カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 医療崩壊 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 医療崩壊 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年12月14日土曜日

手術待ちを何か月も強いられたら

待てない!
心臓外科医が心臓手術を待っているケベック州患者さんが4カ月未満で少なくと12人亡くなっていると警告しています。

1年で何人お亡くなりになっているんでしょうかね?

大雑把に掛け算すればいいってもんじゃないです。

インドからたくさんの看護師がケベック州に移民に来ますが、仏語がネックで他州へ去って行きます。

人手不足なんですが、仏語憲章がある限り外国人の看護師はケベック州で働くのが難儀です。

この待期期間中に亡くなるリスク率が手術に関連する合併症で死亡するリスクよりも大きくなっているようです。悲しすぎます。

最新のデータによると、1057人の患者が手術を待っているらしいですが、2014年の待機リストには700人しかいませんでした。

ナースをやっている友人の話によると、一人で大体7人の患者さんを看るとか聞いたことがあります。

それに専門性が違うから、当然プレッシャーのかかるような現場は人手不足ということでしょう。

夏の間は圧倒的な人手不足で医療スタッフのバカンスが取れないことも予測されています。

手術を問題なく成功させるには専門的な技術を持ったスタッフのチームワークということで、手術室と集中治療室での看護師と灌流技師が不足が主な問題のようです。

このように人の命を預かるプレッシャーのある仕事をヴァカンスを諦めてまでする気はないだろうから金銭的なインセンティヴとスケジュール調整で引き留めるしかないでしょうとのことです。

この手術待機させられた患者さんの一人がフェイスブックなどを利用して手術を急ぐように不平不満をたらした後にその人の手術が施行されたケースもあるようです。

自分を守るの自分しかいない、公の場で大自己主張しかないわけです。

藁もすがる思いでお願いする気が本当にわかります。

ここで生まれてここで育ったら、他所の国に行って手術を受けるというのは難しいです。

医療スタッフ側も全然悪いことをしているわけでもないし、人間だから休息が欲しいのは当たり前、敵に回されないように医療システムの改善を俊足にやらないと、犠牲者が次から次へと出てくるはずです。

一番いいのは病気にならない、予防に徹することが大事です。

Labels

ケベック州 44 モントリオール 38 カナダ 19 移民生活 15 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 日本 7 モントリオール交通機関 6 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カスタマーサービス 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 新型コロナウイルス 4 治安 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 5G 3 DNA 3 アトラクション 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 金融システム 3 アカディア人 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 気候 2 無人化 2 犯罪 2 祖先 2 観光 2 電気自転車 2 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 イスラム教 1 エクササイズ 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ダンゴムシ 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 バランスボール 1 フィギュアスケート 1 ベル・エポック 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 事故 1 五十肩 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 安楽死 1 密売 1 密漁 1 幽霊 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 法案21 1 1 砂糖小屋 1 空港 1 腰痛 1 自動車 1 運動療法 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1