カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル モントリオール. ケベック州 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル モントリオール. ケベック州 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年4月1日水曜日

経済的な心配ってあって外出自粛など、なってはならないもの

出典:AFP時事
ケベック州政府によると、外出自粛は今月の13日までということで、その日付けに近づいたら、仕事開始になるはずですが先がまだ見えません。

トランプ大統領の発言を聞くと、4月末日まで米国民は外出自粛を強いられるなので、国境封鎖が続くとカナダもドミノで経済的活動は完全に戻らないと予測します。

残念なことに集中治療を必要とする重症化の感染者が後を絶たないので、マンパワーと設備の確保でいっぱい、いっぱいでしょう。

感染者数死亡者
米国1744673440
カナダ8591101
ケベック州416231
(4月1日の時点)

本来なら、エイプリルフールのネタでも出て来るのだろうけど、米国もカナダも1日は家賃の支払い日で、月末辺りから管理人さんが新型コロナウイルスのために管理会社のペイメソッドを変える方針を打ち出したためにナーバスになっていました。

不必要に支払いに関して根掘り葉掘りと確認の連絡が来て変でした。

北米ではまだまだパーソナルチェックで家賃を支払いしている人が多く、私もその一人でした。

こんな慣習が日本にないので、こういうクラッシクな支払い方法がけっこう好きです。

数年前に銀行振り落としを管理会社から勧められましたが、パーソナルチェックを数年分の束を持っていたので、使わせてもらっていたのです。

口座の出入りが頻繁にある人はちゃんと引き落としされるかどうか心配になるので、パーソナルチェックを使用している人がけっこう多いです。

まあ、管理会社は管理人さんにパーソナルチェックの回収を感染対策として社会的距離を取るために住人には銀行振り落としの手続きをリクエストしました。

まあ、パンデミックの間だけは仕方ないと思い、私は条件付けをして自分のバンク情報を教えました。

しかしながら、建前上は管理人さんが回収することにはなっていますが、実際はパーソナルチェックを封筒に入れて、テープでペタっとドアに貼るので、実際には顔を見あって話すことはありません。

そんなことは管理会社も承知であるはずです。

恐らくカナダで大規模なレイオフがあったため、家賃の支払いを拒む住人が出て来るのを予測して、強制的に銀行振り落としさせようとしているのかなと思っています。

4ヶ月はレイオフされた失業者に4ヶ月間は2000ドルを出すことが決まりましたが、まだ処理されていなく、4月の1日は支払われていないので、困っている人はたくさんいると想像します。

私自身、パンデミックでなくても収入と支出のフェードイン・フェードアウトのようなギリギリの生活が好きでないので、そういう生活はしないように数か月分は仕事をしなくても家賃が払えるようにはしています。

ところが、世の中には支出や消費がメインになってしまう人も多く、レイオフをされてから仕事を失って経済的な危機に陥る人らがたくさんいます。

生活保護もケベック州ではポップに手続きして、親と同居であろうが取得して平然と暮らしている人がけっこういるのです。

生活保護を受ける場合、ちょっとでも貯蓄があると取得できないらしいです。

日本の場合、そこに至るまで社会的スティグマがあって、ちょっと後ろめたい気分になるのではと想像します。
社会的スティグマとは、一般と異なるとされる事から差別や偏見の対象として使われる属性、及びにそれに伴う負のイメージの事を指す。社会的スティグマは特定の文化、人種、ジェンダー、知能、健康、障害、社会階級、また生活様式などと関連する事が多い。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やっぱりお金の問題は精神に及ぼすので、ケベック州の新型コロナウイルスの感染対策やカナダ連邦政府の対応が早かったので、私自身も経済的不安を軽減できたので良かったと思います。

むしろ、どちらかというと、これから先はカナダの経済状況がどのようになるのか不安です。

トランプ大統領率いる、米国連邦政府も最近、2.2兆ドルの援助パッケージを発表しましたが、アメリカ人全員に約束された1,200ドルの小切手は4月の後半まで到着しないので、家賃の支払いで苦労する人がいるそうです。

