カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 移民 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 移民 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年1月28日火曜日

カナダから国外追放された若いモントリオールのプログラマー

event_note1月 28, 2020 editBy 4pattes
朝から泣きっ面の顔をしたアフリカ系女性がテレビの取材でブツブツ言っていて気になりました。

一体何があったというのかと言うと、若いカメルーン出身のモントリオールのプログラマーは、カナダから国外追放がされたみたいです。

国外追放と言えば、カナダの永住権や市民権を持っていれば、そういうことには至らないはずです。

だったら、若い女性だったら留学生か働いている一時滞在者と言うわけです。

この若いプログラマーローズ・エヴァさんは23歳です。

モントリオールでは私立のITカレッジで高度なプログラミングを勉強していました。

モントリオールに来る前は西アフリカにあるカメルーンのヤウンデ大学で金融の修士号を取得しているそうで、典型的なアフリカエリートです。

実はこのヤウンデ大学出身の知人がいて、パリパリに冴えていたのを思い出します。

確か、彼は歴史の修士号を英語版と仏語版で取り、今は付き合いがないので何をしているかは定かではないですが、間違いなく博士課程にいると思います。

話はローズ・エヴァさんに戻りますが、彼女は自頭がいいのか、やっぱりITカレッジで高速モードで3か月早めにプログラム終了しました。

フランス語はネイティヴなので、確固たる仕事の申し出を様々な企業から受けていました。

在学中はフルタイムで勉強していた上に洋服屋でパートタイムの仕事をしていたようです。

確か、ケベック州では学生の場合、20時間まで仕事が出来るはずですが、勉強だけでも大変なはずですが、彼女は両立が出来ていました。

事件が起きたのはこの後で、彼女の学生ビザが3月で切れる際、永住権審査をしに陸からラコールの税関に行きました。

一連の質問の後、オフィサーから、いつ学校を卒業したのか、そしてその後は何か仕事をしたのかと尋ねられて、ローズ・エヴァさんは正直に答えたそうです。

ラコールって移民決定してから、ランディングと言って、一回は車でカナダ国外に出てカナダ側の税関に入って永住権がもらえるのです。

しかしながら、その辺の爪が甘かったのでしょう。

ホントに最後の最後のゴールの時点でカナダ税関のスタッフにトラップされたと言ってもいいでしょう。

私だったら、ここまで来て1分後に永住権が取れるなら黙って聞いていない振りをしようと思いますが、なかなか融通が利きません。

確かにあそこで愛想もなく一連の質問を浴びて、おとりのニオイをお感じさせる質問もしてきます。

私の場合も同じように仕事をしたのか否かの質問をされたような気がします。

カナダ移民局によると、彼女が卒業日に仕事を辞めず、ビザを変更(永住権申請)をしたのが悪かったようです。

ローズ・エヴァさんは9月でITカレッジのプログラムが終了した時点でパートタイムの仕事を辞めて移民申請しなければならないところ、そのまま働き続けていたのです。

彼女自身、その辺は分からなかったようです。

彼女は本当はこの日を境に製品をオンラインで販売したい銀行や企業向けのソフトウェアプログラミングの分野で、ケベックで仕事をすることが目的でした。

労働不足でスキルが高い人材を何とかして移民させようとしたケベック側の応援団も名士ばかりです。



リヴィエール・デュ・ノールのブロックメンバー、レアル・エロイ・フィルティンはカナダの移民大臣が1週間前にローズ・エヴァさんの担当したことを確認したと述べました。



ケベック州の移民・フランス語化・統合相も、連邦政府に介入しました。





ケベック商工会議所連盟移民プログラムのディレクターも、彼の好意で具体的な行動をとりました。



つまり、「これは意味がありません。 私たちは彼女を必要としている。 ケベック州の労働不足に応じて法規制を適用する必要があります。」とここまで述べたのです。



それでも裁判所は先週の木曜日に立ち退き通知を検証し、ローズ・エヴァさんはカナダから立ち去ることになったのです。


移民法も頻繁に変わるので、仲介者を通さないで個人で留学したら、自分で常に把握していなければならないです。

