カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 犯罪 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 犯罪 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年6月13日土曜日

出てくる出てくるコロナ給付金の詐欺師と被害者

今週はカナダの議会でコロナ給付金の不正申請取得と詐欺申請取得問題と7月4日以降、EI申請(普通の失業保険)が出来ない人のために延長するのか否かが議論されていました。

不正(又は詐欺)申請取得した場合、刑罰と罰金を科するとかカナダ政府が発していた。

けれでも、いかなる理由にしろ、申請する時にWEBサイトの条件を読めば私のような移民でも資格条件があるかどうかが分かるのに、何でカナダ由来のカナダ市民がそれをスキップして申請もしくはダブル申請するのか最初は不思議に思っていました。

そんなにカナダ人って読解力がなくて民度が低いのかと!

そしてサービスカナダもROEのチェックもせずに申請されたらすぐにチェックの発行や銀行振り込みをするのが意味が分かりません。

私がサービスカナダからコロナ申請をした時点で自動リンクでカナダ歳入庁のサイトに行くようになっていたのに、その2つの間は紐づけされていないという始末だったのです。

多めにもらってしまった人は来年に返さなければならないなどと言われる人もいれば、何も入金されていない人らもいてみょうちきりんでした。

ところが、出てくる出てくる詐欺師と被害者が!

しかも、私の偏見かもしれないけど、Twitter上で被害者のコメントやニュース記事などを見ると、有色人種より白人の被害者が多いような気がします。

あるMTL女性がパンデミック中でも仕事をしていて、コロナ給付金を受ける資格がないのに、間抜けな詐欺師が彼女のIDを盗んで小切手を要求したのです。


去年はデジャルダン銀行の個人情報が盗まれてクレジットカードがたくさん送られくる被害者が出てきました。

他にもたくさん被害者が出て、私もこの銀行を使っていますが、紐づけしているクレジットカード会社のカードを東ヨーロッパ人風のアカウント名の詐欺師に毎日数ドルずつ勝手に使われていました。

あれから、ひっぱんにトランザクションのチェックやパスワードの変更をしますが、相も変わらずフィッシュングメールとか来ます。

すぐにそういう専門の機関に報告はしていますが、大きぼな集団詐欺だったら厄介です。

個人の小口ではよくあるケースですが、法人対象の詐欺犯罪も出てきました。

ケベック州サウスショアの会計士とその客の身元が盗まれるれてコロナ給付金詐欺にあったのです。

120人の顧客のうち約40人のIDを盗まれて、不正申請しIDを使って銀行の振込先を変えられたそうです。

すぐ連邦政府に連絡入れても中々動いてくれなかったことに憤りを感じているようです。

彼女もデジャルダン銀行、ケベック州歳入庁、キャピタルワンで、過去1年間に発生した個人データ漏洩の被害者であるそうです!

ちょっと開いた口がふさがらないという言葉がぴったり来ます。

しかしながら、詐欺師はどこにいるんでしょうか?


出てきました!

モントリオールの40歳の女性、カリーナ・リエルがトロントでコロナ給付金詐欺で逮捕されました!

トロントに行って口座を開いたら不振に思われたようです。

偽造身分証明書を押収されたようですから、白人女性が海外から来た有色人種の移民に成りすますのは見た目も言語も難しいですね。

この容疑者女性、5,000ドル未満の詐欺で起訴され、虚偽の文書を完成させ、虚偽のIDを所有し、なりすましを行ったそうです。

そりゃ、あちこちの銀行で口座を開いていたら怪しまれるでしょう。

トロントの警察もこういう挙動不審者が銀行に来たら、連絡を入れるように呼び掛けているようです。

他人に成りすまして20年以上看護師をやっていたケベック女性もいたくらいですから、口座を開くこともあるでしょう。



ここまで来ると、組織化された犯罪グループがある可能性があると思います。

SNS上であるフランス人女性が、フランスには250万人以上の詐欺師がいるそうです。

詐欺師はアフリカ人(北アフリカ、サブサハラ・アフリカ、ルーマニア)集団犯罪でした。

何年もの間、人種差別主義者であるとレッテルを貼られる恐怖が政府を麻痺させ、反応しなかったそうです。


2020年6月10日水曜日

誰かが私になりすまして履歴書を送ったようだ

カナダ全体の都市封鎖が開けて、経済活動がようやく始まったものの、特定分野の業界以外はスロースターターであります。

カナダだけじゃなくても世界中の企業が大打撃で大変です。

カナダ緊急対応給付金(CERB)は来月の上旬で終わっても仕事に戻ることができる人は通常通りに戻ります。

しかし、そうでない人は早急に仕事を探すかEIベネフィット(失業保険)をもらうかの選択になります。

全体的に復旧されていないので私は後者になります。

カナダ緊急対応給付金が延長になる話が出ていますが、どうなるか分かりません。

ケベック州の中小企業などは最小時給で3K仕事をやっていた移民をパンデミックで失っているので今は必死になって探しています。

景気刺激対策で建設関係の仕事が増えているようですが、昨日メールを見ると、どこかの建設会社のHRから私の履歴書を見て私が必要なものを全て持っているので仕事に興味があったら連絡くださいと書いてありました。

