カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 新型コロナウイルス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 新型コロナウイルス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年7月2日木曜日

トイレは蓋を閉めて流すのを習慣にする

起きがけから最悪な知らせがありました。

BFの仕事先の最高責任者から、彼が一緒に働いている女性がコロナに感染したのでしばらく様子を見て気を付けてくださいとのことです。

しばらく様子って14日間以内に症状が出るかもしれない、しかも一緒にいた私、そして猫2匹もドミノで感染の可能性があることです。

パンデミック中はレイオフでも週に1回は何らかの仕事に出ていたので、そんなに他の人と接する必要がなかったのに、たまたま大声てベラベラと話すアラブ系の中年女性なので飛沫感染してもおかしくないと思います。

まあ、これでケベック・シティ行きは中止になりました。

テストでも受けるかと提案しても、マスクを一切つける気はない上に本人がテストをやる気なしなので放置プレーにすることになります。

なんだかんだ、今までモントリオール中州内に出かけていたので無意識に感染して無症状の可能性もあります。

都市封鎖がほぼ終わったタイミングでこういう機会は増えるのでマスクは出来るだけ付けて出かけたいと思います。

ところで、パンデミック中に話題になっていた話で感染しやすい場所がトイレって聞いた以来、トイレの蓋を閉めて流すようになりました。

出先で公衆トイレの蓋を閉めるケースってあまりないんですが、そのまま流すと水の粒子と一緒にコロナ菌が空中に106.5cm舞い上がって、70秒ぐらい浮遊するそうです。

ちょうど鼻のあたりにコロナ菌が浮いているので、マスクをしないと思いっきり吸い込むということだそうです。

そればかりではなく、水の粒子ですから必ず衣服やサイドに置いた携帯電話やフックにかかっているバックなどにも付着することになります。

これは絶対にトイレの蓋をしてから流すことが大事なのは一目瞭然です。

しかしながら、公共のトイレはけっこう込んでいて7,8人くらい長蛇になることもあり、前の人が用を足してから70秒間もボケっと待っているわけに行けません。

これは普段あまり人に使われていないトイレに目を付けて出かける前に自分の膀胱と会議をしてから出かけるしかありません。

感染爆発したヨーロッパや北米は初期段階でマスクをつける人もそんなにいなかったので公衆トイレなどで感染されたのでは想像したくなります。

今のケベック州にある高齢者施設は個人の部屋でもトイレはお隣の人とシェアをすることがあるので、これはお隣が感染したら一発感染するのは当たり前です。

ケアギバーの中に若い女性が亡くなったケースもありましたが、トイレなどの介助をするのはメインなくらいの仕事なのでリスク大だと思います。

まだまだ、誰もが気を抜かないで最善の努力をする必要があります。




Fermez le couvercle des toilettes, svp

Tirer la chasse peut propulser des particules de virus à plus de 1 mètre au-dessus du sol.

2020年6月10日水曜日

ハゲネズミか空飛ぶ犬、それともキツネに見える?

忌々しい生き物扱いされそうだけど、コウモリってユニークで面白くないですか?

一般的に英語でBATとかFLYING FOXと
言われ、キツネか犬に翼が付いているみたいに見えますね。

フランス語でCHAUVE-SHOURIS(ショーヴ・スーリ/ハゲ・ネズミ)なんて言われて、確かにネズミにも似ています。

食べる人らと飼う人らがいますが、私は後者の方だと思います。

インドネシアと中国、或いはパラオで姿焼きやスープに入れて食べるようですが、コウモリの口が開いている時点でアウトです。

どう見ても顔がキツネか犬にしか見えません。

一応、ほ乳類だから少し感情があって懐くのではと思いましたが、やっぱりそうでした。


絆があり過ぎます。

飼い主の顔を舐めるくらいですから可愛くてしょうがないのでしょう。

翼は気持ち悪いですが、お腹はモフれるでしょう。

幼いコウモリのケガや病気の手当をして自然に返す保護活動している女性の動画を見ていますが、飼育係を信頼しきってクークー超音波のように喉を鳴らしているのがカワイイと思いました。

こういう保護活動の人はワクチンと訓練を受けているので一般人の人には安易に触れないので見るだけすが、猫や犬を撫でているのと変わらず反応もほぼ同じです。


コロナのウイルス起源がコウモリと言われていますが、十分にキャリアを持っているのは当然ですが、コロナウイルスを持っていても耐性があるのでアメリカの研究者たちは理由を模索しようと加速しています。

2人のアメリカ人研究者が助成金を受け、10種類の標本を研究する予定です。

どっみちワクチンもウイルスが変わると対応できなくなる可能性があるので、大本のコウモリを調べるが筋なんでしょうね。


Les chauves-souris dans la mire de chercheurs

Probable source de l'actuelle pandémie, les chauves-souris ne semblent pas souffrir particulièrement des coronavirus comme celui qui cause la COVID-19. Des chercheurs américains veulent comprendre pourquoi et ainsi accélérer la recherche d'un remède.

2020年5月28日木曜日

一万人の介護職員を採用するに至るまで

いきなりモントリオールに真夏が来ました。

夕方の気温が34℃だったらしく、ニュースを見ると暑くてフーフー言ってるケベコワが目立ちました。

7月になると雨が多く2週間ぐらいは日本のように蒸し暑くなりますが、気温が高くても湿度が低いので、日の当たらない室内にいてば汗が出ません。

ところで、連日ケベック州はコロナの死者を出しています。

水曜日の時点で89人の死者数ですが、総数4228人中の64%は長期高齢者施設で感染したのです。

この日のICU患者が184人と生死と闘っている状態ですが、長期高齢者施設以外の市民は制限解除と同時に経済活動に戻ります。

必ずしもコロナ前のような生活ではないですが、コロナと共に生活します。

一昨日、2018年度にUSとカナダの国境にあるロクサン・ロードにたくさんのハイチ人がカナダへ難民をもくろんでトルドー首相は受け入れました。

あれから生活保護を受けながら、低賃金労働をして難民として永住権を待っていたようですが、ケベック州政府に高齢者施設に労働者として付けられてハイチ人の一人がコロナ感染で亡くなったのがメディアに流れました。

私自身、何で感染問題になっている長期高齢者施設にハイチ人の難民が働いているんだろうと疑問に思っていました。

その時、嫌な予感がしたんです。

恐らく、ハイチ人はハイチクレーオールを話しますが、フランス語を解するのでケベック州政府が人員不足を埋めるために付焼刃で難民を感染の巣掘へ送ったんだと思います。

ケベック州の高齢者は英語を話せない人が殆どです。

何年か前に長期高齢者施設を出入りしている時、介護職員やその他の仕事をやっている人の様子を見て不審に思ったことがありました。

介護職員の仕事って想像できると思いますが、高齢者の排泄、食事、その他は移動や入浴の介助、入浴に行かない日は体をベッドの上で洗います。

ですが、ベテラン介護職員の仕事を見ていても素手でやっている人、手袋を付けても排泄処理を終わった後にベッドの手すりを何度も触り、そのまま別の部屋へ行く人とか見かけました。

