ケベック州モントリオールの出来事と個人的な生活雑記ログ

ラベル 日本 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 日本 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年2月13日木曜日

クルーズ船で感染した12人のカナダ人の行方

3,500人の乗客が隔離とは、改めてクルーズ船の大きさを感じます。

モントリオールにいる日本人の人口ぐらいでしょうか。

そのうち、218人が新型コロナウイルスのテストで陽性であると判断されて、その中に12人のカナダ人もいることが確認されました。

この12人は日本の医療施設に移されて、少なくとも3人は入院が必要ないるようです。

日本の緊急対応チームと領事館の職員がカナダ人に必要な支援をしているようですから、個人的に私は何とかなると信じています。

このうち、ケベック市民がいたとして、モントリオールの対応病院へ送られても、当人の体力と病院側の事情が悪ければ日本にいた方がよっぽどいいでしょう。

むしろ、ラッキーだと思います。

モントリオールの病院は人手が足りなくて外来を閉鎖することもあるし、ERなどで比較的に若く健常な病人は後回しで12時間ぐらい待たされることもざらにあります。

一人病人が増えれば、また一人診療待ち待機時間が増えることを考えると、頭痛がしてくるカナダ医療事情です。

カナダは、地元の公衆衛生当局と調整するために保健当局を日本に派遣したようなので、対応は至れ尽くせりじゃないでしょうか。

ダイヤモンド・プリンセスのクルーズ側によると、日本は優先順位を付けて段階的に船を離れたい乗客を下船させているようです。

最も医学的に脆弱な病人及び乗客は検査結果が陰性であれば検疫施設に移され、陽性であれば保険施設に移されるそうですが、夫婦が殆どの乗客で、片方が陽性だったら分かれば慣れになるんでしょうかね。

検疫センターには、専用バスルーム付きの個室が用意されていて、乗客は必要な処方箋も入手出来る、そして検疫期間中は日本の弁当が支給されるが、特別食や西洋料理などは用意されないそうです。

日本食が好きなカナダ人だったら大丈夫でしょうが、そうでなかったらクルーズ船に残ってダイヤモンド・プリンセス号の食事を嗜んだ方がいいかもしれません。

そうしたい人は許可されているようですから、陰性のカナダ人はクルーズ船で待機してカナダの臨時飛行機でも待った方が良いとかける人もいるかもしれないと想像します。


Japan confirms 12 Canadians on cruise ship infected with novel coronavirus

The Canadian Press 6 hrs ago OTTAWA - Japanese authorities might soon allow people quarantined aboard the Diamond Princess cruise ship near Tokyo, where 12 Canadians have contracted the novel coronavirus, to disembark and finish out their isolation on land.

2020年2月9日日曜日

昭和ベル・エポック

event_note2月 09, 2020 editBy 4pattes
もう、あんまり日本家屋の夢を見なくなってしまった。

見るとしたら、現代的な建物で、どこかの施設ばかりで面白くありません。

出来るなら、昭和ベル・エポック(良き時代)に戻りたいです。

7,8年前ぐらいまで、細い足の白黒テレビの前で兄と一緒に白黒アニメを見ている夢を見たっきりです。

白黒テレビからカラーに変換する頃ってアニメの殆どが白黒ででした。

私の頭の中にある白黒アニメにほんのりカラーが上澄みしている記憶があるんですが、これが切りかかったカラーインジェクターのインクのようでノスタルジックでまさに昭和ベル・エポックです。

