カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 心霊 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 心霊 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年6月12日金曜日

頭の上に光の柱が人を思い出した

ソファで寝だしてからだいぶ経ちます。

寝室のベッドで眠ると腰痛を起こしたり明晰夢を見たりして疲れるんです。

先週、胸に小さな国旗が付いているT-シャツを着て、チノパンを履いている65歳くらいの米国人男性が私の寝ているところに座っている夢を見ました。

もう、それは夢だと自覚していたので、面白半分にその男性に顔を見せてと言ったら、私の方を凝視して「あぁ」と言ったら、その夢は終わりました。


ネットで話題になった「This Man」が初老になって出てきたので、もしかしてゲリラ・マーケティングに洗脳されたのかなと思っていました。

しかしながら、This Manの顔を見ると、夢で見た男とだいぶ異なるので、私が過去に会った人の誰かだろうと思ったのです。

とにかく最近はメディアが平気でウソをつくので、お金のためだったら、知らぬ間に潜在意識をコントロールされても不思議じゃないですからね。


This Manも仕掛けられた都市伝説で, 結局は売宣戦略だったようです。



まあ、本題は明晰夢に出て来たオジサンですが、思い出しました。

都市伝説じゃなく、ガチで不思議な方で実在します。

モントリオールにスピ系の施設に出入りしていて、ワークショップを勧められたので参加しました。

ニューヨーク州のリリーデール村で牧師(霊能者)をやっているジョン・ホワイトさんでした。

霊のお持ち帰りしていい思い出がないので施設名は伏せておきます。


とにかく、北米の恐山とは言わないけど、そう言うところからイタコのような人らがワークショップをするのですが、参加者が主旨とはずれている人ばかりだったのです。

Reverend John White

null

ジョン・ホワイト氏のリモートビューイングのワークショップに参加したんですが、ここへ参加する人の狙いは他界した身内とコミュニケーションを安価で取りたいだけです。

個人的な話を持ち込んで進行の邪魔が入り前に進みません。

ホワイト氏も質問をランダムに振って、ほぼ満遍なく誰にでも発言させる機会を持たせましたが、なぜか私だけスルーされるのです。

まあ、その時はあんまり気にする程でもないし、そのうち自分の方にも振って来るだろうと思って、他の人がホワイト氏とコミュしている様子を見ていました。

Lily Dale, New York

Lily Dale is a hamlet located in the Town of Pomfret on the east side of Cassadaga Lake, next to the Village of Cassadaga. Located in southwestern New York State, it is one hour southwest of Buffalo, halfway to the Pennsylvania border. Lily Dale's year-round population is estimated to be 275.

すると、「あれ!? 」と不思議な現象を発見してしまいました。

ホワイト氏の頭の上に光の柱が刺しているのです!

下を向けば光も同じ方向に傾きます。

光の限界がなく、外に行けば伸びているはずです。

最初、頭のてっぺんに懐中電灯でも載せているのかなと思っていました。

出来る限り腰を浮かせて頭の上を見ようとしましたが、落ち武者のように髪がないのにあり得ません。

せめてバーコードのような薄毛があったら、くくり付けられるでしょうが、この現象を見て一人で苦笑いしていました。

ここで、「はい、これはどっきりカメラかモニタリングです! 」とか言ってくれれば良いんですが、ガチで光の柱が刺しているので私の頭がおかしいのか、ホワイト氏から知らない間に催眠でもかけられたのかと思っていました。

これは本人に訊くのが一番だと思い、リモートビューイングの実践をチェックしに来た時に「頭の上の光が気になって練習に身が入らないんですが、それって何ですか? 」と質問しました。

そしたら、「これは〇✖□カエル△□xxxですよ。 やっぱり見えていたんだね。 」と大天使のような長い名前の神様だと説明してもらいました。

実を言うと、変なモノは見ますが、スピ系で使われている言葉、チャクラとかタントラとかプラーナーとか苦手というか、精神世界にのめり込んで宇宙とコンタクトを取っているとか言い出されると引いてしまうんです。

どちらかというと、科学で不思議な現象を明らかにして解明してもらいたいんですが、生きている人間から発している超常現象をガチで見ると説明をしてくれる学者がどこにもいなく残念です。

せいぜい、脳科学者が脳科学の見地から説明できると思いますが、こういうサイキック系の人から発する光や炎のメラメラしたオーラって、仏像の後輪や後光があるから、誰かしらはこの現象をしっていたはずです。

私自身、ネットでこの現象を調べると、法輪功という学習者から放たれている功柱というブログと映像を見つけました。

説明によると、修行で次元が高くなると功の柱がグルグルと上がっていくようですが、興味がある方は読んでみるのもいいでしょう。

これが本当なのかそうでないのか、あなた次第(どこかで聞いたことのあるフレーズ)です!


【今週の映像】人間の頭上の不思議な光柱 - (大紀元)

http://www.epochtimes.jp/jp/2009/05/html/d75239.html


Labels

ケベック州 72 カナダ 62 モントリオール 55 新型コロナウイルス 40 モントリオール. ケベック州 39 移民生活 17 日本 12 雑感 10 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 マスク 2 ロックダウン 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ緊急給付金 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1