悪難いと思います。

テレ東News の動画が気に入っています。

世界が疑う関係を上手くまとめているんで、非常にわかりやすいです。



私はこの動画を見てテドロス事務局長の挙動不審で一貫性のない発表が気になります。

テドロス氏はエチオピア出身で以前は医師、保険相や外相に務めていた。

エチオピアは中国から2兆6,600億円の投資を受けました。


1月23日WHO テドロス事務局長
私は、今日、新型コロナウイルス肺炎の緊急事態を宣言しません。中国では、緊急事態だが、世界的には緊急事態ではない。
1月29日WHO 会見
中国を視察中、中国政府の関与のレベルに非常に感銘を受けた。中央政府から、武漢と湖北省に多大な支援が注がれ、危機管理が非常に組織化されている。
この時、中国保険東京国よると、中国での新型肺炎は感染者が約6000人、死者が132人である。
1月30日WHO テドロス事務局長
一旦は宣言を見送りながら、一週間後、公式に「緊急事態」を宣言する。
国際的な移動と貿易を必ずしも妨げる理由はありません。中国との貿易や移動を制限することをWHOは推奨しない。
一方では、当事者の中国政府は1月27日から、既に海外への団体旅行を禁止している。
2月12日ある記者による「WHOは中国を褒めるように中国政府から依頼や圧力を受けているのか?」という質問にテドロス氏はこんな返答をしていました。
WHO テドロス事務局長
殆ど、全ての国が中国を褒めている。それが私が中国を褒める理由だ。中国はウイルスに対し非常に効果的な行動を取っている。それを認めなければならない。
出典:テレ東News 
中国から先回りにお土産をもらってしまったら、エチオピアの国益のために擁護するしかないんでしょうか。

不自然でぎこちなく、とってつけたような返答内容に違和感を感じます。

もし中国の人為的なウイルスで意図的なパンデミックの企てを隠していたら、かなりのスキャンダルです。

テドロス事務局長はバイオテロと同等の扱いを受けて非難されるでしょう。

2020年4月1日水曜日

経済的な心配ってあって外出自粛など、なってはならないもの

出典:AFP時事
ケベック州政府によると、外出自粛は今月の13日までということで、その日付けに近づいたら、仕事開始になるはずですが先がまだ見えません。

トランプ大統領の発言を聞くと、4月末日まで米国民は外出自粛を強いられるなので、国境封鎖が続くとカナダもドミノで経済的活動は完全に戻らないと予測します。

残念なことに集中治療を必要とする重症化の感染者が後を絶たないので、マンパワーと設備の確保でいっぱい、いっぱいでしょう。

感染者数死亡者
米国1744673440
カナダ8591101
ケベック州416231
(4月1日の時点)

本来なら、エイプリルフールのネタでも出て来るのだろうけど、米国もカナダも1日は家賃の支払い日で、月末辺りから管理人さんが新型コロナウイルスのために管理会社のペイメソッドを変える方針を打ち出したためにナーバスになっていました。

不必要に支払いに関して根掘り葉掘りと確認の連絡が来て変でした。

北米ではまだまだパーソナルチェックで家賃を支払いしている人が多く、私もその一人でした。

こんな慣習が日本にないので、こういうクラッシクな支払い方法がけっこう好きです。

数年前に銀行振り落としを管理会社から勧められましたが、パーソナルチェックを数年分の束を持っていたので、使わせてもらっていたのです。

口座の出入りが頻繁にある人はちゃんと引き落としされるかどうか心配になるので、パーソナルチェックを使用している人がけっこう多いです。

まあ、管理会社は管理人さんにパーソナルチェックの回収を感染対策として社会的距離を取るために住人には銀行振り落としの手続きをリクエストしました。

まあ、パンデミックの間だけは仕方ないと思い、私は条件付けをして自分のバンク情報を教えました。

しかしながら、建前上は管理人さんが回収することにはなっていますが、実際はパーソナルチェックを封筒に入れて、テープでペタっとドアに貼るので、実際には顔を見あって話すことはありません。

そんなことは管理会社も承知であるはずです。

恐らくカナダで大規模なレイオフがあったため、家賃の支払いを拒む住人が出て来るのを予測して、強制的に銀行振り落としさせようとしているのかなと思っています。

4ヶ月はレイオフされた失業者に4ヶ月間は2000ドルを出すことが決まりましたが、まだ処理されていなく、4月の1日は支払われていないので、困っている人はたくさんいると想像します。

