カナダ・ケベック州モントリオール在住の移民生活の雑記ブログです。

2020年9月22日火曜日

カナダから毒入り小包を送った主はフランス人だった

この女の身元が少しずつ出て来た。

サウスショアのモダンなコンドミニアムでリシンを盛り込んだ毒入り小包を偽装って、ちぐはぐだなと違和感を覚えたら、やっぱりここに長く住んでいるようではなかった。

車のナンバーがなぜかオンタリオ州なので、ちょっと謎です。

元々はフランス人でケベック州へ移民し、2015年に市民権を得たということから、彼女の力でこの地へ来て数年で物件を購入して車を所有しているということは、それなりに専門的な仕事についていたか、速攻で良い仕事に付けたとしか考えられません。

まだ、53歳ですからね、移民して市民権を得るまでの時期が40代後半と言うことで、仕事をしていたら油が乗っている時期です。

そうじゃなかったら、稼ぐ元夫の遺族年金、或いは離婚して財産分与で暮らしていたのかと想像したくなります。

しかしながら、車に銃を積んで陸路からあの厳しい国境越えしようとしているところで、やっぱり頭がイカレているとしか言いようがないです。

過去に犯罪歴があるとすれば、一年前に米国で6か月のビザをオーバーステイしてテキサス州で逮捕され、刑務所に2か月間いたらしく、その後はカナダへ強制送還されたそうです。

市民権を取る前にそんな行為をしていたら、カナダ人になれなかったはずです。

オーバーステイってよくありがちなことですが、逮捕されて2ヶ月も刑務所って厳しいですね。

今日の午後、ニューヨーク州バッファローの西部地区ニューヨーク裁判所に出廷する予定だそうだが、ホワイトハウスにいるトランプ大統領宛て以外にテキサス州の米国連邦政府機関の偉い人5人にも送ったということで、尋常な刑罰で済まないでしょう。

犯した罪は殺害未遂やテロ行為で告発された場合、テキサス州は死刑がまだ有効なので、どんな宣告されるのか分かりません。

終身刑は大いに有りうると思います。

Twitterのハッシュタグで「キラートランプ」などと複数回、自分の名前でツイートしていたようです。

彼女に娘がいるようですが、フェイスっブックに「疑いの余地なし」と書き込み、母親の狂気ぶりは承知していたというから驚きです。

何かこっちの女性って個人主義が徹底していて、親が世間に目もくれられない犯罪を犯しても子供がメディアに堂々と出て、コメントするところは文化の違いを感じます。

日本人だったら天戸やシャッターを下ろして寝込むのが普通です。

Lettre empoisonnée à Trump: une femme de 53 ans accusée

Une femme de 53 ans de Saint-Hubert, Pascale Ferrier, sera accusée mardi, à Buffalo d'avoir envoyé une lettre empoisonnée à la ricine au président américain, Donald Trump. La nouvelle suit une opération policière survenue lundi avant-midi dans un immeuble à logements de Longueuil.

Labels

ケベック州 81 カナダ 74 モントリオール 55 モントリオール. ケベック州 46 新型コロナウイルス 40 移民生活 17 日本 13 10 雑感 10 日本人 8 移民、ケベック州 8 モントリオール交通機関 7 トランプ大統領 6 治安 6 移民 6 フランス語 5 差別 5 Bixi モントリオール 4 お得情報 4 カナダ医療 4 セキュリティー 4 パンデミック 4 マスク 4 人種差別 4 犯罪 4 遺伝子検査 4 野生動物 4 DNA 3 アトラクション 3 カスタマーサービス 3 カナダ緊急給付金 3 ケベック・シティ 3 シェア電動スクーター 3 ジャスティン・トルドー首相 3 スポーツ 3 ヘンリー王子とメーガン妃 3 宗教 3 3 米国 3 自動化 3 英国 3 近未来 3 通信、IT 3 雇用保険 3 WHO 2 アカディア人 2 エクササイズ 2 オンタリオ州 2 カナダ人 2 ケベック音楽シーン 2 スピリチュアル 2 バランスボール 2 ブルーカット眼鏡 2 ペット 2 マイクロチップ 2 ロックダウン 2 事件 2 事故 2 先住民 2 地震、ケベック州 2 安倍政権 2 幽霊 2 武漢ウイルス 2 気候 2 無人化 2 祖先 2 腰痛 2 観光 2 詐欺 2 金融システム 2 電気自転車 2 5G 1 BCGワクチン 1 CASE車 1 ISU世界フィギュアスケート選手権 1 いわく付き物件 1 アカディア 1 アカディアン 1 アメリカ合衆国 1 アンバーアラート 1 イスラム教 1 ウエストアイランド 1 ウエストナイル熱 1 オカルト 1 オーストラリア火事コアラ 1 カナダ緊急対応給付金 1 カナダ自由党 1 カフェ 1 クリスマス 1 クリック募金 1 クルーズ船 1 ケべコワ 1 コウモリ 1 コロナ 1 サイコパス 1 ジョアニー・ロシェット 1 スティーブ・バノン 1 スモッグ 1 センザンコウ 1 セーフティネット 1 ソーシャル・ディスタンス 1 タックス・リターン 1 ダンゴムシ 1 テドロス 1 トルドー首相 1 トロント 1 ハプログループ 1 バドミントン 1 ピットブル 1 フィギュアスケート 1 プロバイダー 1 ヘイトクライム 1 ベル・エポック 1 ホームレス 1 ポスト安倍 1 メープルシロップ 1 モバイルイグルー 1 リコール 1 リシン 1 リス 1 レイオフ 1 ロシアンツイスト 1 ローレンシャン 1 ワクチン 1 ヴィジブル・マイノリティ 1 一人暮らし 1 中国 1 五十肩 1 交通機関 1 値下げ 1 傍観者効果 1 冬のイベント 1 凍結、アイスバーン 1 医療 1 医療崩壊 1 危険 1 土壌改良 1 地震 1 外国人 1 大気汚染 1 大阪モデル 1 大阪知事 1 安倍首相 1 安楽死 1 官僚 1 密売 1 密漁 1 座業 1 心霊 1 抗議デモ 1 日本政府 1 早期退職 1 昭和 1 時代 1 桃田健斗 1 1 森林 1 法案21 1 砂糖小屋 1 空港 1 紅葉 1 経済対策 1 給付金 1 罰金刑 1 臨時休校 1 自動車 1 自己検疫 1 自転車 1 1 転機 1 運動療法 1 適応障害 1 鉄道封鎖 1 電動アシスト自転車 1 食品衛生管理 1 香港 1 騒音問題 1 鼻パッド 1 AR 1 VR 1