大家さんや不動産会社も家賃抜きでは商売にならないだろうから、大変だけど家賃は収入の3分の1くらいは誰でも払っているでしょうが、それでも割合的に大きい金額なので足りない人はいるでしょう。

経済的な心配あって外出自粛などは、なってはならないものです。


2020年3月28日土曜日

個人用防護具(PPE)の怪

今日のケベック州・新型コロナウイルスの感染者数が2498人、そのうちモントリオールは1219人です。

まだまだ検査を受けた人の結果や症状が出て来た人が出ているので減速とは言い難い状況です。

テレビで重篤患者を世話する医療従事者の様子を見ていて、顔にフェイスシールドを付けないとN95を付けようが新型コロナウイルスに曝露しやすいことがよくわかります。

今、パンデミックでどこの国も医療現場で個人用防護具(PPE)不足が叫ばれています。

48歳の米国看護アシスタントMGRなど、ゴミ袋を防護ガウンの代用にしていたらしいですが、曝露したのでしょう、陽性反応が出てからあっけなく亡くなってしまいました。


中国は武漢発祥の新型コロナウイルスによるピークは過ぎて、自国を称えと声高々にして、マスク外交をしているが、ほんのちょっと前にカナダ政府はマスクを含む個人用防護具(PPE)を16トン送っていました。

実はカナダの医療現場でマスクと個人用防護具(PPE)が不足しています。

■16トンの内訳:以下

フェースシールド 50,118、
マスク 1,101、
ゴーグル 1,820、
医療用カバーオール 36,425、
ニトリル手袋 200,000、
エプロン 3,000

ジャスティン・トルドー首相率いる自由党は、なんで感染ピーク過ぎた中国に自国民を危険にさらしてまで個人用防護具(PPE)を送ってしまうのか不思議です。

それに自国民には患者と医療従事者以外は不足を避けるためにマスクを買わないようにして呼び掛けていたのにです。

元々、あった備蓄は自国民の分も含めたものでしたが、自国民へは肘で押さえろとか日本人にとって意味なしの防護方法を常識レベルまで強いられたのにです。

カナダに備蓄がどのくらいあるのか、はっきりわかりません。

ただ、何となく個人用防護具(PPE)は600個の人工呼吸器を中国に生産してもらうために発注したと言っているようなので外交カードにされたのが、何となくわかります。

これはカナダが人工呼吸器が足りないということも言えるので、だれもが重篤になったら呼吸困難で死ぬ率も高いということでしょうか。

カナダ国内ホッケー用品メーカー、「バウアー」は医療従事者のための保護バイザーを作るために製造ラインを変更する提案をしているようです。

必要物資は国内生産で賄うくらいの生産力は持ちたいものです。


個人でも小集団に出向く時に何かないかなと思って思いついたのがサンバイザーですが、紫外線も防げて良さそうな気がします。( ´艸`)

雨よけのレインバイザーなどもあって、雨でお化粧が流れないようにするにも良いかもしれません。


進化版で偏光フェイスバイザーなんてあるんですねぇ~!

これって紫外線が差したら、暗くなっていくからお布団を干す人に日焼け止めクリームを塗る必要がないからいいかもしれません。



まあ、モントリオールでフェースバイザーを付けたら目立つので何かと訊かれるかもしれないけど、夏季に入って新型コロナウイルスが終息しない場合、外で個人用防護具(PPE)の代用として気づかれずに済むのを期待できるかもしれないです。

