カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 事件 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 事件 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年7月21日火曜日

自暴自棄の向こう側

event_note7月 21, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
もうブログで2回上げている話題だが、ケベック・シティ近くにある森の中である親子(父親と娘二人)が路上で車の事故を起こし、忽然と消えた事件だが、アンバーアラートで大騒ぎになって、ノーラとロミーの父親見つからず迷宮入りしました。

その後、森の中で若い娘二人は見つかり、既に殺害されていました。

殺害方法などは報道されず、かえって想像を掻き立てえるので頭に残ります。

父親は見つからず、12日の19時にやっと見つかったと報道されました。

[EN IMAGES] Mort de Norah et Romy: Martin Carpentier retrouvé

Martin Carpentier a été retrouvé sans vie dans la forêt de Saint-Apollinaire, lundi soir, après 12 jours de recherche et la fin tragique de la plus longue alerte Amber de l'histoire du Québec. * À lire aussi: * À lire aussi: * À lire aussi: Martin Carpentier retrouvé: "Le monsieur était trop paniqué.

報道では森の中で遺棄された娘たちから7キロ離れたある民家のガレージ裏で首を吊ったようです。

捜査中、専門筋の協力の元、ありとあらゆる建物の地下や民家のガレージや小屋の中を探しましたが、見つからないままでした。

とは言え、森の中に集落があり舗装された道路が施されているので、ランニングする住人などが異臭に気づいた人もいたようでした。

ガレージの所有者もそこに住んでいて異臭はあってもケベック州の森ですからラクーンなどが屍になれば異臭がするので、まさか人間だとは思っていなかったと思います。

なんでこんなことになったのかなど、あまり詳細な情報はないですが、事実婚していた元GFの女性から別居を言い渡されて、それを受け入れられなかったようでした。

現代のケベック市民は結婚を選択せず所帯を持つのが割と一般的ですので、離婚を宣告されたのも同然だったのでしょう。

女性にも理由がなくて別れを告げたわけじゃないので何かしろ理由があったのでしょう。 

ただ、娘二人を自殺の道連れ、いや殺害したという事実がその父親が母親に対する当てつけだということが分かります。

元GFの女性が最も大事にして愛していた娘らを殺して彼女が苦しめということでしょうか。

この自暴自棄のパターンは2009年、ケベック州で起きたガイ・ターコット殺害事件を思い出させます。

心臓外科医の男性が元GFだった女性から家庭内暴力を機に別居を言い渡されから和解して旅行を企てるまでに戻ったが、女性が他の男性と関係があることを知り憤りから、二人の間にいる子供二人を殺害して、彼自身も掃除用のクリーナーを飲んで自殺を図りました。

子供の殺し方が惨殺でした。

5歳の息子を27回殺傷して、3歳の娘には19回殺傷してしまいました。

ここまでやるとは元GFの裏切りに対する悔恨の激しさを表しています。

彼女の大事にして愛するものを崩壊して悲しませようとしたかったのでしょう。

血を分けた子供らでも自暴自棄になれば、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いということです。

心臓外科医ですから、血しぶきなどは何とも思わないと思いますが、自分の子供を何回も殺傷するパワーと負のエネルギーなど、よほどの動機と理由がなければ出来ないもので、自暴自棄そのものです。

殺害者はインターネットで自殺方法をリサーチして窓ガラス用クリーナーを飲んで死のうとしましたが、同僚医師により命はとりとめて今は17年実刑生活を送っています。

Guy Turcotte killings

Guy Turcotte, a Canadian cardiologist, murdered his two children in Prévost, Quebec, Canada, on February 21, 2009. He stabbed his five-year-old son 27 times and his three-year-old daughter 19 times as they slept in their bedrooms. Dr. Guy Turcotte, born April 21, 1972, worked with his wife, Dr. Isabelle Gaston, at Hôtel-Dieu de Saint-Jérôme, a hospital in Saint-Jérôme, Quebec.