テレビの形も細い足からアンティーク家具のような大きめのテレビが普及し始めたのはその後だったと思いますね。

あの時代、これをみんなはスマアト・テレビと呼んでいたそうですが、ダイヤルをグルグル回していましたね

みんな面倒くさがってダイヤルを回す人が好きな番組を見るイニシアティヴを握るのはウチだけじゃないと思います。

左記はスマートフォンをサイドから差し込んでテレビのように見る代物ですが、あの時代にこんな風に見るなんて思わなかったはずです。

こんな発想をしたのは昭和生まれの方でしょうか。

その人もきっと昭和ベル・エポックに思いいれがあるはずです。

テレビ番組をオンデマンドで見るなんて考えられない時代だったから、この黒電話に邪魔されれるのが嫌でした。

当然、録音機能なんてなかったから、母の留守中に電話に出なかったら大変なことになります。

アニメを見ていて放置プレーっていうのがバレます。

電話の子機がクルクルしたワイヤーとつながっていたけど、配慮の効いた施しだと子供ながらに思ったものです。

長電話されるのを親に嫌がれるので、ダイヤルを回す時は音を出さないようにするのが大変でした。

今じゃ、ダイヤルを回すなんてフレーズを使うことはないです。

ダイヤル回線からプッシュフォンに変わる頃が平成前だったような気がします。

電話の権利とか7万円ぐらいで買った記憶があります。

携帯電話が出た頃は売却する時に1万5千円くらいの価値しかなく、だいぶ損をしていますね。

サザエさんなんか見ていて気づいたんだけど、昭和ベル・エポックというより、昭和ノスタルジーで満載であります。

マスオさんの同僚、穴子さん宅はワイヤレスの電話を使っており、マスオさん宅は未だに黒電話を使用しています。

サザエさん一家は「男はつらいよ」の寅さんと一緒で昭和ベル・エポックで完結していますね。

そんなものを見たことがない人は何を言っているかわからないかもしれません。


袋小路をバイクのように突っ走るダイハツ・ミゼットは何とも言えぬ昭和ノスタルジックで、脳の海馬に入り込んできます。

思い出せもしなかった昭和ベル・エポックな商店街がまた、切れかけたカラーインジェクタープリントのインクように中途半端に染め、記憶を紐解いていきます。

2020年1月27日月曜日

日本人らしい振る舞いですが、何か?

さっき、ある在日外国人向けのメディアが外国人に聞きこんで日本人のコミュニケーションや振る舞いに対しての戸惑うことをいくつか挙げた記事を読みました。

背後から'トントン'しないで ⁉  外国人がとまどう日本人の7つの行動 (出典: @Fuji News Network)