私自身、パンデミックでなくても収入と支出のフェードイン・フェードアウトのようなギリギリの生活が好きでないので、そういう生活はしないように数か月分は仕事をしなくても家賃が払えるようにはしています。

ところが、世の中には支出や消費がメインになってしまう人も多く、レイオフをされてから仕事を失って経済的な危機に陥る人らがたくさんいます。

生活保護もケベック州ではポップに手続きして、親と同居であろうが取得して平然と暮らしている人がけっこういるのです。

生活保護を受ける場合、ちょっとでも貯蓄があると取得できないらしいです。

日本の場合、そこに至るまで社会的スティグマがあって、ちょっと後ろめたい気分になるのではと想像します。
社会的スティグマとは、一般と異なるとされる事から差別や偏見の対象として使われる属性、及びにそれに伴う負のイメージの事を指す。社会的スティグマは特定の文化、人種、ジェンダー、知能、健康、障害、社会階級、また生活様式などと関連する事が多い。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やっぱりお金の問題は精神に及ぼすので、ケベック州の新型コロナウイルスの感染対策やカナダ連邦政府の対応が早かったので、私自身も経済的不安を軽減できたので良かったと思います。

むしろ、どちらかというと、これから先はカナダの経済状況がどのようになるのか不安です。

トランプ大統領率いる、米国連邦政府も最近、2.2兆ドルの援助パッケージを発表しましたが、アメリカ人全員に約束された1,200ドルの小切手は4月の後半まで到着しないので、家賃の支払いで苦労する人がいるそうです。

大家さんや不動産会社も家賃抜きでは商売にならないだろうから、大変だけど家賃は収入の3分の1くらいは誰でも払っているでしょうが、それでも割合的に大きい金額なので足りない人はいるでしょう。

経済的な心配あって外出自粛などは、なってはならないものです。


2020年3月18日水曜日

トランプ大統領の言いなりのカナダ

トランプ大統領がカナダと米国の重要でない交通は国境閉鎖しました。

決断がいつも「エイヤぁあああ」と早いですね。

Twitterで速報ですから、お手軽です。

トルドーはトランプ大統領に同意しました。

同意するにもメイクが必要なのかしら、いつものろりと準備されてからです。

USで圧されたコロナ感染者がカナダに入ってきたらたまったもんじゃないです。

カナダ内の国内旅行の制限を除外していないようですが、検討するとのことで、誰か専門家に相談でもするんでしょうか。

だから、元演劇の教師って連呼されるんですよ。

250億ドルを投入して労働者と企業を支援するようですが、今ですか?

この発表って!

空からギリギリに入って来た旅行者が外出しまくっている様子をメディアで取り上げられ、大人しくしているケベコワ市民がブーイングしていました。

何も遊び場が閉ざされてフラストレーションをぶつけるのはSNSとかメディアですからね。

「こいつら40年間、隔離しろ!」とか暴言満載のコメントがウジャウジャ出され、外国人に本音を隠す余地がありません。

無責任にも程があるとブーイングの荒しでした。

メキシコ人とヨーロッパ人らの旅行者ですが、ケベック州のどこもかしこも閉まっていて残念だと言っていますが、頭がおかしいと言うより、ラテン系って複雑な事を考えるが苦手な人がけっこういるので、言っても無駄です。

雑菌を寄せ付けない消毒剤を持ってますと堂々と答えているくらいですから、あっぱれ!

自国に帰れなくなったら強制送還しかないでしょう。


昨日、メトロに乗っているとダウンタウンではちらほらマスクをしている人を見かけました。

それと同時に若い男の子たちのグループがあちこちでみられ、恐らく学校がなくて退屈しのぎにブラブラしているのでしょうか。

一昨日より人が出歩いている様子に見えました。

2週間、州民が検疫で自粛なんて無理だろうなと思っているので何かいろいろとあぶり出てきますよ。

モントリオールの韓国レストランGaNaDaRaは過去1か月に2回強盗にあって東アジア人は根拠なく新型コロナウイルスをばら撒いていると偏見と差別されているようなので要注意です。


Labels

ケベック州 81 カナダ 74 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 46 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 13 10 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 トランプ大統領 6 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 パンデミック 4 マスク 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 カナダ緊急給付金 3 ケベック・シティ 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 雇用保険 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 詐欺 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アカディアン 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クリック募金 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 コロナ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 ポスト安倍 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リシン 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ローレンシャン 1 ワクチン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 傍観者効果 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安倍首相 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 森林 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 紅葉 1 経済対策 1 給付金 1 罰金刑 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1