部屋に入るときと出る時に消毒液を手に付けるようですが、見る限り入年に手を洗っている様子は見たことはありませんでした。

バスやメトロで医療従事者用のユニフォームを付けて通勤している介護職員も見かけたりもしたので意外と介護職員の倫理的行動規範が緩いのか、教育内容が薄いのかと思っていました。

ハイチ人難民ですが、どうも多くのハイチ人がパンデミックの間に高齢者施設へ労働の糧として送られたようです。

きちんとした書類はなくても、前に介護職をやっていたと主張しただけで、第一線の現場に付けられ、その他は掃除、配ぜん、洗濯などの仕事をやっていたようです。

これらの亡命申請希望者はケベック州政府に用意されたイーストエンドのコンディションが悪いアパルトマンに大人数で住んでいたのもあって、医療従事者経由でクラスター感染が起こったと思われています。

実際、パンデミックの人手不足の高齢者施設にカナダ軍が補助に入り、状況に関するレポートには人員不足による感染拡大,経験不足の人員による医療用防具の不適切な使い方について指摘してあったことが注目されています。


まあ、生きていくのに必死で死者を出すとは思わなかったのか、一般的に複雑なことを考える国民じゃないハイチ人が人権派団体を通して、ことの理解を得た時に自分らが危険にさらされていることを不当に思い、政府に永住権のプロセスを急がすためにデモを起こしていました。

カナダ軍の補助的援助もトルドー首相自身、そう長く続けるつもりはなくても、ケベック州政府ルゴール首相は9月15日まで延長を依頼し、それまでに1万人の介護職員を埋めることを決断しました。

6月中旬から9月中旬まで、介護職員希望者のケベック市民を集め、集中コースを行い、コースを受けている期間は週に760ドルの手当を付けるそうです。

長期高齢者施設で雇用されるとすぐに、初任給は1時間あたり26ドル、つまり週あたり940ドル、年に49,000ドルになります。

最小時給が13.10ドルですから、3か月の集中コースでインスタント公務員って凄いプログラムだと思います。

STMのバス運転手並みの初任給ですが、税金は相当に持っていかれることは言及していないです。( ´艸`)

フランス語圏なので、飛びつくのはフランス語を解するアフリカ
系とフランス語にシフトするのが難しくないラテンアメリカ系の移民と亡命希望者になるでしょう。

第2波に備えての一万人採用なので需要に対して供給がある場合は仕事難民になる可能性もあります。

ただ、看護アシスタントの時間給が21.57ドルスタートなので、ひょっとしたら介護職員が高くなるというのも教育の長さを比べると変な話です。

まあ、今まで介護職員が安すぎて搾取されまくっていたから仕方ないけど、この辺はどう議論されて行くか注目したいと思います。

2020年5月16日土曜日

真実はひとつ、やがて明らかになるでしょう

ちょっと前までスティーブ・バノン氏のインタビューを見ていた後に昨日の言論テレビに出演した安倍首相を思い出して吹いてしまいました。

スティーブ・バノン氏、一言でいうなら、元トランプ大統領の側近で極右としられ、強面ですが、女性と話す時は優しい一面を見せます。

今はメディアにバンバン出て保守派の言論人として、あちこち声をあげています。

武漢P4研究所の科学者が亡命した件に関して何か知っている様子ですが、インタビューでは言及しませんでした。

彼の言論を聞いているとトランプ政権が何をしようかと思っていることを代弁するような感じで答えている様子を見ると、本気で中共をゴミ箱に葬るつもりでいます。



スティーブ・バノン氏は中共が怖がっているのは自国民だと言い切ってました。

現地で調査してウイルスのDNAの配列を確かめないと人工ウイルスかどうか分からないと言っていましたが、やがてわかるでしょうと意味深というか確信めいた含み笑いをしていました。

ヒエェ、トランプ大統領とどこか似ています。

一方、安倍首相ですが、言論テレビで相変わらず話下手な感じではありますが、WHOに検証を提唱する方針でいるので、日本の立場は主張していくつもりではいるそうです。

一応、たくさん払っているんから、それぐらいはさせてもらわないといけません。

気迫がイマイチな安倍首相ですが、どっちみちWHOも中共も逃げられないと思います。

真実はひとつ、やがて明らかになるでしょう。

2020年5月15日金曜日

いよいよ2次補正決断はダイナミックな財政出動を

自宅自粛のため完璧な昼夜逆転の生活になりました。

5月25日までは早めに起きても意味がないです。

陸路の国境と空港のオープンになるのが6月21日まで延長になりました。

自粛生活3か月目に入ると思います。

14日付でコロナ死者131人、ICU191人ですよ。

州政府はマスクを非医療用マスク(布マスク)を義務付けたいところだけど、予算は付いても生産が間に合わないとか理由付けしています。

最初は医療用マスクを市民に買われるを恐れて、咳は肘で押さえろという衛生指導でしたが、今じゃマスクを何とかつけさせようと躍起になっているのです。

ダメだ、こりゃ!



気になる日本の経済政策、財政政策


ところで、今日は時差を逆手に取り、ケベック州の早朝に【言論テレビ/櫻LIVE】第395回 - 安倍晋三・内閣総理大臣 × 櫻井よしこ(21時放送)を見ていました。

安倍首相が生でライブに出て胸の内を話すなんて、こういう状況でいいことです。

櫻井よしこさんは穏やかな口調でやんわりと言いたいことをオブラートに包みながらズバッと質問をぶつけたり、意見を言ったりと頼もしく、安倍首相の方はぎこちなく彼女の意図を組みながら答えていた様子です。

どちらかと言うと、安倍首相の口から経済対策などの企てを聞きたいところでしたが、もしリフレ派の有識者らと対面で話す機会を見れたらと願います。

一方、緊縮財政派か只のマス「ゴミ」のおバカな質問のおかげで、麻生副総理兼財務大臣が追加のコロナ支援策実行で2次補正予算案に国債を刷るというような言動をちらつかせていたので、どのくらいの規模なのか決断が気になります。

ショボいクーポン券とか言わないでほしいですよね。


藤井聡先生によると、政府の周りにいる経済専門家4人が増税派でコロナ税を提言しているようですが、ちょっとこれではお先が真っ暗になりそうです。

一揆でも起こして覆さないとダメでしょうか?




2020年5月13日水曜日

大人になってからのツベルクリン反応とBCGワクチン

偶然とも言えないBCGワクチン接種国のコロナ死亡者数が少ないと言われて、日本国民はBCGワクチンを打っているから被害が少ないなど話題になっていました。

BCGワクチンと言っても、生まれてすぐに打って、小学校でツベルクリン検査して陰性が出たら、列に並んでハンコ型のBCGワクチンを打たれた記憶があります。

でも、それで免疫を得ても10~15年くらいの効果しかないと言われ、何でこの話題が出たんだろうと気になりました。


遺伝子組み換えBCGワクチン


最近ではそれが本当なのかどうか、ドイツ・スペイン・オランダ・オーストラリアで新型コロナウイルスのBCGワクチン効果を検証する臨床試験が始まっています。



ドイツで行われる臨床試験は遺伝子組み換えのBCGワクチンを使われるようなので、我々日本人が子供の時に打った生ワクチンではないようです。

BCGワクチンは結核症のためだけじゃなくガンの治療に使われていることもあるので、大人用が存在するということなんでしょう。


BCG説 日本で死者が少ないのはナゼ?


