カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 土壌改良 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 土壌改良 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年2月24日月曜日

ダンゴムシは土壌改良するウルトラマンだった

event_note2月 24, 2020 editBy 4pattes
モントリオールでも原っぱや荒れ地があるので、子供の頃に出会った生き物や植物に出会うと懐かしさで一杯になります。

たまたまジャガイモの大袋に乱入していたダンゴムシを見て、子供の頃に母親が「便所虫」と呼んでいたので、即座に調理する気がなくなってしまったことがあります。

そもそも何で母親がダンゴムシを便所虫と呼んで私に駆除するように扇動したのか当時は気にもしませんでした。

今、たまたま知人に話したジャガイモに潜んでいたダンゴムシの件でメールにリンクがついていたので、ちょっと読んだらイメージが変わってしまいました。


ダンゴムシは虫じゃない

ダンゴムシは昆虫ではなく、甲殻類です。

甲殻類は、保護のために多くの部分から作られた硬い殻を持つ動物です。

クルっと丸まっている防衛姿勢はウルトラマンぽくないけど、手堅いやり方ですね。

蹴られても飛ばされても生き延びるんです。

ダンゴムシはエラを介して呼吸し、生き残るために水分が必要です。

水の中に生きる甲殻類っぽいんですが、水に浸されて生きることはできないようです。


ダンゴムシの生息場所

英語話者がローリー・ポーリーなんて呼んで、仏語話者がローリーなんて呼んでます。

枯れ葉をかき集めて肥料にしようとするときにダンゴムシが転がったように丸くなって発見されるからと想像します。

母親が呼んでいた便所虫とは程遠い言葉の響きですが、一概に否定できません。

日本の水洗トイレが一般普及したのが1970年(昭和45年)辺りですから、それ以前は汲み取り式で、よく昭和的日本家屋にあるトイレの中を覗くとウジ虫が生息していて、ハエになる前に駆除する戦いをしていたのを覚えています。

日本家屋のトイレに下窓があるのと有機物がたくさんある汲み取り式タンクの関係上、ダンゴムシも便乗して、人間がはばかる場所に上がって来るのがダンゴムシでした。

トイレにはトンボも蝶も蛾も来ますが、飛べない甲殻の質感は扱いはウジ虫と同等だったのでしょう。


ダンゴムシは土壌改良をする

てっきり大量発生したら、駆除する生き物だと思っていましたが、実はそれほど有害ではないのです。

ダンゴムシは土壌改良する救世主であり、ウルトラマンでした。

ミミズと一緒で多くの暗く湿った環境で見つけることができます。

土壌の腐敗物質を餌にするダンゴムシですが、餌と一緒に取り込んでいる重金属(鉛カミドミウム、ヒ素など)のような毒素を除去するのです。

分解速度を高め、有機物をより早く土壌に変え、最終的に植物の成長を助けることにより、土壌を助けます。

ダンゴムシは極めて人間にとっては薬を使わず自然な方法で取り除いてくれるので有り難い生き物でした。

ダンゴムシは 重金属を吸収し、体内で結晶化する能力があるので、他の種ができない環境で生き残ることができるバケモノと言っても過言ではないでしょう。

要は、 生きるために一日中糞と腐った野菜を食べて、自分の糞を食べて体中の失われた銅を取り戻すのです。

ダンゴムシの欠点

ダンゴムシはピットブルのように人間にとって危険ではありません。

植物に何らかの損傷を引き起こす可能性があります。

これらの虫は、若い植物の葉や根を食べて、繊細な芽に害を与えます。

園芸や自家栽培をやっている方は頭が痛い厄介な存在だけど、土壌に殺虫剤を撒く前に少し考えて自然な方法で駆除することも考えた方がいいかもしれません。

Labels

ケベック州 62 モントリオール 54 カナダ 34 新型コロナウイルス 15 移民生活 15 雑感 10 日本 9 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 移民 6 フランス語 5 差別 5 治安 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カスタマーサービス 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 モントリオール. ケベック州 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 金融システム 3 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 トランプ大統領 2 バランスボール 2 パンデミック 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 幽霊 2 気候 2 無人化 2 2 犯罪 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 電気自転車 2 5G 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 イスラム教 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 スピリチュアル 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 フィギュアスケート 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ロックダウン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 事故 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 安楽死 1 密売 1 密漁 1 座業 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1