学業や仕事に忙しくてそれどころじゃないのかもしれません。

直ぐに国外申請して1年後には移民になれるようなので、良かったです。

これだけ、ケベック州の支配層が応援するのも珍しいケースでした。



2020年1月24日金曜日

ケベック州でのフランス語事情

ケベック州で一番大事なことがフランス語です。

宗教と言っても過言じゃないです。

ケベック州のどの業界でも人手不足で、どんなに他の州にいる英語圏、又は多国籍の移民の中に超優秀な人がいても、フランス語が話せないと仕事に付けません。

遡ること、1976年、パルティ・ケベコワが初当選しました。

翌年、党はフランス語憲章を導入した。

法案101の目的は、フランス語をケベック州の一般的に使用される言語にすることでした。

これにより、より多くのフランコフォンが州内の管理職を引き受けられるようにすることが期待されていました。

簡単に言うと、フランス語の言語壁というか結界で、フランコフォンが支配層にアクセスしやすくするためです。

私が2006年に来てから、英語話者の行く学校が目に見えるように減っています。

移民に対してフランス語のレベルを中級の上を要求しています。

でも、市民は実際に仕事で英語を要求されますから、ケベック州の教育システムの英語教育は閉鎖的ではありますが、四方八方英語圏の州に囲まれ、米国と隣接しているせいか、地政学的にも英語に慣れている人は多いです。

家でテレビをつければ子供のころから英語の番組をまぐれで見ています。

その辺にゴロゴロと転がっている商品は全部バイリンガルでサブリミナル的に英語を無意識に読んでいます。

英語圏の文化はフランコフォンの若い層を惹きつけますから、英語の歌でも2,3歌えば文法構造や単語等は日本語対ロマンス諸語ほど違いがないので、覚えるのも早いです。

それがケベック州に大変不都合なことで、ランゲージポリスというのが存在します。

フランス語のケベック委員会(OQLF)と言う1961年に州で設立された公的組織です。

ここはカナダであり、ケベック州は憲法および連邦レベルで正式にバイリンガルですが、地方の機関で使用できるのはフランス語のみです。

本当に厄介な州だといつも思っている私ですが、仕方がないです。

日本はケベック州のように法令によって公用語を規定していなくても、歴史が長く文化が非常に強いので、どんな人でもある程度は字が読めてスマホに自分の意志を入力できるレベルになります。

紀元前660年に神武天皇が即位してから建国2679年です。

英国王室・エリザベス二世は42代目で、今の在位中の天皇が126代目です。

ケベック州が設立されたのは1608年で、日本は江戸時代前半だったので、そんなに経っていません。

たったの412年、日本の1/5ですから、言語的に熟成されるのは、まだまだです。

日本をコンクリートと例えたら、ケベック州は冷蔵庫の中で固まっていないゼリーに例えてもいいぐらい、他の言語や文化、伝統に壊滅されやすい場所にあるので、フランス語憲章は都合がいい結界だと思います。

市民の間では、特にモントリオール中心地で周りの会話を聞いていると、殆ど英語とフランス語を行ったり来たりスイッチしています。

それだけ、バッググランドが違う層が厚いということです。

ある話題を話すのに英語、またある話題を話すのにフランス語が都合よく話す光景をよく見ます。

ケべコワ・フランコフォン支配層の職場ではフランス語一本でやりますが、移民に対しては必要に応じて英語に切り替えることもあります。

私はとある部署で英語が話せないお局様と仕事をしていましたが、ときどき英語話者が現場入りすると、パニックを起こし上層部はその英語話者を他部署に異動させてしまいました。

どうして、そんなことになるのかと不思議に思いましたが、ある人がケベック州では英語ができないからと、その人を他の部署に異動させたり、解雇することができないそうです。

ということは、ケベック州ではフランス語だけが話せれば正しいのです。

さて、ケベックのフランス語ですが、本当に聞きずらい人に出会います。

モントリオール内いる義務教育を終えたケべコワのフランス語はそれほど聞きずらくはないですが、以前住んでいた郊外のモンテレジー地区や、ガスペジー、ケベックシティー郊外など微妙に聞きずらさのレベルが上がってきます。

南フランス出身の知り合いが数人いますが、南フランスもそれなりにアクセントがあると言われていますが、それでも私にはクリアに聞こえて、いつも昨日と比べて何でヒアリングがこんなに伸びたのかと感心するぐらいです。