ただ、やっぱり日本人が受けたBCGワクチン接種がどのように作用して効果があるのかのメカニズムを知る必要があるのが気になって動画を見ていたのですが、あるお医者さんの説明が分かりやすかったです。以下



説明を引用(以下)

BCG-弱毒性結核菌ワクチン
リンパ節の細胞の中で冬眠して生き続ける。

ナチュラルキラー細胞とマクロファージを活性化している。
結核菌が肺に吸入された時に腕の付け根の脇の下でメモリーにされていて、それが発動するようです。

結果的に重症結核にならなくて済むようです。


BCGワクチンとツベルクリン検査と反応

コロナ死亡率とBCGワクチン接種政策の関連グラフで見ると臨床試験が行われるほど関連性を見せるのはと誰もが思いたくなるのが不思議ではないようです。






上記の動画で面白かったのが、子供の頃に打ってもらったBCGワクチン打った人が大人になってツベルクリン検査の免疫反応が増強されるブースター効果が起こるということです。

というのが、だいぶ前に私は医療機関に出入りするので予防接種を受けたのですが、ツベルクリン検査で陽性になりました。

40代の後半でしたから、子供の頃にBCGワクチン接種をしてから軽く15年以上は立っているのですが、25mmとばっちり陽性反応が出て、マギル大学の胸部研究所で胸部レントゲンを撮る羽目になりました。

動画の医師は60代で一回のツベルクリン検査で20mmと出て、思い起こすと医療現場で結核患者から曝露しているはずだと言っていました。

もしかしたら、私もBCGワクチン接種した後に誰かから曝露された可能性があるかもしれません。

いずれにしても、マギル大学の医者にレントゲン結果と健康状態の問診があり、特に異常はなく結核を発症しているわけではないとのことです。

これが60歳を超えたあたりにツベルクリン検査を行って陰性になったならば、免疫が落ちたということが確認できるかもしれないので、7年前にツベルクリン検査をして良かったかと思っています。


ツベルクリン反応とBCG 公益財団法人 宮城県結核予防会

複十字健診センター 看護科  kan@jata-miyagi.org 健康相談所 興生館 看護科 kokan@jata-miyagi.org 結核菌感染の有無を知る一つの検査法です。 ただし、結核菌に感染したか、類似の非結核性抗酸菌に感染したか、BCG接種の影響であるかの区別は、ツベルクリン反応だけでは判断できません。 ツベルクリンのなかみは? ...

2020年5月5日火曜日

コウモリ女が出て来て結末を迎えるのかな?

ケベック州の商業施設が5月11日に再開されるはずだったのに18日に延長されることになりました。

しばらくは世界の動きを眺めているしかありません。

中国がウイルス危険性隠蔽した件で米・トランプ大統領が懲罰を課す意向を示すというニュースが流れて来てドキドキします。

武漢研究所起源説の信ぴょう性が日に日に明らかになっていく様子が分かるので、映画でも見ているような気分になります。

【漫画動画】新型コロナウィルス拡大で、中国が胸をなでおろす!?


ポンペオ国務長官はメディアでハッキリと中共ウイルスは武漢の実験室から来たものだと述べました。

また、米国土安全保障省の報告書によると、中国共産党はこの疫病を隠蔽すると同時に、医療品を大量に備蓄していたことが明らかになりました。






ある中国人が、新型ウイルスで封鎖続く中国・武漢 50日間の記録を撮った動画を見ました。

昨年の12月中旬には病院にコロナらしきの症状を持った人らがけっこう病院にいたようなので、1月22日の封鎖が始まるまで中共は何をやっていたのだろうか。

この疑問は中国人の間でもあったようです。

本当なのかウソなのか、武漢研究所で「コウモリ女」と呼ばれている主任研究員の石正麗(ジェンリー・シー)氏が機密書類を持ち出して既にフランスに亡命したらしいが、それが本当ならすべてが明らかになります。



コロナ対策でWHOが中国寄り!? 国連工作は昔から得意だったからね



新型コロナウィルスは中国の武漢研究所から漏れた!? 4つの理由



何か胸騒ぎがして、このウイルスって本当に自然発生なのかというのが最初に思ったことですが、ここまで大事になるとは思ってもいませんでした。

しかしながら、トランプ大統領に対する評価は賛否両論ですが、ここまで中国を追い詰めた首相や大統領っていましたっけ?

みんなはれ物に触るような扱いをした腰抜けばかりです。

選挙戦を控えているとは言え、果敢に体当たりする姿勢は評価します。

2020年5月4日月曜日

WHOによるカナダの免疫証書が出て来た

event_note5月 04, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
毎日静かに自粛生活しているのですが、朝9時に寝て午後15時に起きる生活が規則正しく続いていました。

日中に起きてもお店がどこも閉まっているし、天気が良いと外に行きたくてソワソワするので、日中を半減するために変な時間に寝ています。

先週は公園へ出向いたケベコワ市民が社会的距離を守れなかったり、2人以上のグループで一緒にいた人などは罰金を課されていたそうです。

この後は公園の周りで路駐禁止令が出ました。

しかしながら、ケベック州政府は経済のV字回復するために焦っている様子を見せていますが、ケベコワ市民の方はそれほどでもなさそうです。

非常にユルくて無防備なのは元コロナ陽性者で免疫抗体を得たのでしょうか?

ケベック州のなかでモントリオールの住人がカナダで一番テストを受けているので、感染者数も毎日800人、900人、1000人と出て来る時があります。

感染者数はそれほど気にならないですが、やっぱりICUの数とか死者数などを年代別にみると、やっぱり60代以下はあまり重症化にならない方が多いので経済活動を始めた方がいいじゃないかと個人的には思っています。

世界的に経済活動が始まるのが今月末辺りで、ケベック州では普通に仕事が出来るのが目安で25日です。

私の場合、自分の勤めているところが米国で封鎖している州の殆どの会社と取引をしているので、カナダと米国の陸路(国境)、又は空路(空港)が空かないと始まりません。

カナダ国内にいるなら、どこへ行っても軽い尋問程度(コロナに感染したか否か、国外に出ていたか)で済むけど、国外に出ていくときは厳しさが増すのかと不安になります。

ニューヨークシティなど抗体検査などは感染者を封じ込めるために新たな感染者がどこで、どのように発生しているか、知る必要があるとして病院から新たな患者から収集する考えを示していて、ケベック州もその話が浮上したけど、ぽしゃっています。

トランプ大統領によると、米国では今年中にワクチンが用意できるようなことも言っていたので、コロナ2派・3派と収束するまで2,3年はかかると思うので、ワクチンも各国で差が出るだろうから、免疫証書など記録されたものを自分で持っていてもいいかもしれない。

私が言っている免疫証書とは義務で持つものではなく、あくまでもワクチンの記録であって、その辺で受けた抗体テストの免疫証書ではありません。

カナダから国外に出て行くときに予防接種を打つこともあり、効力も切れることもあるので記録が必要ということです。

けっこう両腕にバカバカと打っているので旅行用クリニックで免疫証書を作っていただいたのを思いだして、探したら出てきました。

カナダ政府のロゴとWHOのロゴが付いていたので、カナダ在住者だったらアフリカや南米に行く人などは同じものを持っているのではと思います。

モントリオールは犬猫などワクチンを打っていないとシッターさんに預けられないんですが、人間もパンデミックを起こすような流行り疫病のワクチンを打っていないとアクセスできないことになったら嫌ですね。