私なりに日本の外から見てこの記事内のことに関して感想を話したいと思います。

私は握手はあまり気になりませんが、ハグはあまり好きではありません。

ハグだけならまだしもケベック州では左右対称に頬をつけたり、キスをする習慣があります。

それを一部のケべコワに親しい間柄や顔見知りだったらいいじゃないかと言われましたが、髭を中途半端に剃っている人と頬つけるとピクピク痛いんです。

キスもしてくる人がいますが、あんまり接触したくない人の唾液がベチャっとつける人もいて不快感が残ります。

日本人的にポンポンと肩を叩いてくれた方がぜんぜん良いのです。

対人距離、及びパーソナルスペースがある局面でニョキっと顔を出すのです。

私の場合、後ろ側から非言語コミュ二ケーションを取られても想定内の知人だったら、気にならないけど、前側から土足に踏み込まれたら、ちょっと待ってモードとなります。

記事内ではアメリカ人の例がありましたが、確かに背後から触られたら凍り付いてビクっとされるかもしれません。

やっぱり視覚に入らず背後がポイントで治安が悪い国だったら、正直言って襲われたり、銃を突き付けられたりするのを想像させられるんじゃないでしょうか。

日本人女性でも知人男性でも触られるのに抵抗がある人がけっこういます。

触らず、名前かスミマセンとか気がつくまで呼んでみるのが世界的に無難です。

次にお金を表すジェスチャーって色々ですが、これって国よって違うと思います。

ケベック州でホームレスがお金をくださいのジェスチャーは飼い主が犬に「お手!」と差し出すあの動作です。

お金そのものって、現金を取り扱う機会が殆どないです。

強いて言えば、「小銭ある?」って誰かに聞くときに一指し指と親指をこすることはあるかもしれませんが、あんまり記憶が定かではありません。

日本の場合親指と一指し指で輪を描きますが、これが国によって失礼になると言っても、日本でやる分には問題ないと思います。

むしろ、それが日本では普通だと教えるべきで、相手が怒ろうとも自分の問題ではないとはっきり言うべきでしょう。

逆にそれをしたら失礼になる国でやらないのが正しいわけで知識として認識すればいいと思います。

「どっちでもいい、どっちもいいね」と言われるのが不快でケンカに至るケースはどうでしょうか。

私は別にそういってもいいと思います。

むしろ、最初に必ず言うべきフレーズだと思います。

ケベック州いて様々な人種がここにいますが、頻繁に「僕/私、どっちでもいい、どっちもいい、どうでもいい」聞きます。

相手が不服そうだったら、その理由をとことん言えばいいだけです。

恐らく、ぽそっと言って言葉が足りないから不服になるんだと想像します。

理解不可能なのが外国人だから丁寧すぎのどこが悪いんでしょうか?

しかも日本に来た外国人が日本語を上達すると親切にされるって最高じゃないですかね?

これは日本のおもてなしで、裏を返せばいつまでもよそ者扱いされているだけです。

ケベック州でフランス語を上達しても、より難しい表現をされて格下に置こうとします。

だけど、そういう対応されると普通にライバル意識を持たれていると思うので私は嬉しいです。

そして、「外国かぶれ」って言葉が記事にあって、死語だと思っていたので大笑いしました。

まあ、それは置いといて、日本人が祖国を離れてある国や別の国など長くいたら、その国のシステム、伝統や文化などに触れて精通するし、その国の人が話す言語で日常を過ごせば、思考回路や言い回しも分かるので対応が上手くなります。

そういう人が、何らかの理由である日里帰りしたり、帰国すれば行動や振る舞い、コミュニケーションの仕方が異なるのは当然のことです。

だからと言って、日本にいるかと言う理由で、価値観を封じているわかでもないと思います。

どっからどう考えても日焼けした顔で着物が似合うと思わないし、ソバをフォークとスプーンで食べたりしません。

日本を離れた時の感覚や感性のまま、行動して日本社会でのコミュニケーションをしているだけです。

それを疑問に持つ外国人がさっきまでこの日本人と話が合って価値観があるのに、他の日本人とは全く別の人だと思っても、その日本人は二つの文化をインストールして、その間を行ったり来たりしているだけです。

あなたもそうしてください、ここは日本です。メーガン紀みたいに文化や伝統を破壊しないでくださいって言うかもしれません。

日本人は政治と歴史の話はしないって、それは違います。

そういうものに関心がないか知らない人と、外国語で話せる器量のない日本人と、日本語で話せる器量がない外国人が対面したら、政治と歴史を話す会話が成り立たないだけです。

一人だけ抜きんでて詳しくても無理です。

ただし、その人が完全にレクチャーする人だったら、徹して傾聴するのも良しだと思います。

アフリカ側から見た世界史をカメルーンの歴史家から聞いて、自分が日本人として大地に立つという感覚を得たのが初めてだったので、余裕があったら交流してもいいかもしれません。

最後に日本人に話をかけるとびっくりされたケースですが、あの日本の言語環境でいきなり外国語で話しかけられたらびっくりします。

分からなかったら、怒鳴られたと思われても仕方ないです。

もし、日本語じゃなかったら、少なくてもスミマセンって言ってくれるように頼みます。

目が合った瞬間に話かっけるってアメリカ人に多いです。

あと、モントリオールのバス24番に乗ってマギル大学を通過してNDG方面に向かっているアングロフォンとか知らない人同士で会話している人が多い傾向があります。

若いケべコワは内弁慶で人見知りが多いと思います。

私の場合、人畜無害のアジア人に見えるのか、どこどこに行くにはどうやって行けばいいのかと毎日いきなり話しかけられます。

メトロ内でフランス語の標識にパニックってるアメリカ人老夫婦に付き合って、乗り換えして出口まで道案内してあげたら、親切過ぎるから何処かの新興宗教にでも入っているのかと訊かれました。

