カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 先住民 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 先住民 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年2月20日木曜日

先住民と支持者による鉄道封鎖で食べ物が消える

event_note2月 20, 2020 editBy 4pattes
昨日、冷蔵庫が空っぽだったから、近所のファルマプリ(小規模なチェーン・スーパー)へ買い出しに行ったら、商品棚がスカスカ状態の所があったのを覚えています。

平日はあんまり買い物に行かないんで、こんなもんかと深堀りしませんでした。

ところが、まさかの先住民とウェットスウェットエム族の支持者による鉄道封鎖の影響でモノがなくなっているのかとメディアを見たら思いつきました。

ジャスティン・トルドー首相が外遊に出ている後半ぐらいから、この先住民と支持者による鉄道封鎖が始まっていました。

畜産業はプロパンガスがなく鶏が寒くて死んでしまうだの、経済的ダメージをメディアに述べていたのを横流しに見ていました。

この人たち、先住民とウェットスウェットエム族は何が気に入らないのかと言うと、自分たちが主権であって、領土に新パイプラインを建設するとはけしからんとカナダ全土を走る鉄道線を封鎖して抗議デモ活動しています。

ジャスティン・トルドー首相は警察を介入して強制終了させる気もないですね。

一人占いでもして、どうしようかって迷っているんでしょうか?

ケベック市民は職を失う人、食べる物資もなくなり、イライラしながら、どうなるのか様子を見ていますが、やっぱり我慢が出来なくなったのでしょう。

ケベコワは10分も黙っていたらストレスが溜まりますからね。( ´艸`)

サウスショアのサンランベール駅近くの鉄道の遮断に腹を立てた市民がやって来て、デモ隊に向かって通路を通過するように頼みました。

本来、これは市民がやることではないですが、政府が動かないと自分たちが動かないと生活が成り立たないという実際的な問題です。

カナディアンナショナル(CN)が南部鉄道線の封鎖を終了する裁判所命令を取得しました。

ケベック首相のフランソワ・ルゴーは、木曜日の早い時期に、バリケードは差し止め命令が出されたときにサウスショアの市警察によって解体されると述べていた。

ですが、抗議者は差止命令をまだ受けていないと述べた。

一体、どうなっているんでしょうかね。

平和的解決どころか、こういう典型的なコミュニケーション不足が発生しています。

モントリオールとケベックシティ間、ビア・レイル鉄道の再開は金曜日の終りまで延期されたと発表がありました。

モントリオールとオタワ間のサービスは、土曜日に再開する予定で、ウィンザーとケベックシティの完全な回廊のサービスは、現在日曜日に再開される予定です。

このおかげで、水曜日にビア・レイルの従業員1000人は一時的に解雇になったようです。

お気の毒ですが、呪いにならないようにお願いします。

オカ・クライシスを忘れてはいけません!


2019年12月15日日曜日

アメリカ先住民に対して根強い差別

ケベック州の至る所に見かけるプロヴィゴというスーパーマーケットがあるんだけど、ちょっとありえない人種差別があった話があったみたいです。

メディアに嘆いたのがケベック州先住民女性(FAQ)の会長、ヴィヴィアン・ミッシェルさんによると、娘の友人がプロヴィゴ・ロングイユ店のレジ係に彼女がアメリカ先住民であるという口実でアルコールの販売を拒否したそうだ。 

彼女はビデオを手元に隠して裏を取り行ったやり取りの様子を公開したのです。 

ビデオを撮りながら、彼女がレジ係に娘の友人がアルコールを買う際にアメリカ先住民かどうかを尋ねたかの事実確認をした。 

レジ係の言う分はアメリカ先住民にアルコールを販売するのは禁じられているとその日にポストにいたマネージャーの指示を守っただけのことだと言います。 

彼女は、この件に関して憤りを感じ本当に差別的であること、そして差別を指示したマネージャーと状況について議論すると言い、人権委員会に苦情を申し立てるつもりであることを示しました。 

この件に対する苦情を実証する証拠を得るためにビデオ撮影していると主張しています。 

「もし我々が戦う必要があれば、我々はそれに対して戦うだろう。 「差別の形態は、プロヴィゴでさえ、どこでもあることがわかります」と彼女は嘆きました。 

「我々はアルコール中毒患者の集団ではありません。 私達は文明化された人々です」とFAQの会長と追け加えました。

もう内部調査は始まっていると思いますが、プロヴィゴ・ロングイユ店内で責任転嫁しまくりか、とぼけてそんなことを言った覚えはないと逃げるでしょう。

何しろ、ケベック州で謝罪する人なんて見たことがないので、FAQ側がとことん戦う気でいるから、絶対に訴訟します。

レジ係は1日ぐらいの謹慎処分でマネージャーは事実が実証されたら解雇に間違いないと思いますが、こんなの氷山の一角で差別は消えません。

人種差別って誰も持っていて隠すのが下手な人や純粋に無知な人はポロっと本音を出して問題を起こしてしまうのです。

ビデオ撮影したFAQの会長さんって、なんの曇りもない完璧なケベックの仏語を話します。

この土地で生まれて言語バリアもなく教育があっても、先入観で差別されてしまう現実が存在と戦わなければならないことにいら立っているわけです。

差別がなくなるのはあまり期待しないけど、上手く隠すというか、露骨に表さない努力はするべきだと思います。 

Labels

ケベック州 62 モントリオール 54 カナダ 34 新型コロナウイルス 15 移民生活 15 雑感 10 日本 9 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 移民 6 フランス語 5 差別 5 治安 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カスタマーサービス 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 モントリオール. ケベック州 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 金融システム 3 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 トランプ大統領 2 バランスボール 2 パンデミック 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 幽霊 2 気候 2 無人化 2 2 犯罪 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 電気自転車 2 5G 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 イスラム教 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 スピリチュアル 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 フィギュアスケート 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ロックダウン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 事故 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 安楽死 1 密売 1 密漁 1 座業 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1