こっちでITの営業をやっているフランス人と英国人はケベックのフランス語に切り替えて仕事をしています。

ケベックのフランス語が17,8世紀にパリで話されていた古いフランス語がそのまま入植されて今に至ったと言われていますが、それってなんか違うでしょうと否定している自分がいます。

ケベックシティーは、フランスの探検家サミュエル・シャンプランが1608年にニューフランスの最初の入植地として設立したとき、イロコイの村でした。

多くのフランコフォンとネイティヴ・インディアンと交流があり婚姻関係などもあったので、言語もそういう関係から、もとの音声からだいぶかけ離れてきたのでは想像しています。

しかしながら、分かりにくいフランス語はケべコワだけでなく、ケベック州にはハイチ・クレールを話す人もいるし、モーリシャス・クレールを話す人もいて太刀打ちできない時もあります。

意外とアフリカ人のフランス語は国によっては聞きづらい時も稀ですが、大体は声質の太さで聞きやすいと感じます。

ケベック州にいるアフリカ系は初等・中等教育・大学教育などフランス語で受けていたので、現地語やスワヒリ語を話していてもフランス語はフランスよりで植民地の影響もあるのだと思わされます。

ケベック州で生まれた中国系やベトナム系はモントリオールのケべコワフレンチを話すのでバックグランドが分かりやすいです。

総称して私はアジアティークと呼んでいますが、顔はアジア人でも思考回路はケベック州で教育を受けているのでケべコアです。

アジア系は、男女共に感じがいい人が多いと思います。

私はケベック州のどこに行ってもよく道を訊かれるのはケベック州のアジア系のせいでしょうね。

いずれにしても、入植当時から現在まで、ずっとフランス語を守り抜いてきたわけで、私もこの州の公用語は守っていこうというより、尊重しようと思ってフランス語をずっと使って行こうと思っています。



2020年1月9日木曜日

ケベック価値観テスト


ケベック 価値観テストとは

2020年1月1日からケベック州への移民申請する際、ケベック価値観テストというのを受けなければならないようです。

このテストは、性別の平等から世俗主義までの項目を対象としています。

世俗主義とは 国家と宗教機関の分離の原則です。




ケベック 性別の平等 世俗主義


州政府が12月にリリースしたテストに関するガイドによると、2019年6月に法案9が可決「移民統合の成功によりケベック州の社会経済的繁栄を高め、労働市場の必要性を適切に満たす法律」され、 「人権と自由の憲章に示されている民主的価値ケベックの価値観を学ぶことの重要性を確認」することになったのです。(出典:Assemblée nationale du Québec)

法案9はまた、移民プロセスにおいて「フランス語、ケベック文化、地域の活力の重要性」を強調しています。

私は移民する際にこの試験は必要なかったのですが、14年間住んでいるうち、5,6年くらいからメンタリティーがジワジワと変わっていくのが自分でわかって来ました。

例えばわかりやすく言うと、以下のことがあってここケベック州での価値観が自分の権利と責任によって表すものだということを知らしめられるわけです。

就活の際に自分の年齢や性別など書く必要がないのと、写真も貼る必要がないのです。

ケベック州は男性同士の結婚、女性同士の結婚が認められていて、男女を含めた裁判婚と宗教婚があり、日本で言えば同棲のカップルが事実婚として扱われ、その子供の人権が守られています。

日本風に言えば、自分の周りに連れ子を連れて彼氏と同棲している状態、或いは男女共に結婚や離婚、事実婚や別離を繰り返して子供の名前が元夫や元彼の苗字とチェーン繋ぎになるのが普通にされているのです。

私も一度はケべコワ男性と結婚をしていますが、苗字を変える必要がなく、姓名が変わる又は戻すストレスがありませんでした。

独身として独り暮らしをしていても、ケべコワから何も問われないですが、世俗主義とは反対の原理主義、オーバーな言い方ですが、終末に教会やモスク、或いは寺院に行くような多国籍移民の知り合いからは罪扱いのように再婚相手を探すように咎めらることがあります。

事故にあったら宗教上輸血ができない知り合いもいたし、インド系やアラブ系は自分で見つけた相手ではなく親が見つけた相手とお見合いをして結婚するという同僚の話をよく聞きました。