私、新興宗教には入ってないけど、生まれも育ちも日本人で、日本人だからよそ者には親切なんですと答えました。


2020年1月15日水曜日

CASEと車のない近未来都市


今、あと2,3年くらいで、交通機関の構造が変わるんじゃないかと妄想しています。

カナダは右側走行でタイヤが左側なんで、どうしても事故のことを考えると、車の購入に積極的になれませんでした。

モントリオールのメトロは東京に比べて少ないけど、バスの路線がたくさんあって、自宅から100m先のバス停でダウンタウンまで15分前後で行けるので考えませんでした。

最近、BIXI Montreal (都市交通の本当の手段としてのサイクリング)の電子自転車を乗るようになって、公道の自転車専用道路に出るようになってから、ポータブルなハイスペックな移動手段はないかなと探すようになっています。

それって時間を守らないバス、バリアフリーに合わせてSTMもサービスをするので、バス専用道路を使っていても遅れることがしょっちゅうあるのでBIXIを使う方が早いこともあった。

それは夏だけだが、冬に効率よく移動しようと思ったら、今のところは車ぐらいしかないわけで、維持費や燃料、特にモントリオールは路駐をするのに苦労するんです。

毎回、有料の駐車場を使うぐらいなら、一人用タイプの車、電子バイク、もしくは電子自転車など閲覧して近未来を妄想して楽しんでいます。

最近、自動車産業が見慣れない「CASE(ケース)」という言葉を使って動き出していますが、これって何だろうと思いながら、ようやく英語の略称なんだと理解しました。

業界の動きは4つのタイプに動き出していてこんな風に呼ばれています。

CASEのCは Connected(コネクテッド)つながるというニュアンス

CASEのAは Autonomous(自動運転)

CASEのSは Shared & Services(カーシェアリングとサービス/シェアリング)

CASEのEは Electric(電気自動車)

2020年代はCASEを中心に業界が動く
(出典及び引用:自動運転LAB)

私は出来るものなら、事故のリスクを考えて未来は高齢期に入ることを考えるなら、自動運転でも車はあまり運転したくないと思ったりします。

しかしながら、車のない実験都市がすでに着々と進んでいるんですね!

トヨタが富士のふもとで自動車のない未来都市を創造しているようなのでワクワクします。

これを「ウーブンシティ」と呼ぶのか、「スマートシティー」と呼ばれるのか、敷地面積175エーカー(約71万平方メートル)に無公害車(水素燃料電池や太陽光パネル使用)を走らせるです。

最初はトヨタの社員とその家族だけが暮らすようですが、うらやましいです。

Toyota va créer une ville futuriste sans voiture
出典: Le Journal de Montréal

住宅・家電・ロボットなどありとあらゆるものが、インターネットとつながるわけですから、かゆいところに手が届くのです。

2001年に工場跡地に着工するらしいですが、2000人住めるらしいです。

モントリオールに日本人は3000人弱いますが、こんな土地あまりのモントリオール中州にもそんな実験都市でも作ってケベック政府ら閉じ込めてほしいです。



2020年1月14日火曜日

桃田賢斗選手、更なる逆行を乗り越えて

昨日、世界ランキング一位の桃田健斗選手がマレーシアの交通事故に巻き込まれて大けがをしたニュースを見て動揺しました。

ケガ直前のマレーシアマスターズでのファイナルです。

対戦相手はビクター・アクセルセンですが、いつも桃田の粘り強さに勝てません。

1セットの競り合いや駆け引きと後半15分くらい見ると、桃田は非常に冷静でメンタルが強いと海外視聴者から言わています。


謙虚といコメントも多いです。

桃田選手は非常にコートマナーがよろしいです。

彼自身、持久力があり、相手のへたり具合をよく見ている傾向があり、攻撃型選手はセットの前半にバンバンと攻撃を仕掛けて、桃田に番狂わせしようとしていますが、たいていは不作に終わってます。