2020年4月30日木曜日

トルドー首相、2言語公用制の敬意に欠きフランス語話者の逆鱗に触れる

トルドー首相が英語の表示しかない消毒剤の輸入を許可する決定を下してフランス語話者の逆鱗に触れてしまったようです。

ケベック州で60代ぐらいまでは英語を曲りなりに話せる人がけっこういますが、それ以上の世代はフランス語しか話せない人がけっこういます。

トランプ大統領が漂白剤を飲んだらと冗談を言った先にメディアのプロパガンダで彼の発言を切り取られて、米国市民の中で漂白剤を誤って使用してしまう例があるように、英語が読めないフランス語話者が消毒剤を誤って使用してしまうのは大変危険です。

ニューブランズウィック州出身のアカディアンでありフランス語話者の上院議員ルネ・コルミエから、思いっきり批判されました。

カナダの2言語主義というアイデンティティーだけでなく、消費者の安全性を懸念して、フランス語話者への敬意に欠けているとのことです。

トルドー首相はフランス語話者からお灸を据えられるのはあんまり好きじゃないと思います。



ジュスタン(ジャトルドー(トリュドー)首相は安倍晋三や麻生太郎のように平民とは関わりない所で育ったボンボンです。

彼はフランス系カナダ人名を持つけど、オンタリオ州のオタワ出身で、フレンチイマ-ジョン教育の影響で彼のフランス語は英語訛りがあります。

歴史上、彼のお父さん、今は亡きピエール・E・トリュドーの方がインパクトがあり、風貌はジュスタンと比べると思考能力と気迫が違います。

恐らく、彼は母親似かもしれないです。調べるほど私もそんなに興味がないので話はお父さんに戻します。

ピエール・E・トリュドーと言えば、モントリオールの国際空港の名前です。

何でトルドーじゃなく、トリュドーにしるのかというと、彼はモントリオール出身のフランス系カナダ人だからです。

ここで彼はケベコワですと言えない理由にマルクス主義を好み、米国で共産主義とキリスト教に関して論文を書き、ケベックの独立に反対してカナダを一つの国にまとめ上げた男だからです。

多文化国家カナダの原型を作ったのがジュスタンのお父さんであり、公用語を英仏二か国語にして、カナダのアイデンティティーを明確にして貢献したのです。

お父さんに比べてジュスタンの方はプライバシーを守るために乳母に任せて乳母日傘に育ち、平民と隔離されて育ったのか、英文学、教育学や地理学などと、文系ロンダリングを経て現在に至ります。(パッとしない経歴すっ飛ばし過ぎてすいません!)

お父さんの思想と反して、今は亡きケベック州首相の第23代ルネ・レヴェック(ケベック党:ケベック州の分離独立を目指している)が1977年にフランス語憲章を定めました。

フランス語憲章(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language)は、1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語のみとする法律である。引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランス語話者かフランス系カナダ人としてケベック州で生まれたら、それほど混乱することはないですが、私のような移民だと実生活、特に仕事の場面でどっちの言語も求められるので混乱します。

フランス語話者が職場でフランス語だけしか話せなくても文句が言えない法律が存在しますが、これは恐らく私がケベック市民(永住権から市民権を取る)でなければ適用されないのかと思うところがあり、妙ちきりんな話になりそうです。

下手すると、日常生活で関わりたくないタイプを上げるなら、アラブ系の次に分離独立の思想を持ったケベコワかもしれません。

ケベック州には Analphabétisme (アナルファベティズム)という言葉があり、非識字=文盲という意味です。

15年前に通っていた政府の仏語学校でハッキリと「あなたたちはケベック州で文盲ですよ!」と言われてびっくりしました。

カナダに長ったらしい永住権申請用紙を英語で読んで、記入してカナダに移民したら、ケベック州でいきなり文盲扱い、フランス語をある程度は習得するまで小さくなっていなくてはならないのです。

そんなことに時間やエネルギーを費やすのは無駄だとケベック州にいる英語話者として生きて、このフランス語憲章と対立して一生を過ごす生き方あるし、他州へ引っ越しする人もいます。

でも、このコロナのパンデミックで多くの高齢者を亡くして、これから先は英語を解するケベコワ市民がいるとフランス語憲章が名ばかりになって行くかもしれません。

私の生きている限りではないと思います。

2020年4月29日水曜日

ようやくケベック州の経済活動が5月の末までに再開する

出典: CBC News
ケベック州・ルゴール首相によると、介護施設の外での死者数が少ないことは、いくつかの制限を緩和して経済活動を再開させることが出来るそうです。

週明けから色々と言い訳を聞かされたけど、結局は経済のV字回復をしたいのがズバリ本音でしょう。

シャットダウンが長引くと、中小企業の多いケベック州のオーナーが自殺する恐れもあるし、離婚や親が子供に虐待を始める恐れがあるとかケベック州保険相が言ってました。

実際、最近ケベックの母親が娘二人をナイフで刺した事件があったのですが、11歳のお嬢さんはお亡くなりになって、5歳のお嬢さんはなんとか生き残りました。


家庭内でも一人住まいでも支払いで四苦八苦する人が多いと想像します。

月に5000ドル以上もらっている人とか生活水準とか保てるんでしょうか?

カナダ緊急対応給付金 (CERB) など、レイオフになった従業員に月2000ドルが4ヶ月間振り込まれるなどの対応を取った連邦ですが、実際はオンラインでの手続きはトラブルが多く、未だに受け取っていないカナダ人が多いです。

私は3月の23日に手続きをして、4月8日に2000ドル、20日に1000ドル振り込まれて、まだまだ仕事に戻らないので4月18日まで仕事をしなかった分のレポートをして、次は5月2日までの分をレポートします。

一方、彼氏の方が4月8日に2000ドル振り込まれた後、4月18日まで仕事をしなかった分のレポートをオンライン上でさせてもらえません。

電話を何度もかけても切られてしまうパターンが多く、ここから先に進めない状態です。

同じような現象が物凄い数のカナダ人に起こっています。

まだ、最初の2000ドルをもらった人はましな方です。

私より先に給付金の申請して、一回目の給付金が振り込まれない人もたくさんいて、一日中電話をかけているとのコメントをネット上で見かけました。

振り込みのされ方も多めに来たり、分割されて来たりと意味不明なことをされて戸惑っているカナダ人がいて、本来シンプルなはずの申請が複雑になっています。

仕方なく、彼にはサービスカナダにリクエストサービスという間口を使って、逆に連絡をしてもらう手続き(フランコフォン用)を勧めました。

このようなトラブルに関してジャーナリストがメディアに取り上げてましたが、カナダ連邦政府は沈黙をしています。

何か内部の大きなミスがあったのでしょうか。

トルドー首相がせめて安心させるようなコメントを残してもいいと思います。

2020年4月24日金曜日

集団免疫効果に必要な自然免疫とワクチン

来週あたり、ケベック州政府がロックアウトに向けて計画を発表するらしいです。

2週間前からコロナ感染の被害が少ない子供を保育所や学校に戻そうとちらつかせていたのは覚えています。

親御さんがSNSで炎上していて、その話は一旦引っ込めてはいても、ケベック州政府ルゴール首相がまた集団免疫の考案を提案しているようです。

どっちみち、米国と同期でモノやコトが進むので、ピークに達した米ニューヨーク州のクオモ知事が行っている抗体検査の結果を見ながら、ケベック州でもどうかと比べているのだろうと思います。

ニューヨークシティなど3000人ほど無作為に抗体テストをやった結果、21%で州全体では13.9%ぐらいで、思ったよりは(自然)免疫など獲得できるもんだと思いました。

今後、マスク戦争からワクチン戦争を予想される中、ケベック州はワクチンを手に入れるまで私のような一般市民は2年ぐらいかかるようです。


集団免疫とは

そもそも、集団免疫とは何だろうか?