まあ、内輪でやっている分にはいいけど、公共でその価値観を押し付けられた場合、大変迷惑なことでカナダ・ケベック州にいる意味がないのです。

公共と言えば、多くの公務員が職務の遂行において宗教的なシンボルを身に着けることを禁じる物議を醸す法案21があります。



民主的な価値とケベックの価値 ガイドブック


この法案は、ケベックの「歴史的進化」における「新たな一歩」を表しており、「世俗主義を強化する」とガイドは述べています。

民主的な価値とケベックの価値に関する実践的なガイド
出典:(Gouvernement du Québec)

上手く共存するためにガイドブックをよく読んでテストを受けてくださいねということなので、日本から来て移民するためにケベック州の価値観テストを臆することはないです。

テストに失敗した候補者は、再受験して3回以内に合格する必要がありますが、コモンセンスがあれば大丈夫だと思います。

むしろ、信心深い人らの方が宗教と切り離して自分で判断するという点で、このテストはちょっと抵抗があるかもしれないです。

このガイドでは、テストで調べた値が5つの重要なポイントに分類されています。

「ケベックはフランス語圏の社会である。」

「ケベックは民主社会である。」

「女性と男性の平等である。」

「ケベック人の権利と責任である。」

「ケベックは世俗的な社会である。」

ガイドによると、テストは20の多肢選択式の質問で構成されており、そのうちの15問はCIC Newsが明確にしています。

Quebec releases guide to prepare immigrants for new 'values test'

The Government of Quebec has provided new details of the so-called values test that immigration candidates will have to pass in order to qualify for selection by the province.
出典: (CIC News / 2019 / December)

良くまとまっているので、ガイドと合わせてよく読めば私のように14年の歳月は必要ないと思います。

ガイドを理解してメンタリティがすぐに変わることはないですが、フランス語を本気でやるきっかけになると思います。

日本人みたいに日本で英語、英語、英語って押しつぶされるようにやった来た私がフランス語にシフトするのに時間が掛かりました。

それに比べると、新移民用にガイドラインがしっかり出来ているのは良いことだと思います。

2020年1月8日水曜日

じわじわと倉庫の自動化が始まっている

今日はネットニュースでラヴァルにあるプロヴィゴという大手スーパーの倉庫が閉鎖されて、一年後に545人の従業員が職を失うと聞いて、いよいよケベック州も倉庫の自動化が始まるんだと思いました。

モントリオールの中州の上にラヴァルがありますが、また移民の層が変わってケべコワなども移民と混じって製造業や倉庫業務をやっていると思います。

こういう倉庫業務って最新倉庫じゃないと人手がいつも足りなくてフルタイムが多いので、ベネフィットや組合もあったり、比較的に収入が安定して長く勤めている人もいるでしょう。

他の倉庫に従業員を移転するようなことを言っているけど、若い人らは先を考えた方がよさそうですね。

あと、3年から5年ぐらいで一挙に自動化か無人化になることもあると思います。

ただ、最新の完全自動化にできる倉庫がオンタリオ州にあるから引っ越しとは大胆な決断だと思います
去年の夏か秋か忘れたけど、労働人材不足を補うのに移民をもっと入れるの入れないのってってメディア放送をボ~と観ていて、そのうちイライラしてしまったのを覚えています。