それでも、よく研究されているので、桃田もどんなにきついラリーでも冷静に徹して、相手に対して嫌な奴(ここでは嫌な奴と表現しますが、不意うちに相手の意図しないところを狙う)、即ち性格の悪い仕掛けをするのが見ものです。

どうしても、男子とか攻撃型でスピードある選手が好きですが、今はそれだけじゃ勝てない時代になっています。

ビクター・アクセルセンが194cm、桃田賢斗選手が175cmです。

バドミントンのコートに立って20㎝も差がある背の高い選手がいたら、塔が立っているようにしか見えません。

さて、問題のケガですが、日本バドミントン協会理事によると、顔面三か所の裂傷と全身打撲骨折はなかったみたいです。

桃田選手より、平山優サポートコーチが右前腕部の骨折 脳震盪 全身打撲右頸部の裂傷と全身打撲、全身麻酔をして手術をして、森本哲史トレーナーが右前腕部の骨折、脳震盪、全身打撲と命には別状はなかったけど、かなり重症です。

チーム桃田の二人も負傷ってことですから、日本代表のヘッドコーチと日本バドミントン協会は十分に専門医やメンタル面を支えるスペシャリストなどで連携を組んで、桃田選手をサポートしていただきたいと思います。

何でケベック州及びモントリオールのブログで桃田選手かというと、実は私もバドミントンやっていて、モントリオール内のクラブを渡り歩きました。

中学校の頃、バドミントンの競合校に所属して意識がなくなるまで練習に明け暮れてました。

歳をとってから、ふっと十代の頃にやっていたことが中年女性にできるのかと思い、再開して3,4年たってます。

シングルなどフルセットでやったら心臓が止まるほどきついのでやってませんが、もともとシングルスのプレーヤーだったので、最初はダブルスに違和感ありましたが、ようやく慣れてきたところです。

モントリオールでバドミントンはけっこうやっている人が多く、多国籍の中で特に中国系やベトナム系或いはインド系などが多く、この人たちは普通に上級レベルなので、本当に中国は層が厚いんだということを実感しています。

カナダの代表選手も殆どアジア系でもしかしたら、中国の代表選手になれない層がスポーツ移民でカナダに来たのかなと思うこともあります。

香港の元代表選手の男子とミックスダブルスをさせてもらったことがありますが、質の良いロブなど観てうっとりします。

いずれにしても私は世界ランキングで上位を占めている国として、日本を誇りに思っているのと、私がケベック州にいる理由が体力的にも年齢的にも限界の私がまだまだ、上級レベルの人とバドミントンができる喜びがあるということでいるようなもんです。

最近、いろいろな都合でバドミントンをやるための筋トレが出来なくなったので、体力の劣化や故障が多く、上級者に迷惑をかけると思うので、中上級者とやるようにしています。(涙)

ところで、桃田選手の今後ですが、全英選手権まで8週間あるということで、まだ時間の余地があると思います。

フィギュアスケートの羽生結弦選手選手がオリンピック前で負傷して、どうなるかとハラハラしていましたが、金メダルを取りました。

スケートボード・ハーフパイプの平野歩選手もオリンピックイヤーの一年前に負傷して、その翌年のオリンピックではスノーボードで一人勝ちしていたショーン・ホワイトと名勝負して銀メダルを取りました。