よく十分な人数が感染するまで待つとか聞くけど、いまいち何でと思うものです。

コロナに限らず、ウイルスなどの感染が拡大し続けて、多くの人らが感染して(自然)免疫などを獲得すれば、ウイルスは新たに宿主を見つけるのが厳しくなり、通常レベル以上に感染症が止まるだろうと言われています。

このような現象を集団免疫と呼ぶようです。



集団免疫効果を得る

■地球上で考えられるのは3つ

1.都市封鎖:
人の移動や3密を制限する一方で検査をしながら感染を防ぐ。

2.ワクチン:
国々で開発されて治験など施されているが時間が1年半から2年ぐらいかかる。

3.集団免疫:
別な言い方をすると、感染して自然に免疫を獲得した人が増えるのを待つ。
それによって集団の中に感染患者が出ても流行を阻止することができる。逆に言えば、ワクチンを打てない人を守ることも出来る。

ケベック州公衆衛生担当ディレクターであるオラシオ・アルーダ氏によると、集団免疫効果を得るにはケベック州民が60%~70%の抗体を発展させる必要があるようです。

もともと濃厚接触の多い慣習があるので体得するのでは容易いような気もします。

Déconfinement: les Québécois devront maintenant s'immuniser contre la COVID-19

Pour éviter une seconde vague de l'épidémie, les Québécois doivent sortir graduellement de leur confinement pour s'immuniser contre la COVID-19.



ワクチンが欲しい

無症状で実は感染していた上に免疫を獲得できたというのが理想的で一番ですが、やっぱりワクチンを売って免疫(抵抗力)をつけて、感染症の発症や重症化を予防したいものです。

カナダ政府はカナダでのコロナウイルス研究に資金を供給するために約2700万ドルを投資しているようですが、いくらお金を投入しようがワクチンにはテストが必要なので1年はかかるでしょう。

その間、移動はやっぱりマスクや手袋など付けるのが常になるので、アジア系に対する偏見などなくなってよろしいと思います。

2020年4月22日水曜日

WHOのテドロス事務局長、昼夜問わず取り組んでいるのは何ですか

今、世界中がコロナ危機の中、不自然な声を出す、自称働き者がいます。

それはWHOのテドロス事務局長って言う人です。

危険とリスクに対する感覚が乏しく、今まで何もかも中国寄りで透明性に欠けてました。

この危機の対応を遅らせ状況はより困難になりました。

彼は適切な仕事をしていません。

米国トランプ政権がWHOに対して資金拠出停止方針を示しましたが、テドロス事務局長はそれでもサポートを望みます。

米国側は資金拠出再開の条件としてテドロス氏の辞任を要求をしましたが、テドロス氏はこう述べています。

「人の命を救うという神聖な仕事に、これからも昼夜問わず取り組む」と強調し、辞任の考えはないとした。MSNニュースから引用

我々はWHOのテドロス事務局長がイスに鎮座しつづけるためのサポートなどに余裕はありません。

出来るだけ早く辞任してしてもらいものです。



WHO事務局長、テドロス・アドハノム・ゲブレイエススの辞任を求める署名先
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


Sign the Petition

On January 23rd, 2020. Tedros Adhanom Ghebreyesus declines to declare China virus outbreak as a global health emergency. As we all know, the Coronavirus is not treatable at the moment. The number of infected and deaths has risen more than ten times (infected from 800 - close to 10,000) within only 5 days.

今さら手作りマスクと公共の場で着用義務になりそうって

ケベック州の国民保健局長アルーダ博士が今さら手作りマスクの着用をお勧めします。

以前はマスク着用に積極的な様子を見せなかった理由に、州民がマスクを無敵と思い、手洗いや社会的距離を取らなくなるのを懸念していたと述べました。

しかし、州民からはこれは建前で、本当は彼がマスクを推奨したら、医療従事者の分がなくなるのを恐れて白いウソをついていたと批判されます。

どうにもこうにも州のコロナ対策に咳は腕の甲を被せるなんて適格ではないと誰でも公認であっただろうと思っていた私だが、実際はそれが常識的な感覚に捉えられていました。

それでも、パンダミックが始まってから、交通機関で手で押さえず咳をする人を私は目撃していたので、本来は医療従事者以外のマスク着用は批判的な目で見られるのを恐れながら市販の使い捨て用マスクを着けていました。


カナダの感染率はケベック州が半数近く占めていて、死者も同様に半数近く占めています。

4月21日の時点:ケベック州における新型コロナウイルスの状況

陽性者数 20126人、死者数 1041人、入院者数 1224人のうち集中治療者が201人

ケベック州政府が米国にちなんで少しずつ経済活動に戻りたい様子を見せる度に批判を食らい四苦八苦している様子が見て取れます。

国民保健局長アルーダ博士が交通機関のような狭い所で社会的距離を取るのは不可能だから、マスク着用を勧めると述べ、Tシャツからどうやって作るか取説ビデオを上げるなどの姿勢を見せていました。

4月20日の時点で、カナダ国内の飛行機の中でマスク着用は義務付けですが、もしかしたら、交通機関、9月から始まるであろう学校や保育所などの3密のような場所でも義務付けになる協議をするかもしれないとほのめかしています。


今、東アジア人が常にマスクをして収束している様子を見習っている州民がけっこういます。

まだまだ、アジア系に対する偏見がありますが、ここへ来て中国の不透明感がグローバルに浮かび上がっているので、自分はあくまでも日本人であると意識をもって日々を過ごしていきたいと思います。

2020年4月20日月曜日

不評3点セットの裏側

event_note4月 20, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
自宅自粛のため概日リズム睡眠障害が出ています。

もともと夜中3時過ぎに寝るタイプなんですが、日に日に4時、5時、6時、7時と寝る時間が過ぎて行き、8時に差し掛かったので今日は眠たくなるまで寝ないつもりです。

起きても今は出かけるところがなく、太陽を見ると辛いので15時まで寝る生活が続きました。

今、レイオフになってから仕事をしないので支障はないですが、一か月以内に夜中3時ぐらいに布団に入れるようにならないとまずい気がします。

ここの所、ケベック州のメディアは相変わらずコロナ一色ですが、もう少しでピークに差し掛かるような感触です、それと同時にごく普通の事件なども取り上げられて来て、それだけでも少し普段を取り戻したような気分になってうれしくなる感覚がちょっと変だと思いました。