モントリオールの西側方面、IKEAがある方って言う方が分かりやすいもしれないです。

空港に向かう方とも言えるし、西側のウエストアイランド方面と言った方がいいでしょう。

空港の裏側もそうですが、辺鄙なところに工場や製造業が多いんです。

ローカルバスの中はインド系とアフリカ系又はアラブ系で占めています。

とにかく凄い数の移民が長蛇でバスを待ち、働きに出ます。

正直言って、殆どバスに乗っている移民の人らは自国での教育水準が高いのではと想像します。

それか、何らかの専門職や専門技術を持ってケベック州へやって来たけど、その職に就けないんだと思います。

年齢的に30代っぽい人らが多く、スキルドワーククラスで移民になったと思います。

みんなスマートフォンをいじくりまわして静かです。

ある日、一人のインド人と思われる男性に話しかけられて、いろいろとここでの話をしていました。

インド人コミュニティー内でオンタリオ州の話題が出て、彼もそっちへ引っ越すとのことでした。

理由はオンタリオ州は英語圏で最小時給が高いし、製造工場が多く倉庫も最新設備が多くモントリオールのように英語話者に嫌な仕事を押し付けないと言っていました。

とまあ、インド系にとってケベック州はコストパフォーマンスが悪いのだそうです。

確かにフランス語を話そうと努力するインド人があまりいないのは確かです。

製造業に嫌気がさして、友人に借金して車を買いOberなどやりだすインド系のドライバーなど何人か知っています。

タクシーになどはフランス語が話せる一部のアフリカ系、ハイチ系やアラブ系が多く、ケべコワのドライバーに出会った記憶が去年はありませんでした。

トラックのドライバーも多国籍化していて、肉体労働を受け持つのは殆ど移民です。

仕事を3つ掛け持ちする移民や残業大好きな移民もたくさんいます。

ダウンタウンで昼ごはん食べていると稀にIT系のインド人グループを見かけることもあるけど、そういう人らはケベック州の労働市場にぴったりハマってる人らなんだと思いました。

言語バリアがある以上、ケベック州では職に就くことが出来ないのを分かっている人はみんな他州(英語圏)に引っ越しします。

ある意味、ケベック州の政策通りなんじゃないかと、最初は疑ってみたけど、人が嫌がる仕事が自動化・無人化するまでは教育のある大人しめの移民に低賃金でついてもらいたいんのが本音でしょう。

政府のフランス語コースなんか受けてた時、ガラスに貼ってあるスタッフ募集の紙を見て店主に待遇の交渉する練習ばかりさせられて、ちゃんとした企業で面接をする練習はなかったです。

他の仕事をしているダイアログの状況も工場で働いている様子のイラストがあり、どうやって仕事のやり方をするのかを聞く練習などさせられたのです。

当時、クラスにはコロンビアやベネゼエラから来た弁護士・医者・薬剤師・会計士・看護師・大学教授などの専門職に就いている人らが、上記の低所得な仕事を得るための練習をさせられていた光景は面白く、ビデオ撮影したいくらいでした。

あれはすごく不思議でした。

あと、3年から5年たって製造業や倉庫の自動化・無人化が加速したら、ケベック州の労働市場に入れない移民らはいなくなってもおかしくないと思います。

2019年12月21日土曜日

隣人の懲りない騒音問題

クリスマスの前に静かな午後を過ごしていたら、突然トランペット吹き始める隣人に憤りを感じてどうしようとかとソワソワしました。

寝室の隣は隣人のダイニングルームです。

意外と壁が薄く簡易的に設計されているのか、話声やイスを引く音など聞こえます。

話の内容も聞こうと思えば聞けます。

生活音に対して個人的に問題ないです。

しかしながら、楽器の演奏は別物だと思います。

隣人が越してきたのは2年前、母親に当たる人物がちょっと闇があるのでしょうか。

窓越しにまたいで煙草を吸うのですが、煙がダイレクトにうちの中に入って来るので、管理人に申し出たところ、今度はエントランスで吸うわけです。

ダイニングルームで元夫か元彼かわからないですが、電話越しにカストディー(と言って別れた相手の子供二人をどっちかがある一定の期間に養育というのか子育と言うのか、法の下で決められたこと)の件で口論しているよく聞きたことがあります。

それと同時進行で彼女のパートナーがいるようですが、いつの間にか別の男性に付き合っているようで、プライベートな会話が丸聞こえして来るので、何度かこっちから壁をトントンと叩いたことがあります。