これで顔を隠したら、太陽の下でシールドが真っ黒になってマスクを付けているのも見えませんね。

冬は首の周りにマフラーを巻けば、マスクが隠れて済んだんですけどね。

日本のように堂々とマスクをつけたり、紫外線用の傘をさしたりするのにためらいます。

2020年3月27日金曜日

カナダの新型コロナウイルス緊急給付金にまつわるアレコレ

金曜日の時点で感染者が2021人、死者が18人のケベック州です。

猫2匹連れてドルバル(エアポートの側)に住んでいるBFのアパルトマンに疎開して、ずっと引きこもっています。

テレビつければ連日新型コロナウイルスに関するカナダ連邦政府とケベック州政府のニュースで失業した身である私は緊急給付金に関するトピックは避けることが出来ません。

連邦政府が月額2,000ドル失業者を支援することを約束しましたが、その条件に新型コロナウイルスの危機が始まってから連続14日間、収入がないことです。


例えば、先週までフルタイムで働いていた人が健康上の理由で勤務時間を週に6時間になった人は対象外で別枠の手当になるとか、ケースが複雑で質問が殺到していました。

普通の失業保険の場合、過去一年間に住んでいるエリアによって600h~700h働いていないと資格がないですが、緊急給付金の場合は過去1年間に5000$以上働いていれば、現在失業中の人でも給付されるということで、自分が仮に仕事が見つかっていなくても対象だったので良かったと思います。

例えばワーキングホリデーでカナダで過去一年間で5000$以上働いた人も対象になるので申請できます。

でもビザが申請中とか有効でない場合は話が別だと思うのでサービスカナダに問い合わせた方がいいですね。

会社から2週間で再開するはずの仕事が3週間に伸びて4月13日までと連絡が来たが、あくまでも目安で米国政府、カナダ政府とケベック州政府しだいです。

月額2,000ドルの緊急給付金は4か月間続き、その後は普通の失業保険の給付額(大体、月額1,000ドル前後)になるようですが、4月か5月に会社に戻れば関係ありません。

月額2,000ドルをもらっても後にそのうち200ドルほど後にTAXとして支払うので、実質的に月額1,800ドルの緊急給付ということです。

家族に働き手がたくさんいたら、引きこもっている間は家賃と食べるぐらいなら何とかなる金額ですが、そこそこの良い収入をもらっている人が消費を我慢したり、ローンの返済で追われている場合はきついでしょう。

学校の先生などはレイオフ期間でも100%働いている時と同じ給料をもらってラッキーだなと思いました。

自宅で動画を使って教育も出来るだろうという意見もありましたが、未だにパソコンやスマホがない家庭もあって一筋縄ではいかないようです。

本当かしら!?とにかく、学校の先生は勝ち組ですよ。

こういう緊急給付金などが出た後、重要な仕事をやっている人らは仕事を休めない人がまだいて、決して医師や看護師などのように給料をもらっていない人がたくさんいます。

スーパーや重要な仕事を支える物資を製造している工場員など、最小時給で働き月額2,000ドル満たないのでブーイングが出ました。


考えてみれば、仕事に行くのに地下鉄やバスに乗ってリスクを背負っているわけで、自宅でじっとしながら緊急給付をもらっている方が労働者より額が高いのは変な話です。

直ちにケベック州政府は正して差額分の給付を月額2,000ドル満たない労働者に支給することを発表しました。

これはあたりまえでしょう。

2020年3月12日木曜日

早めに寝ると起こる怪奇現象

怪奇現象

ああ、またか!

昨日、下の階から物凄い音です。

なんか大きな鈍器でどついたような音だったような気がします。

数年に一回ぐらい、耳元かと思うくらい大きな音がして、住人が管理人さんに連絡することもありました。

今朝、管理人さんに連絡したところ、誰も住んでいないとのことです。

その件に関して終息したはずだけど、またですかと言われてしまった。

生活に支障があるようでしたら、また連絡してくださいとのことです。

2012年から、このアパルトマンに暮らしていて、2015~17年ごろに下の階に入居した住人が出たり入ったりと頻繁に起こり、前の亡くなった管理人さんが私の所にやって来て、うちは大丈夫かと訊きに来たことがありました。