それでも時間がたっぷりあるので、日本の様子を伺っています。

なんだかんだ当初の減収世帯への30万円給付から政府が一律10万円を給付することになったんですが、私はすっかり公明党の山口氏の詰め寄りだとばかり思っていました。

実はそうではなく安倍首相も含めて与野党、自民党は若い議員らなど最初から一律10万円案などが挙げられていたようです。

ただ、減収世帯への30万円給付に至ってしまった原因が、どうも総理の周りにいる官邸官僚らから巧みに操られてしまったらしいそうです。

あり得ない低所得者向けで、しかもややこしい手続きで問題がありました。

その官僚ですが、今井補佐官(経産省出身)、彼はマスク2枚配布にも関与しているそうです。

安倍首相の発案じゃないので説明が下手でした。

星野源とのコラボ動画は今井補佐官の子飼いである佐伯秘書官(経産省出身)の発案らしいです。

みんな資金ぐくりが大変な時期に不自然なものを見せられた感がありました。

不評3点セット(1.減収世帯への30万円給付、2.マスク2枚配布、3.星野源とのコラボ動画)

まさに国民軽視がベースで考えられた官邸官僚の発案ですね。



議員に意見を聞かず、なぜか官僚に操られる!?

今井補佐官がどうも安倍首相の昭恵夫人の親戚らしいですが、それだけの理由で議員らの意見を横に多いて今井補佐官の発案を受け入れるとは思いません。

どうしてここ数年、ず~とおかしい!

昭恵夫人のことで、なんか弱みを握られているんじゃないかと思っていたんですが。。。

官邸官僚らから催眠術でもかけられたように操られる安倍首相を見て不思議なオーラを感じます。

どうして閣僚が官邸官僚にこうも取り囲まれてマインドコントロールされるのか、有識者でも答えが詰まることが多いです。

もしかして、総理の周りにいる官僚って安倍首相に催眠術でもかけているのかしら?

麻生太郎がバリバリの緊縮財政の中でチマチマしているし、安倍首相は囲われて魂を抜かれています。

覚醒してもらいましょう!

豊かになった日本へ里帰りするのが夢です。


2020年4月19日日曜日

中国由来のウイルス VS トランプ大統領

武漢研究所疑惑に関して調査しようにも中国側が拒否して、またまたトランプ大統領が批判していました。

いやぁ、トランプ大統領って凄い人だと思います。

中国の初動対応の情報隠蔽の可能性、WHOテドロス事務局長の中国寄りなど米国の国益にならないことだらけで、お金を差し出す理由がないんですね。

先を見ないアクションに冷ややかな米国・カナダ市民トランプ大統領の批判はするけど、何もしないで横にいるアジア系市民に偏見を持ったり差別をするんだったら、私はトランプ大統領が徹底的に真実の追求するのは正しいと思います。


米国の政府当局が2018年に武漢にある中国科学院・武漢研究所でコウモリのコロナウイルス研究をやっている際、安全対策が不十分で懸念を示すと公文書を送った過去歴と複数の情報源があって調査しているようです。

中国の初動対応の情報隠蔽の理由がコウモリのコロナウイルス研究の最中にミスによって収拾がつかなくなってしまったのか、意図的にやったのかによると推測されているようです。


二つには大きな違いがありますが、前者でも後者でも歴史的に大スキャンダルですね。

複数の情報源というのが気になりますが、誰かが曝露したのでしょうか?

仮に真実が出て来ても中国当局は一切認めないのが常です。


カナダのトルドー首相など、カナダの感染者が増えて来て医療防護品が必要な時に敢えて収束に向かっている中国へ16トンほど送る行為がわざとらしく、もしかして中国寄りなのかと想像させます。

安倍首相はへなちょこではあるが、この手の話題は記者団に投げかけられてもスルーして上手く災いを避けました。

本当は日本が米国の尻拭いをして余計にWHOに寄付したくないと思ってくれれば幸いです。

2020年4月18日土曜日

空の旅はマスク着用義務付けでなく治安対策も

カナダ連邦政府の指示に従って、マスクの着用は空港と機内での強制措置になるそうです。

言い方を変えると、他の人を保護するためにカナダの空の旅は医療用じゃないマスク着用義務付けられるということです。

別にマスクじゃないといけないわけじゃないですんが、医療用以外と強調していました。

アべノマスクなんか模範的なマスクですが、別に覆面カバーと言い切れるバンダナとかスカーフでもいいんです。

要はクシャミや咳をする人が手や腕で押えないから、前後と横並びの人はソーシャルディスタンスどころか飛沫のシャワーを浴びます。

ニューヨークシティからマスク着用の動きが出て、トランプ大統領が「俺は付けないけど~」って始まり、カナダ連邦政府の間で話題になって義務付けまで時間が掛かりませんでした。

ケベック州政府や有識者らなんか前向きじゃないんです。

カナダで一番感染者と死者を出しているのに、州のガイドラインで腕で押さえて咳をするなんてマインドコントロールされているからでしょう。

私は個人的にコロナが収束するまで、どこへ行っても着用義務付けしてもらいたいくらいです。



今年いっぱいはどこにいてもマスクを付けようと思っていました。

トランプ大統領の様子を見ると、中国武漢研究所ウイルス流出疑惑に関して米情報機関が徹底的に調査している様子です。


ラボで何らかの出来事が起こったかのようなニュアンスを臭わしているのでアジア系に対する厳しさが増して来るのではと懸念しています。

個人的にこれから自分の持ち物や帽子に日本国旗のバッジやワッペンでもつけようかと考えています。

よく海外旅行をしているとカナダ人は米国人に見られたくないのか、カナダ国旗のワッペンをバックパックに付けているのを見かけます。

最初から付いているバックパックを買う人もいますが、外に出ると自分のIDと異なる国籍と勘違いしてトラブルに巻き込まれるのは嫌ですからね。

個人で治安対策します。


各国でパンデミックでてんやわんやしていて、この話題(中国武漢研究所ウイルス流出疑惑)にはあまり振られていないですが、仏大統領マクロンも違和感を感じているようです。


そのうち真実が暴かれて小説のような展開になったら、世界情勢がガラリと変わりそうです。

偏見や差別から身を守ってトラブルに合わないようにしたいものです。

カナダにいるのに自分の生活が米国およびトランプ大統領に振り回されるのは運命です。

2020年4月17日金曜日

ギャーギャー文句言って騒いで声にする

日本国民に所得制限なしで現金給付1人10万円がばら撒かれることになって本当に良かったと思います。

どういう風にスピード上げるのか緊急事態宣言のライブの段階で決まっている様子はなかったけど、2週間以内には振り込んでもらいたいものですね。

カナダ緊急対応給付金(2000$)は申し込んだのが3月23日で振り込まれたのが4月8日、16日かかりました。

次が4月17日以降に2回目を申し込みます。

4ヶ月迄はカナダ緊急対応給付金(2000$)ですが、それ以上続くと普通の失業手当になります。

それにしても、最後の最後まで二階氏が所得制限付きなどボケたことを言っていました。

この人、インタビューで集中力にかけるのか、トンチンカンなことを言うことがあるけど、大丈夫かしら?