羽生選手も始めたのは一回転からだと想像するし、平野選手も最初は単純なジャンプから慣らして、徐々に自分を取り戻したと思います。

桃田賢斗はもともと疲労がたまっていたらしく、この機会を使って休み、やる気を養ってほしいと思います。

2020年1月8日水曜日

ハプログループで祖先がわかる

2018年に手に入れた自分の遺伝子情報の動機がハプログループ を知ることでした。

誰もがハプログループとは何ぞやと思うでしょうね。
ハプログループとは、共通の祖先を共有する人々の遺伝的集団グループです。

ハプログループ

ある 種(たとえば ヒト)の一部(たとえば 日本人)について、ハプログループを調べることで、その一部(日本人)の 由来を調べることができる。通常は、 ミトコンドリア(女系)や Y染色体(男系)を用いる。ミトコンドリアのハプログループを調べる話は「 ミトコンドリア・イブ 」という言葉とともに有名になった。 この研究が発展して、 人類が アフリカから各地へ移動していく経路も推定できるようになった。
これが分かると、共通女性祖先であるミトコンドリア・イブの発祥地から日本上陸までのルートと突然変異して別のグループに分かれて行く様子が分かります。

ミトコンドリア・イブ

ミトコンドリア・イブ(Mitochondrial Eve)とは、 人類の進化に関する学説において、 現生人類の最も近い共通女系祖先 (the matrilineal most recent common ancestor)に対し名付けられた愛称。約16±4万年前にアフリカに生存していたと推定され、 アフリカ単一起源説 を支持する有力な証拠の一つである。 ...
細胞のイラストを見ると、楕円形になっていて、その中に核があってミトコンドリアDNAは核の外にあります。

我々、父親のXY染色体と母親のY染色体から半分ずつ遺伝情報を受け継がれるんですが、女性の場合、父親の持つX染色体は卵細胞の中で破壊されてしまうので、母系のミトコンドリアDNAしか受け継がれません。

男性の場合、父親から息子にY染色体だけ受け継がれます。

つまり、私は女性なので、Y染色体は受け継がれず、父方の母系ミトコンドリアDNAは母親の卵細胞の中で破壊されるわけです。

父親のY染色体ハプログループを知りたかったら、父親か兄、又は兄の子供に私がキットを購入して検査してもらうしかありません。

まずは私の母系ラインですが、180,000年前ごろ、中央アフリカ辺りに住んでいてハプログループLでした。

コンゴとかルワンダ辺りだったのでしょうか。

個人的にゴリラファンで、マウンテンゴリラを近くで見るのが夢なのですが、そこが共通祖先だと思うと親しみを感じます。

65,000年前になると東アフリカに移動したようですが、地理的に紅海を渡って東に、狭いバブ・エル・マンデブを越えてアラビア半島の先端に向かって冒険したようです。

その頃はハプログループLが少数の集団に分かれてハプログループL3になりました。

そこからあた西南アジアにたどり着きハプログループL3はハプログループNになるのですが、この辺はどんなルートでたどり着いたのか不明です。

ハプログループNの女性がユーラシア大陸全体に移動し、ポルトガルからポリネシアに新しい枝分かれができたということです。

17,500年前頃、この母系ハプログループNがまた枝分かれして、ハプログループN9aと呼ばれ、東、中央、東南アジアに住んでいましたが、ハプログループN9bは極東地域である沿海州から日本へ移動しています。




分子人類学者の篠田 謙一先生はまさにこの手の第一人者で共通祖先のハプログループが同じなんで思いませんでした。

篠田謙一さんが語るミトコンドリアDNAでたどる人類の起源1/2 : BIG ISSUE ONLINE

2008年1月1日発売 THE BIG ISSUE JAPAN 86号 より DNAの分析技術が進歩し現代人はもとより古人骨に残された遺伝子ミトコンドリアDNAから日本人のルーツそして人類拡散の経路が明らかになった篠田謙一さん国立科学博物館にその物語を聞く ...