土方だったら経験が全くゼロだし、これって何かのカン違いじゃないかと思考停止しました。

土方じゃなくても工事現場ってゴチャゴチャいろいろな仕事があるんじゃないかと想像できるけど、履歴書見たって、ちょっと驚きます。

カナダ人の中には自ら公表する人がけっこういますが、私はそんなことをやったことがありません。

CVなどサイトにありますが、プライベートモードになっています。

約4か月前ですが、園芸関連会社のオーナーから庭師として採用したいから連絡をくれとメールが入っていたけど、これも心当たりがなくゾッとして無視しました。

これはケベック州が本当に人手不足で猫の手も欲しくて誰でもいいからマイノリティー(有色人種)の移民にスパムメールを送っている可能性があると推測します。

政府が果物園を援助して飛行機をエクアドルに飛ばして一時労働者を連れて来るぐらいだしね。

CVを管理している会社もプライベートモードにしていても、上部情報(名前や住んでいる場所、使える言語)などの少しの情報は開示していると想像します。

もうアフリカ系は粗雑に扱えないからアジア系ターゲットにされているかもしれません。

実際に、ケベック州人権委員会によると州の公的機関で働いている先住民やマイノリティーが少なすぎると言っています。


雇用均等されていない、即ち人種差別が実在されていて改善されていな言っているようなものです。

ケベック州ルゴール首相は認めてはいても任期が終わるまでに行動を起こして変化が加えられればいいな~ぐらいでやる気はないです。

とにかくおとなしくて従順だから抗議デモなんて起こさないから先送りでいいや~って思っているんでしょう。

移民の中で日本人はスーパーマイノリティーなのが笑えます。

Minorités visibles

Population selon les groupes de minorités visibles - Agglomération, ville de Montréal et ses arrondissements, villes liées, 2011 (4 tableaux)[184 ko - 4 pages]

どっちみち心当たりのないオファーがまた来たら、ケベック州人権委員会にクレーム入れようと思います。

もうわかっているんです。

ケベック州は首相から市民まで移民にはケベコワの雑用をやってもらいたいのをひた隠ししています。

これをケベコワに言うと否定しません。

騒がれるのが嫌だからアフリカ系に気遣うかもしれないけど、その他のマイノリティーは私が現役である限り変わらないでしょう。

2020年1月29日水曜日

モントリオールのATMハック

日曜日の夜、モントリオールの北部にあるローレンシャン銀行のATMが泥棒に入られて、5万ドル以上盗まれたそうです。

都心ではないからかもしれないが、ATMのあるところは必ず監視カメラが付いているし、捕まる可能性があるのによく行ってわざわざ盗むのかと感心します。

今の時代、リスクのある泥棒行為が非常に古典染みていて、未だにこういうことをするんだと感心してしまいます。

しかしながら、古典的であるかのように見えましたが、そうではありません。

非常に現代的な知能犯だと思います。

エヴァ・テクノロジー社のサイバーセキュリティー兼社長よると、 ハッカーがATMに入るカードを複製するために怪しいATMハック機器を使用した可能性があります。

「ATMの画面にそれを取り付けると、ATM自体は何事もなかったように見えますが、カードを挿入すると、そのATMハック機器によって個人情報が読み取られます」と彼は説明しました。

そのような怪しい機器には隠しカメラが搭載されているため、泥棒は暗証番号を入力した人物を記録できます。
その後、泥棒はカードの個人情報をコピーして、アカウントへのアクセスに使用される暗証番号にアクセスし、後でそれを使用してお金を抜き取るのです。

こんなに簡単にハッキング出来るなんて、おぞましいです。

しかも、体を自ら張って、わざわざ監視カメラのあるATMまで行く行為が理解できません。

かなり、教育が高くて金融システムに精通しているとしが思えません。

私自身、殆どカードで決財するので現金をおろしに行くことがないですが、いろいろな場所でクレジットカードやデビットカードを使用することがあるので、うかつにしていられません。

やっぱり、頻繁にカードの暗証番号を変える以外に対策はないとも言えます。

以前に数百ドル単位で名の知らない人から私のクレジットカードを勝手に使われていたことがあります。

自分でインターネットにアクセスして口座をチェックしていなかったら、空になっていたと思います。

最悪、その当時は私が取引しているケベック州のとある銀行の銀行員が個人情報を外に漏らした事件があって、世は大騒ぎでした。

私がクレジット会社に被害を問い合わせた時、その銀行と取引があるかを訊かれたので、必ずしもその事件と因果関係があるとは思えませんが、更なる詳しい調査が必要だと言われました。

裏に犯罪組織が取引していたら、個人情報がどこに出回るか、それは何処です。

自分の身は自分で守ることが大事で、自分の口座や買い物をした内訳をみるのは大切です。

Thieves steal over $50K in ATM hacks north of Montreal

cbc.ca 2020-01-28 CBC/Radio-Canada Police are investigating after thieves hacked three banking machines in the greater Montreal area, making off with an estimated $55,000. The ATMs - which all belonged to Laurentian Bank - were located in Saint-Jérôme, Saint-Eustache and Terrebonne. According to Terrebonne police, a technician with the bank called the police around 11:55 p.m.