所得の高い人、給料が下がらない公務員や議員がもらっても必要以上のお金がある人は余裕が出るので消費します。

消費すれば経済が回るので、それだけでも給付の役割に担うと思います。

麻生氏はまたグダグダいらん事を言っていました。

財源はと訊かれて麻生氏は国債を刷るって言ったけど、悔しそうに言っていたので思わず「飯うま~♪」久しぶりに言ってしまいましたよ。

そうそう、国債すればいいだけの話です。

大口企業の世話と財務省の顔色見ながらチマチマ仕事をやりやがって!

この人、国民のことを何にも考えていません。

給付金が欲しい人は手を上げてって言ってましたね。

人を馬鹿にしています。

安倍首相に二階氏と麻生氏はクビにしてくれと念を飛ばすしかないでしょう。

ただ、収束するのがいつか分からないので給付金10万円で満足してはいけません。

消費税と所得税の減税0%を目指してギャーギャー声にするのがいいと思います。

政府が消費税を上げたいなら、まずは国民が消費をして経済を活性化させて豊かになってからです。

公明党の山口那津男代表がどんでん返しをしたみたいですが、支持者が創価学会ですもんね。

命張ったと思いますよ。

同じ船に乗っている国民は安倍首相は有識者らとギャーギャー文句言って騒いで声にするのが一番です。

どこが与党になっても大して変わりないけど、安倍首相のどうにでもなるキャラを利用するにはギャーギャー文句言って騒いで声にするのが一番です。

2020年4月15日水曜日

一律給付の方がスッキリして早い

event_note4月 15, 2020 editBy 4pattes forumNo comments
公明党の山口代表が「現金給付」を所得制限つけずに一律10万円、つまり一人10万円ずつ国民に給付するように要求しましね。

政府関係者からも一律給付の方がスッキリして早い
と語る人が出ているそうです。

安倍総理は緊急経済対策の時点で「一律20万円の給付」を周囲に漏らしていたのに財務省と緊縮財政主義の財務省と自民党老害ら(麻生太郎と二階俊博)に阻まれて空中分解しています。

緊縮財政主義の麻生太郎が

一律現金で(給付)をやった場合、貯金に回らず投資に回るという保証は?お金がいま回らないのが問題なんだからリーマンの時と違うよ。

語っています。

リーマンの時、一万円ピヨピヨ配っていたあれですよね。

不作に終わった失敗のトラウマを引きずっているだけで、老けた脳みそが壊れたレコードプレーヤーのように財務省と寄り添って緊縮財政全体主義の中で埋もれています。

私、2006年から日本に帰っていないんで給付される権利はありませんが、選挙権があるので鳩山政権を打倒して自民党をサポートしたのに麻生氏の発言を見てがっくりします。

一回こっきりだったら30万円でもいいのではと思います。

10万円なんて固定費払うだけで終わるような金額です。

老害親中派の二階俊博が所得制限を付けて一律10万円を検討しているみたいだけど、こんなの後で所得税で取れるのに、チマチマ時間をかけて足手まといですね。


自民党内から

補正予算案が成立する前に追加の現金給付を持ち出すと混乱する

と出ているみたいですが、

来週から補正予算案の審議が始まるようですが、本当に遅いです。

それまで緊急に生活資金が必要な場合にどうすればいいかを私の大好きなテレ東ニュースの篠原官邸キャップが解説しています。↓↓



初耳ですが、もう既に出来ているプログラムなので利用しない手はないと思います。

2020年4月13日月曜日

外出自粛4週目、価値観の変化に気づく


疎開のメリット

こんな曇り空を喜んでいるのは私だけだろうか。

疎開先ドルバルの窓から撮ったのですが、曇り空だと外に出る理由がなくなるだけで助かるのです。

天気が良いとドルバルからモントリオール中州の西側にある森へのアクセスが可能ですが、それすらコロナで行けなくなりました。

天候問わず木々の上をたくさんのリスらが上り下り、枝の上を右往左往する姿を見かけます。

生存力の強さを感じますが、リスらが人間が見ているのを気がつくと一斉に窓の下まで人為的な食べ物を求めて接近してきます。

ちょっと郊外に行くだけで花鳥風月や風光明媚に出会う確率が高くなります。

飲食店や歓楽街、交通機関、イベントや政府のサービスへのアクセスを考えて、ずっとプラトーに住んでいたのですが、疫病災害で役に立たないことに気づきました。

ニュースでプラトー住民からソーシャルディスタンスを保つのが難しいという街頭インタビューを見たり、そうかと言えば、3密を見つけたらポリスにメールで報告するようなホットラインがあってたまったもんじゃないです。


必要不可欠なモノに投資


猫二匹と必要不可欠な物を持ってきて、自分のアパルトマンに残っているモノは別になくても影響がないということです。

今まで無作為に消費していたのがよくわかります。

猫二匹と猫グッズ以外は最初にカナダへ来た時とお同じ量の荷物なんです。

非必要なものは断捨離して、必要不可欠なモノにお金をかけたいと思います。

ただ、残っているモノすべての中に生活インフラがあります。

家賃の契約が今年いっぱいあって、インターネット料やハイドロ・ケベックなどの電気代などは空でも払う義務があります。

レイオフになって補償はしてもらっても、私のような移民は無収入生存を考えていた方が安心材料になります。

緊急事態中に日本にいる家族に何かあったら、どこの国からも補償を受けられないリスクどころか、成田に着いたら自費で14日間は検疫しなければなりません。


新しい形態のビジネス


自宅自粛中に買い物に行っても買えない食材に出会いました。

それは小麦粉です。

カフェが閉まっているので、家でパンやお菓子を作る人が増えたのです。

カフェって癒されますからね。

ブレッドマシーンがなくても、ケベック州はどこの家庭でも大きなオーブンが付いているのでスキルがあれば問題がありません。

物置からパスタマシーンを取り出して作る人もいるでしょう。

うどんを作ろうとは思いませんでしたが、マフィンやチーズケーキは頻繁に作るようになりました。

お菓子作りに卵は必須なので、庭があればニワトリに卵を産ませようとまで考えて、無意識にひよこは一匹いくらで買えるのだろうかなど検索していました。

日の当たるスペースで野菜の水耕栽培などは出来ないだろうかなど、時間をかけて検索している自分を客観的に見て人って変わるもんだとつくづく感じます。

こっちでハーブなどは鉢植えから買って台所の出窓にポンと置いて必要な時にむし取るのは常なので難しいことではないです。

物々交換が可能なら自分が生産したものを差し出すことが出来るので、ライフハックやスキルはこれから不可欠だなと思いました。

これから在宅ワークを知られた人向けのサービスも増えるでしょうから、集合住宅に暮らしている人らは衛生管理許可証だけ揃えて仕出し弁当サービスやモバイルカフェサービスなんて出来るのではないかと思っています。

法整備さえ揃えば、学校がなくてお子さんの世話を強いられる主婦の方々とか特別な教育や資本もいらないですぐに出来るサービスです。

米国などアフリカ系アメリカ人がコロナで命を落とした要因の一つが外に出なければならない仕事についている人が多かったようです。

ケベック州の高齢者施設であまり移民の高齢者を見かけないのは経済的な理由もあるでしょうが、高齢者は家族と死ぬまで一緒に暮らすのが当たり前だからということでしょうか。

