カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 犯罪 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 犯罪 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年1月29日水曜日

モントリオールのATMハック

日曜日の夜、モントリオールの北部にあるローレンシャン銀行のATMが泥棒に入られて、5万ドル以上盗まれたそうです。

都心ではないからかもしれないが、ATMのあるところは必ず監視カメラが付いているし、捕まる可能性があるのによく行ってわざわざ盗むのかと感心します。

今の時代、リスクのある泥棒行為が非常に古典染みていて、未だにこういうことをするんだと感心してしまいます。

しかしながら、古典的であるかのように見えましたが、そうではありません。

非常に現代的な知能犯だと思います。

エヴァ・テクノロジー社のサイバーセキュリティー兼社長よると、 ハッカーがATMに入るカードを複製するために怪しいATMハック機器を使用した可能性があります。

「ATMの画面にそれを取り付けると、ATM自体は何事もなかったように見えますが、カードを挿入すると、そのATMハック機器によって個人情報が読み取られます」と彼は説明しました。

そのような怪しい機器には隠しカメラが搭載されているため、泥棒は暗証番号を入力した人物を記録できます。
その後、泥棒はカードの個人情報をコピーして、アカウントへのアクセスに使用される暗証番号にアクセスし、後でそれを使用してお金を抜き取るのです。

こんなに簡単にハッキング出来るなんて、おぞましいです。

しかも、体を自ら張って、わざわざ監視カメラのあるATMまで行く行為が理解できません。

かなり、教育が高くて金融システムに精通しているとしが思えません。

私自身、殆どカードで決財するので現金をおろしに行くことがないですが、いろいろな場所でクレジットカードやデビットカードを使用することがあるので、うかつにしていられません。

やっぱり、頻繁にカードの暗証番号を変える以外に対策はないとも言えます。

以前に数百ドル単位で名の知らない人から私のクレジットカードを勝手に使われていたことがあります。

自分でインターネットにアクセスして口座をチェックしていなかったら、空になっていたと思います。

最悪、その当時は私が取引しているケベック州のとある銀行の銀行員が個人情報を外に漏らした事件があって、世は大騒ぎでした。

私がクレジット会社に被害を問い合わせた時、その銀行と取引があるかを訊かれたので、必ずしもその事件と因果関係があるとは思えませんが、更なる詳しい調査が必要だと言われました。

裏に犯罪組織が取引していたら、個人情報がどこに出回るか、それは何処です。

自分の身は自分で守ることが大事で、自分の口座や買い物をした内訳をみるのは大切です。

Thieves steal over $50K in ATM hacks north of Montreal

cbc.ca 2020-01-28 CBC/Radio-Canada Police are investigating after thieves hacked three banking machines in the greater Montreal area, making off with an estimated $55,000. The ATMs - which all belonged to Laurentian Bank - were located in Saint-Jérôme, Saint-Eustache and Terrebonne. According to Terrebonne police, a technician with the bank called the police around 11:55 p.m.

2020年1月11日土曜日

偽看護師とスカスカなセキュリティー管理

昨年の春にケベック州の田舎、(セント・ローレンス側からサグネ川をサン・ジャン瑚に向かう中間点)のとある町で偽看護師ナタリー・ベランガーが20年間病院に働いていたというのが話題になってたんだけど、あれからどうなっていたか私はすっかり忘れていました。
昨日からメディアでよく見るようになって、来月は裁定のために法廷に出頭する予定だそうです。

この50歳のナタリーベランガーという女性だが、写真を見ると、なんの曇りもない爽やかな顔をしていて、とても偽文書の作成や個人情報の盗難など9件の罪に問われているとは見えないです。

どうしてそんなことが出来るのかというと、裁判所の文書によれば、この地域で働いている別の認定看護師のライセンス番号を使用したようです。

ラジオ・カナダが裏を取ったようですが、グッド・ジョブです!