中田敦彦さんはお笑い系というより教育系タレントとして活躍されていて、一日一回は彼を動画で見ることがあります。

日本の中でハプログループN9aは5%も満たない少数派ですから、わかりやすい有名人が同じ共通祖先グループいるのは嬉しいです。

さて、東、中央アジアに分布していた私のハプログループN9aは日本に上陸してハプログループN9a2cと呼ばれ、約3,500年前ぐらいに日本の方々で爪痕を残しています。

大体、140世代前ぐらいですが、私の遺伝情報によると、10か所ほど証拠が分布していました。

沖縄県→広島県→福岡県→岡山県→福島県→山口県→岐阜県→島根県→東京都→愛知県

私の共通祖先グループは東アフリカを出て以下の枝分かれして、3,500数年前に日本へ上陸し、約140世代前の母となったのです。

2019年12月25日水曜日

5G後のクリスマス

敢えてキリストのミサと言わないけど、クリスマスは24日の日没から25日の日没まで普段は教会を行かない人もメリークリスマス言う。

イエス・キリストの誕生を祝うのではあるが、実際の誕生日でないと言われており、日本人の私は子供のころからサンタが主役だと思っていたぐらいです。

日本のクリスマスは商業的であるとは言われつつも、ケベック州もかなり商業的な要素はあります。 日本のお正月に近いと言っても良いでしょう。
教会暦の24、25日は大晦日の静けさと厳かな雰囲気に似てます。
 教会のミサへ家族で行く様子は未だに見られるのが、大晦日に鐘を付いて参拝する様子に当てはまるのではないでしょうか。

私の知っている限り、26日は親族がそろってブランチを取って、その後はお開きをします。

25日と年を明けて1月は法定休日なので、家族が集まりやすいということもありますが、それ以外は普通に働いています。

まあ、使っていない有給休暇をつける人もいますが、日本の会社員や学生のように正月5、6日連続で休むということはないです。

日本も元旦及び三が日は親族が揃ってお節を食べたりします。

お年玉に値するものはクリスマスギフトです。

日本は年が明けたら、1月31日に向けてお正月ムードがフェードアウトしますが、ケベック州のクリスマスは24,25日から同じように1月の後半に向けてフェードアウトします。

まあ、日本のように26日からクリスマスのデコレーションが消えて正月商売合戦に代わるということはないので、ずっとクリスマス気分が続きます。

日本のお正月にしろ、こっちのクリスマスにしろ、家族のイベントであって、孤立している人にはかなり辛いシーズンだと思います。

私自身、今年はでなく今年も里帰りしないし、仕事辞めてから気候も厳寒になったせいか、インドアな生活が殆どで一人でいることが多いです。

彼氏も父親を亡くしてまだ間もなく、つい最近ケベックシティーから帰って来たばかりなので、家族そろってクリスマスを祝うというムードでもなさそうです。

とりあえず、明日は彼に会って簡単にキリストのお祝いします。

今日はクリスマスカードをコツコツ作ってました。

E-Cardでいいだろうと思うけど、昭和魂入ってしまいます。

あと、22年もすれば5Gで生活様式がまったく変わるだろうから、こういうクリスマスの雰囲気や伝統など、どんなふうにキープするのか想像つきません。

結構な年齢になっているので、猫らも自分の親もいないわけです。

古いアルバムもデジタル化して、空間の中に立体画像出てきて、古き良き時代を眺めながら、ノスタルジックな気分に浸るのではないでしょうか。

子供の頃、いかにも昭和風の家屋に母親がクリスマスのデコレーションを再現したヴァーチャルリアリティーを体験してみたいです。



Labels

ケベック州 35 モントリオール 33 カナダ 17 移民生活 17 雑感 13 日本人 9 移民、ケベック州 9 日本 7 モントリオール交通機関 6 移民 6 お得情報 5 フランス語 5 差別 5 5 Bixi モントリオール 4 カスタマーサービス 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 新型コロナウイルス 4 遺伝子検査 4 DNA 3 アトラクション 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 治安 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 野生動物 3 金融システム 3 5G 2 アカディア人 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 シェア電動スクーター 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 地震、ケベック州 2 気候 2 無人化 2 犯罪 2 祖先 2 観光 2 電気自転車 2 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 エクササイズ 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 スモッグ 1 セーフティネット 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 バランスボール 1 フィギュアスケート 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 事故 1 五十肩 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 幽霊 1 早期退職 1 昭和 1 桃田健斗 1 空港 1 腰痛 1 自動車 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 騒音問題 1 鼻パッド 1