私の疎開先ドルバルで、ある高齢者施設内で感染がはびこり、シャットダウンしてから一か月内で31人の高齢者がお亡くなりました。

家庭に隔離施設と呼吸器設置の設備投資させるサービスなんかも出て来るかもしれません。

2020年4月10日金曜日

賃貸管理会社と管理人さんのトラブルに巻き込まれた

新型コロナウイルスのパンデミックがどれ程ケベコワ市民に影響を与えたかということを物語る個人的に起こったことを話します。

ケベック州がシャットダウンに入る前、賃貸管理会社から一枚の書類が届きました。

感染防止策として3つのオプションで家賃の支払いをしてほしいとのことです。

1.銀行振り込み
2.銀行自動振り落とし又はE-transfer
3.賃貸管理会社にてデビットカードで決財

普段は住み込みの管理人Cさんにパーソナルチェック(銀行小切手)を直接渡すのですが、それをやらず賃貸管理会社の担当者とメールや電話を通してやるということです。

3月25日(4月1日はケベック州では管理人さんが家賃を集めます)
どれもそれほど難しくないですが, 移動をしなくて済むのは2ですが, 個人的に銀行自動振り落としより, 多少は手数料が取られていいからE-transferにしてもらおうとメールで連絡してみました。

同日
担当者S嬢から一方的に銀行振り込みをリクエストされ, Specimen check (スぺシメン・チェック: 別名 Void check /無効小切手と言い, 小切手の前面に「VOID」と書かれた小切手か書類) を添付してほしいとのことで送りました。

銀行にある自分の口座を開くとスぺシメン・チェックなどがPDFになっているのでダウンロードが出来るので、これもメールに添付すれば簡単なことです。

E-transferが希望でしたが、パンデミック後に通常通りパーソナルチェック(銀行小切手)で決財をするという条件を付け加えました。

その後、返事がなかったので賃貸管理会社の担当者S嬢が自動引き落としの手続きをしたものと思っていました。

3月29日
管理人さんCにしばらくは郊外に疎開しているので、ドアノブに何か要件を残さないようにというメッセージと銀行引き落としの手続きは管理会社S嬢が忘れない限り自動引き落としになるから、パーソナルチェックはあなたの所に持ってこないとの旨をテキストしました。

同日
管理人さんCさんから, 完璧です, ありがとうございましたと返事が来たので後は何も考えず疎開先で引きこもり生活をしていました。

ところが、

4月3日
住み込みの管理人さんCから, テキストメッセージが来ていました。
銀行引き落としがされていなかったから、E-transferですぐに支払いしろと言っているのです。

同日
自分の口座には引き落としに十分なお金も入っているし, 実際に会社, サービス・カナダ, ケベック州政府, ハイドロ・ケベックもスぺシメン・チェックを通して決財が出来ているし, 唐突にE-transferで遅れと言われても相手の情報抜きに何も出来ませんよと返事しました。

同日
管理人さんCから, 「それって一体何?」って訊かれたので、E-transferに関して説明する羽目になりました。

こういうことって管理会社と管理人のコミュニケーションの欠如から起こるのでしょうが、管理人さんCさんが私に求めていることの仕組みがいまいちわかっていないようでした。

賃貸管理会社の担当者S嬢はユダヤ系アングロ・ケベック市民でメールは英語になるのですが、管理人さんCさんが生粋のケベコワですが、頑張って英語でテキストメッセージで送って来て私が英語で返しても混乱してしまい、最後にフランス語でテキストしてやっとわかるというのが続き、非常に厄介です。

借主が移民が増えて、彼女がそれに対応しようと必死なので私もじっと耐えてます。

恐らく、彼女はフランス語が話せない賃貸管理会社の担当者S嬢とコミュニケーションがかみ合ってないかもしれません。

同日
賃貸管理会社の担当者S嬢にもう一度スぺシメン・チェックの書類を添付して以下のコメントしました。

賃貸管理会社担当S嬢様
私の管理人が、私の家賃が銀行で引き落としされなかったようで、すぐに家賃をE-transferで送ってほしいと言っています。
あなたのエラー度忘れしませんでしたか?
このご時世なので、銀行に何日かかるか確認しましたか?
官公庁は同じスぺシメン・チェックで何も問題がありません。
トランザクションも確認しましたが、口座から差し引かれるのに十分な資金があります。
E-transferする前に確認したいと思います。
ボイドチェックのファイルをもう一度追加しました。
あなたが慎重に確認して私へ連絡ください。

それ以来、返事がなかったし、2度もスぺシメン・チェックを送ったのでいい加減分かっただろうと思いました。

ところが、

4月9日
管理人さんCから荒い口調でテキストメッセージが入ってきました。

相当、管理会社から圧力をかけられたのでしょう。

お願いだから、E-transferで家賃を払ってくれと言うことです。

即座にお断りしました。

賃貸管理会社の担当者S嬢から何の返事もないし、E-transferで払った後に銀行引き落としも有りうるから2重支払いを保護させて頂きますと返事しました。

付け加えて賃貸管理会社の担当者S嬢に電話すると言いました。

4月10日
今朝、いやお昼に起きてメールを開けると、賃貸管理会社の担当者S嬢から「遅れてすいません、手続き完了しました!」と素っ頓狂な返事がありました。

なんでこんな簡単なことが上手く行かなく管理人Cさんが私に疑念を持つのだろうかと考えたんですが、やっぱり新型コロナウイルスのシャットダウンでレイオフされた借主が家賃の支払いを渋っているせいでしょうか?

ケベック州では2人に1人(46%)の所有者、つまり大家さん及び賃貸管理会社が4月に未払いの家賃を報告しています。

4月6日までにケベック州の借主185,000世帯が家賃の支払いに遅れています。

ケベック市民は貯金しないのか貯金が出来ないのか分かりませんが、不測の事態を予測して生きていないようです。

私は不安症で日本の家族に何かあったら直ぐに正規運賃で里帰りする準備資金を用意しているし、嫌な職場に長くいるのは好きじゃないので、6か月分ぐらいの生活資金を別口に用意しています。

そんなパーソナルなことは誰もしらないし、家賃の支払いが遅れても想定内でしょう。

しかしながら、賃貸管理会社のS嬢がメールチェックを忘れたと言い訳が出来ないと思います。

いずれにしても仕事が出来ない人にあたったと思って忘れることにします。

COVID-19: un propriétaire sur deux fait état de loyers impayés en avril

MONTRÉAL | Environ 46 % des propriétaires de logements soutiennent qu'en date du 6 avril, ils n'avaient pas tous leurs loyers, indique un sondage publié vendredi.

Labels

ケベック州 81 カナダ 74 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 46 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 13 10 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 トランプ大統領 6 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 パンデミック 4 マスク 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 カナダ緊急給付金 3 ケベック・シティ 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 雇用保険 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 詐欺 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アカディアン 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クリック募金 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 コロナ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 ポスト安倍 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リシン 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ローレンシャン 1 ワクチン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 傍観者効果 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安倍首相 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 森林 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 紅葉 1 経済対策 1 給付金 1 罰金刑 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1