自分一人で孤独死ということを選ばず、裏切った相手を地獄へ引きずり込むという悔恨のパワーはすごいものです。

一見、自暴自棄から肝っ玉の据わった殺害に見えますが、私にはそう見えません。

なぜなら、元GFに悔恨があるなら、ダイレクトに攻撃して自分も一緒に逝くというのが普通だと思うのですが。。(もちろん、攻撃するのは良くないことです! )

モノにあたる感覚で子供を惨殺する、これは自暴自棄で完全に脳内はブラックアウトです。

相当な覚悟で所帯を持たないと理想的な家庭モデルに見えても一瞬で転落の底に落ちます。


2020年7月13日月曜日

ノーラとロミーの父親見つからず迷宮入り

event_note7月 13, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
アンバーアラートで大騒ぎの続きです。

森林一色の行動で事故が起きた後、忽然と消えた父親とその娘ら二人、残念なことに茂みの中でノーラちゃんとロミーちゃんは帰らぬ姿として発見されました。

目撃者の話によると、事故車の中を覗いたカップルがアイスクリームが半分溶けて落ちていた様子を見ると、一時間前にコンビニで親子三人が車に乗っていた事と思われています。

アイスクリームが完全に溶けていない状態って、消えてから時間が経っていない様子が生々しいです。

しかしながら、車に乗る前は娘ら二人がお気に入りのアイスクリームを買ってあげていた事実があることから父親の愛情はあるのではと思わせます。

この父親、家庭内で児童虐待歴もなく、地元ではボーイスカウトの進行役をしていたなど、ごく普通に外向性を持ち平和で平凡な様子を動画をメディアで見ました。



Une vidéo montrant Martin Carpentier refait surface

Martin Carpentier, en fuite depuis quatre jours et toujours recherché dimanche par les policiers de la Sûreté du Québec (SQ), était animateur scout.

自分の子供を殺すって衝動的に殺してしまうことはあっても計画的に殺すとなれば、それ相当の理由がないと実行できないと思います。

衝動的に殺してしまったら、自首か自害を想像させますが、そうでなかったら自害が逃走以外に何があるでしょうか。

前者でも後者でも森で行き倒れになるのが予想されるので、捜索をずっと続けられているわけだけど、見つかりません。

第三者に巻き込まれて子供は殺され、父親はその第三者と何らかの因果関係で連れ去られたなら納得いきそうな話ですが、それも相当な理由がない限りあり得ない話です。

森の精霊がいたら、頼みたいところですが。。。

娘らの母親が崩壊して泣き崩れていた様子を見ると、見るに堪えないです。

それまで何の変哲もない平凡な暮らしをしていたのに父親であるBF(ケベック州で事実婚の間に子供がいることは普通にある)が車で娘らを連れ出したら帰らぬ姿になってしまったわけです。

メディアで母親と父親の中で何が起こっているのかは何も言わない様子だと、これは保護で我々が知る権利がないものですが、事実関係を知らないので彼に何が起こったか何も知る余地がありません。

私個人としては母親が泣き崩れる姿などをメディアでさらすよりも事件の真相を分析する様子をメディアで取り上げてもらった方がより関心を持つのですが。。。

見つかったとしても動機や事実を知るのに時間が掛かり、我々が忘れたことに小さく報道されるのがケベック州のやり方です。

日本のようにメディアで容疑者のバックグラウンドなどの分析はしません。

もうちょっと父親が娘らと消える前の事情などを知れたらと思うのですが、繰り返し繰り返し捜査の様子ばかりでした。


Actualité

Soyez informé de l'actualité et des nouvelles de dernières heures grâce au Journal de Québec. Faits divers et judiciaires, politique et nouvelles mondiales.

Labels

ケベック州 81 カナダ 74 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 46 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 13 10 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 トランプ大統領 6 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 パンデミック 4 マスク 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 カナダ緊急給付金 3 ケベック・シティ 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 雇用保険 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 詐欺 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アカディアン 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クリック募金 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 コロナ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 ポスト安倍 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リシン 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ローレンシャン 1 ワクチン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 傍観者効果 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安倍首相 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 森林 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 紅葉 1 経済対策 1 給付金 1 罰金刑 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1