2020年1月11日土曜日

偽看護師とスカスカなセキュリティー管理

昨年の春にケベック州の田舎、(セント・ローレンス側からサグネ川をサン・ジャン瑚に向かう中間点)のとある町で偽看護師ナタリー・ベランガーが20年間病院に働いていたというのが話題になってたんだけど、あれからどうなっていたか私はすっかり忘れていました。
昨日からメディアでよく見るようになって、来月は裁定のために法廷に出頭する予定だそうです。

この50歳のナタリーベランガーという女性だが、写真を見ると、なんの曇りもない爽やかな顔をしていて、とても偽文書の作成や個人情報の盗難など9件の罪に問われているとは見えないです。

どうしてそんなことが出来るのかというと、裁判所の文書によれば、この地域で働いている別の認定看護師のライセンス番号を使用したようです。

ラジオ・カナダが裏を取ったようですが、グッド・ジョブです!

そこで働いているということは履歴書に偽りの学歴、即ち偽のCEGEP卒業証書、偽の看護免許証、ケベック州看護師協会に会費を支払ったということで、仕事を得る際にバックグランドチェックをクリアしているってことです。

あっぱれ!

もちろん、無犯罪証明証も必要だし、予防注射の更新記録も必要だから、全部なりすまして他人のライセンス番号を使用していたということで、個人的にこの女性ってかなりのサイコパスだと思います。

しかも、手術室で作業をしていたというわけで、何もトレーニングをしてこなかったらできる芸当でもないでしょう。

サグネ・ラック・サンジャンセンターの地域保健当局がこの偽看護師ナタリーベランガーがトレーニングプログラムに登録をする際に登録手続きをするスタッフか誰かが彼女の生年月日が一致しないのに気づき、不正疑惑が発覚したということです。

Quebec woman accused of pretending to be a nurse for 20 years charged with fraud, identity theft | CBC News

A woman who worked as a nurse at the hospital Jonquière, Que., for 20 years, despite allegedly having no training in nursing, has been charged with fraud, among other crimes. Nathalie Bélanger, 50, is facing nine charges, including forgery and identity theft.
大体、どこでどうやって他人のIDを手に入れたのかが不可思議で、その辺のところをメディアが裏を取ってくれたらありがたいと思うのに、それは来月まで待たないと何もわからないということです。

どのようなバックグランドを持っているのか興味がわきます。

1,2年足らず偽看護師が働いていた話は他にケベック州内であったけど、20年という歳月は映画や小説になってもおかしくないです。

フランス系の名前なのでケベックで生まれたケベック市民なのか、他所のフランス語圏から来たのか分かりません。

カナダにいると誰でも IDカードを持たされ、番号で処理されるので誰かが簡単にスキミングするのは簡単だと思います。

一回、変なことがありました。

期間限定で仕事をしていたところの雇用主から連絡があって、ケベック州政府から私のSIN番号が雇用主が出した私の名前と一致しないから、本人と連絡を取って生年月日の確認を取ってほしいと連絡があったそうだ。

確かにこっちは履歴書の際に生年月日を入れないから、政府側も特定が難しいんだろうと思うから、有無言わずに教えてあげました。

それから、連絡がそのような不可思議な話題の連絡が来ないので、単なるシステムの不遇合いか、雇用主のミスなのか分からないが、私もこれ以上関わりたくなかったので連絡も取っていないです。

あと、私が使用しているケベック州のある銀行から個人情報が大漏れして、非難囂々になったんだけど、ちょうどタイムリーに私のクレジット番号が誰かにどこかでスキミングされて、毎日200ドル、300ドルって使われているのをオンラインでトランザクションを見ている時に発見したことがあります。

即座に止めてもらってカード番号を変えてもらったのでセーフでした。

クレジット会社から私の使っている銀行を聞いて焦っていました。

ID番号で管理するのはもう時代遅れだと思います。

番号がついたカードを持っていても失くしたらアウトだし、どこかに記入すれば処分しない限り残って誰かが盗んでいく可能性があります。

こんなスカスカなセキュリティー管理だったら、偽プロフェッショナルな人が生き残っても当たり前でしょう。


Labels

ケベック州 76 カナダ 68 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 42 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 12 雑感 10 9 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 マスク 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 カナダ緊急給付金 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 雇用保険 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1