そこで働いているということは履歴書に偽りの学歴、即ち偽のCEGEP卒業証書、偽の看護免許証、ケベック州看護師協会に会費を支払ったということで、仕事を得る際にバックグランドチェックをクリアしているってことです。

あっぱれ!

もちろん、無犯罪証明証も必要だし、予防注射の更新記録も必要だから、全部なりすまして他人のライセンス番号を使用していたということで、個人的にこの女性ってかなりのサイコパスだと思います。

しかも、手術室で作業をしていたというわけで、何もトレーニングをしてこなかったらできる芸当でもないでしょう。

サグネ・ラック・サンジャンセンターの地域保健当局がこの偽看護師ナタリーベランガーがトレーニングプログラムに登録をする際に登録手続きをするスタッフか誰かが彼女の生年月日が一致しないのに気づき、不正疑惑が発覚したということです。

Quebec woman accused of pretending to be a nurse for 20 years charged with fraud, identity theft | CBC News

A woman who worked as a nurse at the hospital Jonquière, Que., for 20 years, despite allegedly having no training in nursing, has been charged with fraud, among other crimes. Nathalie Bélanger, 50, is facing nine charges, including forgery and identity theft.
大体、どこでどうやって他人のIDを手に入れたのかが不可思議で、その辺のところをメディアが裏を取ってくれたらありがたいと思うのに、それは来月まで待たないと何もわからないということです。

どのようなバックグランドを持っているのか興味がわきます。

1,2年足らず偽看護師が働いていた話は他にケベック州内であったけど、20年という歳月は映画や小説になってもおかしくないです。

フランス系の名前なのでケベックで生まれたケベック市民なのか、他所のフランス語圏から来たのか分かりません。

カナダにいると誰でも IDカードを持たされ、番号で処理されるので誰かが簡単にスキミングするのは簡単だと思います。

一回、変なことがありました。

期間限定で仕事をしていたところの雇用主から連絡があって、ケベック州政府から私のSIN番号が雇用主が出した私の名前と一致しないから、本人と連絡を取って生年月日の確認を取ってほしいと連絡があったそうだ。

確かにこっちは履歴書の際に生年月日を入れないから、政府側も特定が難しいんだろうと思うから、有無言わずに教えてあげました。

それから、連絡がそのような不可思議な話題の連絡が来ないので、単なるシステムの不遇合いか、雇用主のミスなのか分からないが、私もこれ以上関わりたくなかったので連絡も取っていないです。

あと、私が使用しているケベック州のある銀行から個人情報が大漏れして、非難囂々になったんだけど、ちょうどタイムリーに私のクレジット番号が誰かにどこかでスキミングされて、毎日200ドル、300ドルって使われているのをオンラインでトランザクションを見ている時に発見したことがあります。

即座に止めてもらってカード番号を変えてもらったのでセーフでした。

クレジット会社から私の使っている銀行を聞いて焦っていました。

ID番号で管理するのはもう時代遅れだと思います。

番号がついたカードを持っていても失くしたらアウトだし、どこかに記入すれば処分しない限り残って誰かが盗んでいく可能性があります。

こんなスカスカなセキュリティー管理だったら、偽プロフェッショナルな人が生き残っても当たり前でしょう。


Labels

ケベック州 61 モントリオール 54 カナダ 32 移民生活 15 新型コロナウイルス 14 雑感 10 日本 9 日本人 8 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 移民 6 フランス語 5 差別 5 治安 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カスタマーサービス 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 モントリオール. ケベック州 3 宗教 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 金融システム 3 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 幽霊 2 気候 2 無人化 2 2 犯罪 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 電気自転車 2 5G 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 アカディア 1 イスラム教 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ人 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 サイコパス 1 スピリチュアル 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 トランプ大統領 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 パンデミック 1 フィギュアスケート 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ロックダウン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 事故 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 安楽死 1 密売 1 密漁 1 座業 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 雇用保険 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1