自分自身はヘッドフォンで音楽動画のボリュームを上げても隣人のもめ事の方がうるさくて、感情のコントロールするの必死で結構イライラします。

まあ、この問題自体、ある程度時間が経てば収まるので、寛大に生活音の一部として受け入れました。

しかしながら、隣の女性の子供が住んでいた頃、毎朝7時からリコーダーの練習をするのに私はすっかり根を上げてしまいました。

3回くらい管理人に注意するように促したんです。

管理人によると、ダイニングルーム側でやらないで反対側の寝室で楽器の演奏をやらせるように言って、あとは母親の常識に判断させたようです。

懲りずに子供らはリコーダーの練習を学校が始まる直前までやっていて、母親が傍らで一緒になってハミングしている様子がありありと聞こえてくるわけです。

とりあえず、ケベック州に騒音スケジュールという目安があって、特に何をという特定したものでなく、生活音+常識を超えないエクストラな音という意味でしょう。

月曜日から金曜日の午前8:00~午後12:00
午後14:00~午後19:30まで

土曜日の午前9:00~12:00
午後15:00~午後19時

日曜日と祝日の午前10:00~12:00

これ以外に連続的に騒音を出す場合、段階的なステップで訴えられます。

また、ケベック州でも田舎と都会、又は住宅構造などの違いもあるので自治体で確認する必要はあります。

私は上記にあった出来事の際、すでに訴える準備をしていました。

隣人に対してではなく家主が対応しなかった場合です。

訴えるメリット:
即契約を解除して出ていくことができる、家賃を値下げてもらう、或いは賠償請求をするなどです。

とりあえず、自分の睡眠が妨げられる朝、必要以上の音がでるトランペットなど論外です。

感情が限界に達した時点で、アパルトマンの管理エージェントに電話しました。

管理人が対処できない状態で今から騒音規制を参考に行動させていただきますと伝えたのです。

それから、隣人の方が管理エージェントから何か条件づけられてのでしょうか、子供が出て行って楽器の音はしなくなりました。

これって今年の3,4月の出来事ですが、今日の午後2時ごろに突然トランペットの音がしたので、管理人がオロオロしてエントランスの辺りを掃除機をかけていました。

私も便乗して掃除機をかけることに決めました。

お互いに音出しをして帳消し、しかも私の音は生活音です。

なにしろ、私の掃除機って昭和にありそうなベーシックなタイプのもので、スイッチを入れると本当に半端じゃなくうるさいのです!

一応、土曜日なので15時以降にかける予定ではあったけど、トランペットの音がどうしようもなくうるさいので、この一日だけでクレームを入れるにはちょっと躊躇します。

連続性がないので、私が生活音であるノイズを出すことで差し引きゼロにすることに決めました。

自分で掃除機をかけながら、あまりにもうるさくて頭痛がしそうでした。

恐らく、この音は隣人の子供は音程が取れないレベルだと思います。

頑張って30分くらい掃除機をかけて、家具を思い切って音を出しながら移動しました。

私の音は生活音で~す♪

案の定、親子ともども外へ出ていきました。

察して頂いて有難いです。

掃除機くらいでこんなに音がするのかと覚醒したのかもしれないです。

静かな高性能のロボット掃除機を買おうと思ったけど、これは使えます。

それでも隣人の懲りない楽器の騒音問題は終わったと思っていません。

まあ、音がうるさくて音程が取れないと認識しただけでも少しは改善していと思っているだけです。



2019年12月11日水曜日

移民生活に関して雑記始めました


ケベック州モントリオール島の移民生活


旧モントリオール
初めまして、ケベック州の地に移住してから、かれこれ14年目になります。

先週、肩の故障で仕事を思い切って辞めました。

時間がたくさん出来てパソコンの前に座る機会が増えたんですね。

ふと、思うんですが、自分が欲しい情報が昔と全く違うわけです。

以前だったら、今日はあのカフェ、明日はこっちのビストロと観光気分の乗りと勢いがあって楽しかったけど、、、今はないです。

税金たんまり取られているから、政府のサービスを根こそぎ利用してみようなんて思いながら暮らしています。

いろいろなややこしい場面に出くわして、それなりに自分で対処してきたけど、女一人独身で暮らすのって厳しいですよ。

とは言いつつ、誰にも文句言われず猫二匹と暮らすのも悪いもんじゃないです。

子供のころから、動物と北国で暮らす妄想があって、北海道の予定がカナダのケベック州に現実化しました。

うちのアパルトマンから26km先にある国際空港が近くにあるドルヴァルにBFが住んでいます。

行ったり来たりの2重生活で、彼を通してもっとケベック州を深く見るようになりました。

まあ、日々の困難や野暮用をどう片づけたかの雑記は後々自分だけじゃなく、私のような身の邦人女性や男性移民のお役に立てたら幸いです。

どうぞ、これからもよろしくお願い致します。

Labels

ケベック州 76 カナダ 68 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 42 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 12 雑感 10 9 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 マスク 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 カナダ緊急給付金 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 雇用保険 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1