何か大丈夫かっていうと、心霊現象とかハッキリ言われたので吹き出してしまいました。

個人的には毎度のことで、どちらの件でと突っ込みたかったのですが、何もないですよと答えておきました。

心霊調査員を入れて、それ結果しだいでエクソシストを招くかもしれないなんて真顔で言ってた今は亡き管理人さんオジサンの顔が忘れられません。

結局、心霊調査員からレノベーション(日本でリニュアル)を勧められ、霊が通りにくい不自然なドアを通路につけて通り道を変えたようです。

そのレノベーションの後、夜中にノックされて小さいドアの小窓から見たら、全身真っ黒な人が立っていましたが、道に迷ったのでしょうか、もちろんドアを開けませんでした。

その後は殆ど明け方まで起きていることが殆どですが、ヘッドフォンを付けて音を鳴らしていることが殆どなのでノックがあっても気づかないのでは思っています。

パソコンに向かっている時に人が後ろをパーと通ることが何度もありましたが、レノベーション以降は滅多に気配を感じません。

しかし、猫の視線は気になります。

誰もいないのに、私の後ろを見たり、速攻でベットの下へ隠れて出てこないこともたまにありますけど。

日照時間が早くなった分、それに合わせて早く寝るようにしていますが、お化けさん達は不評らしいです。

なんか馬鹿げたことを言い出しますが、怪奇現象多発地帯に住んでいます。

メディアにさらされてないですが、目と鼻の先にある交差点の信号怪奇現象の誤作動は道路整備のおかげで一昨年で終息しました。

それまで、毎年夏に死者が出るほどの交通事故が出て、たまにぶつかった瞬間の鈍い音を聞くこともありました。

この交差点は幽霊がよく歩いているようで、夏はケベコワのガキがあちこちから肝試しに来ていてうるさく迷惑でした。

今は明るい電気がコンコンと付いている24hのデパナ兼ガソリンスタンドがあるので、今ではそういう雰囲気はありません。

数年前まで、ウチの窓から見える道路向かい側の3階、右から2件目の窓に男性幽霊がいて、トロントにいる知人のアダムというメディアム(霊能者)に上げてもらったのですが、最近また戻って来たようで、立っていることもしばしあります。

古い地図を探して自分の住んでいる場所を見ると、路面電車がすぐ近くに通っていたので、人がたくさん住んでいた事実があり、何があってもおかしくないと思います。

一時期、心霊調査団に入って活動はしていたけど、あまりにも霊のお持ち帰りが多く、スマホ等のOA機器が故障する問題やメガネやイヤホンなどの必需品が消える現象などがあったので、きっぱりやめました。

かっこいいお兄さんのお持ち帰りでモノが無くなったり壊れたりするのも良くないけど、見えない上に話さない霊は気持ち悪いです。

出来るなら、ハッキリ見えて話してくれると一番ありがたいのですが、ヴィンテージの霊はアジア系を怖がっているのか、差別しているのか話したことがないのでよく分かりません。

去年、モン・ロワイヤル公園と職場でハッキリ見えたので、チャンスはなくないと思います。

手さばきの良いカメラの購入も検討してみようかと思っています。

早目に寝ると、明晰夢と悪夢の問題もありますが、早めに寝ると何らかのアプローチがあるってことは交信が出来るチャンスでもあるので、しばらくは早めに寝てみようと思います。

Labels

ケベック州 62 モントリオール 54 カナダ 34 新型コロナウイルス 15 移民生活 15 雑感 10 日本 9 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 移民 6 フランス語 5 差別 5 治安 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カスタマーサービス 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 モントリオール. ケベック州 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 金融システム 3 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 トランプ大統領 2 バランスボール 2 パンデミック 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 幽霊 2 気候 2 無人化 2 2 犯罪 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 電気自転車 2 5G 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 イスラム教 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 スピリチュアル 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 フィギュアスケート 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ロックダウン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 事故 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 安楽死 1 密売 1 密漁 1 座業 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1