カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

ラベル 電動アシスト自転車 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 電動アシスト自転車 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年1月16日木曜日

MTLのシェア電動スクーターと電動アシスト自転車は今後どうなるか

思った通り、モントリオール市役所の反対派がBIXIのようにステーションキオスクと呼ばれるような停泊することないセルフサービスのシェア電動スクーターを廃止したいと考えいます。

反対派とはケベック州モントリオールにある市政党を意味し、 2017年11月5日以来、ライオネル・ペレスは野党リーダーであり、モントリオール市議会に座っている19人の選出された役人が公式反対を形成しています。

2019年の夏は、特に地下鉄のいたるところに駐車されていたライムとバードのオペレーターからの多数の電動スクーターの存在が特徴でした。


これ何のことかというと、2019年の夏によくBIXIの電動アシスト自転車で自転車専用道路を走行していると、自転車専用道路内と歩行者道などをバードライムなどのシェア電動スクーターが区別見境なく走行しているのが目につきました。



ちょっと疑問に感じたのが、BIXIの電動アシスト自転車を走行する際、ヘルメット着用を義務付けられるのですが、シェア電動スクーターに関しては緩いなという印象でした。

観光でアメリカから来た若い連中がヘルメットも着用せず、坂道の公道をグループで降りる姿を見てヒヤッとしたものです。

一番困るのは、歩道の変な場所にポツンと駐車されていて、真っすぐ歩けるところをシェア電動スクーターを除けなければならないのです。

シェア電動スクーター程でもないですが、ジャンプと呼ばれるシェア電動アシスト自転車もBIXIのようにステーションキオスクなどに停車する必要がなく、路上の脇にアタッチメントデバイスなどでロックされていましたが、不自然な場所で見ることも多かったです。

だらしない人は、とことんだらしなく、草藪に放り投げていく人もいます。

こういう多様なサービスをモントリオール市役所が認めて、 パイロットプロジェクト:VNILSSA(停泊しない未登録セルフ車両サービス)として規制の目的やルールの説明等があり、どんどんシェア電動スクーターを増やしていきましたが、ルールを施行するのは非常に複雑だったのです。

反対派市政党アンサンブルモントリオールの野党リーダー、ライオネル・ペレス氏は、それを指摘して意識の向上や教育などはなかったと指摘したのです。

更に、廃止する意向を1月27日の市議会会議でこの旨の申し立てを行う予定でいます。

このペレス氏はモントリオール市が、2019年2月にBIXIと4,600万ドル相当の10年契約に署名したにもかかわらず、ヴァレリー・プランテ市長の行政は、数週間後に  パイロットプロジェクト:VNILSSA (バード、ライム、ジャンプ)に至ると言ってます。

反対派市政党アンサンブルモントリオールはモントリオール市がシェア電動アシスト自転車BIXI開発を優先し、それによってシェア電動アシスト自転車ジャンプに歯止めをかける必要があると考えています。

Trottinettes et vélos électriques en libre-service: l'opposition exige la fin du projet

L'opposition officielle à l'Hôtel de Ville de Montréal veut mettre fin aux trottinettes électriques en libre-service sans ancrage dans les rues de la métropole en 2020. L'été 2019 a été marqué par la présence de nombreuses trottinettes électriques des opérateurs Lime et Bird qui ont été aperçues garées un peu partout, notamment dans le métro.

私としては自転車専用道路にヘルメットを着けないでシェア電動スクーターが乗り込んでこなければ、どんな会社が競合してもいいと思っています。

しかしながら、日本人のように秩序を乱す人を見ないふりして監視するようなことはないので、野放し状態になるこの交通手段は複雑で本当に難しいと思います。

たまにはシェア電動スクーターも利用したいので、規制がきつくても廃止にはなってほしくないと思います。

Labels

ケベック州 76 カナダ 67 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 41 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 12 雑感 10 9 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 トランプ大統領 4 パンデミック 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 マスク 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 カナダ緊急給付金 2 ケベック・シティ 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 金融システム 2 雇用保険 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 経済対策 1 給付金 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 詐欺 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1